BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 2024春夏 / お勧めファブリック 】

    2024.05.14 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 2024春夏 / お勧めファブリック 】

          至高のシャツ地フェア   ~5月23日(木) まで                   昨年2023年のフェア受注分 極一部のお仕立て上がりをご覧頂きました。 (一部 今年の在庫には無い生地も御座います。) ご注文下さった顧客様方はどんなコーデで楽しまれておりますでしょうか。     フェア期間も後半となって参りました。 世界最高峰の生地で仕立てられたシャツ、日々頑張っておられる皆様ご自身への 至福なご褒美としても如何でしょうか。   年に一度のお祭りで御座います、是非ご参加いただけましたら幸いです。                   さて、G.Wも終わり いつもの日常が戻って参りました。 5月も半ばで夏日を記録する日もあれば、好天は長続きせず 雨で急に冷え込んだりと不安定で春らしくもありますね。     今週は春夏シーズンにおき、期中追加での買い付けた 素晴らしい生地が入荷しておりますので 是非ご紹介させて頂きたいと思います。             御仁方それぞれに とてもエレガントで魅力的なスタイルです。 ダブルブレストのスーツはクラシックなストライプにも関わらず パッチポケットというのも珍しい。 左から 2番目、ドネガルらしきホームスパン(ネップ)調な生地ですね。             おっと、一番右側の紳士も同じく ドネガルライクなスーチングがスポーティーで素敵!             秋冬のカントリースタイルには欠かせぬツィード、その種は多岐に渡ります。 IRISH TWEEDの括りで見れば 頭に浮かぶのは DONEGAL TWEED ですよね。   http://dittos.seesaa.net/article/441063577.html 【 DONEGAL TWEED 】   ツィードらしく野趣に富んだ紡毛、全てではありませんが その多くはカラーネップが散りばめられているのも『らしさ』溢れる魅力の一つです。   その大好きなカントリースタイルはどうしても秋冬の装いがメインであり、 春になって暖かく成れば 存分に楽しんだツィード類はお休みに入ります。 これがまた どことなく寂しかったりしませんでしょうか、、、。   そんな方々にこそお勧めでもあり、春夏でも カントリーライクでスポーティーな装いを楽しまれたいですよね。 それが私個人でもあります(笑)。   正に『ドキッ!』 と一目惚れしました。                     なんて涼しげで爽やかなのでしょう、、、。 まるで ラムネ入りでソーダ味のアイスキャンディーみたい!   白い砂浜、アイスブルーの海、スカイブルーの青空に白い雲、、、 これもアースカラーであり、ナチュラルカラーですね。   = SUMMER DONEGAL =   春夏でもサマーツィードの類は細々と存在するのです。 色味と良い、この涼し気なネップ具合と良い、スラブ糸が雰囲気満載です。 平織地で通気性も良く、この生地の主体は COTTON なのです!               STANDEVEN   1885年 英国は西ヨークシャー ブラッドフォードにて創業した老舗のミルです。 今では大きな母体であるラグジュアリーファブリックスというグループに属しています。 その大きな母体では名立たるミルが名を連ね、 梳毛系は W.ハルステッドやJ.フォスター、C.クレイトン、R&テイラーなどが属し 紡毛系ではカイノックやJ.エリスまでもが属しておりまして ほぼ大抵の生地種は同グループ内で網羅し展開する事が可能です。   エスコリアルは今でも生産を続けられていますが、 昔から多くを扱ってきた歴史あるR&テイラーの固有名は見なくなりました。 同グループ内より展開されていますが、それぞれが名を刻んだ固有ミル名は だんだん見られなくなってきています。   この素晴らしきサマーツィードもカイノックかJ.エリス製でしょうか⁉ 生地ネームは S.イーヴンが代表して、、、といった感じかも知れませんね。     まぁ とにかくご覧下さい、 見た目は冷たそうで美味しそう(笑) 引き込まれますよ!                     SUMMER DONEGAL 48% COTTON 25% SILK 10% LINEN 10% WOOL  7% NYLON   270g~300g     なんと 5者混なサマーツィード、欲張りすぎで混ぜすぎな5者5葉 まるでイタリア製かのようなブレンドしまくりですが、ご安心ください 確りと英国製です。   