BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 VINTAGE MOXON ② 】

    2022.07.19 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 VINTAGE MOXON ② 】

            1928年:英国 地下鉄の駅での一コマですが、混んでいますね! 男性は誰しもがクラシックなスーツを着込み、帽子を被っております。   昨今でのスーツの着用率からすれば、 もはや制服かの如く さも当たり前に着られています。       まだまだ誂えが主流でもあった時代、TAILORが違えば カットやサイジングなども価値観含め様々に違いもあります。 確かに色や柄の違いはあれど、ファッショナブルな女性服と比べて 紳士服のスーツはシンプルでベーシック極まりない訳ですから、 女性から見れば ある意味つまらなく見えるかも知れませんよね。 そんなスーツだからこそ、生地や仕立てに拘り、 唯一無二で最高の着心地をと求められていたのでもありましょう。     スーツという呼称の内訳は広く、ビジネス、タウン、カントリー、スポーツ、 そしてフォーマル等とシーンにより多岐に渡りますが、 これだけスーツが愛され誰しもが着用していた訳ですから 多くの生地屋や仕立屋が切磋琢磨に高いレベルで競争が成り立っておりました。         織れば織る程に売れていた時代、競合他社との更なる差別化の為にも工夫を凝らしたり、 珍しさや希少価値性を求めたりと 昔の生地はバリエーションと 展開総数が今とは比べものにならない程充実しておりました。   しかし、時代はカジュアル化へ進行し続け 当然ながらスーツ(TAILORED CLOTHING)という括りでのスタイルによる マーケットは縮小し、沢山あった生地屋さんも随分と減ってしまう事になります。     そんな生地だけで見ても、現代では随分と技術発展もあって機械化が進みつつ 効率化も図られ、良い物をより早く織れるようになりました。 逆に当時ではまだまだ手作業比率が高くて効率も悪く 多くの工程や手間をかけた物が多く、、、これらは生地に限った事ではありませんが、 今となっては結果的に味わいや温もりといった品質や付加価値にも繋がって参ります。   何といっても手の価値、時代が古ければ古い程に 人件費が安いという事にもなり、沢山の技術が培われておりました。 今では復刻する事が出来ない物、事ばかりです。 仮に出来る物・事があった場合、その当時より何倍ものコストを掛けなければ成りません。     昨今の生地では見られない・味わえない生地達に往年の想いを馳せ、誂え、纏う。 VINTAGE FABRIC が人気たる所以の一つでもあるでしょう。       この秋冬に向け 今週、来週とで魅力に溢れた VINTAGE SUITING を御紹介したいと思います。               MOXON   1556年創業 現存する世界最古といわれる英国は超老舗のミル。 ショーンヘルの低速織機を頑なに使い続け、 多くの名立たるマーチャントへも生地を供給していた名門中の名門です。 (同社の詳しき情報は下記リンクより御参照下さいませ。)     http://dittos.seesaa.net/article/452864090.html 【 VINTAGE MOXON 】     今週は 3種 御紹介致します。 当時 MOXON社では【 THOROUGHBRED 】 というシリーズが展開され、 様々な生地を展開しておりました。   名門が 更にサラブレッドと名付ける位ですから、 それだけ自信を持って展開されていたシリーズという訳です。 3種全て VINTAGE MOXON : THOROUGHBRED です。 (ハンギングシールや織りネームにも確りと記載されておりますね!)   100% WOOL ABOUT  360g   SUPER 100のウーステッドをショーンヘルにて織り上げられた逸品で御座います。             赤味を帯びる綺麗なネイビー地は濃い目なロイヤルネイビーの様です。 それなりの主張を醸し出す縞の織り柄が特徴です。   そして 当時の『らしさ』溢れる風合いは格別なものがあります。           なんて装飾的な縞柄なのでしょう、、、。 こんなの勿論 現行品では見る事が出来ません。 個性的で特徴的な縞柄による魅力的なネイビースーチングです。 柄は少し離れれば地に溶け込み、 薄らとシャドーストライプのスーツ地に見える感じです。           この複雑で装飾的な縞柄、レースのデザインの様でもあります。 光による陰影によって これがまた魅力的に存在感を醸し出してくれます。   生地も確りと打ち込まれ、厚過ぎない 360g は 程好い安心感と着用感と共に、確実に仕立て映えのする生地でも御座います。               お次の御紹介は、兄弟となり 同じ織りによる色違いとなります。                 こちらはやや明るめなグレー地、落ち着いた無彩色であるグレーのトーンは 薄目に料理され とても品があります。   この距離でも、独特な織地柄が個性を放っているのが見受けられますね。       ドレープ感や光の陰影より、糸や生地としての品質が感じられる事と思います。         綾織の変化織りという類になるでしょうが、、、、 VINTAGEの場合、その多くは固有名称さえ無い、もしくは分からないですし、 初めて見る織りであったりも致します。   バスケット織りに近いのかな!? ベーシックなその無彩色は、 独特で魅力的な織り柄によって控えめな主張が際立つ 素晴らしい生地として仕上げられております。           最後はこちら、ネイビー地となります。 ネイビー地ですが、ある意味英国らしい グレーシュでくすんだ印象が加味された色であり、 雨の多きロンドンの空模様に大変似合いそうなネイビー地ですね。         この独特な色味により、主張や強さも無く、逆に大変使いやすいスーツングとして ビジネスやタウンの場でハマってくれる事でしょう。           先のグレーに同じです! 糸の色は数色使われているので杢糸遣いの様な霜降り感が味わえます。             兄弟を並べてみました。 色の印象と共に、同じ織りでも表情の出方も変わります。               ・・・・・如何でしたでしょうか。 名門が展開するサラブレッドですから間違い無いシリーズからの逸品となります。   BESPOKEであれば仕立て上がりは年を越しそうです。 HOUSE STYLE ORDER であれば、 ご希望により8月からの【早期受注フェア】もご利用頂けます。   VINTAGEは限りある在庫であり、そんな儚さもあります。   どうか この個性的な子達へ実際に会いに お越し頂けましたら幸いです。 服地は洋服に誂えられ、 御注文主様に着て頂いてこそ その本望を全う出来るのです。         皆様とお会い出来る日を楽しみにお待ちしておりますので、 何卒宜しくお願い申し上げます。   今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。                

