BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 2021AW:SHIRTING 】

    2021.09.14 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 2021AW:SHIRTING 】

        9月 東京は異例の涼しさで過ごしやすいですが、 急な肌寒さの時は身体が追いついてこられない方々も多かったのではないでしょうか。   やっと装いを存分に楽しめる秋冬シーズンの到来です。 夏の比較的スポーティーな装いに比べ、 最近はクラシックな三つ揃いを着用する事も多くなります。 やはりタイを締め、スーツに身を包む喜びと満足感は格別です。           当店オリジナルで織って頂きました記念生地 GOLDEN BALE:BIRD’S EYE の3P-SUITSとなります。   クラシックなバーズアイはお好きでしょうか。 無地範疇の柄ではあるものの、 その表情のある鳥目柄は控えめな主張がそそります。 確りと打ち込まれた同生地の仕立て映えたるやご覧の通りであり 本当にコテが良く効きます。   三つ揃いのスーツも気持ち良く御着用頂けるシーズンがやって参ります。   http://dittos.seesaa.net/article/463655660.html 【 10th ANNIVERSARY CLOTHS 】               さて、9月にも入り シャツ地も今期AW用の新作生地が入荷して参りました。   今期はネルシャツ地も豊富であり、冬の到来を楽しみにさせてくれます。 今週は極一部とは成りますが、早速御紹介させて頂きます。   例の如く ベーシックでクラシックなストライプやソリッドの類は勿論充実しておりますので 一味違った個性的な生地を御紹介致しましょう。             ● 瑞:ALUMO   スイスの名門アルモより、何と170番双子という最高級レベルの品質にて 白の繊細で美しいドビー柄で御座います。 ドビー柄のシリーズは一見は単に無地のシャツに見えつつも、 近付くと織り柄が光の陰影などで浮き出て参ります。 当店でもドビー柄のシャツを好まれる顧客様方は一定数おられます。 流石に素晴らしい品質で圧倒的です、、、、。               ● 瑞:ALUMO   同じくアルモより、120番双子の綺麗なツイル地です。 ツルツル感と程好い光沢感が特徴となる定番種の生地ですが、実は、、、、 拘りの『オーガニックコットン』を使用して織られています。 更に肌に優しく贅沢で安心感の強い最高の原材料を アルモクオリティーでまとめ上げられた逸品です。 自然派志向の強き御方にも是非お勧めです。               ● 瑞:ALUMO   100番双子の細目なヘリンボーン柄です。 これまたシャープでエッジの効いた柄出しが美しく、 SKY・NAVY・PINKと3色揃います。 平織地と比べ生地のボリュームと言いますか、 安定感が出ますので特にAW用にはツイル織りはお勧めな織地です。               ● 伊:CANCLINI   綾織ベースの変化織りですが、見事な階段となる織り柄が見えます。 階段状の織はスーチングで言うとPICK & PICK が階段ツイルであり、 そのシャツ地バージョンの様ですね。 右下、これはグレーベースですが ほんのりブラウン味の含んだ絶妙な色出しです。               ● 伊:CANCLINI   これは定番OXFORDです。 カジュアル化の進む昨今、大変重宝出来るOXシャツは欠かせません。 OXFORDですが、織り糸自体はむしろ細めで小奇麗にまとめられた生地ですので タウンスーツやジャケットスタイルにも大変合わせ易く使いやすいのです。 スカーフなどの巻物合わせにも是非如何でしょうか。               ● 墺:GETZNER   オーストリアのゲッツナーより、発色の綺麗な小格子柄です。 細かな千鳥格子、そしてギンガムチェックはそれぞれ綾織で織られています。 