BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 2024 SS / お勧めスーチング 】

    2024.03.12 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 2024 SS / お勧めスーチング 】

            先週の夜には東京でも雪が降りましたね。 3月も中旬に差し掛かりますが、季節の変わり目ですから天候も安定しない時期です。   そんな時期ではありますが、 洋服業界はいよいよ本格的に春夏商戦へと準備が整って参ります。 街中のディスプレーも随分と軽快で華やかな色味が増えて参りました。                 FOX:ダグラス社長のインスタより拝借です。 いつも素敵な投稿ばかりで 特にご自身自らモデルとなり FOXの服地を纏う様は説得力が高いですよね。   FOX JORNEY 春夏地での魅力的なシリーズです。 配色が素敵で大き目なウインドーペーン柄にとてもそそられます。         当店でも買い付けた生地が届いておりますので、 今週はその中よりお勧めの出物生地を3種ご紹介させて頂きたいと思います。 全て特別価格で数量限定の仕入れとなります!               FOX BROTHERS &CO FOX JORNEY   100% WOOL ABOUT 300g     とても通気性に優れた平織地であり、所謂フレスコのシリーズとなります。 フレスコとは本来 MARTIN&SONS の商標でもあります。   フレスコ ≒ ポーラ という類の生地ですが、かなり強く撚った糸 (強燃糸)を撚り合わせ、やや存在感のあるその糸で平織地にした生地です。 気孔がふんだんに空いているので大変通気性の良い織地である事が特徴です。   糸の存在感もあり、ツルっとしたトロピカルと比べ ザラッとしてジャリジャリした感じになります。 300g級であり ウエイトはさほど軽い訳でもない分 耐久性にも優れ、皴に強く、復元力も高い春夏の代表的な生地の一つです。 スーツとして、もしくは上下オッドアイテムにもご利用いただけます。   生地自体はそんなに薄くない分 通気性が優れているので夏でもご利用頂けますし、 生地が薄く成れば耐久性も下がりますので そういう意味ではヘタらない生地としてタフにご利用頂けます。   ご出張やご旅行にもお勧めであり、だからこそ 『 JOURNEY 』 なのですね。               ご覧の様に絶妙な色味、くすんだグリーン系ですね。 ダークオリーブ、ドラブ 辺りの色味であり、 そこにシャキッと清涼感のあるネイビーのウインドーペーン柄を加えます。   英国地らしい本当に素敵な色、、、 素朴でとても爽やかでありつつ 落ち着きもあって英国地らしい あか抜けない感じがまた旨い具合に表現されています。 これがイタリア製だともっと鮮やかで別の価値観になりますよね。           このウインドーペーン柄、やや大きめです! 存在感と迫力もありますが、枠色がベースとそこまで 配色コントラストが強くないので良い感じに調和しています。 この大きさこそダグラス社長の狙いがあるのでしょう。             色目はさておき、実際に着用すると 格子サイズはこの位のバランスになるでしょう。 こんなお洒落なおじ様が歩かれていたら 付いて行ってしまいそうです(笑)。             スーツで持っていれば崩して単品使いも出来ますし、 そもそもオッドコート(ジャケット)としても勿論お勧めで御座います。               ツブツブした気孔が見えますね、これだけ通気性があれば放熱効果も高いのです。 ザラッとした肌触りなので表情はマットで素朴、落ち着いた感じが魅力です。   暑ければ脱げば良いですし、皴に強いですからバサッとバッグに入れても大丈夫! アンコン仕立てにすれば更に生地の特性も活きそうです!     フレスコは春夏系スーチングでネイビーやグレーのソリッド、 もしくは控えめなストライプなどは見慣れています。 ですが、こういったスポーツ系でもフレスコの特性が活きるのですから ソコをついてくる辺りがまたダグラス社長のセンスですね。     これは普通に欲しい、、、絶対に重宝するでしょう!   という事で次に参ります。                   ライトウエイトなスーツをお召しな英国王、 ネイビーも明るめでキングが着れば正にロイヤルブルーですね。 春夏の強い日差しを避ける為にもダークスーツはお休みです。   計算され、完成されたキングのスタイルは学ぶ事多しで御座います。             2014年 コロンビア大統領と。 ネイビーでの色味の違い、印象の違いが良く分かりますね。                   