BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 Johnstons of Elgin:STOLES 】

    2019.10.29 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 Johnstons of Elgin:STOLES 】

        昨日の 2019年10月28日 当店はお陰様で10歳を迎える事が出来ました。   これも偏に皆様から支えられ、 ご注文という応援を頂いて来たからに他なりません。 本当に沢山の素晴らしいお客様方やお取引先様の方々に恵まれ、 そして当店チームや家族にも支えられ この日を静かに迎えさせて頂きました。 謹んで心よりの感謝と共にお礼を申し上げます。   思い起こせば自身の人生の中で最も早い10年だったと感じます。 日々遣り甲斐を感じ、 好きな事を仕事とさせて頂ける事はとても光栄であり幸せな事です。 全ての皆様に改めて感謝をさせて頂くと共に、 少しでも長く続けられる様これからも精進致します。   技術の道は終わりが無く、本当にキリがありません。 職人の進化は顧客様がおられてこそでもあり、 その進化の全ては皆様のご注文服へ最大限に還元させて頂いている次第で御座います。   顧客様方の喜ばれた笑顔を少しでも多く拝見させて頂く為にも 最高の注文服を仕立てるべく、まだまだ進化して参ります。 やりたい事も沢山御座います。   これからも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りたく どうか引き続き 宜しくお願い申し上げます。   Bespoke Tailor Dittos.水落 卓宏                 クラシックなダブルのコートをお召しの紳士。 首元には程好く差色となるストールが素敵ですね。   寒い時はとにかく首元を温めなければ成りません。           さて、9月24日の折には BEGG のストールを御紹介させて頂きました。 http://dittos.seesaa.net/article/470410706.html 【 至高たるストール:BEGG & CO 】     お陰様により全て完売致しております。 誠に有難う御座いました。 首に巻く日が待ち遠しですね。       この度、ストール第二弾と致しまして Johnstons of Elgin のストールが入荷致しましたので御紹介させて頂きます。             Johnstons of Elgin   Made in SCOTLAND     チャールズ皇太子のロイヤルワラントを持つ、言わずと知れた超老舗のメーカーです。 特にカシミアなどを語る上では同社を抜きに語る事は出来ません。       前回のBEGGがシットリとした究極であれば、 こちらはフワッとした優しい柔らかさが特筆すべき点であり、 流石は老舗と言ったプライドを感じます。 もうとにかくフワフワで暖かくない訳がありません。 肌触りもカシミアですから大変気持ちが良く首に巻く事が出来ます。             ソリッドのBEGGに対し、 今回のJOHNSTONSはクラシックなウインドーペーン柄となります。 目立ち過ぎず、程好いアクセントにもなるでしょう。   NAVY / BLUE / GREY の3色となります。             サイズは  約70㎝ × 約180㎝ となっております。   それなりに幅がありますので、二つ折り、三つ折りにしてお好きな様に巻かれて下さい。 女性の方であれば、肩からケープの様に羽織っても良いですね。   エッジは緯糸を抜き、フリンジ状にしています。 解れ止めの始末であり、装飾的な要素も同時に持ち合わせています。 厚みや段差、そして余計な硬さを作らない事、 これはとても大事な要素でありシンプルで簡易な始末ながら、 ベストな始末法ともいえます。               今回もかなり薄いです。 向う側が透けますね! BEGGと比べると、糸自体の作り方や織りにも特徴があります。   良く見ると、織糸自体が縮れ毛の様にする事により、 立体感を与えると共に織り密度を甘くしています。 それらが立体感と共に軽さや風合い出しへ貢献しているのです。       では、各色をご覧頂きましょう。           【 GREY 】   やや霜降り感のあるライトグレーに、オフホワイトの格子が入ります。 柄のコントラストは弱く、控えめな印象です。         無彩色ですから気兼ねなくどんなスタイルにも合いますね。 とても使いやすい鉄板色の一つです。                 【 NAVY 】   先方表記はネイビーとなりますが、かなり濃く深いミッドナイトブルーがベースです。 写真では青味を感じられますが、現物は黒と間違える位です。   渋くエレガントなグランドに、配色でベージュの格子柄を重ねてあります。 コントラストも効いており、とても素敵なアクセントとなっております。           格子柄が効いておりますので、 スポーティーな装いにも大変お似合いになる事でしょう。 これも鉄板色、どんな装いにもマッチングし 様になるでしょう。                     【 BLUE 】   単純にブルーという表記になりますが、鮮やかなロイヤルブルーに近い印象です。 トーンもやや明るめですので、 発色の綺麗なこのブルーが装いの素敵なアクセントとなるでしょう。         ウインドーペーン柄はグレーに同じく オフホワイトで入れてあります。 爽やかさが漂いますね。               ・・・・・如何でしたでしょうか。 当店BLOGをご覧下さる洋服好きな方々は既に複数枚の マフラーやストールをお持ちの事と思います。 ネクタイに近い印象もあると思いますが、持っていない色、柄、風合い、 サイズ等とバリエーションにも富んでいるので どうしても手に入れたくなってしまいますよね。 私も同じです(笑)。     是非とも店頭にて実物をご覧になり、実際に首に巻かれてみて下さいませ。   また、ご遠方で来店が難し方々におかれましても喜んで御対応させて頂きます。 これから年末にかけ、大切な御方へのプレゼントにも最適です。 無料にてGIFT用ラッピングもさせて頂きますので、 お気兼ねなくリクエスト頂ければと思います。   (お支払はお振込みか、カードでの御決済も可能で御座います。) (お電話、HPからのお問い合せ等にて お気軽にお問い合せ下さいませ。)   ● 37,000円(+TAX)となります。       では、改めまして どうか Bespoke Tailor Dittos. を引き続き宜しくお願い申し上げます。 今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。           ・・・・・大変恐縮ながら来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。 次回は11月12日(火)の予定です。   BLOGも年内更新回数が簡単に数えられる程になって参りました。 雨も多く、次第に寒さが増してくると思いますが どうかご体調管理には十分にお気をつけ下さいませ。            