肌触り優しく、素朴で柔らかくて誰もが安心・大好きなコットンを約半分と主体に シルクが1/4  シルクはお肌に近いアミノ酸を含んだタンパク質繊維で出来ているので やはりお肌にも優しく、通気性がありつつ保湿性も兼ね備えます。 冬は温かく、夏は涼しい素材でもあり 往年のシルクシャンタンを彷彿させてくれます。 贅沢ですよね!   更には放熱効果が高く、清涼感溢れるリネン、やはり春夏には欠かせません。 そして柔軟性や復元力さえも持ち合わせるウール、そしてラストには 個性溢れる役者達をまとめ上げ、安定性と耐久性をも兼ね備えさせる為に ナイロンが使われているという事になります。 ナイロンは正に陰の立役者、目立たず控えめに仕事をしています。     写真では伝わりませんが、見た目よりかなり軽く、 春夏用のザックリ系生地と同じくらいのウエイトしかありません。 改めて見た目より薄く通気性も良い、織密度はさほど高くはないので よりソフトな着心地を楽しめます。 主に上物主体とも言えますが、ナイロン君も参加していますし あまり細いシルエットにしなければ下物もOKですからスポーツスーツとしてもお勧め出来ます。   お好きな方は これで春夏用プラスフォワーズなんて最高です!             立体感、存在感が素晴らしく、色味は最高に涼し気で正にサマーツィード。 SUMMER DONEGAL な逸品であり、かつ出物ですから お財布にも優しく なんて優等生な子なのでしょう、、、。   私が一番最初に一目惚れしたので 恐縮ながら完売前に自身分をKEEPしようかと目論見中!             この紳士もサマードネガル? アウターが薄い色味だからこそ、インナーな濃いトーンで! 正にセオリー、皆様も是非如何でしょうか。   これは間違いないです、ある内に手に入れておいてください‼                         季節を問わずスーツは必須であり、前提であり、掛け替えなきスタイルですが 春夏では上下バラバラにODD STYLEが増える方々も多い事と思います。   そんな方々へお勧めなジャケッティングを2種 ご紹介させて頂きます。 これらも凄く良くて かなり優秀な子で確りと魅力のある個性を感じさせてくれます!                       HOLLAND & SHERRY   高級で幅広きその展開は正に一番のマーチャントと言えるでしょう。 VINTAGEと呼ぶには そこまで古くはないOLD STOCKな逸品です。 ちょい古なネームからも時代が分かりますね。                 HOLLAND & SHERRY   NEW FRESCO SUPER 100‘s WORSTED About 220g                   所謂 フレスコ織りなクラシック生地です。 アイボリー(写真はかなり白っぽく見えています。)とブラックでの小格子をフィールドに 黄と橙で重ねたウインドーペーンは意図的なタッターソールチェック調でもあります。   この色味に目は引かれますので、遠目にはややベージュよりな色味に感じられます。 各写真では、ベースのアイボリーがかなり白く見えており、 実物はもう少しくすんだライトベージュの様な感じとなります。               一見 なんかオジサン⁉ くさくて あか抜けない感じ、、、 それが一番の魅力なのです‼ トレンチコートで有名な英国の老舗アパレルメーカーが80年代前後に 陳列されていたODD JACKETにありそう‼ それが逆に新鮮でクラシックでもあり激渋で本当に格好良い。   これをおやじ臭く見えたら 一般的な感性の方々ですかね(笑)。 逆にこれが新鮮に見え、むしろ連れて歩きたい衝動に 駆られてしまう貴殿はコチラ側の方かも知れません(笑)。   渋い、、、冴えない、、、地味なのか派手なのか、、、 おっさん臭い⁉ 上等です、これを最高に格好良く着こなしてみたくなりませんか。 フレスコですから通気性良く、皴にも強く、 かなり軽めなライト級ですから涼しくて快適で御座います。   この往年の貫禄を感じさせてくれつつも、仕立ては昨今のアンコン仕立て、、、、 こんな料理法も乙だと思います!                 格子の黄 を拾い、敢えてイタリアンな レモンイエローのコットントラウザースで! おっさんが若い子を連れているような、、、 それも良しです(笑)。   http://dittos.seesaa.net/article/499036397.html 【 パステルなコットンツイル 】                               DORMEUIL   70% WOOL 30% SILK About  230g   クラシックなグレナカートチェックの派生バージョンですね。 