BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 ESCORIAL:JACKETING 】

    2021.06.15 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 ESCORIAL:JACKETING 】

        皆様 こんにちは。 もう晴れれば夏のように暑いですが、関東甲信もいよいよ昨日には梅雨入りが発表されました。   そんな6月では御座いますが、当店BLOGはAWのお話で御座います。           色や柄も多彩に、魅力的なコーディネートをされた装いは正に三者三様です。 御三方共に上手くグレーを取り入れていますが、 無彩色であるグレーは何でも受け入れ 調和という恩恵に授かれる万能色でもあります。 地味で控えめでもありながら、懐の大きな色であり 紳士服の装いにも欠かせません。           先週はエスコリアルの上着を主体にした N様:ODD 3P のご注文を紹介させて頂きました。 至福なエスコリアルはとてもウール(羊)だとは思えぬ程に 優しい肌触りでソフトな風合いがお楽しみ頂けます。   今週は2021年AW用として、 素晴らしいエスコリアルの生地を入手致しましたので是非お勧めさせて頂きます。 以前にもエスコリアルに付いては御紹介しておりますが、改めて簡単に触れておきましょう。         北アフリカのMAHGREB(マグリブ・マグレブ)地方を起源とする独特で小さな羊がいました。 14世紀 スペインの王室はこの種をエスコリアル宮殿内に向かい入れる事になります。 これが現代にいたる呼称になっている訳ですね。 (その後、この種は一度絶滅したとされていました。)   この独特な羊はメリノ種の羊と比べ個体がとても小さく、 メリノ種の1/3 程度しか毛を採取できません。 そして、その特徴的な原毛は『繊維の宝石』と称されるカシミアより細く、 更にはコイル状のばねの様にカールしており これがナチュラルなストレッチ性を生み出しています。 ウールの原毛で良く使われるSUPER表記で換算すると、 細い毛の部位でみれば SUPER 200レベルの細さに相当するようです。 ウール(羊毛)であってウールではないかの如く 別の特別な獣毛みたいですね。   こんな夢の様なウールが存在し、 今では少しずつ個体数も確保される様になりましたので、 洋服地からニット製品に至るまで様々に見受けられる様になりました。 それにしても まだまだ希少である事には変わりませんし、当然高額でもある夢の服地です。   スペインの王族が独占していた事も頷けてしまいますね。             無彩色によるモノトーンコーデは、ニットでのリラックスしたジャケットスタイル。 FLATCAPも加え、装いに締まりもでますし、渋くてとても品を感じられます。           Joshue Elis   PURE ESCORIAL About 350g     先ずは無彩色:グレーによる3者共演です! これら3種は紡毛糸(WOOLEN)よる生地でありボリューム感と迫力が御座います。   織り柄やトーンの違いにより グレーにも様々な個性と表情がある事が分かりますね。   当たる光の陰影も美しく、これも原毛の細さや質の高さからきますので 勝手に滲み出るホテンシャルの高さを垣間見る事が出来ます。           ベーシックなヘリンボーン柄は濃淡の糸遣いを有効に綺麗なニシンの骨模様を表現致します。 堂々と、かつ落ち着きのある存在感です。         ジャケット地であり、紡毛糸という事もあり 柄出しはこの位が丁度良い塩梅です。 スーチングでは梳毛糸になるので 梳毛か紡毛による織り糸の太さにより柄の出方、表現力に差が出ます。 ( 柄の大小は ドレッシー ⇔ カジュアル に対するバランスも表現している事になります。 )         とても綺麗です、、、、、写真では無理ですが、触ればウットリとしてしまう事でしょう。 もう洋服に料理せず、このまま首に巻いても気持ちが良さそうです!               お次は やはりクラシックな バーリーコーン柄。 この生地は先週たっぷりとご覧頂きました N様の上着に同じです。 遠目には無地の様に溶け込みますが、近くではここまで表情を楽しむ事が出来ます。   先の当店仕入れ分は直ぐに無くなってしまいましたので、 追加仕入させて頂いた次第で御座います。           これも素晴らしい! 一見 白黒の千鳥格子の様に見えますが、千鳥格子ではありません!   これは TWO & TWOという織りであり、日本ではヘアラインと言う織に属すようです。 このモノトーンベースへ 何とパープルでオーバーペーンを重ねているのです。   TWO & TWOとは濃淡2色の糸を交互に経糸・緯糸に織る事により 自然に浮き上がった織り地となります。 