BLOG
STYLE

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 Laurence Kerr Olivier 】

    2019.09.17 Bespoke Tailor Dittos. STYLE

    【 Laurence Kerr Olivier 】

            少しずつ暑さも和らぎ、秋らしさを感じられる様になって参りました。 皆様 三連休は如何お過ごしでしたでしょうか。 地域のお祭りも開催され、そんな行事も秋の到来を感じさせてくれます。   そして、何と来週も三連休ですね! 随分と連休が増えました。   当店におきましては通常営業となりますので、定休日のみのお休みとなります。 もう直ぐ増税もありますが、、、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。                 ローレンス・オリヴィエ ( Laurence Kerr Olivier ) 1907.5.22-1989.7.11   英国を代表する俳優であり、そのご活躍された功績より 1947年にはナイト位を授けられております。 翌1948年にはアカデミー賞も受賞し、 名実ともにイギリスを代表する名優にまで登りつめられました。   また、1970年には俳優として初めて一代貴族に叙され、 Baron Olivier of Brighton 『 ブライトンのオリヴィエ男爵 』となります。 そのご活躍ぶりは簡単に表す事が出来ませんが、正に名優である事に間違いはありません。   この時代にご活躍された様々な方々は本当にエレガントでお洒落な方が多いのです。 紳士服が一番エレガントであったと言われる時代の片鱗を 魅力的な氏の装いを通じて御紹介させて頂ければと思います。         三つ揃いはダブルブレストの上着ですが、 ラフにフロントを開けチラリと見えるアルバートチェーンがニクイですね。 ですが、当時は極一般的なスタイルでもある訳です。   ダブルのスーツはウエストコートが見えないので省かれるというものではありません。 勿論 季節やお好みにより省く事はあるでしょう。   ウエストコートはポケットウオッチ入れとしも機能してる訳ですが 上着がダブルの場合 釦を外さないと時計が見られないという事はありますね!   股上深きトラウザースを吊り、それに連動する丈で誂えられたウエストコートが クラシックな あるべきバランスでデザインされていれば、 大抵 第4釦ホールにT-Barを掛けると丁度良いバランスになります。 (決まりがある訳ではありません。) この様にフロントホールへ釦と共に通さない場合は 縦型にチェーン用のホールを敢えて開ける事も御座いますね。             リラックスされた一コマですが、愛犬でしょうか。 靴がとにかく目を惹きますね。今では一般的ではないディテールではあります。 同じくエレガントで有名な 伊:詩人であるダンヌンツィオ氏も このカットの靴を履かれていましたね。   かなり濃く見えるでしょうが、案外ボーダーのトップスと合いますね! コンビらしいコントラストが上下で凄く調和しています。   白黒写真ではありますが、、、コーディネイトでの使用色を抑えている事も功を奏します。 そもそもスペクテーターシューズはスポーツ観戦時等に好まれて履かれた靴でもあり、そういった背景も踏まえれば ダークなソリッドの靴よりスポーティーなポジションとも言い換える事が出来るでしょう。   しかし、格好良過ぎます!   ボーダーのニットやカッソーの着こなしに是非ご参考に如何でしょうか。 時代性もありますが、ジーンズではこうは決まりません! クリーズラインの入ったホワイト(クリーム)トラウザースなのです。   季節に応じ ウールだけでは無く、コットンでも良いでしょう。             時代を感じる『らしさ』満点のロングポインントカラーシャツです。 