SMITH WOOLENS GILT EDGE   100% WOOL ABOUT 250g   ネームが新しくなっています。 この配色はかなりH.Lesserに似ていますね。                 1921年 ロンドンで創業されたマーチャントです。 あの SOLARO の商標を持つ事でも有名なメーカーであり、 オリジナルソラーロと言えば同社製となります。   S.ウーレンズの生地は世界各国のTAILORだけではなく、 ラルフローレンやホールスミスなどのデザイナーを始め、 エルメスやYSL、グッチなどの様々なメゾンにも使われているだけではなく、 007やハリーポッターなどの映画衣装にも幅広く使われているそうです。           手持ちの生地ネームですが、最新が一番左側。 ネームを見るだけでも織機の技術的発展が垣間見れますが、やはり昔の方が魅力的!   今では SMITH WOOLENS ですが、昔は SMITH &Co でした。 昔のネームはロールで織られてそのまま、都度切り離して使います。 今のネームはご丁寧に一つ一つカットされ、裁ち切部は既に折られていて 直ぐに付けられるよう二次加工されています。   なんか象徴であるライオンさんが随分と抽象的に、シンプルになってきましたね!               典型的な ウールトロピカル 、春夏系スーチングの顔です。 こちらも強撚糸を使った平織地ですが、糸も細く、 ツルっとしてサラッとしているのが特徴です。 生地が薄い分、分かりやすく涼しい、、、強撚糸が皴を抑えると共に、 ややハリコシが生まれるので汗ばむ肌身にもサラッとして爽やかに着て頂けます。   盛夏を含む春夏地では一番代表的なスーチングでもあり、マストでもあります。 特徴が酷似するフレスコですが、これの織り糸がもっと太くて ザックリとさせたのがフレスコです。                   凄く綺麗な顔立ち、肌艶良く色気もありますね。 盛夏となれば何を着ても暑い訳ですが、 こんな素敵なスーツを纏い 涼しい顔してやせ我慢して下さい!     では次のご紹介がラストとなります。                       1936年 ボギーの着こなす上品なグレナカートチェック。 上衿のエッジも綺麗に横地が通され、仕立て良き誂えスーツですね。   打合いも深く、Vゾーンはとても狭め! 上襟のFITTINGに対する価値観も影響していますね。             1940年 C.グラント氏はシングル 3釦のピークドラペルでグレナカートチェック。 40年撮影という事は、このスーツは30年代製となりますが 既に40年代的な特徴が見受けられます。 兎に角エレガントで明るめなスーチングが故、ダークなタイがとても効いています。   また、ボギーと比べれば 上襟のFITTINGに対する価値観の違いも見てとれます。 英国的と言えば この感じが多いとも言えるでしょう。         では最後に名門より入手した極上な グレナカートチェック をご覧下さい。           H.Lesser & Sons = SUPER 150‘s =   8ozs-240g         私の信頼する大好きな名門H.Lesserより、極上のシリーズを入手しました。   現在はHARRISONS傘下でひっそりとし、大きく動くことはありません。 ジェームズ社長がリスペクトしているからこそ、愛情もって傘下に収められたのです。 そんな名門ですが実は静かに廃版も増えてきています、、、。     この名門H.Lesserですが、実は日本では展開されていないシリーズ(バンチ)があります。 その名はシンプルに 【 SUPER 150‘s】との名を冠した分かりやすいバンチが存在します。   このシリーズは古くは無いでしょう。 一時期の高番手競争はほとぼりも冷め 実用品ではない超高番手の生地は単なる贅沢品です。   私個人ではSUPER 100~120で十分であり、むしろ実用ベースでみれば理想だと思います。 強いてMAXな許容範囲で150までですね。 既にコットンで言えば 超長綿 の域に達していますよ!           ミミには TWO FOLD とあります。 全てではありませんが、イタリアの生地は薄くて軽くてソフト、、、 緯糸に単糸を使ったりします。   その点 英国地は経糸 緯糸共に双糸を使うのが基本です。 だからこそクセ取りも効き、型崩れせずTAILORED向きなのです。   勿論H.Lesserも双糸使いはマストであり、 その中でも厳選された原毛から贅沢に織られている事でしょう。 触ってみて下さい、、、ため息が出る程に説得力があります。     ≪ FOR THE DISCERNING MAN ≫ http://dittos.seesaa.net/article/499684657.html   ヘンリー・レッサー氏の想いは引き継がれているのでしょう。             控えめに表現されたグレナカートチェック、 ブルーのオーバーペーンが重ねられています。   クラシックでベーシックなスーチングですから格子サイズも控えめであり、 シャドウチェックの様にひっそりとしています。 原毛が細いので 柄出しはより密で鮮明、繊細に表現されます。 こういう生地柄こそ 質の違いが出るのです。   爽やかなブルーのペーンが効いていますが 線は細いので これもあまり目立ちません。 何事も控えめで奥ゆかしいグレナカートチェックとなります。               正に別格、別嬪さんです。 この細かく綺麗に表現されたグレナカートチェックをご覧下さい。 もう言葉でのご説明は不必要でしょう。             綾織りの 240g ですから盛夏を含めた春夏地であり、 冬は頑張って頂き オールシーズン用というべきでしょうか。   高貴なオーラを感じます。   グレナカートチェック、別名 プリンス・オブ・ウェールズ チェック。               ブルーのオーバーペーンも同じく、かなり似ている生地ですね。 国王と共に、やはり品のあるグレナカートチェックです。                                   以上で御座います、如何でしたでしょうか。 生地値も高騰する中、特別な価格で仕入れる事の出来たかなりお得で優秀な逸材ばかりです。 数量も限られておりますので、気になったお方は是非とも現物へ会いにいらして下さいませ。   特に HOUSE STYLE ORDER であれば、今月20日受注分までキャンペーン中で御座います。     好きで仕入れた生地であり 自分も欲しいと思った生地でもありますので、 嫁がれたら それはそれで寂しいのですが、、、 皆様の良き相棒になって頂ける事を願い 心よりのお勧めを申し上げます。   では皆様とお会い出来る日を楽しみにお待ち申し上げております。                 ・・・・・恐縮ながら 来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。 次回は 3月26日(火)を予定しております。   どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。          

    Read more
  • 【 ADAM 】

    2024.03.05 Bespoke Tailor Dittos. 日記

    【 ADAM 】

        皆様 こんにちは。 早くも3月に入りました、天候も安定しませんが、 少しずつ春に向かっているという事でしょう。   本格的な春の到来を前に、当店では HOUSE STYLE ORDER限定 による 早期受注フェア を開催中で御座います。 ご注文内容は季節を問いませんので、 リネンからツィードまで幅広くご注文を頂いております。 3月20日(水)までとなりますので、 どうかこの御機会を有効利用して頂けましたら幸いです。     また、シャツの今期シーズンファブリックが 3月中旬以降を目途に配布される予定で御座います。 そのタイミングに合わせ、新型オープンカラーシャツも受注開始とさせて頂きます。 また改めてご紹介させて頂きますが、こちらも合わせて宜しくお願い申し上げます。               さて、今週も当店BLOGにお立ち寄り頂きまして誠に有難う御座います。 楽しみにして下さる方々が居られるからこそ続けられております。   TAILORのブログですから生地や作例のご紹介がメインとはなりますが、 たまには少し目先を変えてみましょう。     今週は ほんの少しタイムトラベルな気分を如何でしょうか。 エレガントなクラシックスタイルをお気楽にご覧頂けましたら幸いで御座います。                 ・・・・・長きに渡る紳士服の歴史の中で、スーツという括りで見ると 紳士達が一番エレガントであった時代であり、現代的なスーツというスタイルが 確立された時代、それが1930年代のあたりになります。   紳士服の歴史は大英帝国に行きつき、 英国のテーラーリングが率いてきたとも言い換えられます。   1930年代のスタイルというのはクローズアップを受ける事が少なくありません。 それだけ無視できぬ時代でありスタイルであるに他ならず、 他の国々でも英国スタイルへの憧れと共に同じようなスタイルを形成していました。             ハットを被り、三つ揃いにステッキまでと 英国紳士を彷彿させるエレガントな紳士達。 このイラストの出どころ、実はフランスなのです。   