BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 至高のシャツ地フェア① 】

    2022.05.17 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 至高のシャツ地フェア① 】

          皆様、こんにちは。 5月も後半に入り、今月20日より開催予定であった表題のフェアですが 極上の生地が全て揃いましたので 前倒して開催スタートさせて頂きました。     【 至高のシャツ地フェア 】 5月16日(月) ~ 6月19日(日)       お陰様により、気付けば今年で5回目の開催となります。 シャツ地において世界トップの至高レベルな 極上シャツ地が抱えきれぬ程に店頭へ並びます。   普段は高級すぎて見本帳にも入らぬシリーズが目の前に広がる様は 圧巻であると共に、このフェア期間内におきましては それら至高レベルなシャツを特別価格にてお仕立て頂ける年に一回の催しとなります。   全103種、、、今週、そして来週と2回に分けて御紹介させて頂きます。 この御機会に至福の着心地となる世界最高峰のシャツをお試し頂けましたら幸いです。       このBLOGは写真数が相当多いので、私の言葉は少なめに そして先ずは 泣く子も黙る CARLO RIVA からの御紹介となりますが、 その最高品質に対する拘り含めた詳しき詳細は下記リンクよりご参考にされて下さいませ。   http://dittos.seesaa.net/article/458692004.html (2018年 至高・C.RIVA) http://dittos.seesaa.net/article/464922582.html (2019年 至高・C.RIVA) http://dittos.seesaa.net/article/475630552.html (2020年 至高・C.RIVA) http://dittos.seesaa.net/article/481315547.html (2021年 至高・C.RIVA)             では早速参りますが、先ずは昨年フェアにてご注文頂きました顧客のご注文よ 極一部では御座いますがご覧頂きながらイメージをふくらまして下さい!                   皆様それぞれの価値観やお好みにより、生地のセレクトやディテールも違いますし、 当然ながら それぞれが精度高き ONLY ONE の型紙より仕立てられております。 また、私のお勧めにお付き合い頂き ≪INDIGO TERA≫ は沢山のご注文を頂戴致しました。   もう最高ですよね、、、、皆様も御堪能されている事と思います。     では以降より 今回のコレクション紹介となります。               【 INDIGO TERA 】 【 LINO ARSENAL 】 【 DOPPIO RIVA 】   ①、②、③ と致します。   ① 見た目はカジュアルなダンガリーシャツの様に見えますが、 極上の原綿が使用され 着心地は至高のドレスシャツを着ている様です。 私は気に入り過ぎ 計3枚の所有で春夏はヘビーローテーションです!   ② リネン:58% コットン:42% C.RIVAが織り上げた最高のリネンシャツです。     ③ スポーツシャツ地であるOXFORDを世界最高峰のクオリティーで、、、。     INDIGO TERA   DOPPIO RIVA                   【 SUPER RIVA 】 ④、⑤、⑥、⑦、⑧、⑨   同社のベストセラーシリーズでのある極上のツイル地です。 その光沢感とツルツルなシルキー度合いは異次元です。       ④、⑤、⑥     ⑦、⑧、⑨ 淡いアイスブルーから、薄くシットリとしたラベンダーまで。           淡く明るい色が表側であり、色が濃く見えるのが裏側となります。 緯糸のブルーに経糸のホワイトを掛け合わせて絶妙な淡いトーンを織りなすのです。 生地は織機で織りますので、その織機の幅により 必ず両端があり これが生地幅となります。 その両端は『 ミミ 』と呼ばれております。 スーツ地などでは このミミにブランド名や原産地を織り込みアピールしていますね!       新作の生地、、、、何とミミがイタリアンカラーに!! 凄いインパクトですね!  ミミは両端ありますので逆のミミも?     