BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 W様の御注文:VINTAGE T&L 】

    2022.08.23 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 W様の御注文:VINTAGE T&L 】

            KING GEORGE Ⅵ     とてもエレガントで いつも美しい TAILORED CLOTHING を着ておられます。 スーツの源流は英国にあり、紳士服が一番エレガントであった時代とされる1930年代。 紳士服は歴史そのものであり、 確立された当時の美しく魅力的なスタイルに憧れを抱く者は少なくありません。 洋服が好きで掘り下げれば必ずや触れずにはいられぬ時代でもあります。   当時の古い写真が一枚あれば、その背景やスタイル、ディテールなど 語りだせばキリがありません。 細かく語るは無粋ながらも、ゴージラインの位置や線の具合、 打ち合いやフロントカット含め様々に時代的な流れと共に 説得力の強さをも感じずにはいられません。 同時にルーツは軍服という事に通ずる片鱗も垣間見ることが出来ます。   クラシックという語が気軽に使われますが、 時代によりそのクラシックは移り変わるものです。 しかしながら洋服に限らず、 多く物は簡略・簡素化されて中身は薄く、説得力が薄れてゆく。 その物の体を成していれば良いのかと疑問を投げかけたくなる物は増え続けています。   人間の『 手 』が生み出す品質と価値   どうしてもここに到達してしまいます。 機械化には素晴らしい恩恵を享受する一方、 されど機械にはまだまだ真似出来ぬ技術というものが多々御座います。           さて、今週は 1st-BESPOKE SUITS を誂えて下さった W様の御注文を紹介させて頂きます。       W様は、W様も 本当に洋服が好きすぎる御方であり その知識と拘りは尋常ではありません!   英国スタイルをこよなく愛し、当店開業時の頃よりのお付き合いとなります。 十数年に渡り ずっと HOUSE STYLE ORDER にて沢山の洋服を御誂え頂いて参りました。 そんなW様が満を持して BESPOKE のステージに、、、 いよいよお試しになる事になりました。   W様が追い求めたスタイルを 丹精込めて手作りにて具現化致します。             ベースとなるイメージをお伺いし、+αなリクエストは美しい立ち姿。 あとは私と好みや価値観がかなり近いという事でお任せ頂きました。   スーツを愛し、好き過ぎるがゆえ ネイビーのスーツだけで もう何着お持ちでしょうか。 様々にこだわりの逸品、レアな逸品も楽しまれて参りました。 ですがこの度はステージの違うスーツであり、ある意味では別物となります。   そんなW様がお選びになられた生地は やはりネイビー!       = VINTAGE Taylor & Lodge =   Lumb’s Golden Bale WORSTED FLANNEL ABOUT 360g     70年代後期に織られたとされる最高の生地、 色も風合いも打ち込みも 全てにおいて申し分御座いません。 何とも味わい深き生地であり、一目でお気に召して頂きました。 知識と御経験と共に、相当 目も肥えておられるW様が一目惚れです。 お好み的にも含めど真ん中との事でした。   W様におかれましては この当時の靴も沢山お持ちですよね! 当然革も違いますし、作り込みのレベルも違います。   ネイビーソリッドの三つ揃い、当たり前な物こそ 最高の生地による最高の仕立てにより 長きに渡って愛する事。 それに持ちこたえられる品質も踏まえ、当然 高スペックでなければ成りません。 この生地も本来では先週御紹介した生地の様に 事情あって御提供出来るようになった逸品でもあり、 結論的にはW様へご縁があったのかも知れません。     http://dittos.seesaa.net/article/462576555.html 【 VINTAGE Taylor & Lodge 】           深き股上に比翼フロントの 2プリーツスタイル。 シルエットもゆったりと太く優雅に。           ウエストコートはシングルの 6釦-5掛けスタイル。 