BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 H様のご注文:H.Lesser&Sons 】

    2024.05.28 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 H様のご注文:H.Lesser&Sons 】

              皆様 こんにちは。 今年の春も 『 至高のシャツ地フェア 』 に沢山の方々より 光栄なるご注文を頂戴致しまして誠に有難う御座いました。 至高な着心地を楽しみに、お仕立て上がりまで暫しお待ち下さいませ!   では、この流れでご連絡を二つ お伝えさせて頂きます。           【 新作:Dittos.TIE 】   現在 仕込み中であるクラシックな当店オリジナルタイの新作ですが、 最終的な仕立て工程で少し遅れが出ております。 来月の6月中旬までには仕立てあがる予定ですので、 改めて当BLOGでもご紹介させて頂きたいと思います。   今回もご期待ください、かなり自信が御座います! 仕込んでいる私自身が一番楽しみになっておりますが、、、(汗)。           【 東洋経済 ONLINE 】   博識で多彩な才能を持ち、服飾研究家の肩書を持たれる 飯野 高広さん。 靴やスーツの本も出されマルチにご活躍されておられますが、 今回は東洋経済さんでお仕事をされました。 大変光栄にもお声掛け頂き、微力ながらもご協力させて頂きましたが 当店の事もご紹介して下さりました‼ 飯野さん、どうも有難う御座いました。   是非皆様もお手隙な折にでも覗かれてみて下さいませ! 写真も豊富ですよ。   ≪こだわり叶える「オーダースーツ」失敗しないコツ≫ https://toyokeizai.net/articles/-/755234 東洋経済 ONLINE                     非の打ちどころなきエレガントなG.クーパー氏。 三つ揃いのダークスーツはノッチドラペルの本返り3釦。 氏の恵まれた体型の良さはさておき、完成されたクラシックなカットは 正に黄金比率で構成されたスタイルです。 全てにおき目立つところなく、強いて言えばこの写真は40年代ですが タイなども含め、その時代『らしさ』という特徴は見受けられます。   ゴージラインは襟ぐり線であり、高すぎず、低すぎず、 ラペル幅も広すぎず、狭すぎず、、、、 釦位置やポケットの位置含め全てが美しく調和しています。   その優雅なシルエットと佇まいには とても品があり本当にエレガントですね。             さて、今週は M様よりご注文頂きました 3シーズン用の クラシックなスーツをご紹介させて頂きたいと思います。   スーツがお好きな事もあると思いますが、お仕事を通じ いつもクラシックでエレガントな装いを嗜み、同時に清潔感や 品の良さまで感じさせる着こなしや笑顔が素敵な顧客様です。 しかし、その柔らかい笑顔とお人柄とは裏腹に、 お身体は男らしくて逞しいご体型をされています。 お若い頃より長きに渡り武道に勤しみ、 骨太で如何にもパワーがありそうなM様で御座います。   今回はどんな生地を選ばれたでしょうか!               H.LESSER & SONS LIGHTWEIGHT FINE WORSTED SUITTINGS 11/12oz     名門の名に恥じぬ格調高き最高のコレクションを静かに展開し続けています。 当店BLOGをお読みくださる方々であれば、もうご説明はいりませんね。   http://dittos.seesaa.net/article/499684657.html 【 FOR THE DISCERNING MAN 】     ウエイトは大体 350g であり、やや秋冬寄りな3シーズンスーチングです。 品質の良さは言うまでもなく、私が一番信頼しているマーチャントでもあります。   英国では、同社では350gレベルでも軽量級の扱いですが、 日本で考えれば着用期間が一番長く楽しめるシリーズであるとも言えます。   これまたクラシックなバーズアイに ブルーのウインドーペーンが重ねられています。                 M様はこのスーツが 当店BESPOKE としては4着目となりますね。 House Style Orderよりステージアップされ、既に一通りお持ちですから 今ではじっくりと吟味を重ね、 BESPOKEでの最高ステージを最高の生地で味わっておられます。                 今回のウエストコートは襟付き、 そして腰ポケットのみフラップ付きをご選択されました。 格子柄が重ねてあるので、そんなところも加味して 軽く『外し』を入れられているのかも知れません!   しかし逞しい、、、胸の厚さが違います!             