BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 LOVAT TWEED:5P-SUITS 】

    2022.01.18 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 LOVAT TWEED:5P-SUITS 】

        寒中見舞い申し上げます。 店頭では 梅ちゃんの花が開いて参りました!     明後日の1月20日には『大寒』を迎えます。 2月4日の立春まで 一番寒い時期とされていますが、2月はまだまだ寒く もう少し寒き冬を堪能致しましょう。   こんなにも寒い時期では御座いますが、店頭の生地も今月末までには 秋冬から春夏生地へと入れ替えさせて頂く予定で御座います。   2月14日まで、H.S.ORDER限定による【早期受注キャンペーン】も開催中で御座います。 宜しければ是非この機会を御利用頂けましたら幸いです。                 ウインザー公ご夫妻です。 公の着用されているスーツは今の時代 ほぼ見られませんね。 シングルブレストの2釦ですが、2個掛けです。 釦ポジションはWラインを跨ぐ高い位置に設定されています。   通称 パドックカットと呼ばれますが、認知度含め一般的ではないでしょう。 当BLOGでも4話くらいにあたって掲載致しております。   http://dittos.seesaa.net/article/418036041.html 【 PADDOCK CUT 】   1920年~30年代には極一般的なデザイン・仕様の一つとして 普通に着用されていた2釦スタイルですが、これが今では釦ポジションは下がり 上一つ掛け・下は飾りで留めない というスタイルで落ち着いています。   パドックカットは こういったカントリースーツは勿論の事、 ビジネスシーンなどでのダークスーツでも採用されていました。 A.イーデン氏も有名な御愛用者ですね。   公の着るこの上着にはもう一つ特徴がありまして、腰ポケットをご覧下さい。   傾斜の付いた スラントポケット は今でも普通に見受けられますね。 しかし このポケットはカーブを付けて仕立てられています。   クレセントポケット(ハーフムーンポケット)などと呼称され、 このカーブを『三日月・半月』で表しています。           公のワードローブは膨大ですが、パドックカットの服も少なくはありません。 こちらのカントリースーツはベージュとブラウンの格子がそそるツィード、 プラスフォワーズ(4より6気味!?)でのスーツで誂えられています。   時代的な部分(カット)も踏まえ、ラペル幅は比較的にシャープであり、 ゴージラインの鋭角な傾斜角度なども特徴となり、 やはり打ち合いも今より深めにとられています。             さて、大変博識で御自身のスタイルを若い頃より確立されておられる大変お洒落なH様より この度も素敵な TWEED SUITS をご注文頂きましたので御紹介させて頂きます。             ヴィンテージと呼ぶほどでは無いレベルでの 古い LOVAT TWEED は、 ベージュとブラウンが美しきコントラストの クラシックなハウンドトゥース(千鳥格子)柄です。 LOVATと言えばスコッチツィードの雄ですね。   イメージは正に公のスタイルよりリクエスト頂き、 私なりにH様だけの服へと落とし込みさせて頂いた PADDOCK CUT です。   手前味噌ながら本当に渋くて素敵です。 釦は2個掛けであり カチっと打ち合いは定まり、 Vゾーンも小さくなる分 引き締まった印象になりますね。         先ずは裁断です。 全ての生地は『地のし』と言い、縮絨を掛けつつ 地の目を整えるという工程が必須となります。 その後に生地を冷ますと共に寝かせてから裁断です。 格子柄は縦横 直角、、、であってほしいのですが、生地は巻かれて保管されていますし、 何かと歪みつつ、ミミ側とワナ側では格子感覚さえズレていたりもします。   格子柄ですから 本当に様々な個所で柄合わせが必要です! その為にも 正確な裁断が無ければ成し得ないのですね。   縦地、そして横地、 直線具合と直角具合を合わせつつ型紙をおいて線を引きます。 更に本来は左右で2枚取り裁断しますが、柄物は片方1枚で裁断し、 左右パーツの柄をキッチリと柄合わせして 残りの片側裁断を致します。   この1枚裁ちは縞柄や格子柄には不可欠な手間であり、無地では行われない事です。 