面白いのは 表側から見ると縦縞に見えますが、裏側は横縞のボーダーになるのが特徴です。   有名なグレンチェック、これは織りを複合させた格子柄ですが 千鳥格子と共に このTWO & TWO(グレンストライプ)で構成されています。 グレンチェックの服をお持ちの御方はご覧になってみて下さい!           高貴なパープル、とても大好きな色ですが ベースの織り地が強いので 良く見れば、、、といったレベルですね。   だからこそ、派手に感じる事も無く 逆にこのパープルを拾って コーデに有効利用できる楽しさを備えていると言えます!   白の織糸を良く見ると、2本引き揃えて織られているのが見受けられますね。             では、次に有彩色での秀色をご覧頂きましょう。 これから2種ご紹介しますが、先の3種より 織糸細く地薄に感じる生地でもあります。   それだけ上品でエレガントに見える上品な生地となります。         Stanley Mills   PURE ESCORIAL ABOUT 340g   タン、そしてネイビー。どちらも欠かせぬ秀色です。 一番使い回しも効く色であり、押さえておくべきジャケットでもあります。   この2種は先の紡毛と違い、梳毛(WORSTED)が使われています。 織糸が細い分 生地も薄くなり、サラッとした印象になります。   ≪ Stanley Mills ≫ 同社はあまり耳に致しませんが、1890年創業のやはり老舗のミルで御座います。 カシミア含め高級な品質の生産が主だそうで プラダやディオールなどのメゾン等との取引きもしているそうです。 このミルも今や大きな組織に属しており、 早々たるメーカーが名を揃えているグループとなります。   このメーカーは、ファーストクラスの品質とサービスをモットーとしており 知名度は低いものの、隠れた高級服地ミルですね。           この写真より もう少し黄色味があるでしょうか。 日本語だと 小麦色がしっくりと来ます!           とても表情豊かな顔立ち、実は小格子柄であり 小さなバーリーコーン柄となります。 穂は小さく、バーズアイっぽくも見えますね。           綺麗に揃い実に美しい柄出しです。 色味からも秋を感じさせてくれますし、柄からも、、、、。 この上品なバーリーコーン柄、 これに合わせて下物はコーデュロイなど如何でしょう。 正にカントリーを彷彿させる鉄板なコーデの一つでもあります。             次は これまた美しいネイビーです。 シットリとしてしなやか、至福の肌触りは暖かく 万能なネイビージャケットをこれで誂えたらどんなに幸せな事でしょう。         典型的なツイル織り、 ほんのり赤味のあるそのネイビーはビジネススーツのネイビーと一線を画します。 濃ければ濃い程に、要は黒に付かい程に色としてドレッシーな扱いになります。 ネイビージャケットの色は濃過ぎず青味の感じられるネイビーこそお選び頂く色でもあります。     ネイビージャケット、ネイビータイ、何着・何本あっても欲しくなります。 季節やシーン、素材感含め多彩なネイビーをご堪能下さいませ。       では最後に これまたクラシックで美しい格子柄:カントリーチェックをご覧下さい。             Reid & Taylor   PURE ESCORIAL About 340g 4-PLY   1839年 スコットランド創業のミルであり、 かつてはMOXONやTAYLOR&LODGEなどに並び、ウールの中で 頂点でもある最高原毛 Golden Bale も扱っていた素晴らしいメーカーです。   同社はスーチングからジャケッティングまで エスコリアルをバンチで抱える程に扱いこなし、多彩なコレクションは群を抜いています。         発色も大変美しく、原毛が細いからこそ 柄出しのきめ細かさが際立ちます。 クラシックなガンクラブチエックにタンのオーバーペーンが重ねられています。 素晴らしき配色による魅力が溢れています。   このカントリーチェックがツィードでは無くエスコリアルである事に意味があります!           ツィード等とは本当に真逆の質感、、、。 大人の上品でスポーティーなジャケットを是非ワードローブに!               ・・・・・如何でしたでしょうか。 羊の毛(ウール)という括りの中でも本当に様々なウールがあります。 エスコリアルとツィードが 品種は違えど同じ羊と言う動物の毛であるのです。 (品質表示的にみれば、ESCもTWEEDもG.BALEも みな WOOLです。)         毎度ながら写真での色出しが難しく、 ネイビーの色や先のグレーなどもトーンのバリエーション含め この写真だと比較的リアルに出ていると思います。   ですが、やはり生で、御自身の目で見て感じて下さい。 その素晴らしい質感にやられてしまうでしょう。   またエスコリアル未経験の方々におかれましては、今回の出物仕入は素晴らしいチャンスです!         合わせるウエストコートやトラウザースはお任せください! 迷ってしまう程にお勧めが沢山御座います。   ODDでは組み合わせがかなり多彩に成りますので、 皆様の価値観により 最適をお勧めさせて頂きます。       では、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。          