ジャケッティングらしくスポーティーに色味も添えられ、豊かさが増されています。   シルクの特性はサマードネガルでお読み頂きました。 私がまだ修業時代な頃、ご年配の紳士方は 春になればシルクのODD JKを仕立てられていました。   シルクが100%の場合はデリケートな側面も持ち合わせますし、 とにかく薄く、キュッキュと絹鳴りが聞こえてきそう、、、大変贅沢な生地です。   仕立てもかなり難しい生地ではありますが、こちらはシルクが30%で『らしさ』を ブレンドした生地と成りますから大変扱いやすくもあり、着心地も最高に良いでしょう。 ブレンド生地の大いなるメリットです!                     このボルドーがグレー地に映え、強過ぎず 弱過ぎない塩梅がお上品です。 ベースはグレーですから下物もインナーも なんでも許容してくれるのでコーデのし甲斐がありますね。 シルクの艶、ドレープをお楽しみ下さい!                     夏場でも 三つ揃いを愛用される方々におかれまして、 オッド・スタイルであれば インナーのウエストコートも楽しめるというものです。 そんなアイテムにお勧めな生地、これは私のお気に入りであり 心底お勧めです。   BATEMAN OGDEN 50% WOOL 25% COTTON 25% LINEN   280g~300g   平織地で通気性も良く、動物性繊維と植物性繊維が 半々でブレンドされ 双方の良さが楽しめます。 薄くて何よりもカラーバリエーションが豊富である事、 流石はマーチャントですね。 格子の色を拾うのも良いですし、様々に色をお楽しみ下さい。 (バンチの下、左にドーメル/右にH&S)           ブルー系の色味はやはり涼し気ですね。 真ん中のライトブルー、これでODD WCを仕立てると、、、こんな感じに! このお勧め生地で仕立てられています。                 トラウザースとしまして、先ずはグレーでのウール系はマストです。 色味も、織りも、ウエイトも 様々にご用意がありますので是非吟味されてみて下さい。 上下でもバランスを加味し 上着がそれなりにライトトーンであれば 下物はミディアムからダークなどと 上下での コントラストを意識されると美しいバランスで成り立つでしょう。   上下での生地のパワーバランスや、皴への考慮、耐久性など 下物には下物への価値観が必要です。     こんな感じで是非とも ≪ ODD 3P ≫ をお楽しみに成られてみては如何でしょうか。 既にお手持ちのワードローブも きっとお役に立つ事と思います。                   ・・・・・如何でしたでしょうか。 今回のお勧め生地は 個人的にかなりのお気に入りで御座います!   是非 現物の生地へ会いに来て頂き、その個性や魅力を直に味わって頂きたいです。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。                    

    Read more
  • 【 至高のシャツ地フェア ② 】

    2024.04.30 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 至高のシャツ地フェア ② 】

            至高のシャツ地フェア   ~5月23日(木)まで                 最大10連休ともなるGWの真っただ中、皆様いかがお過ごしでしょうか。 只今 至高のシャツ地フェア が開催中で御座います。   早々に光栄なるご注文も頂いておりまして 心よりのお礼を申し上げます。 来月後半までの開催となりますので、 是非この御機会に至高のシャツをお楽しみ頂けましたら幸いです。   先週の CARLO RIVA に続き、 今週は DAVID &JOHN ANDERSON をご紹介させて頂きます。 全36種あり、私の言葉は控えめに 早速ご紹介させて頂きます。 極上で美味しそうな食材ばかりでヨダレものですよ!     http://dittos.seesaa.net/article/458837088.html 【 至高のシャツ地フェア ② 】・・・2018年               DAVID&JOHN ANDERSON   = LINEN×COTTON = 55% LINEN 45% COTTON               とても清涼感溢れる生地、リネンの節が所々に見えます。 リネンはもともと放熱効果が高く涼しき素材の代表ながら、 更に節はスラブ糸の様に織の中で隙間を生み、一層通気性も高めます。 約半分 使用されているコットンは極細・極上な超長綿であり、 薄くて軽く、本当に最高の原綿である事は間違いありません。 