表裏では案外本当にズレているので、それだけ注意して裁断しなければ成りません。   という事は、、、、無地も実はそれだけズレているが、 見えない・分からない という事になります。 こういった柄物裁断の経験値を無地裁断では出来る限り予測対応する事になります。             仮縫いが組み上がりました。 H様の御注文の多くは スラントポケットを採用されていますが、お好きな指定角度が御座います。 今回は その指定角度から乖離し過ぎないレベルで カーブの付いたクレセントポケットにてご注文を頂戴致しました。           今回のご注文は 3Pに加え、ご覧のプラスフォワーズ(+4)、 そしてFLAT CAPにて 計5P-SUITSでのご注文となります。   +4は海外含めカントリーサイドへ御旅行なさる時などに御愛用下さっておられ、 素敵な写真も送って下さり光栄な限りで御座います。 (もう随分と欧州には行けておられませんから寂しいですね。)           いよいよ仕立て上がりました。 胸のウエルトポケット、柄が合い過ぎて 無いみたいです(笑)!   この堂々としてハッキリとした格子、サイズも大柄に感じるかも知れませんが、 逆にカントリースタイルですし この位ないとパンチ不足です。 この柄サイズだからこそ、美しきコントラストも生み出せるのですね。 もっと拡大しないと分かりませんが、TWEEDゆえ 絶妙にミックスされた糸で(特にこのブラウンは)表現されています。   シャープなノッチドラペル、鋭角なゴージライン、お好きな方々は こんな所にまで目を向けておられますし、本当に良く研究されお詳しいのです! それだけお好きであり、拘りがお強い訳ですね。 逆を言えば、こういったご注文になると カッターが理解出来ていなければ 上手く具現化出来ず 説得力も乗りませんから お店選びは自ずと大切な事になるでしょう。           胸部のボリュームがとても綺麗に出ています。 横地はどこまでいっても限りなく 真横に見える事、、、とても当たり前な事です。   しかし、洋服な複雑な立体によって人体を包んでいます。 様々なカーブで構成されており、『 限りなく真横に見える様に 』 という技術・テクニックが使われております。 アイロンによるクセ取りは勿論前提ながら、 芯据え含め 様々な個所で気が配られているのです。               最終FITTINGでのご来店の日、 この度のTWEEDに合せたコーデでご来店下さりました。       ウエストコートは 5釦・全掛け のスタイルです。 よりコンパクトな雰囲気が出ます。 ウエストコートのバリエーションも多岐に渡りますが、 これも時代性がマッチしたセレクトと言えますし 流石はH様のセンスで御座います。           格子柄のシャツはダブルカフス、素敵なカフリンクスが見えますね。 H様のカフリンクスコレクションは半端では無く、 博物館級の貴重な物まで本当に沢山お持ちです。   こちらはアンティークで犬のモチーフが描かれており、左右でDOG君も違います!   この形態は半球体のガラスにモチーフを彫り込みます。 多くの場合、犬やキツネ、鳥など様々であり、 ODD WAISTCOAT等に付ける釦も御座います。 掘った後、そこに少しずつ慎重に 一番表面に出す(出る)色より 色を落とし込む様に付けて参ります。 着色が終わり 捲ってみれば、、、、立体的なモチーフの登場です。   この類のアンティークでは、古ければ古い程に モチーフの表現も精工・精密であり、 犬やキツネなどの表情も多彩で精悍な表情の顔立ちを見せてくれます。 お好きな方はご存知でしょうが、本当にレベルが全然違います。 このDOG君の端正な顔を見れば、 このカフリンクスの価値が分かる人には分かる代物と言えるのですね。         靴もBESPOKEされた素晴らしい品質のスェードフルブローグ、 タッセルがお茶目なポイントですね。           素敵です、、、、、、。 タイはキツネ君のプリント・モチーフタイ、 カントリーテイストでバッチリまとめて頂いております。                     +4にFLAT CAPも加えてポーズも! 流石の着こなしであり、H様らしさが滲み出ています。               ・・・・・大変お喜び頂け、私自身も嬉しい限りです。 この日は寄る所があるとの事で そのまま着て帰られるとの事。 トラウザーズに着替え、チーフも加えて完璧な装いです。     御予約・お取り置きの貴重な生地達より さて「次は…」   H様、この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。 次のスーツも是非ご期待下さいませ。               ・・・・・如何でしたでしょうか。 皆様も是非 冬の装いを存分にお楽しみに下さいませ。     では、皆様のお越しを心よりお待ちしております。 どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。            

