BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 BESPOKE 5P-SUITS 】

    2019.11.19 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 BESPOKE 5P-SUITS 】

        11月も後半に入り、そろそろツィードやカシミアなども楽しめる様になって参りました。     なんて格好良く、素敵な日常着なのでしょう! ツィードやフラノがとても活きて似合うスタイルですね。 日常的な普段着だからこそ、その力み無き 様になるスタイルには魅力を感じます。 御二人ともタブカラーシャツというのも時代を感じますね。   頭には帽子、そして下物は機能性高き活動的なプラスフォワーズ。 古のフラットキャップ(ハンチング)はトップが一枚天井の円形であり歴代的正統派です。 正に英国的でもあり、私にとってはこれがフラットキャップ(ハンチング)です。   因みに、ロンドンにある老舗の帽子専門店『 BATES 』がフラットキャップと呼称している事からの引用となりますが、このスタイルは残念ながらプラスフォワーズ同様に今ではあまり見られなくなりました。       フラットキャップに三つ揃いのスーツにて 4P-SUITS。 ブラウン系で落ち着きのある小格子柄の生地はツィードでしょうか。 上着はシングルのピークドラペルという所が乙ですね!           さて、今週は大変御贔屓を頂いておりますH様より、 BESPOKE による スペシャルな5P-SUITS を御紹介させて頂きたいと思います。   H様におかれましては この5P-SUITSオーダーは2回目となります。 とてもお気に召して頂き、使い勝手と共に欧州のカントリーをめぐる上では 正に最適との事で光栄にも生地を変え 2セット目となるご注文です。   この5P-SUITSの内訳ですが、上記紳士の様にコートにウエストコート、 そしてフラットキャップにプラスフォワーズ。 更にレギュラー型のトラウザース(長ズボン)を合わせて 5P となります。 気分やTPOに合わせて下物を変える事が出来ますし、そもそもツィードでのお仕立てですから 各アイテムを外して加えたり、それぞれも単体アイテムとしても大いに流用できます。     では、早速ご覧頂きましょう。           お選び頂きました生地は、 カントリー系服地を得意とする W.Bill より、軽量級なツィードである SUPERFLEECEというシリーズからお選び頂きました。 http://dittos.seesaa.net/article/461069973.html     ウエイトは400gさえも切った 375gであり、 今回の仕様はプリーツ類などが各所に施されるディテールとなりますので、 あまり生地が厚いとモコモコになります。   そういった意味では今回のデザインや仕様は 正に好都合極まりない生地でもあるのです。 確りとした打ち込みはコシもあり、皺にも強く、復元力も高い。 私自身分も色柄違いですが、ちゃっかりKEEPしているお気に入りのツィードです。   それにしても激渋で王道的なスポーツスーツで御座います!             そもそもH様とのご縁は、冒頭の写真でもあった様な ゆったりとした 昔ながらのプラスフォワーズを求められ、御縁あって当店へお越し頂きました。 フロントは勿論2プリーツです! (第2プリーツはまだ仮縫いなので閉じてあります。)       カントリーサイドではサイクリングにも活用されるそうで有り、正に打って付けです。 完成時にはリクエストされた尻尾錠をお付け致します。         上着の腰ポケットは敢えて優しい傾斜、H様お好みのアイコンでもあります。             いよいよお仕立て上がりであり、H様に御連絡です。 H様も本当に洋服がお好きで拘り深く、洋装における知識は私など足元にも及びません。 いつも大変勉強させて頂いており、楽しい時間を過ごさせて頂いております。           秋冬用のフラットキャップはライニングに薄い ドミット(中綿)を噛ませたキルティングステッチが入ります。 成形を支えると共に暖かい仕様となります。 裏地自体は勿論スーツと同じ裏地であり、英国製ヴィスコースの裏地となります。           衿付きのウエストコート。 今回のスーツにお付けする釦は革のバスケット釦をお選び頂き、英国より取り寄せました。   ツィードとは正にマッチしますし、よりカントリーテイストが引き立ちます。 