    Read more
  • 【 H.S ORDER:T様の1st-SUITS 】

    2022.07.12 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 H.S ORDER:T様の1st-SUITS 】

        7月も中旬に差しかかって参りました。 今日から暫く梅雨へ戻った様な天候が続きそうです。   さて、まだまだこれから夏本番という所では御座いますが 夏になってしまえば 既に秋冬も見据えておられる事と思います。   当店HOUSE STYLE ORDER限定 【早期受注キャンペーン】 の日程が決まりました。 8月1日(月)~22日(月)   宜しければ是非この機会をご利用頂けましたら幸いで御座います。 (今月末などでも、キャンペーンご利用の旨をお伝え下さればお受けさせて頂きます。)               後の英国王であるジョージ6世、あのウインザー公の弟君であり 今年96歳になられたエリザベス女王の父親でもある御方です。 映画『英国王のスピーチ』で御認識された方々もおられるかも知れませんね。 ウインザー公(エドワード8世)が もし退位していなければ 歴史も随分と変わっていた事でしょう。     氏の素敵な装いのなかで、時代的な側面もありますが パドックカットのスーツを多く愛用されていたお一人でもあります。 エレガントであり、本当に素敵な方です。     スーツの歴史を遡ると、その時代の特徴なども随所に見受ける事が出来ます。 古くなればなるほどに 上着のVゾーンは小さくなっていくという側面も見受る事が出来ます。 4釦や3釦、そして2釦であれば全留め。   昨今の2釦は上釦のみ留められ、下は飾りです。 3釦は今や段返りを軽々超え、第2釦まで返されたラペルも多く見受けられる中、 それなら もう第1釦は必要無いのでは!? とも。   本来スーツは前提として三つ揃いであり、打ち合いも確りと深く取られていました。 釦は留める為に付けられている訳ですが、外して羽織るだけでも 様になるよう打ち合いはどんどん浅くなり 現代に至ります。 良い・悪いでは無く、そんな所からも カジュアル化への流れが見受けられるかも知れませんね。     紳士をここまでも美しくエレガントに魅せてくれるスーツを これからも大切に捉え、お伝えしていく事が出来ましたら何よりの幸いです。               さて、今週は HOUSE STYLE ORDERにて 当店での1st-SUITSとなります一着をお仕立て下さりました T様のスーツを御紹介させて頂きたいと思います。   洋服がとてもお好きで拘りもあり、『美』に大変造詣が深く 衣・食・住含め 『想い』のこもった作品をこよなく愛される博識な御方で御座います。   いつか作りたい、着たいとの思いをこの度は 実現して下さったとの事で本当に光栄で御座います。         サンドベージュのリネン×ウール、この食材を大層お気に召され お仕立ては パドックカットで と既にお決になられておりました。   HOUSE STYLE ORDERではオプションとなる仮縫いをお付け頂きつつ、 部分ハンドメイドOPもお付け頂きましてH.S ORDERでの最高スペックです。 より御満足度の高いスーツをと御所望頂いた次第で御座います。       LAMOGE (by.MOON) 50% LINEN 50% WOOL ABOUT 280g     http://dittos.seesaa.net/article/418783730.html 【 PADDOCK CUT ② 】           仮縫いも勿論 ご協力工場さんが仕立てて下さります。 とてもガッチリとした体格の持ち主であるT様。 確りと具合を確認し、細かな打ち合わせを重ねます。   既に採寸して引かれたT様の型紙で仕立てられておりますので 非対称含め 基本的には身体に合っています。 しかし、ここから更に精度を高めるべく補正を加えると共に お好み的な御要望も伺って参ります。 着心地含めユトリ加減なども御確認頂きつつ T様の型紙:MY SIZEを更に育てます。             袖も外し、アームホールの深さや幅、位置など細かくチェックして参ります。 仮縫いは当然ながら修正出来るよう 様々な個所に余分な縫代・折代をふんだんに抱えています。 これらは着用感を邪魔しますし、裏地も無いので滑りが悪く大変動き辛くもあります。 丁寧で細かな御説明を加えながら打ち合わせを進めて参ります。             ・・・・・さぁ、いよいよ仕立て上がりました。 検品と共に クセ取り2次プレスも終わり 最終FITTINGの日がやって参りました。     暑き最中 ご足労頂きましたその日、スーツより先にお仕立て頂いたシャツは 名作でもある CARLO RIVA:INDIGO TERA そして昨年展開させて頂きましたスカーフを首元へ!   