    Read more
  • 【 BRISBANE MOSS 】

    2022.01.11 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 BRISBANE MOSS 】

          謹んで新春のお慶びを申し上げます。 昨年も格別なご高配を賜りまして厚くお礼申し上げます。   皆様の益々なるご繁栄をお祈り申し上げますと共に、 どうか本年も変わらぬお引き立てを賜れますよう 何卒宜しくお願い申し上げます。             今年のお正月は如何お過ごしになられましたでしょうか。 多くの方々も仕事が始まりだした矢先の6日、都心でも雪が降り 5~6㎝位は積もりました。 本当に寒かったです。   冬は冬らしく、だからこそ この寒さの為の装いが楽しめるとは言うものの、 朝は布団から出るのが厳しい季節でもありますね。           当店は1月5日より営業再開とさせて頂きましたが、 初日より顧客様方とお会い出来る事が本当に嬉しく 何よりの光栄で御座います。   今月から来月にかけては HOUSE STYLE ORDER による 『早期受注キャンペーン』も始まっておりますので末尾にて詳細をお伝えさせて頂きます。             さて、新年を迎え 先ずはジャブ程度に 昨年12月に追加発注分が届きました 秋冬にも欠かせぬ生地を御紹介させて頂きたいと思います。               BRISBANE MOSS     ヨークシャー州にて1858年に創業された老舗ミルであり、 当BLOGをご覧下さる方々におかれましては最早説明は不要でしょう。   英国製のコットンと言えば欠かせぬ存在であり、 名立たる英国ブランドのガーメントも支えております。 また、有名なマーチャント各社も同社の生地を扱っており、 様々に広く展開されております。   当店で仕立てるオーバーコートの上衿に掛けるベルベットも同社の生地を使用しています。 色々と比べましたが、納得の品質である事は言うまでもありません。         在庫が随分と薄くなっておりましたので、久しぶりに補充致しました。 先ずは秋冬地から御紹介致しましょう。               【 CORDUROY 】   コーデュロイはお好きでしょうか。 暖かく、使い込む程に柔らかくなります。 当店では細畝のシリーズを定番として入れており、ウエイトは315gとなります。 太畝シリーズもありますが、タウンユースでは強過ぎる部分がありつつも 当然御用意は出来ますのでお比べくださいませ。   暖かさに関してはヘビーな太畝に軍配が上がりますが、 逆に細畝は秋から寒さ残る春先まで広く楽しんで頂ける事でしょう。   また、TAILOREDな上着を仕立てる場合は細畝でなければ技術を落とし込むのは厳しく、 太畝はワークウエア等を筆頭に既製品などの類が適切となるでしょう。         ・・・・・左から CORN / DRAB / TAN / MAROON / GREY   計5色となります。 他にも沢山の色がありますが、上記5色以外はバンチよりお選び頂けます。         日本ではカラシ色扱いになるでしょうが、同社ではトウモロコシです! これは 兎に角 持っているべきド定番色です。   単にお好きな色を選べば良いのですが、コーンは何にでも、 どんな色味にでも合ってしまいますし、それなりの主張もあります。         CORNですね。 このトラウザースに寿命が来てしまったとしたら、必ず二代目を仕立てるでしょう。         CORN / DRAB   ドラブ、この色はですね、、、、軍用車両の色と言えばニュアンスが伝わりやすいでしょうか。 そんな くすんだ渋き色、カントリースタイルに合わぬ訳がありませんね。   ツィードは 草木のグリーン、大地のブラウンを主体に ここからキリがない程に展開されますが、どちらにも相性が良いのです。 