    Read more
  • 【 N様の御注文:ODD-3P 】

    2021.06.08 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 N様の御注文:ODD-3P 】

        雨上がりの紫陽花、雨がとても嬉しそうに見えます。 何て綺麗なのでしょう、、、こんなにも雨の似合う花は御座いません。 すべて当店のご近所様です、 青山通り方面からご来店されるお客様におかれましては気付いて頂けるかもしれません!           皆様 こんにちは。 雨の多い季節であり、梅雨を経てこれから本格的な夏を迎える訳ですが 誂えの世界では既に秋冬物への準備が進んでおります。   買い付けた新しき秋冬地は続々と入荷しておりますし、 BESPOKEでのご注文であれば軽く半年はお待たせしてしまいます。 旬な洋服を楽しめる HOUSE STYLE ORDER にしても、 来月位には工場さんの企画による『 早期受注フェア 』 も視野に入ってきております。   と言う訳で、先週までのリネンとはうって変わり 今週は重ね着が恋しくなる秋冬の装いを御紹介させて頂きたいと思います。               三つ揃いのスーツをエレガントに着こなすのは最高ですが、 OFFの時含め 時にはジャケットでのスタイルも必要不可欠であり、 皆様もご堪能されている事と思います。   ODD JACKET・ODD WAISTCOAT・ODD TROUSERS と 全て単品構成による3Pも大変味わい深く、着こなしの幅も大いに広がる事になります。 これがまた楽しく、嬉しく、魅力に溢れているのです。   色使いも大変需要なポイントであり、色同士の相性やコントラストなども踏まえ、 素材感の相性や、各アイテムのパワーバランス(生地厚など)と共に、 季節やシーンに応じた着こなしを存分に味わって頂けます。           スポーティな着こなしであれば、なにもシャツやタイに拘る必要も無く ニットやスカーフなども楽しめますし、 靴にしてもやはりダークスーツには合わせぬ靴を様々に楽しむ事が出来ます。   防寒の意味でも帽子の役割があり、FLAT CAP等も素敵です。 格子柄や色目の素敵なウールソックスやグローブ等の小物に至るまで この類ならではのアイテムが欲しくなる訳ですね。   誂えに慣れ親しんだ皆様のおかれましては、 いつしか市場に欲しい服が売っていない事に気付きます。 既製品では有り得ぬ これ以上無き程のMY SIZE、そして生地などの色柄から デザインに至るまで 欲しい・着たい・必要だと思われる服達を生み出すのですから当然ですね。   だからこそ、それら誂えた服達に対して 似合う・見合う 周辺小物アイテムの収集、、、これがまた楽しいのですよ!             大変な御贔屓を頂いておりますN様より、 羨ましき構成によるODD-3Pでのご注文を頂戴致しました。 N様のご来店時は大抵エレガントなダークスーツでの着こなしが多いので、 インナーなどのコーデ自体は置いておいてご覧下さいませ!   今回の3Pもデザインは全てにおいてクラシックでプレーンな構成であり、それが良いのです。 それぞれの各アイテムによる素材感や色などの魅力を最大限に導き出してくれます。           この深き魅力的な色のウエストコートは 英国:HAINSWORTH社のドスキンであり、 英国らしい私も大好きな MAROON となります。 無彩色な上着に良い意味でアクセント・インパクトを与えてくれる色使いです。   最高に素敵であり 実にエレガントです、、、、。   トラウザースですが、この生地は VINTAGE の GARNETT社によるミルドウーステッド。 実は写真では全く分かりませんが VINTAGEならではの 今には無い独特の魅力が詰まった生地となります。               無彩色で織り上げられたクラシックな バーリーコーン柄。 写真からでもソフトな風合いが伝わるかのようですが、 これが実はエスコリアルのジャケッティングで御座います。     装いに拘る当店BLOGの読者様方であれば エスコリアルの独特な魅力と味わい、着心地の良さは説明するまでもないでしょう。   (下記リンクにて 同生地を御紹介させて頂いております。) http://dittos.seesaa.net/article/476210861.html 【 2020AW-JACKETING 】   ハイカラーのロングポイント・ピンホールのシャツ、 こちらもN様らしきエレガントさが垣間見る事が出来ますね。           