BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 2024 / SPENCE BRYSON 】

    2024.02.20 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 2024 / SPENCE BRYSON 】

              ジェットコースターの様に乱高下する気温、まだ2月なのですが、、、。 店内は春夏用の生地に入れ替え、生地も雰囲気も軽快になりました。         リネン×ウールの千鳥格子に、下はミディアムグレーのウールトロ、 インナーにはマドラスチェックで CHECK on CHECK! 春の陽気に誘われ、お出かけしたくなりますよね。             かなり良い味が出てきており、クタッとなるまでもう少し! もう暑さを感じる頃になれば コレが最も頼りになる存在です。   http://dittos.seesaa.net/article/488475454.html 【 BUSH JACKET⑤ 】   全3サイズ揃いますので、是非お気軽にご試着されてみて下さい。 お気に召して頂ければ そのままお持ち帰り出来るのは既製服の大いなるメリットです。 自分でこのBUSH JKを育てる事も楽しみの一つです!                 早速ですが、先にご連絡をさせて下さい。   当店 HOUSE STYLE ORDER 限定 恒例の ≪ 早期受注フェア ≫ 開催のご連絡で御座います。   2月19日(月) ~ 3月20日(水)     大変申し訳御座いません、告知が遅くなり 実は昨日よりのスタートで御座います。 信頼するご協力工場さんの企画であり、通常より少し多めに工期を頂く分 ささやかでは御座いますが お値引きをさせて頂くというフェアになります。   対象はスーツ、オーバーコート、ジャケット 等の重衣料が絡んだアイテムとなります。 それらガーメントは春夏用でも秋冬用でも構いません。   約一か月間の開催となりますので、早々に春夏用の狙いがある方々や、 当店へ初めて来られるご新規様まで是非この御機会を 有効利用して頂けましたら幸いで御座います。   尚、当店は完全予約制とさせて頂いており せっかく来て下さったお客様方が重ならぬようにさせて頂いております。 お電話でも、HPよりのメールでも お気軽にご連絡くださいませ。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。             では本題に入ります。       また暑い夏が来るのでしょうか。 食にも季節による旬の食材があるように、 衣の世界でも同じく欠かせぬ食材が沢山御座います。 春夏という括りで見れば、≪ LINEN ≫ は絶対に外せぬ存在ですね。               今週はパワーアップしてのリニューアルとなった SPRNCE BRYSON をご紹介させて頂きます。           ネームデザインが変わりましたね。 下部に小さく BY. ULSTER WEAVERS とありますが、 同社は1880年に創業されたミルであり、 美しい自然に囲まれた北アイルランドにあります。 ロイヤルワラントも持つ老舗織元であり、 リネンを主体にファニチャーからファッションまで幅広く織っています。   放熱効果が高くて涼しく、吸水性は綿の4倍、 絹の10倍もありつつ速乾性に優れています。 また、リネンは水に濡れると強度が増す為、 洗濯耐久性も綿の2倍はあるとの事。 そんな特性からもファニチャー製品や ホーム・キッチン製品でも大変重宝されているのです。     リネンは麻という植物の一種に過ぎず、ラミーやジュートなど 区別される種類はとても多いのです。 更に 当たり前の事ではありますが =IRISH LINEN= というのは アイルランドで生産されたリネンを指しますので、 この部分は大切な一つの付加価値であり、品質であり、 差別化されたリネンであるという事も頭の片隅に入れておいて下さい。                           今季から登場のNEW FACEよりご紹介致しましょう。   Lismore   Natural は色を指しており、これは染め無し・漂白無しの生リネンという事ですね。 同社不動の定番でありクラシックの顔たるは Tropical というシリーズがあり、後ほど登場致します。 このTropicalは迫力や耐久性含め不朽の定番で最高のリネンながら、 湿度多き日本の真夏では少々ウエイトがありますので暑いです、、、、。   そんな方々にはお勧めなライト級が こちらLismoreとなります。 薄くて軽くなりますのでお気軽に IRISH LINEN を楽しんで頂ける事と思います。         全7色展開されています。 定番色は抑えられていますので、やせ我慢の苦手な方はコチラがお勧めとなります! 雰囲気は定番Tropicalに同じく、 綺麗に引き揃えられた綺麗で細目な糸で密に織られています。                 次のシリーズです。   Kildare   C Orange、これはコーラル(珊瑚)オレンジであり ピンクがかったオレンジ色となります。 とても発色が美しく リゾート地では映えるでしょう。   