当時のネクタイは短く、芯も生地も薄く、現行品と比べれば それはもうペラペラです。   トラウザースの股上が深いという事は、その分 胴が短くなるわけです。 様々な周辺アイテムもバランスが全て連動しており、 ブレイシーズも現行品とは随分と仕様やサイジングが違います。                 ウエルトステッチの効いたスポーツジャケット、ドット柄のネックウエアが本当に素敵です。 結び方含め、この様に昔のお洒落な先人方より学ぶべき着こなしも本当に多くあります。                 袖丈も股下もかなり長めではありますが、お好みでしょうか。 氏のスーツはダブルブレストがお好みだった様子が写真の多さより窺えます。               ショールカラーでダブルのディナースーツです。 衿元のカーネーションが素敵ですね。 ショールカラーでもラペルにホールを開けていますね。 ショールカラーの場合は、ノッチドラペルの様に古の第一釦ホールの名残というよりは フラワーホールとして開けられている事になりましょう。               オーバーコートもダブルブレストです。 先ず間違い無く上等なカシミアではないでしょうか。 写真からでも垣間見られるうねりの効いたリップルフィニッシュが高級なオーラを放ちます。   袖口にはターンバックカフが見受けられます。 逆に胸ポケットはありませんね! 排除されたコートは結構あります。               このスーツはイギリスの名店 A&S製 のスーツだそうです。(1933年)   細めでシャープな胸の箱ポケット! 上品です。 右側胸部の着用皺を見る限りでも、使われているであろう確りとしたフランネル地であるにも関わらず A&Sらしく当時としては柔らかい芯を使用した仕立てであるという事かもしれませんね。             C.ビートン卿と共に。   C.ビートン氏のタイをご覧下さい。 大剣がVゾーンからこぼれております。 当時のタイは短いですから 古着でご存知の方々は『あるある~』な事でしょう。             お年を召されても品と共にエレガントさは変わりません。 こんな御上品な爺さんになりたいものです。                 ・・・・・如何でしたでしょうか。 先人方から学ぶべき事は沢山御座います。   今では失われつつある装いに対する『品』という部分をもう少し取り戻したくはあります。 世界中で進行するカジュアル化の流れは速く、 人間楽すれば もう戻らない・戻れないですから せめてTPOだけでも もっと重んじたいと思います。   装うという行為は相手あってこそでもあり、 敬意を払うという側面がある事も忘れてはなりません。   衣・食・住の『衣』 装うという行為を 少しでも多くの皆様が楽しんで頂けましたら何よりの幸いに思います。   では、今週も最後までお付き合い頂きまして誠に有難う御座いました。             ・・・・・ご報告申し上げます。 毎週当店のBLOGをご覧頂きまして、誠に有難う御座います。   多くの方々が既にお忘れかも知れませんが、、、 当店10周年記念に因み オリジナルの生地を御用意させて頂きました。 計4種の企画であり、3種は既にデビュー済みです。   4種目につき、唯一春夏用の生地であり もともと分納となる予定でした。 実は一度ミスがあり、織り直しとなりましたが 改めて再納品されました。 しかし、結論的に今回も大変残念ながら受け取れないという結果となってしまいました。   詳しくは割愛させて頂きますが、3度目の正直に臨むべく打ち合わせ中で御座います。 もし自慢出来るような4種目が上がった折には 勿論御紹介させて頂きますが、御紹介が無ければボツになったと思って頂ければと思います。   お気に掛けて下さった方々に関しましては心よりのお詫びを申し上げます。 3度目が織り上げるにしても来年となります。   詳しくは店頭にてお尋ね頂けましたら幸いです。 本当にご迷惑、ご心配をお掛け致しまして 誠に申し訳御座いません。                  