逆端は確りと C.RIVA ネームが! 冒頭のブランドロゴのイメージをそのままにですね。           【 POPLIN 】 ⑩、⑪、⑫、⑬、⑭、⑮   シャツ地として一番ベーシックなポプリンを世界最高品質で! 同社には番手品質だけでは再現できない手間と拘りが世界最高峰たる要因となります。     ⑩、⑪、⑫ 左から2枚はEND ON END(刷毛目)であり、右がHAIR LINEとなります。 遠目には無地です。     ⑬、⑭、⑮ ド定番すぎるホワイトポプリン⑮、これで半ダース注文された顧客様。 その揺るぎない価値観に脱帽以外ありませんでした、、、。             【 POPLIN 】 ⑯、⑰、⑱、⑲、⑳、㉑、㉒、㉓   こちらも同じくポプリン、ストライプのシリーズです!       ⑯、⑰、⑱       ⑲、⑳     ㉑、㉒、㉓ クラシックで定番のシャツこそ、実はC.RIVA。 そんな自己満を是非如何でしょうか!               【 LISCIO 】 ㉔、㉕、㉖、㉗、㉘   最高級で極細の糸を強撚糸にして織り上げたボイル地であり、 シャツ地の中では一番薄く、一番涼しいシリーズです。 このシリーズも間違い無く最高ですが、もう着ていないかの如く軽くて薄く、 フワッとしていて肌にもまとわり付きません。 ボイル、そして強撚糸のメリットですね。   このシリーズが大量です! 先ずは開催される季節が加味されている事、 そして仕入れ元社長が大好きだからです(笑)。 凄く共感しますし、その社長は通年通して御着用されているそうです!       ㉕、㉖、㉗、㉘       同じく LISCIO です。 ㉙、㉚、㉛、㉜、㉝       ㉙、㉚、㉛       ㉜、㉝           更に LISCIO のシリーズです。 ㉞、㉟、㊱、㊲、㊳、㊴       ㉞、㉟、㊱     ㊱、㊲、㊳、㊴           ダメ押し LISCIO です。 バリエーションがかなり豊富です! ㊵、㊶、㊷、㊸、㊹、㊺       ㊵、㊶、㊷、㊸     ㊸、㊹、㊺                       ・・・・・以上、6種 全45色 の御紹介でした。 なんか年々 総量が増えているので御紹介が流石に大変です(笑)。 次週はもっと多いのでどうしましょう!?   ですが、来週の御紹介では 仕入れ元社長より『虎の子』が、 いや、『化け物』が今回送り込まれており 皆様も度肝を抜かれてしまう事でしょう。 もう私のボキャブラでは その化け物具合を上手く表現出来ないでしょうから見に来て下さい!!         至高のシャツ地フェアは約一か月間の開催となります。   その期間内に BUSH JKも、SCARFも 続々と入荷予定となっており 目白押しな時期となります!   雨も多いですが、どうかお時間をご捻出頂き 是非とも眼福な世界最高峰のシャツ地を ご覧にいらして頂けましたら幸いで御座います、             皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。                  

    Read more
  • 【 CASHANOVA:M様のご注文 】

    2022.05.03 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 CASHANOVA:M様のご注文 】

          寒暖差含め天候不安定な GWではありますが、皆様 如何お過ごしでしょうか。       先ずは お知らせが御座います。 沢山のお問い合せを頂戴しております 当店BUSH JK におきまして、 現在順調に進行中で御座います。 ただ、バックルが難航しておりギリギリになりそうです。 予定通り5月の後半にはデビュー出来るよう進んでおりますので 今暫しお待ち頂けます様 お願い申し上げます。       さて、ラグジュアリーな紳士服専門誌でもある 【THE RAKE】は皆様も御存じの事と思います。 実は 当店BUSH JKを、 そして4話に渡るBUSH JK紹介の当店BLOGを大変お気に召して頂きまして なんとTHE RAKE様のWEBページへ連載される事となりました。 第一話目は本日の5月3日UPとなります。 THE RAKE様の更新はなんとYahoo!ニュース様にも転載されるとの事!!   私のBLOG内容を多少編集し、語り口調も雑誌調へと変換されております。 