やや織り糸も太くザックリした印象、そして敢えて作り出された 気孔(隙間穴)は通気性を向上させてくれます。 Tropicalを基準に考えると、隙間な分⁉ 若干軽めとなります。   軽くてザックリした感じはアンコンJKなどのお仕立てにも向いているでしょう。             綺麗な色が豊富でファッション性も高いですね。 絶妙な中間色も!                       きました、不動の定番。 クラシックなリネンスーチングといえば S.BRYSON:Tropical です。   リネン特有のハリコシに富み、きめ細かな肌艶よき顔立ち、、、、 織り上がったリネン地は木材でコンコンと叩かれてこの風合いを出しています。 とてつもなく古い機械であり、いつまで保てるのか心配でなりません。   IRISH LINEN を堪能したいのであれば、先ずはコチラから入門すべきです! 本当に仕立て映えします。           Tropical : Col. Sand サンドとの名称ながら これが所謂昔ながらの BUFF に値する色味ですね。 今風ではサンドベージュですかね!   本当に肌艶良く、Tropicalは美人さんなのです。             圧巻の 23色展開。 見応えもあり、必ずやイメージに見合う色目が見つかる事でしょう。 このシリーズは色違いが欲しくなりますよ、、、、。                               きましたよ、パワータイプが、、、、。 Tyron   このシリーズは先に紹介した Kildare のお兄さん的存在です。 という事は、Tropicalの弟が Lismore となりますかね。 一番ウエイトがありますね、織り糸も太くてザックリ感が満載。 迫力満点で存在感はピカ一です。     実はですね、S.BRYSON社にとって 洋服地より大きな戦力がファニチャー部門なのです。 超高級ホテルやレストラン、豪華客船などのシーツやクロス類の類は 昔ながらに最高品質なIRISH LINENが牛耳っていました。 (リネンサプライ、耳にされた事があると思いますが呼称になる程という事です。)   その他 壁紙からソファー、ベッドカバーなどに使われる様な類に対しては 存在感と耐久性に優れた厚地のリネン、 そこにカテゴライズされた一つがTyroneでもありました。   (同社には更にヘビーウエイトもありますが、 基本はファニチャー用に織られた生地と成ります。)   もうこのウエイトと存在感は『暑い』などと気にする方は そもそも相手にしていません。 むしろリネンの『らしさ』を堪能したい、もしくは定番Tropicalのお代わりに! 聞いた話ではお若い方の方が むしろ好まれているとか!             Tyrone  Col. Mocha / Oatmeal 今期 既にBESPOKEでのご注文を頂戴しておりますTyrone君、 BESPOKEでは初めてのTyroneとなりますので、 対峙するのが今からとても楽しみです。               ツブツブ・ザクザクでフレスコの様でもあります。           全19色もあります。 真ん中のラベンダー色も素敵、敢えて霜降り感をだして より涼しげ かつスポーティーな印象もありますね、とても綺麗です。                 これが今まで軽~中肉の定番でした。 Tropicalでは暑いと言われる方には こちら!   Glin 皆 揃って平織地が殆どなのですが、 このGlinのみ綾織りでありヘリンボーン柄なのです。             ハイ、抹茶フラペチーノで御座います‼ 和をも感じさせてくれる涼し気な色味、 ヘリンボーン柄が更にシャープな印象を与えてくれます。         全7色展開となります。   ここまでが 所謂一般的なスーツやジャケットをお仕立て頂くシリーズとなります。 実際はヘビーからライトまでかなり幅広くある訳ですが、 次からのご紹介は シャツ地 としてご紹介させて頂きます。                       IRISH LINENは程好いハリコシが特徴でもあり魅力です。 その雰囲気やイメージをそのままに、 SHIRTING weight まで落とした軽量級のシリーズとなります。   Quintin   昨今、ファッションな世界では本当にシャツ(生地)ジャケットが作られ、 売られている世界なので、そういう意味ではシャツ地専用とは言い辛くなってしまいますが、、、 一般的にはシャツ地であり、ここまで薄いのですから透けます。 そして冒頭でのご説明した通り、汗を確りと吸い、 乾きは早く、かつ水洗い洗濯に強いときます!   このシリーズでドレスシャツを仕立ててみて下さい! 本当に気持ち良く、涼しく、『 IRISH LINENのシャツ 』を感じて頂けます。 多くのイタリア製シャツ地のリネンはとても柔らかく、 逆を言えば柔らかすぎてフワフワでもあります。   これが長所でもあり、短所でもありますので 皆様の価値観とお好み次第なのですが タイを締める・締められるリネンシャツを御所望であれば絶対にお勧めで御座います。               格子柄とソリッド、十分に当たり前で欲しい色柄が揃います。 ネイビーのIRISH LINENシャツ、これも絶対に格好良いでしょうね!                   最後のシリーズとなります。   