BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 TWEED / SUPERFLEECE:4P-SUITS 】

    2020.10.20 Bespoke Tailor Dittos. STYLE

    【 TWEED / SUPERFLEECE:4P-SUITS 】

        今年は確りと秋が感じられ、一カ月くらい前倒しで寒さも到来しております。 皆様 秋冬の装いを楽しまれておられるでしょうか。   もうTWEEDもイケますね! 今週は私事ながら BESPOKE 4P-TWEED SUITS の御紹介をさせて頂きたいと思います。   (先に申し上げますが、今週はかなりのボリューム量です。 来週のBLOG更新はお休みを頂きますので2週に渡り ゆっくり、じっくりとご覧頂けましたら幸いです。)             気持ちと装いだけでもカントリージェントルマン! 三つ揃いのスポーツスーツにフラットキャップを合わせての4Pとなります。     William Bill SUPERFLEECE 100% WOOL 375g   先週 御紹介させて頂いたツィードのシリーズとなりますが、出会いは早くも2年前です。 ツィード好きな私が一目惚れし、有無を言わさず自分用にも買い付けておりました。 2年の歳月をかけ、やっとデビューを果たす事が出来ます。   緯糸にブラウン系、経糸にグリーン系、正に主体となるアースカラーです。 ブラウンとグリーンを掛け合わせると何色になるでしょう!? …イメージ出来ましたでしょうか?  答えは カーキ色 となります。   軍服でもカーキ色は欠かせぬ存在ですが、何故だかお分りですね。 そのカーキ、男なら誰しもが愛着感じる好きな色ではないでしょうか。   縦にマルーン、横にマルーン×ネイビーの親子縞でのウインドペーン柄を重ねてあります。 そそる色味と配色です。         シャツは 英国:RINGHARTのブラッシュドコットン、 クリーム色のベースにプラム×ネイビーでのタッターソールチェックとなります。 ツィードで使われているウインドペーンの配色とも抜群に合います。   シャツの格子色であるプラム×ネイビー、これを掛け合わせると深いパープル色になります。 タイは 正にその配合たる深いパープル地のウールタイ、フォックス君のモチーフ柄です。   スロートタブを携える事により、更にカントリー色も濃くなりますね。 上着はプリーツ入りの 3-パッチポケット、 背中にもそれぞれ統一したインバーテッドプリーツが施してあります。               スロートタブは飾りでは無く機能としてのディテールであり、 ゴージラインが衿ぐり線であるという事が分かりますね。 歴史たる紳士服のクラシックなバランスは完成されておりますので、 著しく位置が高かったり角度の特徴的なゴージラインはクラシックでは無く ファッションである事がお分かり頂ける事と思います。   このスロートタブは取り外し自在です。 上衿と繋がって作られるのもありますが、分断できる事により気分やテイストに合わせて 自由に着脱が出来る事、そして分断する仕立て方だからこそ 上衿をクセ取りして成形し、折代である『ヒゲ』も付ける事が出来ます。 このヒゲこそ、長きに渡り着用される誂え服たるポテンシャルを持たせる事になります。   その服を存分に堪能でき、行く末まで見越した仕立てに対し 惜しむ事無く手間と目的が凝縮されているのです。         上着の腰ポケットであり、インバーテッドプリーツはデザイン的なポイントであると共に 立体物を入れても体積が広がる様に設計された機能美たる意匠です。 英国らしさ溢れる この口布のカーブ線の在り方までもが拘り所です。 生地が相当重なり合いますが、見えない所でも様々な計算とテクニックにより 出来る限りサッパリと仕上げます。 見えない裏側ここそ技術が隠れ潜んでいるのです。           身頃に確りと柄合わせされた腰ポケット。 これ、、、気付かれぬでしょうが本来では柄合わせに矛盾が生じます。 センターのプリーツ線で生地が畳まれていますが、実はその折線自体 ポケットのバランスにより緩い傾斜(縦縞に平行では無い)が付けられています。   普通に畳んでしまえば プリーツ線を挟んで前面側は身頃に合わせた通りに柄が合いますが、 後半側(脇側)は縦・横共にウインドペーン柄の線がズレる事になるのです、、、。 横縞だけを意識すれば、畳む際に多少捩り込む事で何とかなりますが、 縦縞はどうしてもスタンス(格子柄幅)が合いません。   