股下ですが、折り返し付きのダブルの場合でも仮縫いではシングルで上げられます。 また、FINISHとなる本仕立てでは裾上げに傾斜が付けられますが、 H.S ORDERの仮縫い裾上げでは直角で上げられております。 故に仮縫い時にはとても重要な打ち合わせ箇所とも成る訳です。   リクエスト通りの良い塩梅に仕上がりました。   合わせてお選び頂いておりましたドット柄のブレイシーズもサイズ調整済みです! 背中の支点位置、そしてアジャスターである金具が定まる位置 全てのアイテムには適正なバランス(サイズ)があるという事です。           トラウザース(長ズボン)の足筒ですが、 一般的にはストローの様に真っ直ぐな筒として作られています。 故に S字のクセ取りなどは HAND MADEのBESPOKE等の所業とは成りますが、 当店ではH.S ORDER(イージーオーダー)でも行います。   ≪ BESPOKEでは仮縫いの時点で既にクセ取り済みですが、 H.S ORDERの場合 仮縫い時はストローです。 先の仮縫い写真と比べてみて下さい! ≫   T様は これも楽しみにもされておりました!   足筒はシルエットが細ければ細い程 顕著に行われるので、 太くなる程 R(カーブ)の強いS字度合いは不必要となります。   ただ、それ以外にも その方々の姿勢具合も大いに関係しており、 こんな所でも『その方なりに』というニュアンスが加えられながら ラインをコテにより作り出す事になります。 シルエット、そして姿勢を判断材料にS字の具合を定めて参ります。   股上は深く、クラシックにゆったりとしたシルエットのトラーザースは ブレイシーズにより吊られています。 ふくらはぎ等 どこにも引っ掛からずにストンと 綺麗に落ちている様が見てとれるでしょう。   クセ取りという行為は何もS字だけでは無く、 全てのアイテムでそこら中に行われている技術でもあります。         優雅なユトリを踏まえたお尻周り、ハイバックのスタイルに尻尾錠。 エレガントなバックスタイルです。 この後姿でもセンタークリーズ線が曲線に曲がっているのが分かりますね!           素晴らしい育て方をされ、可愛がられているのが分かります。 写真ではいまいち伝わりませんが、 T様の拘りっぷりが見受けられる愛された靴ですね。 エプロンフロントダービーは このサンドベージュにもベストマッチングです。           ウエストコートも凄く綺麗です。 トラウザースとの連動性もパーフェクトですが、 誂えであり 仮縫いもしております。 当たり前ではあるのですが、、、一応言わせて下さい!           とてもお似合いで御座います。 確りとされた肩、堂々されたお身体、エレガントで魅力的なそのシルエットは T様のお身体に添って仕立てられているだけです。 カットにも往年の匂いを感じて頂けるよう 拘って設計されたパドックカットは如何でしょうか。   『 早くこのスーツを着て美術館にでも行きたいです! 』   これからはT様の相棒として、様々な場所やシーンへ連れて行ってあげて下さい。 本当に素敵ですし、とてもお喜び頂きまして私も嬉しい限りです。               ・・・・・無事に最終確認も終わり、この日はもう一つの目的へ! ご試着からお着替えになられ、次はBUSH JACKET をご試着されたいとの事で、、、 重ね重ね 光栄で御座います。         http://dittos.seesaa.net/article/488475454.html 【 BUSH JACKET ⑤ 】       サイズ感もバッチリに、今期の新作スカーフも共にお選び頂きました。 T様の事ですから、このBUSH JKもきっと 魅力的に育てつつお付き合いして下さる事でしょう。             T様、この度も素敵な御注文を頂戴致しまして誠に有難う御座いました。 お次に御検討されておられるスーツは欠かせぬポジションで御座いますね。     先ずはこの1stスーツとお付き合い頂き、 着用しなければ分からぬ事やお好み等をフィードバックしてください。 次のご注文へ型紙的に反映致しますので、 より御満足度の高い型紙へと昇華させるべく育てて下さいませ。               ・・・・・如何でしたでしょうか。 夏本番を迎える中、巷ではSALEも始まっておりますね。 そんな時期だからこそ、 そろそろ今期 AW用のお勧め生地なども徐々に御紹介していければと思います。   では、皆様のお越しを心よりお待ちしております。 今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。                        

    Read more
Bespoke Tailor Dittos.