この事はコーンにも言えますね。         TAN / MAROON   タン、所謂ライトブラウンですね。 一般的に一番扱いやすい色とも言えるのではないでしょうか。   マルーンは見ての通り、エンジとか海老茶などとも言われますが、 英国の田園含め目にするであろうレンガ色を彷彿させてくれます。   派手に感じる方も少なくは無いでしょうが、とても英国的な色であり むしろこの位の主張を色合わせなど考えず無頓着にコーデするのが味でもあります! ブラウン系との相性は抜群ながら、グリーン系と合わせると 正にクリスマスカラーのコンビを連想されると思います。 冬らしくて良いですね、赤系統ですから暖色とも言えます。       MAROONです。 先のコーンは吊り用で仕立てられていますが、こちらはベルトレス仕様にしています。 今年で10年選手、、、時が経つのは本当に早いです。           これはMAROONではなく、PLUMとなります。 果物のプラムそのままですが、深い紫、赤紫系の色味となります。   当時パープルとさんざん悩み、プラムにしました!   もう8年目となる ODD PLUS FOURS ですが、 いつかは上着を誂え足したいと目論んでおります。         GREY   グレーは万能色です。 特にODD TROUSERSを考えた場合、グレーのTRは欠かせませんね。 それのコーデュロイバージョンとして捉えて下さい。   またこれが いぶし銀の様な色とポジションでして、 色に迷ったら 敢えてグレーを選択ください。 落ち着きと品があり、大人のエレガンスを感じさせてくれます。   絶対に外れませんし、むしろ喜んで頂ける魅力を兼ね備えております。                 【 MOLESKIN 】   コーデュロイと比べ、こちらモールスキンは知名度が下がるかも知れません。 ですがコーデュロイに同じく暖かかくて丈夫なコットン地です。   米国のワークウエア地がデニムならば、 英国や仏国ではモールスキンやコーデュロイがそれに当たります。 故に英国ではその昔、田舎臭いと街で着る事など有り得なかったのです。   モールスキンは モグラさん(MOLE)の肌の様な感じと名称が付きます。 起毛されたフラノの様な感じですが、 毛足はかなり短くヌバック(起毛革)の様な感じに近いと思います。     このシリーズは 295g の中肉であり、 こちらもコーデュロイに同じく更に厚地でハードなタイプも御座います。     左下から CORN / LOVAT / OLIVE           CORN / LOVAT 肌感が伝わりますでしょうか。 暖かくて着心地も良く、このマットな表情が味わい深い特徴となります。 厚地のシリーズがワードローブにありますが、寒き冬は一番頼りになります。   ラヴァット、これは絶妙な中間色です。 1840年代 ラバット卿が釣鐘草、桜草、シダ、 樺の木肌などの色を取り入れて作らせた色だそうです。 歴史のある色ですが、何色とも言い辛い中間色であり ツィードで有名なミルにも その名が付けられていますね。   英国の色は自然由来でありつつも、どことなく くすんであか抜けない感じがあります。 雨の多い曇り空、、、らしさでもありますね。         これらは秋冬地です。 シーズンファブリックとして欠かせぬ存在であり、 全てコットン 100% ですから肌に優しく、汚れたら家庭で洗濯も出来ます。   まだまだ間に合いますので是非お一つ如何でしょうか。 お仕立て頂ければ きっと気に入ってしまい、他の色が欲しくなる筈です!               【 RYE 】   ここからは通年御利用頂けるシリーズです。 ツイルやドリルが代表的なコットン地ですが、 このライはツイル織り範疇でもある キャバルリーツイル となります。   これも丈夫で安定感が高く、確りとしたコットン地です。 ウエイトは 315g で一番扱いやすいウエイトです。       左より BEIGE / TAN / BROWN / OLIVE  となります。           TAN キャバルリーツイルの特徴でもある 二重畝が見えると思います。   王道であるツイルに隠れがちではありますが、ライは目立たぬ名品です。 ツイルやドリルのコットンTRなどいくらでも巷に溢れていますが、 コットンキャバルリーは誂えなければないのではないでしょうか。         BROWN と OLIVE ですが、この写真は色が上手く出ていません。 雰囲気だけでもお汲み取り頂けましたら幸いです。   