故に、全てを完ぺきに合わせようとすると 各パートで切り替えて繋げ合わせる事により ここまで完璧な柄合わせが可能となります。 口布・前布・後布、奥襞となる向布、そして裏布と計5パーツから構成されているのです。 格子柄だからこそでもあり手間と共にこういった柄合わせをする為生地も沢山必要になります。   上記写真のプリーツが開いた時、奥襞(向布)の横柄も合わせて裁ち合わせするので、 極自然に見えますが 作り手の手間がこんな所にも内蔵されているのです!         背ベルトの付いたピンチバック スタイル、 背中から裾までインバーテッドプリーツが畳まれています。 実はこれもウエストシームを敢えて施す事で、 上部・裾部とでプリーツの襞幅を意図的に変えています。 ですが、縦柄は完璧に縞が合っていますね! 全て計算の上で正確な裁断・縫製が行われているのです。 ベルト然り縦縞を合わせています。         このウインドペーン柄、やや縦長の長方形です。 背中心のセンターシームが中心となり、左右の柄が合う様に裁断されます。 上衿をご覧下さいませ。 マルーン色の縦縞が確りと合っていますね。 格子柄の横幅が正確に合っているという事です。   更に 今度は横縞であるマルーン×ネイビーの親子縞、 身頃ネック部分の縦方向に格子柄の縦幅を合わせて 上衿パーツは計算の上で柄合わせされています。 故に、折り返った上衿とネック部分の身頃での格子柄が 縦横完璧に揃うよう柄合わせされているのです。 結論的に言えば上衿パーツも残布の取りたい所で取って良い訳では無い という事になりますので、やはり要尺は嵩むわけです。           上記 背中周りの柄合わせやポケット類、 ここまでは それなりに高級な服であれば考慮された裁断が成されている筈です。 しかし、次は考慮に入れた裁断をしたTAILORED(上着)は案外少ないのが現状です。   フロントの釦を閉じます。 左右の前身頃が重なり、釦で定まりますね。 その時に、先ほどの背中心線同様にフロント側でも打ち合いが定まれば 格子柄が確りとその比率を正確に合わさる様に裁断されているのです!   3釦の真ん中、これは製図上のウエストラインであり 基本的には一番シェイプされる位置となります。 ここに格子柄のセンターを持ってくると一番美しく理想的です。   最優先に前身頃をベストポジションで定め、 後身頃は前身頃の脇の横縞に合わせつつ、背中心を縦縞に合わせて取ります。 山袖は前身頃のアームホールにポジションを柄合わせ(横縞)、 谷袖は山袖に連動、、、こういった具合です。   昨今では世界中のテーラーやサルトリアの仕立てた写真が インスタで簡単に見る事が出来ます。 グレンチェックでもウインドペーンでも この縦幅方向の柄合わせを施された裁断、、、見つけてみて下さいね! 格子柄だけでは無く縞柄(STRIPE)でも バンカーストライプクラス以上なら考慮の上 裁断します。   柄合わせは拘れば拘る程に時間と手間、 そして生地要尺が掛かるという事になります。 知ってしまえば こんな所からも そのお店の物作りへの熱意や拘り、 コストへの意識などをも垣間見る事が出来るとも言えてしまうのですね。           今回は衿付き仕様でポケットは腰のみフラップ付きです。 各ポケットやフロント打ち合いの柄合わせもバッチリですよ!           ウエストコートの衿、これはジャケットの様に身返し側が返るタイプの本返り仕様、 そして今回の様に衿のみ独立して作り 後付けされる仕様のタイプと2種類あります。   双方にメリット・デメリットがあります。 サビルローでも昔から伝統的に採用されてきた後者である この後付け仕立て、 これはインナーとして衿周りが嵩張る事無く 本返りに比べ薄くすっぺりと出来る事、 要尺が本返り程 掛からない事が挙げられます。 そして意図すれば身頃自体に柄合わせで作る事も可能です。   ( お店には C.ビートン卿がタッターソール柄の ダブルブレスト・衿付きのODD WAISTCOATを着用された写真があります。 これは後付け仕様:身頃合わせで衿柄が裁断されています。)   肩線をご覧下さいませ。 お皿の底の様に反ったインカーブで仕立てられているのが見てとれますね。 首元であるシャツのカラーへ寄り添い登る様に、 そして前肩考慮で立体的に仕立てられております。   一般的には手抜きをされがちなウエストコートというアイテム、 こちらも妥協は一切ありません。 