ウエストコートの丈はトラウザースの股上に連動し、 ウエストのシェイプから腰に掛けて流れる様な一体感が生み出されます。   トラウザースの股下は裾部でクッションが 入るか 入らないか の絶妙丈。 FINISHは折り返しのカフ付きで仕上げますが、 BESPOKEは前後で3㎝の傾斜を付けていますので踵はホールド感を感じられます。             シンプルでベーシックながら、細部にはブリティッシュライクなW様の拘りが詰まっています。 特にフロントカットは分かりやすいでしょうか。 イタリア系の軽快なCUT AWAYに目が慣れている方々には かなり新鮮に見えるかも知れませんね。   上着のフロントは打ち合いも深く、その分 Vゾーンは小さくなりますので ウエストコートの顔出し具合も変わります。 この重厚感こそ、ある意味往年のBURTISH SUITSを感じさせてくれるでしょう。   とても素敵です、、、、W様におかれまして、 初のBESPOKE SUITSへ一層の期待感が込み上げます。   段々と形がより具現化していくのです。 誰だって楽しみで仕方がないですよね!                   いよいよ仕立て上がりました。 釦は英国では既に廃盤となっている 英国製ポリエステル釦をリクエストされました。 袖口から第一ホールまでの距離、、、、こんな所も見逃しませんよ!   実は、HOUSE STYLE ORDERでのレギュラー距離、 BESPOKEでのレギュラー距離、 そして私個人の服での距離、 実は三様に違います。   袖口は腕まくり出来るよう開きを設けられます。 その開きを閉じておく為に ホールと釦で留める訳ですが、 昨今 巷で見受けられる袖口ホールはかなり高く設定されていますね。 高ければ高い程に矛盾が生じますが、如何でしょうか。   古き時代の写真を見れば、自ずと当たり前の位置に定められているものです。         トラウザースに足を通す際、既にスーツとの対話が始まっております。 『おっ、、、』 生地のウエイトやしなやかさ含め、ワクワクしない訳がありません!   とても綺麗ですね。         お履きになられる古いE.Gも この生地と同じ頃に作られた靴。 革質や製造クオリティーが時代で随分と変化が見受けられるのが靴ですよね。               この度のライニングは、ブルーとレッドの交織により表現されたパープル。 GOLDEN BALEのイメージカラーもパープルです。   ハイバックで仕立てられたトラウザースのバックには、 尻尾錠をお付けになりました。           フロントのラペルは本返り仕立てながら、返り止まりは敢えて高めの設定にしています。 W様、とてもエレガントで素敵です。             色々な角度やポーズで御確認されています! 上着の釦付け位置を見れば その打合いの深さも見てとれる事でしょう。 冒頭のジョージ6世の写真も相当深めにとられているのがご覧頂けますね。                         座位での具合も御確認。 この座位では 着用される服のレベルも出ると言えます。   本当に素敵です、、、。   W様には大変喜んで頂き 何よりで御座います。 仮縫い時には既に次の BESPOKE SUITS を御予約頂いております。   誂えの世界におき、BESPOKEは最高となるステージであり これ以上は存在しません。 されど 初BESPOKE SUITSでもある訳であり、これからお互いに『練』を掛け続けるのです。 まだスタートしたばかり、、、   秋になり、涼しくなればいよいよ本格デビューです。 これからこのスーツと対話(着用)が始まります。 まだ嫁いだばかりで緊張状態のスーツ自体も段々解れ、 その秘めたるポテンシャルを少しずつ感じ取って頂ける事でしょう。   この1stスーツのレベルは以降 既に保証されております。 このレベルから下がる事は絶対にありませんので、あとは上げていくばかり。     次の段階は着用しなければ分からぬ好みやお気持ちなどのフィードバックをもらいつつ、 次回へ繋げたい事が私なりにも御座います。   手作りの生み出す品質に、職人の生み出す洋服に 終わりはありません。 そんな充実した楽しき航海を共に歩むのも誂え服の一つの側面でもありましょう。   W様、素敵な御注文を誠に有難う御座いました。 次回のスーツも是非ご期待下さいませ。                 ・・・・・如何でしたでしょうか。 