    Read more
  • 【 10th anniv. PINHEAD STRIPE 】

    2019.08.20 Bespoke Tailor Dittos. STYLE

    【 10th anniv.  PINHEAD STRIPE 】

          お盆休みは如何お過ごしに成られましたでしょうか。 まだまだ残暑が続いておりますが、8月も後半に入りました。   残暑短く、少しでも早く秋が来てくれる事を願うばかりですね。               Robert Donat (1934年)   英国の俳優 ロバート・ドーナット氏は、アルフレッド・ヒッチコック監督の 『三十九夜』などで人気を博し、『チップス先生さようなら』では アカデミー主演男優賞をも受賞された実力のある素敵な俳優です。   クラシックでエレガントなその三つ揃いは、氏の端正な着こなしと共に 優雅で大変品もあるスタイルを見せつけてくれておりますね。   氏が活躍されていた時代のエレガントなスーツスタイルですが、 昨今では見受ける機会が随分と減ってしまったシングルブレストの ピークドラペルを着用されております。 当時では極当たり前に採用されていたデザインでもあります。                   さて、今週は是非ご覧頂きたい 当店自慢の10周年記念生地による 三つ揃いのスーツを御紹介させて下さい。 企画者である私自身も存分に味わいつつ、お勧めさせて頂くにあたり 生の実感・感想も 含め御紹介させて頂きますので、少しでも参考になりましたら幸いで御座います。       10th ANNIVERSARY CLOTHS PINHEAD STRIPE 100% GOLDEN BALE 320g Taylor & Lodge http://dittos.seesaa.net/article/463655660.html                 当BLOGでの御紹介は 今年の1月15日でした。 もうワクワクしながら待っていたオリジナルの生地は昨年の12月に入荷しました。 居ても立ってもいられず、直ぐに自分のスーツの仕込みをしておりました。   今では珍しいピンヘッドストライプ、この機会に初めて知った織り柄です。 とあるVINTAGEの生地がこの織り柄であり、本当に格好良く、正に一目惚れした次第です。 今ではなかなか見る事の出来ない織り柄デザインの一つでもあります。   この柄は クラシカルなピンヘッド柄を、ヘリンボーン柄の様に定めた幅により ツイル織りの向きを変えているのですね。   絶対に具現化したいと思わせたこの生地、T&L社に相談するも 「コレねっ!」と。 流石は老舗です、ノウハウは幾らでもあり なんでも具現化出来るそのホテンシャルには 改めて感服致します。 PINHEAD STRIPEという呼称もその時に教わりました。               今回は上着のみ仮縫いを入れました。 自身の仮縫いなど もう何年振りでしょうか。覚えていない位に久しぶりの事となります。 ニヤけた顔から嬉しさと期待が滲み出ていますね(笑)。 完成が楽しみな気持ちは お客様方と全く同じです!     今回の作成にあたり、やはり自分の服は実験材料でもありますので カットと共に仕立ての方でも幾つかの検証課題を内蔵しております。 技術者である以上 更なる頂を求め、一生勉強の道は続きます。             ・・・・・いよいよ仕立て上がりです。 独特な織り柄は、縦方向のシャープな印象を醸し出させ 無地範疇の生地でありながらも、主張し過ぎない個性が本当に魅力的なのです。     立体的な胸部や前肩、身体に沿うようラペルの内巻きに癖付けられた仕立て。 着用が楽しみでなりません!               トラウザースも少し線を変えておりますが、 これは予想の範疇内なので 特に仮縫いを組みません。 自身分ゆえ 少しでも手間を省いて早く完成させたいという側面もありますが、、、 精度が高く 満足度の高い型紙のホルダーならではとなる特権でもありますね。   折り返しの付いた裾上げは、前後差で 3㎝ の傾斜が付けられています。                 ウエストコートも極ベーシックです。                   シングルの3釦、ピークドラペルで仕立てました。 ラペルの幅や角度、エッジライン、ゴージライン、剣先の小丸加減、、、、 もう全てのバランスにおいて自身の好みや狙いが宿ります。     ( シングル・ピークドラペル を推奨する訳では全くありません。 今回 私が採用したデザインであるだけで御座います。 個人的には大好きです!)                     顎ダーツと共に、ラペル裏には細かくポコポコと『 ハ刺し 』の後が見受けられますね。 ラペルのハ刺しは すくい縫いです。 