BLOG
生地に付いて

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 日本製の生地 】

    2020.11.24 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 日本製の生地 】

      皆様、こんにちは。 好天に恵まれた三連休は如何お過ごしでしたでしょうか。 恐縮ながら先ずはお詫びをさせて下さい。       先週の火曜日、予定通りのBLOG更新がされておりませんでした。 告知せずに休んだ事は このBLOGを始めてから初の事であり、 実は当店顧客様がご心配の連絡を下さり知る事となました。 お恥ずかしい話ですが、私が単純に勘違いをしていたのです、、、。   当店BLOGを毎週楽しみにして下さる方々に対し、誠に申し訳なく無駄なご心配まで お掛け致しまして 心よりのお詫びを申し上げます。 一日が、一週間が経つのが本当に早く、このご時世におき 忙しくさせて頂いている事には本当に感謝してもしきれません。 支えて下さる方々の為にも自分で掲げたルールは守らなければ成りません。 (油断していたとはいえ、無断欠勤してしまったのと同じ気持ちです、、、。)   また心を引き締め、皆様にご興味頂ける様なBLOGを書いて参りますので どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・               では、改めまして今週の話題に移りたいと思います。 今週のキーワードは【 MADE IN JAPAN 】です。         日本一の毛織物産地である『尾州産地』、皆様は耳にされた事があるでしょうか。 尾州産地は木曽川流域の豊かな自然環境に恵まれ、 昔から織物生産が盛んに行われてきた地域であり、 歴史を辿れば何と奈良時代まで遡るのだそうです。   その尾州で最も古い歴史を持つ毛織物メーカーの生地を御紹介させて頂きたいと思います。             【 中外国島株式会社 】 (近々にはKUNISHIMAと社名変更されるそうです。)   ペリー来航の3年前となる嘉永3年(1850年)国島武右衛門さんにより創業されました。 私が大変お世話になっている英国:Taylor&Lodge社が1883年創業ですから、 更に古き歴史のあるミル(機屋:はたや=織元工場)なのです。   日本の技術力の高さは言わずとも皆様の知る所です。 国内は勿論、海外からの評価は頗る高く 欧州の誰もが知る様な超高級メゾン等の生地も織っています。 これは案外有名なお話ですよね。 (生地は紳士物に限らず、婦人物服地も織り上げます。)     ミルは反物での単位がメインとなる商売となりますので、 国内での主な取り引き先は当然大手のアパレルメーカーや量販店、 チェーン展開されている様なイージーオーダー店などが主となります。 しかし、時代の流れと共に小ロット生産や、オリジナルファブリックを展開し 小規模なTAILOR等へも販路を広げつつあります。     当店におき 開店当時には国産生地を一部扱っていましたが、 早々に取り扱いを止める事になりました。 答えは単純です、、、ゼロでは無いものの、殆ど選ばれないからです。   また、国内ミルの腕が良いのは知っていながらも やはり洋装の歴史浅き日本人のミルが企画する色柄に関しても魅力を感じる事は少なく、 本当に素晴らしい生地は国産でも沢山ありますが インポートと同等レベルの価格帯になってきますので苦戦するのは明白です。   ですが、、、国内の様々なミルも本気を出してきておりますし、 自信をもって自分達を売りに走り出しております。   では、私が純粋に魅力を感じて仕入れた素晴らしい生地をご覧頂きましょう!         極ベーシックなネイビーのツイルです。 これは触らないと魅力が全く伝わらないのですが、、、 この美しき色味、陰影から見受けられる質の高さは見ればお分りの事と思います!   先ず 驚いて下さい(笑)。 私が興味を示さぬ高番手ものの生地なのですが、 これは何と SUPER 180という超極細原毛を使って織り上げられた生地なのです。   高番手のスーチングは繊細糸なので往々にしてウエイトも軽く、皺にもなる上に耐久性も低い。 艶やかで滑らかなタッチとは裏腹に、 実用的とは言い難いのが特徴であり 大変贅沢でもあります。 ですが、この生地の魅力は 真逆をつき、 天邪鬼でSUPER 180らしくない生地を念頭に作り上げたとの事です。           ● 超高番手にも関わらず、 梳毛(ウーステッド:一般的なサラッとしたスーチング)では無く、 紡毛(ウーレン:フランネルやツィード等の類)で太い糸に敢えて作り出し、 生地にボリューム感を持たせたのです。 