好みも価値観も、体形や姿勢も 十人十色です。 ただ、このBLOGをご覧下さる方々の共通点は やはり洋服(紳士服)がお好きである事でしょう。   人様のご注文にもご興味がおありでしょうし、様々な気付きや学びがあるかも知れません。   HOUSE STYLE ORDER と BESPOKE ではステージが違います。 お値段も工期も全然違います。   ステージが違えば比べても公平では無く、意味がありません。 ただ、それら各ステージの中で 最高 を常に目指し続けます。   『 最高 』 これは顧客様が決める事であり、そのご期待に対し ほんの少しでも上回る事が出来る様 全力持ってお誂えさせて頂きますので、 そこにH.S. ORDERやBESPOKE での違いは御座いません。     皆様だけの 最高 を求め、是非お越し頂けましたら幸いです。 何卒宜しくお願い申し上げます。                      

    Read more
  • 【 Cloth of Distinction 】

    2022.08.16 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 Cloth of Distinction 】

        残暑お見舞い申し上げます。 皆様 夏休みは如何お過ごしされましたでしょうか。   8月も後半に入りましたが、まだまだ暑く辛い日々では御座いますが、、、 夏の今だからこそ、秋冬の到来を熱望しつつ 装いに思いを馳せるのが楽しくなる時期でもあるのです。         1934  TAILOR & CUTTER           店頭の生地は既に秋冬地と入れ替えましたし、ディスプレーも秋冬仕様です!       HARRISONS : DISTRICT CHECK PRINCE OF WALES ・・・ Made in 2006   このシリーズは既に完売・廃盤であり、 このスーツも仕立て上がってから16年が経ちます。 企画・展開されていたのは更にもう少し前からとなりますが、 沢山のリアルで固有名称を持つ  DISTRICT CHECK が リアル復刻されたシリーズの一柄となります。 この格子柄は あの N.フォルクス氏も三つ揃いを仕立てられておりました。     この柄は P&H GLENROYAL でも展開されましたが今では廃盤柄に。 2014年 AWにはフランネルとなって 【 ARCHIVE FLANNEL 】というシリーズで復活を遂げる事になります。   http://dittos.seesaa.net/article/403187884.html 【 ARCHIVE FLANNEL 】                 さて、HOUSE STYLE ORDER限定による 【 早期受注キャンペーン 】も 来週の 8月22日(月) までとなりますので、宜しければ是非ご利用頂けましたら幸いです。         では、キャンペーン中という事もありますし 今週も素晴らしい生地を御紹介させて頂くのですが 今週の生地達は表題の如く 本当に別格の激レアな物ばかりです。   本来では既に無い筈の生地達もあり、 それぞれに訳があってご提供出来る事になった最高の逸品ばかりとなります。                     チェスターフィールドコート 誰もが憧れるであろうドレッシーなオーバーコートの代表です。   ダークスーツからフォーマルまでの装いにチェスターフィールドコートは欠かせぬ存在です。 ウールからカシミアなど様々な生地よりお仕立て頂けますが、 基本スタンスとしてはダークな色でお選び事となるでしょう。   インナーであるスーツのサイジングやバランスに見合った着心地と 仕立て良きコートは正に一生物であり、 誂えるなら妥協せずに一生付き合う最高の相棒をお探しください。     皆様でしたら シングルとダブル、どちらがお好みでしょうか。                     初めに御紹介するこのコーティングは、もはや奇跡的な存在です。 最高級な獣毛にはグァナコやヴィキューナなどもありますが、 見方によればこの生地の方が良いとさえ思っています。 欲しくてもレギュラー展開されていませんし、売っていません。 故に今では手に入らぬ至高のコーティングです。   纏うオーラが別格であり、写真でもコレですから 目の前にされた時の存在感と説得力は破壊的です。     