BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 O様のご注文:CAVARLY TWILLl 】

    2023.10.31 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 O様のご注文:CAVARLY TWILLl 】

            いよいよ明日から11月、今年も残り2か月となって参りました。 これからは紅葉が楽しみなシーズンとなります。   アースカラーのスーツに身を包み、お出かけしたくなりますよね。         さて、今週はそんなシーン含め 普段着として活用しやすき スポーツスーツをご注文下さった O様のご注文 をご紹介させて頂きます。                   ARTHUR HARRISON Cavalry Twill   100% WOOL ABOUT 350g     正に強くて耐久性高きキャバルリーツイル、様々なアイテムに多用される生地であり ウエイトや色のバリエーションなども豊富に織られています。   軍服や乗馬服などに使われるような生地は 1000gを超え 今でも実用品として織られています。 このキャバルリーツイルをもう少しライトに600g台、 タウンユースにもと300g台などと展開が広がっております。 ただ、今回お選び頂きました生地は珍しく交織で織られ、 絶妙なアースカラーと共に表情の豊かさを持ち合わせます。     http://dittos.seesaa.net/article/490247786.html 【 H&S:JACLETING , and MORE 】                   スーツでお仕立てであれば、このトラウザースは様々なスーツや ジャケットにも合わせる事が出来ますね。 ベージュ、、、、微妙にカーキっぽい色味で御座います。               後はハイバックスタイル、 特にアジャスター類はお付けになられません。               沢山の羨ましいワードローブを構築されるO様におかれまして、 H.S ORDER では以前にダブルのウエストコートをお誂え頂いておりますが、 BESPOKEでは今回が初めてですね。   この仮縫いの日も暑い日でした、、、。 涼しげで清涼感溢れるコーデ、C.RIVA:リシオのシャツに ボタニカルスカーフが素敵です。 O様、いつも御贔屓を頂戴しており 心より感謝しております。     http://dittos.seesaa.net/article/489167996.html 【 Dittos. SCARF 】 ・・・ 残り2種、在庫が御座います。               3-パッチポケットのスポーティーなデザイン。 至ってシンプルでクラシック、お似合いで御座います。             実は表のパッチポケットと共に、背中にもインバーテッドプリーツを畳んだ 機能性豊かな上着としてご注文頂いております。 お仕立て上がりまでプリーツ開閉による動きやすさはお預けです。 と言ってもO様はこの仕様で2着目となりますね。                       さぁ、仕立てあがりました。 O様より先に少しご覧いただきましょう。   BESPOKEでは初注文となるダブルブレストのウエストコート。 H.S ORDER と比べれば、ステージが違いますので当然ながら仕立ても フィッティング精度も高くて当然ながら、もう一つ大きな違いがあります。   H.S ORDER では私が型紙を引いた『原型』をベースに 補正するのが基本であり、デザイン的要素のアレンジも可能です。 しかし、BESPOKEはクライアント様の為だけに 1点1点 設計・デザインを型紙にて起こしている訳です。   顧客様の好みや雰囲気、サイズやバランスなどを踏まえて個別にデザインしており、 一見同じように見えても実は全然違うと言えます。             生地やスーツのポジション踏まえ、ウエルトハンドステッチを採用です。 背中(裏地)は これまた絶妙な色ですが、 オリーブとチャコールで配色されたヴィスコースの裏地です。 とても相性が良いですね。                   上衿には取り外せる スロートタブ もお付けしました。 本当に寒い時には上衿さえ閉じてください。   既製服では上衿と一体化したタブも見受けられますね。 誂え服は上衿の裏に『ヒゲ』という折り返された 縫代(折代)が敢えて残されています。 このヒゲは  『以降使う可能性があるからこそ、 対応する為に敢えて残されたポテンシャル』 であり、飾りなどではありません。 だからこそ、そのヒゲを尊重すれば本来スロートタブは 別途パーツが理に適うのですね。 勿論 取り外せる事も大きなメリットとなります。               O様にお越し頂きました。 早速 最終確認のフィッティングとなります。                 釦は既に廃版となってしまった英国製のプラ釦です。 FAWN という色ですが、これが一番フィット致しました!   O様、BESPOKEでのダブル型ウエストコートは如何でしょうか。                   前から見ればベーシックな3釦・3パッチポケットのスポーツスーツですね。 ダークスーツの様に堅苦しくなく、丈夫で動きやすく、 正に普段使いに着用したくなるスーツとなりました。 O様の狙い通りで御座います!                   お陰様でこのデザインはとても人気があり、本当に光栄なかぎりです。 こういったピンチバック含めた機能性豊かなデザインディテールは多岐に渡ります。   余裕があれば皆様が目視確認出来るサンプルとして 私自身が仕立てたいとは思っていますがなにぶん優先順位が、、、。 なので、ご相談頂ければ昔のイラストや写真などで打ち合わせし、 いくらでも具現化が可能です。   既製服がメインとなる昨今、 こんなデザインや仕様の服なんて皆無に等しいですね。 無ければ生み出せばよいのであり、誂え服はそういうものでもあります。               この度も大変喜んで頂けました。 ご当日のコーデも凄く合いますね! 今頃は既にご堪能下さっているでしょうか。     O様、この度も素敵なご注文を誠に有難う御座いました。                 ・・・・・誠に恐縮ながら 来週のBLOG更新はお休みとさせて下さい。 次回は 11月14日(火)を予定しております。   そろそろ年内収めの区切りが近付いており、どこまでイケるか⁉ 頑張って参りますので、宜しくお願い申し上げます。   今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。                  