Orkney こちらはQuintinと比べ、更に軽くてかなりソフトです。 フワフワで柔らかく甘い織り、ラフなリネンでしたらコチラですね。 よりカジュアル感が強く、楽ちんで砕けた休日感がでます!   という事で、リネンのシャツをどの様に着られたいかにより お選び頂くのが良いでしょう。                             ・・・・・以上 IRISH LINEN WORLD でした。   SPENCE BRYSON社だけで、リネンだけでここまで揃うのは圧巻です。 例えばW.Billなどのマーチャントも S.BRYSON社のIRISH LINENを扱っていますが それを軽々と超えるラインナップとなります。   そしてもう一つの大きなメリットは全て国内在庫であり、 既に買い付けられた原反より着分購入が出来る事なのです。 無駄に取り寄せ時間がかからない事、そして反仕入れ・大量仕入れによる コストカットも見込め 私達には嬉しい事しかありません。   この春夏は、いえ この春夏もIRISH LINENと共に仲良く過ごしましょう。   H.S ODER限定ではありますが、フェア期間でもありますので 是非皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。       今週も誠に有難う御座いました。                

    Read more
  • 【 Coming Soon!:NEW OPEN COLLER SHIRTS 】

    2024.02.06 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 Coming Soon!:NEW OPEN COLLER SHIRTS 】

            2月らしく寒い日が続いております。 都心でも雪が降り、本当に寒いですね。 皆様がお仕立て下さったオーバーコート、 是見よがしにご堪能頂けましたら幸いです。     そんな折では御座いますが、、、 今週はこれから来る春夏を無理やりにでもイメージしてご覧下さいませ!               ゆったりとしたギンガムチェックの半袖スポーツシャツ、 そしてマドラスチェックのトラウザース、首元にはアスコットタイを、、、。 銜えたパイプがなんてお似合いなのでしょう。   暑い日であろうと紳士たるもの見嗜み、エレガントさを微塵も失わせません。                                 春夏でのOFFな日の装いには 色目の綺麗なシャツや格子柄のシャツは欠かせませんね。 特にリゾート地では映える事でしょう。   今年もやって来るのでしょう、、、あの暑き夏が!   さて、今週はいよいよデビューを間近に控えた 新型となるオープンカラーのスポーツシャツをご紹介させて頂きます。   当店では以前にもオープンカラーの展開がありましたが、 工場さんが変わる事に伴い 何年も休止扱いとなっておりました。 この度は満を持して 新型となるオープンカラーを構築させて頂きました。   初回のサンプルが上がりましたので、是非ご覧頂きたく 宜しくお願い申し上げます。                 上がりたてのサンプルシャツ、一度洗濯をしてプレスを掛けました。 首元には発色の綺麗なコットンチーフ、N様より英国土産にと頂戴致しました。 (N様、お気に入りであり愛用させて頂いております!) チーフやスカーフの類は自然に結んでも良いですし、 これはVINTAGE RINGを使っています。   襟元をご覧下さい、現行品には無い 堂々としたオープンカラーを! イメージはウインザー公であり、インカーブの効いた存在感のある襟。 (下の写真をご覧下さいませ。)     以前の展開は厳密にはイタリアンカラーであり、 大きな違いはゴージラインの有無です。 今回は敢えて シンプルに、ベーシックに、そして今は無き 色気のある襟型を拘りぬいて設計させて頂きました。   BODYは以前と同様であり、襟型と身返し仕様が違うだけとなります。 半袖は勿論、長袖もお選び頂けます。   これを皆様のお身体に応じ、お好みに応じ ONLY ONE の型紙を作り 卓越した高度な縫製技術で1点1点お仕立てさせて頂きます。 ドレスシャツに同じく、非対称の肩傾斜にも勿論対応致します。   いくらスポーツシャツとはいえ、タスキ皴やツキ皴がでたり、 サイズ感の合わぬ物や着丈だって皆様それぞれであり、着方やお好みもある事でしょう。 折角ですから自分の為だけに設計され、誂えられた ONLY ONE のシャツをご堪能頂けましたら幸いです。                             型紙を引いては仮襟と共に上半身を組み上げ 確認。 修正しては微調整してまた組み上げて、、、、 絶妙なバランスで引きました。   上衿剣先は結構な鋭角となるのも特徴ながら、 こういった剣先処理にも縫製技術のレベルが現れるのです。   刻みのバランス含め、かなりのお気に入り! 私自身の設計ですから当然ですね。 (一部ステッチワークに勘違いがあり、本番では修正されます。)                   襟は閉じる事も出来ます。 あまり閉じないかも知れませんが、閉じた時に上襟がツレる様ではなりません。   その首元(第一釦)はホール&釦にしました。 