芯側からすくい、生地の表側に糸を出す事無く、内部の芯と前身頃の生地を縫い止め 一体化させるのですが、その際に内回り・外回りの差を持ち手で作りだし 内巻きになるよう癖付けしながらハ刺しによりメモリーさせているのです。 何十年経とうがメモリーされた内巻きの癖は消える事がありません。   ハ刺し自体はとても多用される縫い方の一つであり、芯作りや肩パット作り、地衿作りなどでも使われます。 パーツや部位により、ハ刺しに託す意図や狙いがそれぞれ違いますので、縫糸の種類や縫目自体のピッチ、糸の緩さ、持ち方など 多岐に渡り違いがあるのです。                 最高級な生地に最高の仕立て、そこに英国製のポリエステル釦。 昔はサビルローのTAILORでも使われていましたね。 天然素材の高価な釦を使わないギャップ!   ポリ釦は 確かに安価で色もサイズも巧みに揃える事が出来、割れず 劣化もし辛き釦とも言え、質実剛健な英国ならではであったのかも知れませんね。   1826年創業の英国で一番古いTAILORを相手にした専門付属屋さんがあり、 とてもお世話になっております。 ある意味 英国らしくもあった このチープな釦ですが、実は廃盤となってしまい 今では作られておりません。英国でも使われる事は無くなってしまいました。 (厳密に言えば紳士スーツ用としての この釦種の事を指しますので、 ポリ釦自体は存在致します。) 個人的にはとても残念であり、この釦種に限らず、廃盤となる 付属の類は増えているのが現状です。   伊国では古くからナット釦が多く使われておりますが、英国ではこのポリ釦の代わりであれば これからはナット釦が代替え商品となっています。             ・・・・・では、折角の誂え服なので トルソー写真では無く、クライアント自身の着用写真も恐縮ながらご覧くださいませ。     流石に良いです、最高に良いです!! シットリした肌触りながら、コシもある生地感、 薄過ぎず暑過ぎない3シーズン物ならではの程好い着用感。 そして この生地たる独特な縞柄の個性は着用される御本人が一番享受出来るのです。 自己満でしかありませんが、、、、、(笑)。                   折角なので愛用のポケットウオッチと共にアルバートチェーンも! 今年の2月にはロンドンで直接買い付けてきた アンティークの チェーン類を御用意させて頂きました。 まだほんの少しだけ残っておりますので、 ご興味のある御方が居られましたらお気軽にお問い合せ頂ければと思います。   http://dittos.seesaa.net/article/464203877.html 【 ANTIQUE:Albert Watch Chain 】               濃過ぎない絶妙なトーンのグレー地です。 とても使いやすく、合わせ易い色味です。 年中で着用期間も一番長くご愛用頂ける3シーズンウエイト。   どちらかと言えばネイビーよりグレー派の私にはたまりません。   例えばダークスーツ、そのポジションは崩しようが無く、 ダークであればある程に むしろ それを生かして着用すべきドレスアイテムです。 ダークでは無いスーツであれば、意図的にエレガントに装ったり、 逆に砕けた印象でコーディネイトする等 装う幅も広く楽しめるポジションとも言えます。                 掛け値なしで心底お勧めな 10周年記念生地は どの種類もそれぞれのポジションと 個性を併せ持った各自が主役です。 最高級なGOLDEN BALEでありますが、オリジナルであり 10周年への感謝の気持ちを込めたお値段である事は、当店にある在庫生地全ての中で 当然コストパフォーマンスにも一番優れております。   皆様でしたら この最高の食材をどの様に調理されますでしょうか。   この生地種に限らず、10周年記念生地で沢山のご注文を頂いておりまして 心よりのお礼と共に感謝を申し上げます。 必ずやご満足、そして喜んで頂ける自信があります!   仕立て職人が想う『良い生地』という価値観で生み出された最高の食材です。 当店オリジナルの生地を是非ご堪能頂けましたら何よりの幸いで御座います。     そろそろ最後の4種目もいよいよ入荷致しますが、今回の PINHEAD STRIPE は一番人気です。 もし御検討頂いておられる御方におかれましては 是非御予約をお勧めさせて頂きます。   今であれば 4P-SUITS 含め、幾らでも自由に要尺確保出来ます。   是非これら個性のある魅力的なオリジナル生地へ会いに ご足労頂けましたら幸いです。     皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。                                

    Read more
1 / 212
Bespoke Tailor Dittos.