    Read more
  • 【 H様のご注文:D.B OVER COAT 】

    2023.10.24 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 H様のご注文:D.B OVER COAT 】

          本日 10月24日、二十四節季では『霜降』となります。 露が凍って霜が降りる頃、、、 夏と比べれば湿度も下がり楽にはなりましたが、 早く霜の降りる気温になってほしいものです。   ツィードやオーバーコートを気持ちよく着られるのが待ち遠しいです。                   エドワーディアンの時代です。   この頃はフロックコートをはじめ、現代で言う上着(ジャケット)の 役割を担うコートが着用されていました。 モーニングコートやテールコート、これらはコートと呼ばれつつ ウエストコートの上に着る上着であり、英国ではスーツの上着はコートと呼ばれます。 (ラウンジスーツ『ジャケット』の台頭までは 基本前提がコートであり、着丈は長かったわけです。)   これら上着(コート)の上には更に外套としてケープやマント、 そしてチェスターフィールドコートコートなどのオーバーコートが挙げられます。 コート(ジャケット)の上着として着用されるのでオーバーコートですね。   一概には言えませんが、この当時 ボディーコートの多くは 膝丈である事が分かります。 モーニングコートやテールコートなども同じ類で設定されています。 だからこそ、更に上へ纏うチェスターフィールドコート等は それらインナーコートを隠す為に膝ホールド丈になる訳です。   センターの紳士は角度の鈍いピークドラペル、6釦3掛けのスタイルに、 当時の胸ポケットは往々にして傾斜が大変強くとられ、胸ダーツは摘ままれていませんね。 一つのデザイン形態です。               時代は進み、エドワード8世がまだ皇太子であった頃の写真です。 時代は1920年代であり、まだまだエドワーディアンの匂いが 残っているのが見受けられますね。             このコートはオーバーコートでのポジションながら、 若かりし細身なお身体にフィットした素敵なバランスですね。 生地は相当 肉厚なコート地である事でしょう。 膝もホールドし、かなり重かったでしょうか 当時でのマストな防寒具でもあるわけです。   ウインザー公は当時 このデザインを気に入っていたのか 生地違いで同じようなコートが他にも見受けられます。                   VINTAGE:Johnstons OF ELGIN 90% CASHMERE 10% MINK 430g       ここにレアで極上なヴィンテージのカシミアが御座います。 ネームも古いものですが、ミンクブレンドのネームは流石にありませんでした。 クラシックな千鳥格子の生地、 ジャケットか軽めなトップコートなどにお勧めです。     この生地は 大変なご贔屓を頂戴しております H様のご予約で御座います。 先に生地のみに惚れ込んだものの、 この素敵な生地をどのように料理しましょうか、、、、。 ご相談の上、ウインザー公の若かりし頃に愛用されていた オーバーコートをイメージに料理する事が決まりました。               アイボリー地に、ダークネイビー、グレー、そしてダークオリーブを 掛け合わせ、かなり凝った色出しによる織地です。 昔は本当に手間暇を惜しみませんね、、、 クラシックでありながらも どことなくモダン。 タウンユースで使うにはとても重宝出来るでしょう。   オーバーコート地としては軽量級となりますが、だからこそサラリと 軽く羽織れ、脱いで持っていても重たくはありません。 しかし主体はカシミアですし 温かさは折り紙付きであり、 ブレンドされたミンクなんて毛皮のイメージが強すぎて、、、 超高級獣毛である事に間違いはありません。 シットリとした独特な肌触りは思わず笑みがこぼれます。               格子柄で色味も比較的ライトトーンです。 着用ポジションは広く、スーツからジャケットスタイル、 そしてニットの上から羽織るだけでも様になり、 きっと重宝して頂けるでしょう。                 