さぁ、仕立て上がりました。 このHAINSWORTHの生地ですが、必ず近々に御紹介させて頂かなければ成らぬ 素晴らしい生地であり、大変お勧めなので御座います。   釦は英国より取り寄せた マザー・オブ・パール:ワイン色の貝釦です。 正にODD WAISTCOAT様に用意されている釦であり、カラーバリエーションが豊富です。   この釦に似せたプラスチック製も昔はありましたが 今はどうでしょうか。         英国:GARNETT & SONS ロンドンシュランクでのフィニッシングですね! このミルド仕上げのウーステッドの特徴は何といっても 多色使いされたMIXヤーンによる独特な色出しにあります。   もう何色と言って良いのか分かりません、、、、 ダークブラウンにブルー系も色もミックスされていますし、正にツィードの様です。   打ち込みも素晴らしく コシもあり、かなり仕立て映えのする生地です。 スーツは勿論の事、 今回の様なODD TROUSERSにも様々な色目を選んでご注文頂ける逸品です。 手間とコスト、相当掛かっているでしょうし、色バリエーションの豊富さにも驚かされます。 それだけ当時の洋服地(TAILORED CLOTHING)は需要が高かったという事ですね。   スワッチ(小さな生地見本)では分からぬ この生地の個性や魅力は、 仕立ててこそ、着てみてこそ お分かり頂ける本当に素晴らしい逸品です。 これも別途御紹介したい生地で御座います。         この日 御着用されてこられた渋い三つ揃いのスーツに合せた個性強き靴、 G&Gだそうです、目を惹きますね! このレベルを御注文されるという事は 相当の御経験値である事が安易にうかがえる事と思います。 発色良きブルーのスェードがアクセントに、 配色であり紐では無いストラップですから一見スパッツの様にも見えますね。 N様も意図されているのかも知れません!         シャープなシルエットの1-PLトラウザース、 シンプルに衿無しのベーシックなウエストコートは腰ポケットのみフラップ付です。 茶味のトラウザースとも抜群の相性であるウエストコートのマルーン、、、素敵過ぎます。         この様なジャケットスタイルでは、上下との色的コントラストがとても重要です。 上が明るめであれば下は濃く、その逆も然りです。 背も高く、スタイル良きN様の美しきエレガントな御注文が最高に映えます。         メインである上着は素材感やバーリーコーン柄も尊重すべく、極シンプルに。 腰ポケットはフラップを敢えて付けぬ切ポケット。 胸板厚き御体型により、 カットは『通しグセ=(腰ポケット貫通胸ダーツ)』を採用しております。   袖口には唯一アクセントとしてターンバックカフをお付けになりました。   段返りの3釦、段返りですから センター釦まで返り過ぎないのがキモで御座います。 BESPOKEであれば、どこまで返すかもリクエスト次第であり、 型紙と縫製により意図的な制御をする事が出来る 技術的前提がありつつも、アンニュイな感触は残しつつ!   ラペル周りのウエルトステッチも立体的に映え、 素晴らしきスポーツジャケットの完成です。         サイドベンツを切られたバックスタイル、 優しくソフトなエスコリアルの生地が立体的な背中のフォルムに良く馴染みます。 勿論カットとクセ取りの賜物である事は言うまでもありません。   エスコリアルは個性の高い特徴的な生地(毛)ですので、 それに応じたテクニックも加味され仕立て上げられております。 これらはお客様方には分かり得ない事ですが、皆様におかれましては 『着心地が良い』 『エスコリアルらしく動きやすい』 と 単純に思って頂けましたら十分であり、 丹精込めてお仕立てさせて頂いている甲斐があるというもので御座います。     N様、この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。             個性的なカラーでの共地による3P-SUITS、そして単品構成による3P。   皆様の価値観により上下での2Pでも勿論良いですし、 ジャケッティングという類の生地はスーチングの生地と狙うべき理想が違います。 ジャケットというアイテムを大いに楽しめる魅力や個性を込めて織られております。     この秋冬も素晴らしいジャケッティングが豊富に御座いますので、 是非お下見兼ねてお気軽にお越し頂けましたら幸いです。     皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。                  

    Read more
1 / 6612345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.