ツルツルで光沢感もあり、柄シャツながら 小格子ゆえ主張も低く 使いやすいシャツとなるでしょう。               ● 墺:GETZNER   早速のネルシャツ地が登場です! 兎に角 素晴らしい肌触りです、、、。スモーキーな色調がたまりません。 ニット等に合せるのも抜群に素敵でしょう。               ● 葡:SOMELOS   ネル、ネル、ネル、フランネル。 カジュアルなネルシャツ地の格子柄が満載です。 デニムやチノパン等にサラリと合わせ、軽快な装いに是非如何でしょうか。 アウトドア等へ行かれる際にも暖かいシャツは必須です!               ● 葡:SOMELOS   これまたスモーキーな格子柄ネル。 特に右下のブラウン系はコーヒーフロートを思わせ、むしろ美味しそう(笑)。 やや薄地のネルシャツ地ですので使いやすさ抜群です。 何ともお上品なネルシャツ地です!               ● 葡:SOMELOS   ネルシャツ地と言ったら同社は欠かせません。 勿論 無地のカラーバリエーションも豊富にそろっており、これはAWのド定番です。               ● 葡:SOMELOS   こちらも同じ無地のシリーズですが、織糸の太さが違いますので 若干のツイル畝の出方と生地厚が少し違います。 渋いグリーン系とクリームに惹かれますね! 暖かさを最優先される方は、更に地厚なシリーズもあり そのシリーズはピカイチの暖かさを誇ります。               ● 葡:SOMELOS   ダークシャツ地のカテゴリーですね。 こちらも一定数のファンがおられます! ニヒルなコーデにはこんなダークシャツで渋く如何でしょうか。               ● 葡:SOMELOS   これ、凄く綺麗で、、、、。 まるでアウトドアブランドsnow …のロゴみたいな! アイボリーと淡いグレージュで交織されたサテン地です。 右下の捲れ上がりが裏側です。               ● 伊:LEGGIUNO   何んて綺麗なのでしょう、、、、水彩画そのままのようです。 こんなにも綺麗にプリント出来るのですね! 絵画を纏う様に綺麗なシャツを着て気分を盛り上げて下さい。 これ着て美術館でも行きましょうか!?               ● 伊:LEGGIUNO   え~っ、お約束的ですが、ポップなプリント地も御紹介致しましょう。 秋冬です、寒いです、各種様々な手袋柄と、帽子柄はニットを主体として! 生地としては通年使いの生地ながら、夏に来ていたら自分も周りも 体感温度が2度くらい上がりそうですね、、、、可愛いですけど(笑)。               ● 伊:THOMAS MASON   究極の優しさと肌触り、そして暖かさです。 カシミアを15%もブレンドしたコットンネル地です。 程好い薄地感ですが、カシミアですから軽くても暖かさは抜群でしょう。 肌触りが最高なのは言うまでも無く、贅沢なネルシャツです。 更に贅沢ですが、この生地でパジャマを誂えたら 至福の寝心地と夢が見られそうです!               ● 伊:THOMAS MASON   上記同じシリーズのカシミアブレンドですが、無地だけではなく 淡い上品なストライプも追加されて参りました。               ● 瑞:ALUMO   スイスの名門も負けておりません。 同じくカシミアを15%ブレンドした最高級なネルシャツ地を 淡く綺麗な格子柄で出して参りました。 凄い戦いですね、、、、。               ・・・・・如何でしたでしょうか。 御紹介した生地はほんの極一部であり、とにかく見ているだけで楽しくなります。   昨今の状況を考えれば、スポーティーな種が増えた気も致します。 リモートワークに成られた方々もシャツは御着用されるでしょうから 気分も上がる様な 素敵なシャツを誂えては如何でしょうか。   来月になれば早々にツィードやカシミアのジャケット等も着られるでしょうか。 秋冬は食も衣も盛り上がりますよね。   魅力的なシャツ地達と共に、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。                    