当時らしく、生地の裏側には同社の印が押されています。 H様にはどこか見える所に、、、とのご希望を頂戴しましたが、事情により不可能でした。 申し訳御座いません、恐縮ながら この写真を記録として頂けましたら幸いで御座います。               裏の印にアイロンが付かぬよう策を講じつつ確りと地のし、 そして一晩寝かせ、いよいよ裁断です。 失敗は許されません、特に格子柄ですから正確な裁断は必須で御座います。 目を酷使しながら地の目を整え いざマーキング。 チョークも見え辛い(笑)!                       H様、気付けば 当店でオーバーコートのご注文は初ですね。 仮縫い時はまだまだ暑い日で御座いましたが、 春夏用のODD JKをご着用の上 ご足労頂きました。                     オーバーコートの精度はインナーであるコート(ジャケット)の型紙精度次第ですから インナーが良ければ それだけマトリョーシカ人形の如くフィット致します。   背中心の柄合わせも完璧に、、、背中心縫い目がどこだか分かりませんね!   格子ですから正確・不正確がモロに分かりやすく出る訳です。 地の目の落ち着きや安定性を見れば高次元でのフィッテイングが 分かりやすく目視確認できます。                 釦はどれにしましょうか、、、お見立てした釦はどれも合いますが 色で随分と印象も変わりますよね。   英国より取り寄せたホーン釦、現在グレーはナットに 置き換わっていますがデザインは同型となります。                   いよいよお仕立て上がりです。 H様にご着用頂く前に少しご覧頂きましょう。                   仮縫い時はお付けしませんが、袖丈も確定し グルリとターンバックカフをお付けしております。 確りと柄合わせも施し、ボリュームと存在感のある袖口で御座います。               裏地の裾は手間をかけフラシ始末、 色は表地に使われているオリーブを拾われました。 着丈は膝ホールド、腹部の釦より下には小さな釦タブも付けました。 オーバーコートは防寒具ですから、 寒ければフロントからの寒気を少しでも遮断します。             内ポケットはお台場仕立て、オーバーコートは脱いで手持ちもある為 ポケットの中が落ちぬよう蓋を付けています。                     この度もご足労頂きまして、誠に有難う御座います。 とてもお似合いであり、本当に素敵で御座います。   この日はライトツィードのスーツ、選ばれた釦もベストマッチですね。   胸のウエルトポケットは レギュラーより傾斜を強くしています。 腰ポケットの傾斜は H様のお好み的リクエストである いつもの傾斜でお作りしています。 袋地は温もりあるソメロス社のコットンフランネルを贅沢に!     この生地の風合い、そして色柄や着用ポジションを踏まえ 今回は敢えてバス芯を使わず、ベースのキャンバス芯を重ねて胸増芯としております。 より柔軟でリラックスした着心地とフォルムが出る事と思います。                 身体に合った美しき背中、そのエレガントな後ろ姿で漢を語って下さいませ。                   如何でしたでしょうか。   生地にも思い入れやストーリーがあり、 その調理法いかんで様々な魅力を引き出す事が出来ます。 H様のセンスが輝くとても素敵な一着となりました。   ご着用にはもう一段 気温が下がってほしいですね、 馴染んできた頃の着心地は格別なはずです。 この度も素敵なご注文を誠に有難う御座いました。         では秋冬の装いを楽しみつつ、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。   今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。                

    Read more
Bespoke Tailor Dittos.