http://dittos.seesaa.net/article/451681604.html 【 至高のベビーカシミア 】 ( ↑ 当時、私の興奮が笑える程に熱がこもっています!)         = Joshua Ellis = 90%  BABY CASHMERE 10%  ZIEBLING(SABLE) ABOUT  420g   MIDNIGHT BLUE       既に高性能な暖かさを持つカシミアですから、 街中での普段使いには500g以下で十分なスペックです。 これは 更にやや軽めですが、それだけ繊維が細いのですね、、、 BABYですから。 そして余計に暖かさも強いですから 軽めなのに十二分に暖かい最高の性能です。 セーブル君はゴージャスな味付けとして更に贅沢で高貴な品を与えてくれています。 スパイス程度の1~2%等では無く 贅沢に10%ですよ!     妖艶で濡れているかの様なリップル・フィニッシュですが、 これも地毛の良さがあってこそ ここまでのレベルに到達するのです。   また色もブラックに見えて、 実はミッドナイトブルーというあたりがニクイのですね!                   ベビーなカシミア山羊さん、そしてセーブル君の共演なんて 今後改めて縁があるのでしょうか、、、、可能性はかなり低そうです。 本当に奇跡の様で贅沢な逸品であり、 最高のチェスターフィールドコートをお求めであるならば 是非ご覧頂きたい至高のコーティングで御座います。     ( 一着限りの御提供となります。 )                       泣く子も黙る VINTAGE MOXON より、 織られた当時での最高スペックなコレクションです。   落ち着いた大人のダークグレー地には、ひっそりと織り柄が入ります。 生地端のミミは金糸で主張し、アピールも欠かしません。           = VINTAGE MOXON = SUPER 120s WORSTED With VICUNA   ABOUT 340g     3シーズン範疇で一番使いやすいウエイト、 古きネームもアピールに余念がありません。 ブロンズ色をベースに金糸遣い、 昔のネームは種類も豊富で味があり とても楽しくなります。           ベースはヘリンボーンですが、綾目の切り替え部、 そして対となる綾目の片側へ控えめなピンストライプを入れています。 昔の生地は本当に凝っていますね。   控えめなので遠目にはほぼ分かりませんが、 近くで見れば大変表情の豊かな顔立ちをお楽しみ頂けます。           同時代の頃は GOLDEN BALE も随分と大きく扱われ始めています。 しかし、この SUPER 120s は当時のGOLDEN BALEでの原毛より更に細く 当時としては出来得る最高スペックの糸となり、 そこへ贅沢にもヴィキューナをブレンドしているのです。   Cloth of Distinction with Rare Fibres   ネーム表記にあるよう 正に格別、卓越した生地にレア獣毛をブレンド、、、 このネームを背負うに相応しい逸品です。   当時らしさも満点に、 現代の行き過ぎた高番手ではない実用的で使いやすいのが好都合でもあり、 自己満の極地たる至高なスーチングを是非味わって下さい!   ( 一着限りの御提供となります。 )               ・・・・・ここまでの2種は秋冬地でした。 次からの御紹介は春夏地となります。   特に BESPOKE では、今からご注文頂きましても年を越しますので 来年用の春夏注文も頂き始めております。 ある意味 この暑い最中ですからイメージしやすいかも知れません。   開催中であるH.S. ORDERのキャンペーンにつきましても、 ご注文内容は季節を問いませんので この機会含め 是非ご検討頂けましたら幸いです。                   激レア VINTAGEの雄、DORMEUIL:Suoer Brio ですが、 改めて新しく入手する事が出来ました。 以前にも NAVY無地 が少量ですが調達する事が出来、 瞬時に嫁入りが決まってしまいました。 『 もう手に入らない! 』と謳っていた NAVY無地、、、、 なんか詐欺の様で立場が無いのですが 改めて新入りとしての御紹介です。     以前扱っていたのは ダークネイビー であり、もっと深く濃い色でした。 