是非ご来店頂き、リアルな色や確りとした打ち込み具合など 直にご確認頂ければと思います。                 【 TENNYSON 】   コットン地の顔とも言える DRILL であり、綾織りのド定番のシリーズです。 ウエイトは 315g 、一年中お供致します。 (ツイル、チノクロスに同じと思って下さい!)   このシリーズも複数色欲しいところ、むしろシーズンに合わせた色選びも是非! (バリエーションとしては、このテニソンを中心に 薄地と厚地が展開されています。)       左より CREAM / KHAKI / LOVAT / NAVY  となります。         KHAKI と LOVAT です。   BUSH JACKET御紹介の項では、【 KHAKI DRILL 】という呼称が出て参りましたが カーキ・ドリルは 正にこれですね。   このテニソンシリーズもかなり密に織られ、始めはゴワゴワしていますが 良いエイジングが期待でき、穿き心地も頗る柔らかくなって気持ち良く育ちます。           春夏になれば、ホワイトトラウザースは穿きたくなるものです。 ただ、漂泊して作られた真っ白のトラウザースは好きではありません。 実はクラシックな『ホワイトフランネル』も本当は白ではなく、クリームなのですね。     S様にお仕立て頂きましたベルトレスの TENNYSON:CREAM です。 ナチュラルで優しさ感じる この色がBESTです。   洋服として出来上がり 面積も広がれば、印象よりも明るめに感じられる事でしょう。 シャツの白と比べられると ほのかに色味を感じて頂けますね。   クリームはブレザーとも抜群に相性が良いですし、 こちらもワードローブに入れておきたいネタでもあります。                     全て コットン 100%であり、クリーニング店でもご家庭でも水洗い洗濯が 直接出来るのは大いなるメリットですが、 こと既製品の類ではDRYクリーニングになってしまいます。 これは『縮み』、そして『色落ち』に伴うリスク回避です。   コットンはシャツも同様ですが 洗えば必ず縮みます。 こんな事 分かっている事ですから、皆様よりお選び頂きました生地は 一度自宅へ持ち帰り、お湯でジャブジャブ洗って 縮めてから裁断致します。 (HOUSE STYLE ORDERも同様ですが、そもそも縮んで サイズが変わってしまったらONLY ONEの型紙の意味がありません。)   故に安心して洗濯もされて下さい。   ただ、下着では無いので そんなに高頻度で洗う必要も無いですから 汗をかいたり、汚れが付いてしまったタイミングで良いでしょう。           如何でしたでしょうか。 お気楽で快適なコットン・ガーメントを是非お勧め申し上げます。                   ・・・・・【 早期受注キャンペーン 】   HOUSE STYLE ORDER限定におき、 ご協力工場さんの企画によるキャンペーンで御座います。 レギュラー工期より少し多めにお仕立て時間を頂ますが、 代わりにささやかながらお値引をさせて頂く企画となります。   対象は春夏に限りませんので、オーバーコートでも構いません。 是非有効活用して頂けましたら幸いで御座います。   1月10日(月) ~ 2月14日(月)まで   皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。                 ・・・・・【 価格改定のお知らせ。 】   2022年3月1日 受注分より、 BESPOKE、及びHOUSE STYLE ORDER の価格改定を行わせて頂きます。 ( SHIRTS は対象外となります。)   年々 生地のお値段は上がりますので、低価格レンジの生地が壊滅状態です。 故にスタート値の見直しを行わせて頂くと共に、 ご協力工場さんの工賃UPや様々な原材料費の高騰も御座います。   随分長きに渡り 踏ん張って参りましたが、そろそろ覚悟を決めなければ成りません。 大変心苦しくはありますが、何卒ご理解頂けましたら幸いで御座います。             では、新しい年を迎え 改めて新鮮な気持ちで皆様とお会い出来る事を楽しみにしております。   どうか本年も宜しくお願い申し上げます。            

    Read more
1 / 7812345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.