雰囲気満点です!           首元には取り外しの出来る スロートタブ。 そして各ポケットと背中にはインバーテッドプリーツが畳まれています。     スポーティーなウエルトステッチが雰囲気を一層盛り上げます。           袖口にはターンバックカフ、腰ポケットのみフラップをお付けに成られております。 フラップのRの具合や強さにも拘りがあります。   この腰ポケットに付くフラップ、ただ付ければ良いわけではありません。 腰ポケットとは腰骨をホールドする大変カーブの強い場所に位置します。 立体的に丸く包み込むように付ける為には それなりのテクニックを要するのです。           インバーテッドプリーツは背中から裾まで開いています。 背幅の運動量、そして腰回りの運動量もエレガントに許容します。           ファッションでは無い本質的なクラシックのテーラードです。 となれば このタブは『オマケ』ではありません。 スロートタブは飾りだけでは無く、あくまでも機能たるディテールでならなければ成りません。   ゴージラインは本来では衿ぐり線であり、 首元を上衿でホールドし、スロートタブで固定します。 故にゴージラインには本来適切な位置があり、それが正統的クラシックのバランスです。 仮に高過ぎたり低過ぎる衿ぐりを無視したゴージラインは 最早モード(ファッション)である事がお分かり頂ける事でしょう。   この首元、本当に締める事は無いかも知れません。 『 締められる 』という事が重要なのです。 袖口の本切羽(ワーキングカフ)に同じと言えますね。             ご来店当日は凄い雨の日でした。 そんな日は潔くラバーブーツを履かれての装いでお越し頂きました。   やはり釦が本当に素敵なアクセントになっていますね。         H様、本当にお似合いで素敵です。 今回の欧州ご出発に間に合って良かったです。 是非ご堪能頂けましたら幸いです。   この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。                 ・・・皆様も素敵なスポーツスーツやジャケット等は如何でしょうか。 共生地で合わせてフラットキャップも御誂え頂けます。 (勿論 帽子単品のみでも喜んでお受けしております。)     秋冬の装いを存分に楽しみましょう。   皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。                

    Read more
  • 【 SEIKO × Dittos 】

    2019.11.12 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 SEIKO × Dittos 】

        皆様 こんにちは。 朝晩は寒さすら感じる様になり、 スーツも気持ち良く着用出来るくらいになって参りました。 寒さの到来と共に冬物が着られる事が嬉しくもあります!   2019年も残り2か月を切りました。 これからは街も徐々にクリスマス色になって参りますね。     青山通りのAVEX本社前のクリスマスツリーも準備中です! 昨年は本当に大きなリアルなモミの木でしたが、今年はまた違った感じですね。         さて、今週はなんと 当店より腕時計の御紹介をさせて頂きたいと思います。         携帯電話の普及も含め、 昔と比べれば腕時計の需要は随分減ったと言えるでしょう。 入学や就職などのお祝いの品といえば ペンや腕時計などは 定番的な贈り物ではありましたが、今ではどうでしょうか。     昨年の4月、 日本を代表する時計メーカーであるSEIKO様より、 当店HPから突然のご依頼を頂戴致しました。 その内容は、しがない仕立て職人である私との『コラボ商品を企画・販売したい』 という旨で御座います。 かなり驚きましたし、本当の話なのかと疑りさえした次第です(汗)。   SEIKO様はご存知の通りとても大きく有名な会社であり、世界に名を馳せる国内の一流ブランドである事は皆様もご存知の通りです。 そんな時計作りのプロフェッショナルな方々が、 腕時計というアイテムを単体で見るのではなく、 あくまでも装いの一アイテムとしてスタイルに 調和のとれたクラシックな時計を企画したいとの事。   SEIKO様の作り出す時計のレーベルは本当に沢山御座いまして、 様々な取り組みや展開も御座います。 その自社展開する多くのレーベル内で【 BRIGHTZ 】という 主にビジネスマンをターゲットとしたレーベルがあります。 