口調が変わるだけで随分と印象が変わりますので別人が書かれた文章のようです。 少し偉そうに感じられなくもないですが、 『誌面らしさ』尊重でもありますので御理解頂けましたら幸いです。 宜しければ是非とも覗かれてみて下さいませ!!     https://therakejapan.com/ =THE RAKE JAPAN=     当BLOGをご覧下さる方々だけでは無く、THE RAKE様を介し より多くの方々に知って頂けるなんて そんなに嬉しい事はなく有難い限りです。   THE RAKE JAPAN:編集長を始め、関係各位の皆様 本当に有難う御座います。 引き続き宜しくお願い申し上げます。     オリジナルBLOGの方とも 宜しければ御比較されると共に、 改めてご覧頂けましたら幸いで御座います。   http://dittos.seesaa.net/article/484599000.html 【 BUSH JACKET① 】・・・歴史的系譜 http://dittos.seesaa.net/article/484793225.html 【 BUSH JACKET② 】・・・進化してきたBUSH JK:1950 PATTERN http://dittos.seesaa.net/article/485345910.html 【 BUSH JACKET③ 】・・・実際に具現化した1st-SAMPLE http://dittos.seesaa.net/article/485886094.html 【 BUSH JACKET④ 】・・・具体的な着こなし     繰り返しになりますが、BUSH JACKETのデビューは今月末頃の予定となります。 どうか宜しくお願い申し上げます。                   軍服由来のスーツは、男性をより男性らしくエレガントに装ってくれる洋服でもあります。 スーツというアイテムをただ着れば良いのであれば 安価で使い捨て的な価値観による選択も当然ある事でしょう。   しかし、そんなスーツに拘り、尊重するのであれば誂える事になります。 生地や仕立てに拘り、スタイルや着心地に拘り、 共に人生を歩む相棒を向かい入れる事になります。   美味しい最高の料理には、やはり最高の食材も欲しい訳でして ここに仕立て職人の腕だけでは賄えぬ次元が御座います。 反面、その腕無くして最高の食材を活かしきれない料理というのも有り得ますので、 最高を求めるのであれば 双方の伴ったレベルが理想となるでしょう。         私達の仕事におき 食材たるは『生地』な訳ですが、 仕事柄 本当に沢山の生地に出会って参りました。 高級な羊毛や獣毛を使えば良いのでしょうか、、、 確かに高額で肌触りも最高でしょう。 しかし それだけでは単に贅沢な生地と言うだけです。   TAILORとして 私の想う価値観による良い生地、 それは当店が5周年や10周年によるオリジナル記念生地で表現して参りました。 現行品でも素晴らしい生地は沢山御座います。 ですが、今よりもっと もっとスーツが当たり前に着用され、 生地メーカーも沢山あって それぞれに切磋琢磨していた時代の生地、 所謂ヴィンテージの類では 驚かされるような食材が本当に沢山御座います。   この様な素晴らしい生地達の存在も御紹介させて頂き、 見染めて頂いたからこそスーツとなって その生地の存在価値がやっと成就されるのです。   見染め、お仕立て下さった方しか味わえぬ最高の着心地や満足感を 余すところなく味わって頂けましたら何よりの幸いで御座います。           クラシックなスーチングには欠かせぬ PICK&PICK。 当たり前過ぎる程の普通を最高のステージで。         VINTAGE : WAIN SHIELL = CASHANOVA =   75% LUMB’S GOLDENBALE 100’ 25% CASHMERE 340g   http://dittos.seesaa.net/article/484374410.html 【 至高たるヴィンテージ:CASHANOVA 】         とにかく存在感と圧倒的な説得力に驚かされます。 最高に上等なウール(GOLDEN BALE)にカシミアが 1/4 もブレンドされています。 肌触りはシットリとして柔軟性もありますが粘りもある。 当時の生地らしく低速でふっくらと織り上げられた生地は 時間と手間を掛けられてフィニッシング。   