    Read more
  • 【 2021 AW:新作生地 】

    2021.08.31 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 2021 AW:新作生地 】

          今日で8月も終わります。 いよいよ9月、2021年もあと4カ月です。   最近は春秋が短くなっていますが、 今年は残暑も長引かずに涼しく成ってくれる事を願うばかりです。         9月とも成れば流石に秋冬を意識し始めますよね。 この秋冬用の装いについても仕込みには丁度良い時期となって参りました。   今週は、今季秋冬より展開される新作生地を一部御紹介させて頂きます。                 1772年創業の老舗ミル、凛々しきキツネさんでお馴染の FOX BROTHERS です。 なんと来年の2022年は250周年を迎えます。 きっと様々な記念生地含め企画生地が出てきそうですが、まずは先発隊として!       【 1772 FLANNEL 】   FOXといえばやはりフランネル、250周年に先駆け 極上のフランネルを織り上げて参りました。             無地:7色、ストライプ:1色  計8種の展開です。             鉄板のネイビー、スーツからブレザーまで欠かせぬカラーです。 そして明るめなブルーにライトグレー、 これらは ODD TROUSERS としても使いやすいですね。               ライトグレーのチョークストライプ、そして無地のダークグレーです。 唯一のストライプはライトグレーを選ばれた様です。               この3色がまた素敵です! ベージュにグリーンの2色、これもスポーティーなスーツからジャケット、 そしてトラウザースにも最適です。   有りそうで なかなか織られていない色味であり、 カントリー系の装いにもピッタリですし、差し色にウエストコートにも良いですね。             フランネルは同社の顔ですから 様々なフラノが展開されています。 ですが、これは差別化を図ってきているのでしょう。   ウエイトは 415g前後、やや確り目なウエイトであり、トラウザースの場合 パワーのあるツィードの上着に合わせても負けませんね。   そして、かなり贅沢なのです。   Merino Lambswool : メリノ種の羊で、贅沢に生後6ヵ月未満の子羊の毛となります。 人間もそうですが、赤ちゃんの毛は細く綺麗で柔らかく、肌触りも最高な贅沢ウールです。   そこに やはり贅沢に Cashmere を10%もブレンドし、 更にソフトな風合いと肌触りを高めています。 こうなるとソフト過ぎて頼りなさを心配されるかも知れませんが、そこはフランネルです。 確りと縮絨され、安心してスーツを仕立てられるレベルでまとめられています。   贅沢な分 少し高級なお値付けは否めぬ所では御座いますが、 フラノの代名詞である同社の意気込みを感じさせる 最高のフランネルをご堪能下さいませ。                 では次に参ります。 カントリー系の服地に特化したマーチャントである W.Bill より、 今季素晴らしいコレクションが出て参りました。           【 WHIPCORDS & CAVARY TWILLS 】   当店BLOGをご覧下さる皆様におかれましては、 これらヘビーデューティーな生地種はご存知の事と思いますし、 当店BLOGでもかなり御紹介させて頂いております。   コートからスポーツスーツ、スポーツジャケットやトラウザースに至るまで カントリー系の装いには欠かせぬ存在であり、 それをまとめたコレクションンとなります。             ブルー地のミミにイエローの文字、W.Billのブランドカラーですね。 ガチっと密に織られ、クリアカットされた表面は艶やかな表情となりつつ、 埃や汚れも払いやすい事に繋がります。   上着はカシミアからエスコリアルなどの優しくソフトなジャケット地から、 ハードなツィードに至るまで、上着がどうであろうと下物の生地は確りとしたコシが必要です。   WHIPCORDの特徴である杢糸使いによる表情は、 どんな ODD JACKET でも受け入れてくれますね。               【 WHIPCORD 】   ALL WOOL 380g   色味の展開もかなり充実しており、 皆様のワードローブに合わせ 必ずベストな色が見つかる事でしょう。 また、WHIPCORDはCOVERT CLOTHと兄弟でもあり、 これらのシリーズから厳選してカバートコートを誂えられるのも素敵ですね。             【 CAVARY TWILL 】   ALL WOOL 380g   キャバルリーツイルも大変強い生地です。 ウエイトは中肉位ですから とても使いやすき頃合いです。   WHIPCORDもCAVARY TWILLも 同じ綾織りです。 ただ、少し織り方が違いまして 綾織独特な斜めに入る畝、 これがCAVARYの方は2重畝になるのが特徴です。               拡大写真だと分かり易いと思います。 そして、実は初めて見たのですが、、、、   WHIPCORDやCOVERT CLOTHの特徴は何といっても『杢糸』使いにあります。 (色の違う糸を撚り合わせ、独特な霜降り感を出します。)     CAVARY TWILLは大抵単色使いの生地で、 色やウエイトのバリエーションが豊富という認識です。 ですが、CAVARY TWILLで杢糸を使用している生地が見受けられますね。 確かに やれば出来る事柄ではありますが、見た事がありませんでしたので新鮮です!                 【 CAVARY TWILL 】   ALL WOOL 600g     こちらこそ、正にヘビーデューティーなシリーズです。 乗馬服レベルは 1000gとかありますが、それに近い程にゴツくて確りとした生地です。   オーバーコートは勿論、ハードなスポーツスーツやジャケット、 トラウザースを御所望の方は この昔ながらの600gシリーズは欠かせぬ存在です。   もうこのレベルになると皺になりませんし、なっても戻ります。 タウンユースでは上記380gがベストではあるものの、 本当に野山などのカントリーサイドや野外スポーツ観戦、雪降る真冬の寒さなどの時は このレベルは普通であり、とても頼りになる生地となります。                   独特の2重綾による畝が立体的で迫力があります。 下半身を暖かく、タフさを重視するのであればトラウザース等から付き合われてみると、 このシリーズの意味と説得力が必ず伝わる事と思います。               ・・・・・今週は 2社・2種のNEWシリーズを御紹介させて頂きました。 段々と暑さも落ち着き、秋冬へと盛り上がって参りたいと思います。   皆様とお会い出来る事を楽しみにしておりますので、 是非お気軽にお声掛け頂けましたら幸いです。   今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。                 ・・・・・誠に恐縮ながら、 来週のBLOG更新はまやもやお休みを頂戴させて頂きます。 また皆様に楽しんで頂ける様なBLOGを引き続き書いて参りますので どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。                          

    Read more
1 / 7112345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.