シングルブレストは三つ釦でピークドラペルも見受けられますが、 ラペルは本返りが主体ですね。   独特で美しきシルエットの上着、ドレープ豊かな股上深きトラウザース。 イラストとはいえ、襟ぐり線であるゴージラインの位置にも注目されてみて下さい。 本来あるべき美しきクラシックスタイルたるバランスは存在します。                 まだ写真が今のように手軽でなかった時代、人々へ伝えるのは文字と共にイラストでした。 当時のスタイルを学ぶ上で欠かせぬ メンズマガジンは世界中で豊富にありました。 アメリカにはEsquireが有名なように、フランスでは【 ADAM 】が筆頭となりましょう。   1925年~1973年  2か月に一度発刊されていたそうです。 服飾関係者にとっては大変貴重な雑誌でもあり、 特に20~30年代の古いものはかなり高値が付けられています。     ここに4冊、1929/1934/1934/1938の4冊がありますが、 もう表紙からカッコ良すぎますね! 当時の生でホットな情報であり、その時代の方々が目にしていた紙面を 一部だけご紹介させて頂きます。   では早速 私と一緒に覗いてみましょう!             雑誌ですから広告は付き物です! 今でも現存するブランドも多く、こんな広告を見るだけでも楽しくなります。   エルメスのグローブも手首を確りとホールドするレングスに釦留め。 コレですよね、クラシックなグローブとは!                             OLD ENGLANDは昔 青山:外苑西通りに大きくて重厚で、 高級感あふれる素晴らしいお店がありました。 フランスブランドであるこの素晴らしいSHOPの存在こそ、 当時の英国スタイルがどれだけ影響が強かったのかが分かりますね。 アメリカのPaul Stuart に然りです。   WESTONや、SPORTEXも! 当然フランスブランドが多いのですが、 KYNOOCHはご存知でしょうか、スコットランドのメーカーであり ツィード好きな方はご存じの事でしょう。 キャラクターであるワンちゃんが有名ですね!   そして バーバリー(ズ)、昔は最後にSが付いていました。 最近はそのSが無くなっているのを御存じでしたでしょうか!                     イラストなので定かではありませんが、 パドックカットのピークドラペルでしょうか、、、まるでA.イーデン氏の様です。 足元にはスパッツ、エレガントで優雅な “ビジネスマン” ですね。                               左の紳士は3釦の段返り、しかし昨今の見慣れた段返りとは一線を画します。 確りとした肩回り、キュっと絞られたウエストに向かい 優雅な胸部のドレープが見て取れますが、 正にイングリッシュドレープなスーツです。 ラペルの返りは計算・設計され、狙った芯使いにより返されています。 イタリアの様に返り線付近の増芯を省き、 センター(第2釦)まで返る(事が出来る)手法とは違います。   使われている芯地自体も昨今の価値観から見れば かなり確りとしていると言えます。   イラストだし、、、とも言えますが、リアルをもとに描かれているのですから プロらしく特徴を上手く捉えているのであろうと思います。                 そそられますね~! 単なるイラスト、されどイラスト、本当に味わいがあり、 雰囲気あって気分も盛り上がります。 様々なディテールデザイン、今では見かけないファブリックデザインも、、、 どれも格好良く素敵! 当時の読者も同じような気持ちでご覧になっていた事でしょう。                 写真だって勿論御座います。 国王ジョージ六世も紙面を飾ります。                           2面2ダーツで裁断されたイングリッシュドレープスーツ。 ラペルの返りから見れば3釦の様ですが、第1ホールが見当たりません! 昔の上着はかなり甘めに返らされた設計や仕立てのラペルも多く見受けられますが、 これは3釦にした方が素直に見えそうですね。 釦数はさておき、胸部のボリューム感は凄いですね。 この服の持ち主が着ている所を見ないと分かりませんが、 厚みある豊かな鳩胸に見せるべく、意図した裁断である可能性も!   袖口に4つ並んだ釦が見えますが、慣れ親しんだスタイルでもあります。 ですが、一番下の袖口に近いホール位置をご覧下さい。 昨今の見慣れたバランスより低い位置で設定されているのが分かるでしょうか。 古着をお好きな方々から見れば通常運転ですよね。   袖口は捲くれるように開閉式にされ、開きがあるからこそボタンで留めます。 にも拘わらず目にする昨今の袖口ホールは 随分と高い位置より第1ホールが設定されていますね。 