仮にリネンが100%だと本当にシワシワに成るので、 コットンとブレンドする事によりシャキッと感が保たれます。 故にビジネスで使われるドレスシャツとしても十分にご堪能頂けます。               レギュラーの春夏用シーズンファブリック(見本帳)にも 必ず同じようなリネンブレンドがラインナップされています。 左側が至高(D&J.A)、対して右がレギュラー(GETZNER)のコットン×リネンです。   このGETZNERは コットンが75% リネンが25% とリネン混率が低く、 かつ至高物ではありません。 企画も原材料(糸・原綿)も違うので一概に比べられませんが、 こう見ると違いが良く分かるでしょう。 しかし、優劣ではなく 当然ながらその至高分は金額としてシビアに現れていますので、 皆様の価値観で何を優先的に尊重するかとなります。           ① ② ③ ④ ⑤             ① ②           ③ ④ ⑤ 以上の5種、これからの季節は特におすすめです。                       = SEA ISLAND COTTON =       綿花の中でエリートの中の更にエリートの種となる『超長綿』の1種、 SEA ISLAND COTTON(海島綿)のシリーズです。 このシリーズは本当に原綿の質だけで勝負しており、特に高番手を使っていません。 確か 120/2 位だったと記憶しておりますが、それでも違いが分かります! 至高レベルの極上シャツ地に付き、強いてデメリットを挙げるなら 高額という事はさておき、耐久性が弱点とも言えます。 織り糸が細い、故に生地も薄い、最高の肌触りはやはり贅沢品ではあります。   だからこそ、この海島綿のシリーズは 『耐久性もありつつ至高な着心地』 と言えるのです。                     ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫             ⑥ ⑦ ある意味 一番贅沢かも知れません、、、、 スポーツシャツ地の代表 OXFORD です。 刺身で食べられる新鮮な魚を敢えて塩焼きで食す感じでしょうか(笑)。               ⑧ ⑨ 無地は写真だと分かり辛いですね。 約6㎜幅対でのクラシックなヘリンボーン柄です。                   ⑩ ⑪ ⑫ 左より、ベーシックなポプリン。 究極クラシックなホワイトポプリンで、 C.RIVA、200/2、海島綿で食べ比べしてみたいですね。 真ん中は少し細かなホワイト:ヘリンボーン、 そして種別紹介写真でお見せしたストライプとなります。                       = 170/2 =           これは今回 初参戦 のシリーズとなります。 GIZA45(超長綿)の170番双糸使いであり、 CARLO RIVAとほぼ同等の番手となります。   もうこのレベルは凄すぎるので、どれをとっても、 触ってもツルツル・スベスベで最高に決まっています。 CARLO RIVAはその原綿から紡績した糸を熟成させ、 その後 昔ながらの細幅・旧型織機でゆっくりと、そしてふっくらと織り上げられます。 D&J.A はわざわざ熟成はしていませんし、 新型の広幅・高速織機で生産効率優先に仕上げられます。 (むしろこちら側が現代の主流であり、逆にC.RIVAが昔ながらの 古き良き時代の伝統を守り続けていると言えます。)   どちらも同じ最高原綿である事に変わりませんし、 超長綿でなければ このレベルの糸が作れません。 その最高たる食材を 仮にマグロで例えてみれば、、、 C.RIVAは甘くて柔らかな中トロ、D&J.Aは身のキリっと引き締まった赤身 こんな感じに思いますが、あくまでも私の個人的な意見です‼ どちらも美味いに決まっているのですが、 美味しさの魅力と質、そしてお値段が違います。     しかし、素晴らしい品質です。 線のシャープさ、細番手なので解像度が高いのと同じく 縞が本当に綺麗で鮮明に出ます。                 ⑬ ⑭ ⑮ ⑯ ⑰ ⑱ ⑲ ⑳             ⑬ ⑭ ⑮ 発色美しきオルタネートストライプの3兄弟!           ⑯ ⑰ このダブルストライプ、素敵ですよね、、、。             ⑱ ⑲ ⑳ ノートの罫線を感じさせるドシンプルなストライプ、 几帳面で真面目そうな印象を与えますよね。 これがスーチングで言えばバンカーストライプであり、 金融系を筆頭に信用・信頼を重んじる方々にこよなく愛されたストライプであり、 それのシャツ地版と言えます。 