チケットポケットを携えた3釦の本返り ノッチドラペル。 デザインや仕様などで遊ぶ必要は全くありません。 この極上な生地が活き、ディテールもアピールする事なく G.クーパー氏のスーツの様に着る方自体を引き立てる スーツでなければクラシックではありません。   この度も本当に素敵ですね、お似合いで御座います。               広くて逞しい背中、イセ込みもたっぷりと内蔵しています。 立体的な肩甲骨を包み込むと同時に、背中のユトリは機能性にも直結します。 適度な遊びは必ず必要であり、人間の優れ過ぎている関節や筋肉、 皮膚などに生地自体が対応・追従しきれないからです。 スーチングはスポールウエア地の様にストレッチ性が基本的にはありません。 最近は意図的に持たせた生地も少なからずありますが、、、 個人的にはクラシック範疇には入れたくないですが時代の流れもありましょう。     ではM様、微調整を加えてFINISHへと進行させて頂きます。               さて、お仕立て上がりです。 クレリックシャツがとてもエレガント、 ブルー地がウインドーペーンと馴染みますね。 小紋のグリーンが効いていますが、実はブレイシーズとも!     深き股上、最近はファスナーフロントがお気に入り。 前中心は縫われているかのように、 前端が巻き込まれているかのように内巻に仕立てられています。 これは縫製工場さん製では無理な技術であり、 手作りだからこそのクオリティーでもあります。   やはりファスナーフロントは圧倒的に楽ですよね!                 黒のパンチドキャップ、Best of the Bestな一足です。 紳士たるもの先ずは黒靴、頼りになる黒のオックスフォードはマストです。 皆様のマストは如何でしょうか。   因みに、見えるでしょうか、、、、。 トラウザースの前後にはクリーズライン(折り目)が付けられます。 裁断時、そのラインに格子の縦縞を拾うのは一番安易であり、 仕立ても楽ですが美しくありません!   格子柄の縞自体を拾うのではなく、 格子柄(マス)のセンターに通すのが美しいのです。 これにも理由があるのですが、普段気にされたことなど 無かったであろう格子柄の裁断レイアウト、、、 これも上着など含め どこで、どの様に裁断されているのかで その服のレベルやカッターの美意識が垣間見る事が出来るかも知れませんね。                 ご当日 着用されてこられたブレイシーズを拝借させて頂いております。 股上は以前と同じ寸法ですから そのままBESTでお好みな吊り具合になります。 が、ほんのちょい吊りすぎ⁉ なのでもう少しブレイシーズで調整しましょう! 少しだけ、、、M様は結構上げられる傾向にありますよね。   バックはポケットもアジャスターも排除され、 既製服では有り得ないディテールを削ぎ落されたバックスタイルでしょう。                 素敵です! シャツのカラーはラウンドをお選びでしたね。 このスーツの裏地はシルバー、私も大好きな配色です。                       この度も凄く素敵です! 本当にスーツがお似合いであり、それだけスーツがお好きで 着用されて来られたキャリアが着こなしにも出るというものです。   本当にエレガントですね、M様 改めて素敵です。                     すみません、、、、またオートフォーカスなのにピンボケ、、、。                 素敵な笑顔を頂戴致しました。 H.Lesserの生地は絶対に裏切る事はありませんし、 クラシックで当たり前な生地こそ H.Lesserであれば間違いありません。   M様、この度も素敵なご注文を誠に有難う御座いました。                   実はこの時のご注文も2着同時進行で御座いました。 もう一着のスーツは王家の羊、、、、、またのご機会に!!                   ・・・・・如何でしたでしょうか。 M様は夏でも常に三つ揃いをご着用されます。   お仕立てで少しでもお役に立てるよう ウエストコートはバックレスもご愛用されています。   そんなスーツがお好きな方に御贔屓にして頂けるという事は本当に光栄な事です。 スーツたちも更に寄り添い、掛け替えなき相棒となって参ります。   スーツに限らず是非 TAILORED CLOTHING をお楽しみ頂けましたら幸いです。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。               ・・・・・誠に恐縮ながら、来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。 次回は 6月11日(火) を予定しておりますので、 どうか引き続きよろしくお願い申し上げます。              