これでは釦の意味が⁉ と矛盾に感じますが、袖丈直しを前提に考えると 多少詰めた位で丁度良い という見方が出来ますね。 素直ではない不自然なバランスですが、誂えであれば その方に合わせて袖丈を設定するので 無用に高い設定の釦位置では 矛盾とアンバランスだけが残る事となってしまいますが意図する狙いは、、、?                                   不自然に見えるくらい 皴も皆無に綺麗で固まっているかのようです(笑)。 丸みと共に立体感に溢れ、高度なテーラーリングが施されているのが分かります。   カットも仕立ても素晴らしい事は前提ながら、当時の生地ですから今では驚くほどに 密でヘビーウエイトな生地ばかりでもあるという事です。 この時代にはまだスーパー表記すらありませんし、 今の様な細い高番手の糸・生地を生み出す技術もない時代です。   高価な誂え服がそんなペラペラでは直ぐにダメになりますし、 今の様に空調設備も整いませんので普通に寒い、、、 洋服の前提たるは防寒具でもある訳です。   だからこそ、、、誂えスーツは子の代、孫の代までと言われ、 それに耐え得る確りとした生地であったという事です。               ガウンのバリエーション、凄いですね。 私が修業時代にはカシミア地でガウンの注文がボチボチありましたが、 今ではどうでしょうか。   ご要望下さるお方がおりましたら是非お声かけ下さい。 シルクでも、カシミアでも 最高のガウンをお仕立て致しますので!   ですがお若い世代の方々はガウンを見た事が無い方もおられるのではないでしょうか。 日本では老舗の百貨店に探しに行くくらいしか最早目星がつきません。                 この時代のニットやカットソーは私にとって大変魅力的で素敵なのです。 今の価値観で比べれば見るからにショート丈に見えますね。 勿論短い訳ですが、それだけトラウザースの股上が深い事に起因します。   そして裾リブの幅、これが広い! 短めの丈と共に、スーツに同じく高いポジション(ハイウエスト)でクビレを形成するのです。   当たり前な事ですが、軽衣料含め周辺アイテムも全て トラウザースの設計価値観に連動していると言えます。 タイも短く、ブレイシーズも支点は低く、ニット類は見た通り。   これが当たり前であった時代から見ると ウエストコートが省かれ、ローライズへとトラウザースが移り変わると共に 全てのアイテム達も連動してビヨ~ンと長くなって参ります。   こういった昔の服を見ると随分と移り替わってきた様が見て取れる事でしょう。 昔の方々から見れば今の丈設定(ベスト、ウエストコート、ニットやカットソーの類)は、 なんて胴長・短足に見える・見せる丈バランスなんだ! となる訳ですね。   当時と今の当たり前は当然違いますが、随分と色気は無くなり ルーズに無難 へと落ち着いたという結果論であり、 それがリアルな時代の流れであると言えます。 カジュアル化も含め、寂しい事ながら男性の装いに対する エレガントさは求められなくなりつつあるのかも知れません。   だからこそ、余計に紳士服の黄金期が輝いて見えるという事もあるでしょう。 衣食住の『衣』に関しても、もっと拘り、追求し、楽しむ事が出来たなら より充実した人生になるのではないと思います!                     ・・・・・以上となります。 如何でしたでしょうか、当時の雰囲気を少しでも感じられましたら良かったです。   フランスのテーラードと言えば 『フィッシュマウス・ラペル』 を イメージされる方も少なくないでしょう。 こう見ると そのディテール自体はそれほど古くない事も分かりますね。     日本では洋装社が 1932年に【 洋装 】という月刊誌を創刊しました。 主にテーラー業界向けであり、英国のTAILOR & CUTTER に近いと言えます。 そんな洋装の内部にもT&Cの記事や技術的事柄が沢山記載されています。   この洋装もまたもの凄く渋くて格好良いので、別の機会にご紹介できればと思います。 皆様もきっと『これが日本製か?』と疑う程に素敵なTAILOREDが満載でした。 これもある意味では当然の流れでした、、、。         漢字含め日本語自体も古いですよ(笑)! やはり英国スタイルを推していますね。       今回のフランスだけではなく、日本でも、いや世界的に見て 英国のスタイルは憧れと共に見本でもあったのです。 これは揺るぎない事実であり、歴史でもある というお話でした。         では、今週もお付き合い頂きまして誠に有難う御座いました。 是非また来週もお立ち寄りくださいませ。       何卒宜しくお願い申し上げます。                

    Read more
Bespoke Tailor Dittos.