縞柄としてはつまらないと思われる方もおりましょうが、 これこそ原点回帰な本質的クラシック、王道たるストライプとも言え、 一通り嗜まれた方こそ こういった所に戻って来られるのです!                     = 200/2 =           D&J.Aの顔となるシリーズですね。 先の 170番双糸の上位互換であり、C.RIVAに織り上げるまでの手間で劣る分 更に希少で貴重な200番双糸で対抗しているかのようです。 上を見れば300番レベルまでありますが、高ければ良いという訳でもありません!                         ㉑ ㉒ ㉓ ㉔ ㉕ ㉖ ㉗ ㉘ ㉙ ㉚ ㉛  ㉜ ㉝ ㉞ ㉟ ㊱             ㉑ ㉒ ㉓ ㉔ ㉕ ㉖ ㉗             ㉘ ㉙ ㉚ ㉛                 ㉑ ㉒       ㉓ ㉔         ㉕ ㉖ ㉗           ㉘ ㉙             ㉚ ㉛               ㉜ ㉝ ㉞ 白は識別が無理ですよね、、、、。 左より、ポプリン、そしてツイル。 一番右がマイクロヘリンボーンです。           ㉟ ㊱ 左より、更に畝を目立たせたツイル、 そしてロイヤル・オックスフォードです。                             以上、全36種のご紹介で御座いました。 種では先週より見応えがあったのではないでしょうか!   そして今回もおまけと致しまして、スイスの名門 ALUMO社のドビー織機による 織柄シリーズが10種御座います。(全て白となります。)   旧在庫品でもあり 驚きの大放出特価となっております。 ドビーがお好きな方にとっては これ以上のお得は御座いません!           2週に渡って御紹介させて頂きました世界最高峰の品質は、 至高・至福な着心地をお約束する食材たちです。 この食材を皆様が吟味し シャツに仕立てられるのですが、 いくら素材が良いからと言って着心地も良いか、機能性は高いのか、、、 調理の仕方も大事なのであり そのシャツの美味しさ(性能)となりえます。 貴殿の為だけに、貴殿しか合わぬ ONLY ONE の型紙を使い、 最高の技術で仕立てられるからこそ食材が活きるのです。   当店シャツの一番大きな特徴を挙げさせて頂ければ、 それはやはり設計図でもある型紙にあります。   体形や姿勢、非対称含め精度の高い型紙作成はTAILORですから当たり前です。 襟やカフス、ギャザーやパネルなども大事なディテールであり 私の拘りは満載ながらも、、、表層的なデザインに過ぎません。   シャツ地(コットン)はウールに比べると融通性がなく、クセ取りなども利きませんし 基本的には行いませんので仕立ての分野ではスーツの様なアプローチを施せない訳です。 では曲線しかない人体に対し、どの様に立体へ、 そして着心地良くなるようアプローチするのか、それは型紙に秘密があります! 当店シャツの型紙にはスーツの仕立てに伴う沢山のテクニックが内蔵されています。   これは仕立て上がったシャツを見てもわからないと思いますが、 施した型紙と してない型紙 を着比べたら絶対に違いが分かるはずなのです! こんな面倒な型紙によるシャツを縫製工場さんで仕立てて頂いているのですから 本音を言えば当店とは付き合いたくない取引先⁉となるでしょう、、、 本当に心底感謝しか御座いませんし、工場さんのお力なくして存在しえないのです。   安価なシャツ程 直線的で縫いやすく畳みやすい、 拘りのシャツ程 縫い辛くて難しく、かつ畳み辛いのです。   当店のシャツは私の自己満ですが特別であり、 私が欲しいシャツが市場に無い為に構築した側面もあります。 是非一度お試し頂けましたら幸いで御座います。         至高のシャツ地フェアは 5月23日 までとなります。     型紙ホルダーの顧客様に限り、 メールオーダーでもお気軽にご注文できますので是非ご連絡頂ければと思います。     その他、重衣料でも春夏用で期中仕入れが入荷しました! 勿論 出物価格の特別品であり、今回は特に私の一目惚れした生地もありまして、、、 かなり自信がありますが 皆様にもHITするかは分かりません(笑)! BLOGでも順次ご紹介して参りますので、合わせて宜しくお願い申し上げます。           ・・・・・大変恐縮ながら 来週のBLOG更新はお休みを頂戴致します。 次回更新は 5月14日(火) を予定しておりますので、 どうか引き続きよろしくお願い申し上げます。     では今週も最後までお付き合頂きまして、誠に有難う御座いました。 どうか素敵な休日をお過ごしくださいませ。              

    Read more
3 / 12712345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.