そのレーベルとしての限定コラボ商品開発に携わる事になりました。   ご使用用途は勿論ビジネスシーンだけに拘らなくても良いのですが、 メインターゲットであるビジネスマンに欠かせぬスーツスタイルにおき、 そのスーツに精通しつつ 生み出すTAILORとのコラボへと発想がつながったとの事。 国内だけを見渡しても本当に沢山のTAILORが居る中で、 私を選んで下さった理由・意図がある事でしょう。 上手くお応え出来るのか、、、プレッシャーです(汗)!   折角の機会と御縁と共に、企画担当者様の熱意もあり 謹んでお受けする事に致しました。         早いもので お話を頂いてから既に1年以上経ちました。   何度も打ち合わせを重ね、サンプルを作成しては更に修正、 変更、追加アイディアと共にブラッシュアップを試み、 いよいよ先週の9日(土)より全国の時計専門店や百貨店、量販店などで発売となりました。         ・・・・・全く知りませんでしたが、実は年に2回 SEIKO様は ホテルで大々的に展示・発表会なる催しを行っており、 そこで受注なども行われているのでしょう。   これらは一般の方々は入る事が出来ません。 招待状が送られたバイヤーさんや各販売担当者の方々、プレス関係含めそれら業界関係者の方々のみ入場する事が出来ます。 私はお陰様で昨年、今年と2回ほどご招待頂きましたが とにかく凄かったです!! 流石に大手様です、かなり大々的な会場づくりから展示される商品数、 そして来場者の密度と熱気、、、、 今回の話を頂かなければ縁が無かった世界を垣間見る事が出来ました。   グランドセイコー等はまた別室での展示となり、各フロアーや部屋により 多くのレーベルがすみ分けされています。   そして嬉しい事に、 その会場となるホテルに入る様々なレストランでのお食事券が受付時に貰えます! 展示会にご来場くださったお客様方へ最高のランチでおもてなしです。 お伺いした所、一番人気は最上階にある鉄板焼きのレストランだそうで 有難くご馳走になって参りました。 いやはや本当に贅沢であり、ご馳走様でした!         この写真は、その展示会場内 当店とのコラボモデルの展示ブースです。 お客様のご来場前なので誰もおりませんが、始まると本当に混んでおり 最前列まで行くのも大変な程なのです。         この度のコラボ時計はSEIKO様よりプレスリリースもされ、 様々な情報サイトで既に御紹介されています。 細かくは『監修モデル』と『コラボモデル』に分かれ、 そのコラボ商品は2色展開での御用意となります。       この写真はSEIKO様より頂いた写真です! (バックのスーツやチーフは先方様によるものであり、あくまでもイメージとなります。)   実はこういった広告写真では、全てにおいて 10時8分42秒 !? に合せるという同社のルールがあるそうですよ!           ・・・・・早速当店にも届いております。 是非ご覧頂きましょう。 確りとしたBOXに入っています!           中から取説と薄紙にくるまれた今回の特別ケースが、、、。 ゴージャス感があります!           出てきました! スモーキングジャケットを思わせるベルベット、勿論私のリクエストです(笑)。 この専用BOXは敢えて平置き型を採用しておりますが、 これも先方チームの細かな配慮の上で採用されております。     高級感もあり、肌触りもGOODです。           上蓋裏には当店のNAMEが付きます。 コラボによるダブルネームですからね!           中は統一して高貴なパープルとなります。 写真ではブルーに見えますが、、、パープルです! チタンのフレームは、シルバー系とゴールド系の2色で御用意しております。 ベルトは各2色セットとし、装いや好み、気分に合わせて付け替えを楽しんで頂けます。           ストイックなブラックの文字盤の方は とにかくモノトーンに拘りました。 クロコのベルトはNOステッチ、グレーのリザード こちらはステッチ入りです。 グレー:リザードの方は色目の印象も含め、少し柔らかい印象になります。       文字盤に彫られた美しい模様、日本らしい菊を彷彿させる共に この彫り溝は私達テーラーが欠かせぬ指ぬきをもイメージしています。 ネイビーの秒針、これは縫い針になっているのです! 言われなければ分からぬ程度で十分です。 この針は当店ロゴにも付いていますね。 その秒針が刻み指すその先には、ハンドステッチを彷彿させるドットが並びます。   