それは もう本当に完売・品切れで御座います。 今回は もう少しトーンの明るい ネイビーど真ん中 となる色味です!   http://dittos.seesaa.net/article/480508004.html 【 SUPER BRIO ② 】         = VINTAGE DORMEUIL = SUPER BRIO 60% KID MOHAIR 40% WOOL   250~280g     この名品は 当BLOGでも御紹介しているので説明入らずだと思います。 往年の名品である事に間違いはなく、 スーツがお好きな方々におかれましては ワードローブに入れておきたい逸品である事に間違いはないでしょう。           以前のダークネイビーと比べ、もう少し明るめですが むしろ春夏用ですから明るめは逆に好都合でもあるのです。 この生地(色)でのお仕立て上がり具合ですが、 自然光下ではチャールズ皇太子の着用される このスーツの色目に近い感じになるでしょうか。 (皇太子のスーツが同じ生地という訳ではありません。)           現代織られている ほぼ同スペックのキッドモヘア混によるスーチングと比べれば、 見た目の光沢感も、触り心地も、ウエイトも 全然違います。   勿論 好き・嫌いはあるとして、 このVINTAGEならではの品質と雰囲気は もう復刻する事が出来ません。 モヘア自体の産地も今とは違いますし、紡績技術も、織機も、フィニッシッシングも違います。 この独特で素朴、素晴らしい生地達は最早VINTAGEでしか手に入れる事は出来ない逸品です。   ( このネイビー無地と共に、 ネイビー地とグレー地でのバンカーストライプも在庫が御座います。 私が手に入れるチャンスを見送れば、必ず誰かが入手するのです。)       正にお宝の様な生地です。 昨今の気候を加味すると、案外このSUPER BRIOの着用期間は 広がっているとも言えますので この御機会に是非お勧めで御座います。   ( 複数着分の御用意があります。 )                 最後の御紹介となります。 同じく春夏地の生地ですが、キッドモヘアは欠かせぬ存在です。 ただでさえ高級なキッドモヘアを更に至高へと昇華させた贅沢な逸品となります。   グレー味がかったダークネイビー地に、 ややラベンダーっぽい縞柄を施したシャドーストライプの生地となります。           = Reid & Taylor = 50% SUMMER KID MOHAIR 50% ESCORIAL ABOUT 230g             キッドモヘアへ贅沢にもエスコリアルをブレンド、しかも半分ずつです。 それぞれの毛が持つ特徴はかなり違います。   艶やかな光沢感を放ち、ハリ・コシが強くて ひんやりとした質感が特徴なキッドモヘア。 片や 小柄な羊であるエスコリアルは原毛も細く滑らかな縮れ毛であり、 その縮れ毛はナチュラルなストレッチ性を持ち合わせます。   分かり易く言えば柔と剛、それが半分ずつブレンドされると 不思議な肌触りへと昇華して、光に反応するシャドーストライプは浮き沈み、 個性的な魅力を生み出すスーツとなります。     一度は絶滅したとされたエスコリアルは 奇跡的に復活を遂げました。 今では様々なメーカーやアイテムにも使われ出しましたが、 出回りだした当初の生地は リード&テーラー製であり、扱いになれた素晴らしいミルです。 贅沢な逸品も、出物仕入だからこそ このチャンスに如何でしょうか!   ( 一着限りの御提供となります。 )                   ・・・・・以上となります。 如何でしたでしょうか、、、どこの子も個性派揃いなエリート達でした。   今回ご紹介させて頂きました 4種の生地、 SUPER BRIO以外は 本来既に品切れ済みの生地となります。   この巡って来た御縁を是非とも尊重して頂けましたら何よりの幸いで御座います。 良くお伝えしますが、生地達は洋服に仕立てられ、 皆様に着てもらう為に生み出されました。 自分を見染めて下さるクライアント様を心よりお待ち申し上げております。       では、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。              

    Read more
Bespoke Tailor Dittos.