アロハシャツなどの類では、上前襟ぐりの角に ループを付けるタイプが多いですよね。 ですがコチラは釦です、こっちの方が着脱しやすく安定感も高い、 何よりもこっちの方が格好良い。   コートで言えばフラワーホールですね!                 肩ヨークを携え、バックには両サイドに深めのプリーツを畳みます。 肩から裾まで平行に、たっぷりと運動量を確保。   ドレスシャツはギャザーなので、こちらはプリーツにしました。                 ですが このプリーツ、実はウエストの部分で ステッチにより開きをロックしています。 折襞が広がる事で遊びが生まれる訳ですが、 ウエストの部分はキュっとキープ。 スポーツコート(ジャケット)のピンチバックに同じであり、 英国らしいXシルエットを尊重です。   このプリーツにはひと工夫設けてありまして、 設計上での正しきプリーツ位置・幅が素直で安易に再生できるようにしています。 洗濯すれば折り目などリセットされますから このひと工夫は凄く重要でもあるのです。                 背中のプリーツ、この意匠を胸ポケットにも活かし 立体物を入れても安心です!   ですが、シンプルにプリーツ無しのポケットを選択する事も出来ますし、 両側付け、もしくはポケット無し も自由にお選び頂けます。                 脇の縫い目は折伏せ縫い、裾にはスリットを入れてあります。 些細なディテールですが、この有無で結構な違いが幾つか挙げられます。                     半袖・長袖 これはご自由に御選択ください。 半袖の場合、ターンアップの意匠でアクセントにも! 単なる三つ折りミシンステッチでは終わらせません(笑)。                   受注開始まで もう少しだけかかります。 春には完璧に準備致しますので是非ご期待くださいませ。   この新型スタートに伴い、私自身のシャツもサンプルとして先行作製して頂いております。 一時的に休止にはなってしまいましたが、私自身は必ずや復活を目論んでおりました。 『コレは、、、』 と思った生地は既に入手済みであったにも拘らず 数年寝かす事になってしまいました。 やっとシャツになるので本当に楽しみです!   仕立てあがりましたら着用写真もお見せ出来ればと思っております。   この新型となる オープンカラー・スポーツシャツ ですが、 準備が整い次第 改めて必ずお知らせさせて頂きますので、 どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。                   上記新型に伴い、旧オープンカラーは廃版と致します。 廃版にしますので、皆様にご試着頂けていた旧型のサイズサンプルを 格安にてご提供させて頂きたく 是非如何でしょうか‼   ● 全て半袖、私の設計した既製服(左右対称)と認識下さい。   ● 37 / 39 / 41 / 43 の4サイズとなります。 (ドレスシャツよりもユトリが多い設計です。)   ● 半袖なので袖丈合わせが無い、ネックサイズも適合不必要ですね。   ● スポーツシャツですからユトリが大きくても気になりません。   ● 全てミントコンディションです! が、 洗濯して確りとプレスを掛けた上で御納品させて頂きます。   ● 1着 = 6,500円+TAX (全サイズ共通・各1点ずつ 計4着)     ご試着不要との事であれば、直ぐにご発送納品も承りますので お気軽にお声掛け頂けましたら幸いです。   生地は 公に同じくクラシックなギンガムチェックです。 (100% COTTON) では、この旧型イタリアンカラーを着用した写真で感じをつかみ取ってください!             襟はシャープでコンパクトなショートポイント、 台襟と羽襟が合体している体になります。 ゴージライン(襟ぐり縫い目)は無いので襟がそのまま身返し続きとなり 色柄の分断が無くスッキリと見えるのがイタリアンカラーの特徴です。         私が着用しているシャツのベースサイズは 37 です。 身幅や着丈は原型通りです。   ドレスシャツのシルエットと比べ、スポーツシャツなので もともとウエストのシェイプは『ほんのり』なレベルとなっております。   シャツに伴い、上から着用する上着は HOUSE STYLE ODER:アンコンジャケットで御座います。 これから旬のシーズンを迎えます!   http://dittos.seesaa.net/article/467433762.html 【 H,S.ORDER:アンコンジャケット② 】                     ・では 新型オープンカラー を何卒、何卒宜しくお願い申し上げます。 今週も誠に有難う御座いました。                       ・・・・・誠に恐縮ながら、 来週のBLOG更新はお休みとさせていただきます。 次回は 6月20日(火) を予定しておりますので、 重ね重ね どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。                  

    Read more
1 / 12012345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.