チクタクと時を刻む様は 我々の行うチクチクと手縫いの運針に同じとの解釈です。   そもそも『ブライツ』というレーベルの特徴と致しまして ワールドタイム機能を備えたソーラー電波時計となります。 世界をも股に掛けるビジネスマンにとって、とにかくメンテナンスフリーで常に正確、26都市の時間も瞬時に知る事が出来ます。 御出張や御旅行にも大変お勧めです。   少し前にパリのホテル先で限定品の超高級時計が奪われる事件がありました。 高級すぎる腕時計、海外ではそういった怖さもありますね。   10気圧防水で独自の技術によるサファイヤガラスは見やすく傷にも強い。 とにかく腕時計自体に気を掛ける事無くギアの一つとして、かつ装いに調和してくれるようなクラシックでシンプルさが売りとなります。   フレームサイズも一段小振りにしてもらっています。           クロコのブラウン、リザードのネイビーベルトをセットしたこちらは、 優しいアイボリーを文字盤に携えます。         この度の企画におき、 あくまでもブライツというレーベルにおける範疇の中でデザインを模索します。 私はとにかくシンプルでクラシック、エレガントである事。 これを出来得る限界まで盛り込んで頂きました。 先方チームの方々を相当困らせた事と思いますが、 お陰様で素敵な時計に仕上がったと思います!   話せばローマ数字やペンシル針などまだまだ御座いますが、もう薀蓄はお腹一杯ですね。           裏側には SEIKO様とDittosのダブルネーム、 各色600本ずつ、合計1,200本の限定品であり、それぞれにシリアルナンバーも付きます。 (新品なので保護シールが付いていますので見辛いかと思いますが!)   リューズ、スイッチ、ベルトを接続する脚、それぞれに言われなければ分からぬ拘りと 美意識も込められております。         ・・・・・細かなスペックなどは私が言うまでもありません。 ご興味がおありでしたら是非下記御紹介サイトなどご参考にされてみて下さいませ。   https://jwpa.tokyo/2019/10/17/brightz/ (by. JWPA 国際時計振興会様)             ・・・・・如何でしたでしょうか。   当店BLOGをご覧下さる方々におかれましては、 お気に入りの腕時計は既にお持ちの事でしょう。 世界の名立たるブランドの時計や雲上時計、そしてアンティークなど、、、。 私にもお気に入りのアンティーク懐中時計、アンティーク腕時計があります。   そんな方々におかれましては2ndや3rd時計としてもお勧めです。 メンテナンスいらずで天候なども気にする事無く ガシガシ安心して使えるシンプルで クラシックな腕時計となっております。   勿論 当店にも御座いますので 宜しければ是非お手に取ってご覧くださいませ!!   全国展開で発売されます。 TAILORとは縁のない沢山の方々、そして当然ながら私の事など知っている方のほうが 極、極僅かである事は重々承知しております。 そんな一般のお客様方が少しでもこの時計を使ってみたいと思って頂けるよう 私なりの願いを込めまして、SEIKO様とのお仕事は発売をもって無事に終了致しました。   本当に沢山の勉強や経験もさせて頂きました。 各部署で携われる多くの方々とのご縁も踏まえ 大変貴重な経験をさせて頂いたと思っております。 このBLOGを通じまして 誠に恐縮ながらも 本当に有難う御座いました。 SEIKO様への感謝と共に、御社におかれまして 多少なりとも今回の仕事で何かを感じて頂く事が御座いましたら幸いに思います。         では、気温も下がりつつ御座います。どうかご体調には十分にお気をつけ下さいませ。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。       ・・・・・追伸  昨日の11月11日(月)、二人のお若い女性が当店へ突然お越し下さりました。 紳士服専門店ですから かなり珍しい光景となります!   なんと銀座:和光さんでSEIKO時計の販売をご担当されておられるそうであり、昨日はお二人の貴重な休日を使い わざわざ当店へ視察!?に来て下さったそうです。 今回のコラボ時計に伴い、Dittosがどんなお店で、私がどんな思いで時計をデザインしたのか参考にされたかったとの事、、、、何て仕事熱心な御二人でしょう。 感激しました。   どうか多くの皆様へ御紹介頂けましたら幸いです。          

    Read more
Bespoke Tailor Dittos.