切っても、縫っても最高に気持ちが良く、 打ち込みは確りとしているので軟い生地でも無い。 クセ取りも良く効き、大変仕立て映えのする素晴らしい生地でもあります。   このシリーズは光栄にも多くの御注文を頂戴し、 既に数名の方々には御納品済みです。 着心地に付いては私個人が味わった事は無いのですが、 顧客様曰く 肌触りは当たり前に良く、 柔軟なのに確りもしていて優しい着心地との事、、、、羨ましい限りです。   春は寒の戻りもありましたが、このスーツは結構暖かくもあるとの事であり 1/4もブレンドされたカシミアのパワーが効いているのかも知れませんね。       では、CASHANOVAにてお仕立て頂きましたM様のクラシックなスーツをご覧下さいませ。           冒頭のF.アステア氏が着用する三つ揃いもPICK&PICKでしょうか。 シングルブレストの上着にダブルブレストのウエストコートは本当に素敵です。     スーツが大変お似合いであり、人生の大先輩でもあるM様。 既に第一線はお離れになられたとの事ながら、 今でもパワフルにお仕事をされております。 もう学ばせて頂く事ばかりであり、本当に魅力的で素敵な紳士で御座います。 優しさだけではない渋みや説得力を纏っておられる、 そんなM様のように歳を重ねていきたいと常々思っております。   人間 誰しもが歳を重ね、様々な出来事やお身体の変化も御座います。 腰を悪くされてからは体型や姿勢にも変化が御座いました。 困難も乗り越えられ、今では お元気にされておられるのが本当に嬉しい限りです。   御体型に変化があれば型紙も寄り添って参ります。 M様のお好みや御要望に合わせ、常に最高の味付けをもって調理させて頂いております。             エレガントなクラシックでベーシックなスーツです。 全てが黄金比率で導き出されたバランスであり、M様のお身体に寄り添います。 最高に普通な 最高品質のスーツ、、、、、 BESPOKEの真髄とも言える部分も御座いましょう。               M様におかれましては、このシリーズを大変お気に召して頂き 二点口にてご注文頂きました。 ネイビー地に美しきオルタネートストライプ、その縞は淡いラベンダー色をしています。             こちらの生地はダブルブレストで。 チェンジポケットも携えた6釦2掛けのエレガントなスーツは、 ダブルらしい重厚感と存在感を感じさせてくれます。 M様、ダブルも凄くお似合いで御座います。                 センタークリースの入った中折れハット含め、帽子も確りとスタイルに含まれ いつもエレガントで上品な装いでご来店下さるM様は、 エレガントでありつつも 目立つ事なく大変御控え目な方です。     これは もう随分と前に御納品させて頂きました カバートコート です。 本当に重宝されておられるとの事であり、正に光栄な限りです。   御着用頂いているからこそ、ご自身様と共に歩み続けます。 着れば着る程に服は馴染み御本人様へ寄り添います。 そんなエイジング、、、、例えば地衿芯に使っているIRISH LINENの芯地。 これは新品の時はカチッと強いハリがありますが、 着ていればクタクタに柔らかくなって参ります。   注目すべきは衿芯、そこではありません、 その上衿、上前(左)側のエッジ部分だけ ベルベットが少しダメージを受けているのが見てとれます。 下前側は綺麗なのに何故上前側だけ、、、、、。   M様は良くショルダーバッグを持たれています。 まず間違い無く そのショルダーベルトによる『擦れ』ですね! 習慣として左肩ばかりに掛けられているという事が安易に推測されます。   全然目立ちませんが、気付けば 人によっては良く思われないかも知れません。 しかし、これはM様のコートたる勲章の様なものだと私は思っています。   例えばジーンズを履かれていても、尻や膝はこすれて色も生地も薄くなりますよね。 そういうものであり、それこそ評価されている魅力としてのエイジングです。 着用者の動きに合わせて、その方の膝位置含め その方だけのオリジナルエイジングです。 靴にもその方の足による独自な穿き皺が入り、 実用品としてみたその靴の皺は美しくさえ見えます。 無傷で10年、15年付き合うなんて不可能です。     もし、M様が御所望されるのであれば 上衿は掛け替え交換が出来ます。 革靴のソール張替えに同じです。 ですが、これは是非残しておきたいですね!! 私にはとても魅力的なエイジングです。 