    Read more
  • 【 VINTAGE CAMEL 】

    2019.10.22 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 VINTAGE CAMEL 】

        本日 10月22日は、 『即位礼正殿の儀』が行われる日おめでたい日であり 新天皇陛下の御即位をお祝いする今年限定の国民の祝日となります。   皆様、如何お過ごしでしょうか。     10月も後半に入り、朝晩は寒ささえ感じられる日も御座います。 そろそろ本格的な冬を迎えるにあたり、HOUSE STYLE ORDER では オーバーコートを仕込むには丁度良い時期となって参りました。           まぶたが愛らしいラクダ君、 今週は珍しい VINTAGE CAMEL の生地を入手致しましたので 御紹介させて頂きます。           ラクダ君の鎮座するその下には、勿論キャメルの生地が御座います。 現在庫では、計3種のCAMEL HAIRがあり、 上、真ん中の2種は BABY CAMELとなります。 今回ご紹介の生地は一番下の ADULT CAMEL になります。   キャメルと言えば正にナチュラルなラクダ色であり、 誰しもが間違い無く思い浮かべるであろうイメージ通りです。   キャメルの生地はカシミアやウールの様に あまりカラーバリエーションがありませんね。 実はそのキャメルヘアー、とても染まり辛い毛という事も特徴となります。 故に強制的に強く染められるネイビーやブラックなど限られた色展開しか見ません。   http://dittos.seesaa.net/article/451881466.html 【 ラクダの親子 】     だからこそ 昔から、そしてこれからもずっと このナチュラルなラクダ色こそ不動のポジションとなる訳ですね。 しかし、ラクダさんの産地含め、歳などにおいてもそれなりの差はあるでしょう。 今回のVINTAGEであり、アダルトヘアーは明るめなキャメルカラーですね。         今はこういった印もあまり押されませんが、 VINTAGEではかなり日常的でもありました。 確固たる品質証明であり、自信をもって供給されているのです。               VINTAGEの大いなる魅力の一つに、独特な生地ネームも欠かせません! 昔のデザインは凝っていましたし、味わい深いものが多い事も特徴です。 怪獣? 霊獣!? マーライオンにも、、、 あのイラストは何でしょう(笑)。   このメーカー自体は残念ながら既に無くなっていると伺いました。             しかし、織元はこちら 超老舗の名門 Joshua Ellis だそうです。 (これは現行の同社生地ネームです。)   ジョンストンズやクロンビーなど老舗であればVINTAGEも御座います。 ただ、当時キャメルを織っていたのはJ.Ellisだけだそうで どこのネームが付いていても織元はJ.Ellisなのだとか、、、、。         PURE CAMEL HAIR 約540g   それなりのボリュームがあり、本当に暖かそうです! 迫力のあるコートが出来ますね。             毛布にしてしまいたい位の肌触りであり、 落ち着きと安心感を兼ね備えています。 VINTAGE故にお値段も相当リーズナブルである事も嬉しいところ! 品質は間違いありません、織元もJ.Ellisで御座います。   こんなVINTAGEはなかなか出会いの無い事でしょう。           お世話になっております S様より HOUSE STYLE ORDER:ポロコートのご注文を頂戴致しました。 もともとはコートを御所望の上で当店にご来店頂きましたが、 やはりインナーであるジャケットやスーツからご注文を頂き、 確りと精度の高き 安心出来る上着の型紙を構築してからの方が良いとお勧めさせて頂きました。   光栄にもご賛同いただき、ODD JACKETからのPOLO COAT となった次第で御座います。   本当に素敵です!           キャメルヘアーの魅力が存分に伝わります。 本当に暖かそうです。   こういったボリュームのある生地だからこそ、ウエルトステッチも大変映えますね。         バックベルトはアジャスト釦で更に絞る事も可能です。 今回はシンプルなセンターベントで仕立てられましたが、 ご希望次第でインバーテッドプリーツの仕様もお仕立て頂けますので お気軽にリクエスト頂ければと思います。   優雅なドレープがとてもエレガントです。                       ・・・・・氏のお気に入りで有名な『ウインザーラグラン』と呼ばれるコート。 勿論誂えです。   ウインザー公の様に、コート地との共生地でフラットキャップを誂えるのも素敵です。 昔ながらの天井が大きく丸いOLD STYLEで! 絶対格好良いですからお勧めで御座います。   同生地がある内は御注文頂けます。   http://dittos.seesaa.net/article/428951218.html 【 FLAT CAP 】           ・・・・・如何でしたでしょうか。   涼しくもなり、お問い合わせやお下見のお客様がかなり増えております。 皆様の秋冬スイッチが入られた事を感じられ嬉しくなってしまいます。 やはり秋冬はワクワク感がありますよね。   どうかお気軽にお越し頂けましたら幸いです。 BLOGでは御紹介しきれない物、事、沢山御座います。     皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 では、ご体調を崩しやすい時期ですので どうかご自愛下さいませ。            

    Read more
Bespoke Tailor Dittos.