拘りまくった上着(ジャケット)のインナーです、 スーツ(三つ揃いでセット)としてのクオリティーバランスは大変重要な事であり、 疎かなアイテムがあれば その拘りは本末転倒となります。           今回のライニングは大正から昭和にかけて主に愛用されていた ノスタルジックなアルパカ裏地を使用しました。 経糸にコットン、緯糸に昔はアルパカ、、、後期はモヘアなどが使用されています。 高級裏地の代表格でもあったアルパカ裏地、大いなるメリットは丈夫さです! 落ち着きと渋みがあり、獣毛が故の柔らかさ、 温かさも兼ね備え、表地とのマッチングは抜群です。 その代わりデメリットは いまいち滑りが良いとは言い難く、、、、 これは着心地や動きやすさに直結致します。   アルパカ裏地は滑り含めた性能の良いビスコースやキュプラなどの 台頭により姿を消してしまいました。 コスト面も否めぬ所でしょう。   フラットキャップのライニングも勿論合わせてアルパカ裏地です。 薄い中綿を噛ませ、キルティングステッチが掛けられます。 保温性も格段に上がりますよ。         トラウザースはプラスフォワーズと迷いましたが、、、 クラシックな IN・2-PLEATSのハイバックスタイルにしました。           当店ではBESPOKEは勿論の事、HOUSE STYLE ORDERでも 折り返しの付いたダブルの裾上げには傾斜を付けており、 これも斜めに織り上げると矛盾が生じますが 技術で解決します。 BESPOKEで前後差3㎝、HOUSE STYLE ORDERの方で2㎝弱といった所です。 柄があるので傾斜が付いているのが分かり易いですね。   ダブルの傾斜付き、これも行えるお店は限られます。 BESPOKEであればシングルでもダブルでもリクエスト頂ければ 傾斜度合いさえご希望に伺えます。 その度合いにより裾上げの手法も変わります。   何故傾斜を付けるのか、、、圧倒的に見栄えと収まりが良いからであり、 手間をかける価値がそこにあります。           腰部内側です。 腰幕という深めの綿裏が名の如く幕の様に付けられます。 トラウザースの裏地であり、保護的な役割と共に 業界用語では『ボロ隠し』とも言われ、縫代など含め様々な物を覆い隠しています。   マーベルトを使用せぬ当店HOUSE STYLE ORDERのトラウザースにもお付けしています!           足筒を裏返した内側、各縫代は手縫いによるカラゲ縫いで解れ止めです。 裾につく靴擦れは伊製の専用コットンテープを使用し、一周ぐるりと付けます。 これも様々な理由や意図(メリット)があるからであり、 工夫が内蔵された付け方をしています。   長く着用すれば膝裏も擦り切れます。 膝裏修理はロックミシンよりも数段交換が楽でもあり、 長く着て頂く事を考えればこそでもあると言えますね。 ロックミシン始末、手かがり始末、 双方にやはりメリット・デメリットがあります。                 お疲れ様で御座いました、、、、 余程好きで興味がないと付き合い切れぬ文量ですね(汗)! お付き合い有難う御座います。   では、誂え服ですから 最後に本人の着用した姿をご覧頂いて終了となります。           なんか 反省して しょんぼり しているみたいですが、 帽子を見えやすくしようとしまして、、、。 心は大満足のウキウキで踊るくらいに嬉しいのです(笑)!                 このバックスタイルですよ! センターのインバーテッドプリーツを挟む様に両側には ダーツ式プリーツ(=タック)が畳まれており、こちらも当然動きにより開きます。                       やはりツィードに合せるブレイシーズは クラシックなBOX CLOTHが相性良いですね。 このALBERT THURSTON は随分と古い VINTAGEです。 現行品と比べ、設計バランスもハイライズ(深い股上)前提であり かなり手縫いが多用された芸の細かな手法で作られております。 これも復刻を相談しましたが、現在使われていない材料や 職人さんのレベルや確保により無理との事でした、、、寂しい。           靴は私の 1st-BESPOKE SHOES となる福田さん製の外羽フルブローグ、 外ハトメがポイントです!   靴下はダークオリーブにマルーンのジャガード織による柄が入ります。 NEW&LINGWOOD製であり、顧客様よりロンドンのお土産として頂戴致しました。 こういったエグいセンスは国産はおろか他では探せぬ英国らしさがありますよね。 N様、お気に入りであり大切に愛用させて頂いております!               ・・・・・如何でしたでしょうか。 薀蓄や技術論など制限はあれど 語りだせばキリがありません。     何故 BESPOKE SUITSが高額であり、掛替え無き最高ステージなのか、、、 ほんの少しでも感じて頂く事が出来ましたら幸いです。         秋冬はやはり楽しく心が躍ります。 TWEEDを見れば、着れば気持ちも高揚するばかり! 仕立て上がった服を今度は愛用しながら育てて参ります。   これも遣り甲斐ある楽しきお付き合い、 5年後、10年後にはどんな味わいが出ているでしょうか。 誂えたスーツに対し、シャツやタイ、ストールやグローブ、ソックス等 小物類に至るまで どんな物が合うかなと楽しみは広がるばかりです。   是非皆様も魅力的なツィードと巡り合い、服である相棒と共に歳を重ねられて下さいませ。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。           ・・・・・誠に恐縮ながら、来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。 次回は 11月3日(火)の更新予定となりますので、 どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。     では 装いを楽しみつつ、急な寒さには十分にお気をつけ下さいませ。 今週も誠に有難う御座いました。            

    Read more
  • 【 TWEED : SUPERFLEECE 】

    2020.10.13 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 TWEED : SUPERFLEECE 】

        皆様 こんにちは。 先週の台風は大丈夫でしたでしょうか。   しかし良く降りましたね、、、ずっと雨でした。 東京の気温は11月下旬並みまで一時は下がりこみ、むしろ寒い位でした。       こう寒さを感じてくると あれも着たい、これも着たいとワクワクしてまいります。 食は秋の味覚を楽しみつつ 鍋も恋しくなり、 衣ではツィードからコートまで楽しめる寒さは すぐそこまで来ております。           ・・・・・先週は男気溢れるハードなツィードを御紹介させて頂きました。 しかし、流石にそこまでハードでは無くても、、、と思われる方々へ。   今週はツィードとしては軽量級の部類に入る素晴らしいツィードの御紹介です。 生地は地厚ではない分、秋口から十分に楽しめ 着用期間も長く、 そして重ね着も楽しめるというものです。 ( 上着のディテールでは、プリーツ入りのポケットやバックスタイル等でも 生地が嵩張り過ぎずに程好く収まります。 ・・・現状ではBESPOKE限定のディテールとなります。)         カントリースタイルには欠かせぬグリーン系は如何でしょうか。 自然のパワーを持つ癒しとバランスの色とも言われ、 暖色にも寒色にも属さぬ中間色となります。 人間が植物(グリーン=自然)を欲する事は当然なのです。         HOUSE STYLE ORDER : 3P-SUITS   I様よりご注文頂きましたクラシックなカントリースーツです。 3-パッチPをあしらった上着での三つ揃いとなります。 グリーン系のベースに赤系のウインドペーン、 地に良く映え とても相性良きこの配色は多用される見慣れた配色とも言えましょう。 クリスマスもある意味この配色イメージですよね!   かなり強いシェイプがエレガントなシルエットですが、 御本人様の身体が正に羨まし御体型であり 服は寄り添う様に仕立てられているという事です。 お客様のドロップ寸(バスト寸法-ウエスト寸法)を反映させた 精度高きカット(型紙)であると共に共に、コテが本当にからこそ このフォルムを生み出す事に一躍担います。     HOUSE STYLE ORDERでは、全てにおいて私自身がクセ取り2次プレスを行っておりますが、 そもそもベースとなる仕立てが良く無ければなりません。 『ご協力工場さんの腕前合ってこそ』である事は言うまでもありません。     しかし 良い顔立ちの生地であり、本当に仕立て映え致します。                   William Bill SUPERFLEECE 100% Wool 375g   http://dittos.seesaa.net/article/461069973.html 【 A&W : W.Bill 】 (生地の詳しき詳細は、上記リンクよりご確認頂ければと思います。)     