M様、気付かれておりましたでしょうか?   御愛用して下さっているからこそ、 クライアント様の使い方やクセも洋服に移って参ります。 新品の御納品時、ピカピカにプレスされ、緊張しまくった仕立て上がりの服。 見初めて下さったクライアント様の元へ嫁ぎ、 『貴殿色に染まります』という事です。     あっ、また脱線してしまいました!?                 ここまで語ると、M様らしさが このスーツからも感じられてくるでしょうか。 M様は確りとされた肩の持ち主であり、分かり易く言えば怒り型傾向に入ります。 御歳も御座いますし 前肩度合いは顕著になりつつ御座いますが、 度合いは技術でいくらでも合わさせて頂きます。   この肩の乗り方次第で着心地や動きやすさも違います。 ご自身の為だけに仕立てられた服か、そうでない服か、 長時間着れば着る程に差が出てくると言うものです。   『脱ぎたくない服』と言って下さった時の感動と嬉しさは忘れません。 ハンドメイドでなければ到達できぬ次元がある事も事実となります。         比較的にホーン釦を御選択頂いており、 英国より取り寄せたホーン釦をよく付けております。 しかし、ホーン(水牛の角)はナット釦の様に染めませんので グレーという色自体がほぼありません。 (以前はグレー調の色味展開もありましたが廃盤となりました。)   では、英国でPICK&PICK含めこういったグレーにはどうしましょう。 実はデザイン(型)は同じでありつつ、 この色のみ素材をナットに置き換えられ作られております! やはり天然素材に拘るなら 自ずとそうなりますね。   イミテーションのホーン釦であればグリーン系やレッド系など 着色しますので展開色は豊富です。             では、ダブルの方もご覧下さいませ。           裏地はパープル系、ネイビー地にも凄く良く映える仲の良い色同士です。 ブルーとレッドによる交織を利用して得られる妖艶で独特な魅力の中間色は 縞の色をイメージにお勧めさせて頂きました。                   ・・・・・皆様におかれましては シングル派・ダブル派、 そしてグレー派、ネイビー派 どちらがお好みでしょうか。 どちらにせよ紳士のスタイルには必要であり、欠かせません。             最高に普通では最高品質となるシングル&ダブル、グレー&ネイビー。 スーツは勿論 三つ揃えが前提となります。   M様、この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。       この度 御紹介させて頂きました VINTAGE WAIN SHIELLによる CASHANOVA というシリーズの生地につきまして、 M様がご注文されました 2種の生地は双方ともに完売・品切れとなります。 申し訳御座いません。   当初はまだ随分と豊富でしたが、随分と減ってきております。 ネイビーベースの生地も色や柄違いでしたら当店在庫含め、 まだまだ魅力的な生地も御座いますので、手に入る内に御自身の目でお確かめに ご来店頂けましたら幸いで御座います。       出来る事なら入手しておきたい逸品である事に間違いは御座いません。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。               毎年春に開催させて頂いております 【 至高のシャツ地フェア 】につきまして 昨日 日程が決まりました。   5月20日(金)より、約一か月間の開催となります。   今回はとっておきの虎の子もあるそうです。 この期間だからこその至高の生地、そして特別な価格設定 となります。   どうか御多用の合間をぬって、お時間を義捻出頂けましたら幸いです。 また改めて御紹介をさせて頂きますので 宜しくお願い申し上げます。             ・・・・・大変恐縮では御座いますが、来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。   次回は、5月17日(火)を予定しております。   どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。                

    Read more
1 / 8512345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.