    Read more
  • 【 K.モヘア混 / S様のご注文 】

    2024.05.21 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 K.モヘア混 / S様のご注文 】

              皆様 こんにちは。 まだ5月だというのに 好天になれば夏の様に気温が高くなり、 日中はTシャツ姿の方もお見受け致します。   暑すぎず 寒くなき 清々しい春をもう少し楽しみたいですよね。 春夏用にとご注文頂いております仮縫いは 早くフィニッシュしなければ!                   さて、今週は長きに渡り御贔屓を頂戴しております S様よりご注文頂きました 春夏用のスーツをご紹介させて頂きたいと思います。   S様はとてもお控えめな御方で洋服は大変ベーシックな色柄を好まれます。 洋服は私にお任せ下さり、靴は福田さんの所で誂えられ いつも羨ましいコレクションを拝見させて頂いております。   この度は どんなスーツを、生地をお選びになりましたでしょうか。                 BOWER ROEBUCK   70% S'100 WOOL 30% KID MOHAIR ABOUT 260g     英国製 老舗のミルが織った平織のトロピカルスーチング。 そこに春夏地らしく キッドモヘアをブレンドしていますが、 混率はやや控えめで珍しい混率です。 多くは6割くらいで主体がキッドモヘアとなりますが、 こちらはウールが主体でモヘアのハリ・コシや清涼感が加味されているといった感じです。   春夏用といえど 色は薄すぎないミディアムグレー、S様の一番落ち着くところですね!                 長きに渡りお付き合いさせて頂いておりますが、 大きな体型変化もなく素晴らしい事ですし、羨ましくもあります。   この度は三つ揃いのスーツであり、トラウザースは いつも 1-PLEAT でシャープなシルエットを好まれております。   アダムレイの小紋タイ、、、御愛用下さり どうも有難う御座います!               黒のスェード、ヌバック!? ビロードの様に見える程 品質の高さが窺えますね。 サイドエラス、、、いつかは履きたい靴でもあり、 スリッポンだからこそご自身の足に合ったFITTINGが要ですね。 しかし黒でこの革をご選択というあたりが渋くてS様の靴好きが感じられるようです。     トラウザースの裾は仕上げ時に確りと折り返し付きにさせて頂きます。                 衿なしの 6釦5掛け、一番ベーシックなスタイルです。 トラウザースとの連動も綺麗ですが、ややタイト気味⁉ ほんの少しだけ お身体が大きくなられたとの事でしたが、 確りと調整しますのでご安心くださいませ。   S様は肩がとてもガシっと確りされておられ、 逆三角形なご体型が逞しいですね。                   上着は S.B ノッチドラペルの3釦、ラペルはいつも段返りをリクエスト頂いております。 チケットポケットを携え、誇張されるディテールも皆無に大変ベーシックでエレガントです。   これくらいのウエイトとなれば やはり着てても軽いですよね! では微調整を加え仕上げて参りますので 是非ご期待くださいませ。                           突然のフランネル、急にPOSTBOY型のODD WASITCOAT! 実は追加で誂え足しのご注文も頂戴致しまして、この度は同時進行させて頂きました。   以前に このフランネルでクラシックな三つ揃いをお仕立て頂いております。 同じミル製のフランネルですが厳密には違う生地ではあります。   しかし、色味と良い、起毛具合と良い、縮絨加減と良い、 かなり似ていて遜色ないとの事で敢えてPOSTBOYスタイルでの ウエストコートを加えられ、都合4P-SUITSにされました。                   いよいよお仕立て上がりです。 S様、ヴァンナーズのタイ、、、 重ね重ね御愛用頂き 誠に有難う御座います。   偶然かも知れませんが、この日のエレガントな鉄板コーデに ミッドグレーのスーツが本当に良く映えます。 皆様もご存じの様に、ネイビーとグレーは本当に仲良しです。                       なんとお洒落な、、、、外羽根のフルブローグは絶妙なカラーで! 何色と言い難く、魅力的な陰影も利いたコチラ、 実はブラックのカーフを色抜きしてこの表情を出されているそうです。   アンティーク感も漂いますね! スーツに同じく、新しい靴の仕立て上がりも もう直ぐとの事、楽しみですね。                 タイト感は無くなりましたね! いつも通り とても素敵で御座います。   アルバートチェーンホールも空けられ、 使わずとも良いアクセントとなります。 テーラード好きな御方であれば直ぐに気付くでしょう。                 モヘアの混率も低めなので、独特な光沢感も控えられ 凄く落ち着いた雰囲気ですね。   いつも通り、S様らしさが滲むエレガントさであり本当にお似合いで御座います。 ラペルも段返りな分 ウエストコートの顔見せ具合も変わります。   あるべきクラシックなバランスで その方の三つ揃いの型紙を引けば、 ウエストコートの顔出し具合というのは お身体のサイズに関係なく同じようにまとまって参ります。 3釦本返りだと WCの釦は 1~1.5個くらい見えるのが クラシックで美しいバランスとされています。 であれば、段返りであればもう少し見えますし、 2釦であれば更にもう少しWCが顔を出します。   あるべき美しいクラシックなバランスとは 長きに渡り 既に黄金比率の様な感じで完成されています。 そのクラシックなバランスを崩したり、 再構築したりするのがファッション(モード)と言えます。 国内だけではなく、今では本当に様々な世界中のスーツが 気軽に見る事が出来るので比べてみると面白いと思います。                         フランネルのウエストコートもお仕立て上がりです。 都合4P-SUITS ですから、釦も裏地も全て三つ揃いに準じます。     グレーフランネル、、、、やはりパワーと魅力に溢れていますね。 POST BOY STYLE 見惚れる格好良さですよ! 着丈も長い分、脇のスリットも長めに設定されています。                     以前に仕立てられたフランネルの三つ揃い、当時に撮らせて頂いた写真です。 この時も3釦段返り、袖口にはカフもお付けになられましたね。               御愛用下さっているであろうフラノのスーツも、 今期AWより 新しい着こなしも楽しめ、このスーツ自体も旨味が更に増しましたね! 寒くなったら是非デビューされて下さいませ。                   ・・・・・如何でしたでしょうか。 顧客様より頂戴しております数々の洋服たち、どれもこれも想いや願い、 狙いの詰まった掛け替えなき ONLY ONE の服達です。 どのご注文も羨ましくて、、、丹精込めてお仕立てした服達は 顧客様方のもとで活躍されている事でしょう。   S様の様に 服も靴もBESPOKEを嗜まれる方は多くは御座いません。 経済的な問題もあるでしょうが、手作りでなければ到達できぬ水準が、 満足が そこにはあります。   BESPOKEの文化が皆様の様な方々に支えられ、末永く残りますように、、、、 職人側も精進を怠らず日々プライドをかけ1点1点の仕事と向き合って参ります。     どうか引き続き 宜しくお願い申し上げます。              

    Read more
2 / 12712345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.