実はこの素晴らしい大好きだったシリーズ、既に廃盤となっております。 カントリーファブリックに特化したマーチャントでもあるW.Bill、 沢山の魅力的なツィード等を供給して参りました。 しかし、HARRISONSの傘下になり 随分と廃盤種が出てしまった事は残念な限りです。   大事に温めている 別の当店在庫をご覧頂きましょう。             ダークオリーブグリーンのベースは クラシックなヘリンボーンの織り柄となります。 ブルーとイエローの配色でウインドペーンを重ねます。 この上着にはマスタード色のコーデュロイ トラウザースがマストですよね!             写真で見る程に これらウインドペーン柄は目立たず控えめであり、 ある程度離れれば溶け込んでしまうレベルです。             コントラストの効いた色遣いでヘリンボーン柄を生み出し、 その縦縞な織り柄はシャープな印象さえも与えてくれます。 素晴らしいカントリースーツ(ジャケット)になること間違いなしですね。           グリーン系のTWEED SUITS、渋くて本当に素敵です。 ツィードはジャケットやスーツだけでは無く、 オーバーコートにされるのも かなり乙な料理となります。 多少の雨なら傘など気にせず御着用頂けますね。 キリがないですがワードローブに加えたいアイテムでもあります。             ・・・・・お次に参ります。       色の表現が難しい、、、、 ベースは ライトモスグリーン(モスはコケを指し 暗めな黄緑色がモスグリーンです。)に ブラウン味を足したような絶妙中間色です。   こちらもベースは同じくヘリンボーン柄、 そしてレッドとパープルでウインドペーン柄を重ねております。             芝生、そう、、、夏場の青々とした瑞々しいグリーンの芝生が冬に向け だんだんとベージュ系の絨毯に移り変わりゆく様、そんな頃合いを感じさせてくれる色です! 上手くイメージ出来ると良いのですが、、、。   スカ―レットの縞がとても綺麗であり、暖色ゆえの暖かさも感じられます。 高貴なパープルの方は日本語だと赤紫色ですね。   左記のツィードは配色でのウインドペーンでしたが、こちらは同系色です。 遠目には差が分からなくなりますが、近くで見ると微妙な配色! といった所です。           ブラウン系のツィードスーツも絶対に欠かせぬアースカラーです。 靴含めレザー小物系はブラウンが多いですから トーン違いでコーディネイトも楽しめますね。           本返りの三つ釦、この紳士の様に サラリとスマートにツィードのスーツを是非楽しみ頂けましたら幸いです。 あ~っ、早く着たい!               ・・・・・如何でしたでしょうか。 今回のツィード生地は御紹介の2種と、あと数種御座いますが 本当に残り僅かです。   軽量級のTWEEDは都会などのタウンユースとなれば大変使いやすいウエイトです。 しかし、本国ではリアルなカントリージェントルマンが欲するのは 先週のHARTWISTの様なガチの類となります。 軽量級は種も少ないので貴重とも言えますが、 今回の SUPERFLEECEは本当に無くなってしまいます。         冒頭の三つ揃いですが、実はご婚約されたI様が 頂いた指輪の御返しにと 未来の旦那様への御返しとしてプレゼントされたスーツで御座いました。     美男美女の素敵な御二人、心もほっこりと 私も幸せのお裾分けを勝手に頂きました。 指輪に同じく、これからずっと 長きに渡って大事に御愛用頂けましたら幸いです。 I様、素敵な御注文を誠に有難う御座いました。             ・・・・・当店BLOGで御紹介させて頂いた生地ですが、 色も風合いも写真ではなかなか伝わりません。 是非 お下見も含め、どうかお気軽に素晴らしい生地達へ会いにお越し下さい。 御自身の目で見て、触って、纏って、そして感じて下さい。   では、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 この時期は着る物選びが難しいですが、どうかご体調にはお気をつけ下さいませ。   今週も最後までお付き合い頂きまして有難う御座いました。          

    Read more
1 / 5412345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.