これは言い換えると、新鮮で正に刺身で食べるべき鮮魚を 敢えて煮たり焼いたりと調理する事に近いでしょう!   ● もちろん 経糸・緯糸共に双子使いで出来る限り高密度に織り上げています。 縦の安定感とは裏腹に、横方向へはエスコリアルの様なストレッチ性もあり 柔軟で動きやすさにも直結する事でしょう。   ● SUPER表記はあまり好きではありませんが、 カシミアをSUPER換算すると160~210になるそうです。 この180の極細原毛は、極上な一部のカシミア以外には負けぬ細さでもあり、 それはもう自ずと品のある艶が出て参りますし、肌触りは正にカシミアの様です、、、、。   ● ウエイトは 390g、秋冬地です。 スーツやジャケット、そして軽めなコートまで対応出来ます。 仕入れたこの色味は正に NAVY JACKETにお勧めしたく仕入れました。         個性的で魅力的な生地です。 織糸が太いので綾目も立体的ながら、大変綺麗で発色の良いネイビー 実は経糸にブラック系、緯糸にロイヤルネイビー系の色目で配色にしている事も特徴です。 こうすると 織地にメリハリと立体感が生まれ、色味に深さ(奥行)が出るのです。   素晴らしいダイヤゴナルですね! 天邪鬼が高番手もののデメリットを多分に克服しつつ、メリットの部分は残ります。 これは自信をもってお勧めさせて頂きたい生地です。         ・・・・・では、その他のコレクションを見てみましょう。 大判の豪勢なBOX入りです!           開けてみると、、、、見慣れませんね! これ、とても斬新です!           取り出すと、一つ一つのサンプルが大きな生地見本となっており 大変見やすくなっていますね! バンチブックでは生地を引きはがせませんので、 候補を独立してピックアップする事も出来ますし、 このサイズであれば身体に当ててのイメージもつかみやすいでしょう。 勿論生地の持つ感触や魅力はバンチブックの何倍も感じられます。   お客様ファーストな見せ方であり とても斬新で素晴らしいアイディアです。 (その分メーカーさん側はコストが掛かっている事になります。熱意の表れですね。)           ソリッドだけでも豊富なカラーバリエーション! ブラックからチャコールグレー、ダークネイビーと共に絶妙なブルーグレー等も含まれます。           ソリッドだけでは無く、クラシックな格子などの織り柄も揃います。 ウインドーペーン柄を重ねないグレンチェック、渋くて良いですね、、、 お探しに成られている顧客様もおりますので こちら、お勧めで御座います!   このBOXには SUPER 180のバリエーションと、 180以外のレベル高きコレクションが内蔵されております。         ・・・・・同社には 通常のバンチブック形態も御座います。             春夏地から3シーズン物が主体となる極ベーシックで定番的な生地達で御座います。 国産ミルの大いなるメリット、 これは国内ですから発注が早ければ明日には届きますので インポートと比べものに成らぬ速さがあります。 また、海外メーカーからであれば送料や手数料などと共に、 中間業者さんもいないのでミルと直接取引=その分リーズナブルとなりますから、 お値段に対し純粋な品質を手に入れる事が出来ると言えます。   質を見れば大変リーズナブルな事も大いなるメリットなコレクションです。           ・・・・・最後にこんな取り組みも御紹介致しましょう。     北海道と言えばジンギスカンが有名ですね! 大自然の中、羊たちは美味しいラム肉を育んでくれております。 その多くは主に食肉用として飼育されておりますので、 羊君たちの羊毛は何と殆どが捨てられていたそうです。   良い意味でここに着目し、何と純国産のTWEEDを作り出したそうです。 (企画の詳しくは写真を拡大されてみて下さい!)   これはかなり凄い事だと思います。 やっと見本帳も出来た様なので、その内に届く事でしょう。 日本の羊飼いさん達の事も応援出来ます!           ・・・・・以上となります。 同社はかなり古い旧型織機も丁寧にメンテナンスしながら使い続けつつ、 時には現行の織機も使いながら技術と機械を使い分け、 クライアントの為に最高のパフォーマンスを届けます。   例えば 国産のデニムなどは最早世界一の拘りを見せつけ 既に世界を圧巻しています。   国産の生地は灯台下暗し的な部分も否めませんでしたが、 今後の更なる発展も期待しつつ皆様にも是非ご覧頂けましたら幸いです。 良い物は良ですから 目の肥えられた皆様にもきっとご納得頂ける事と思います。     では、いよいよ11月も終わりが近付いて参りました。 何かと御多用の事とは思いますが、どうかご体調には十分にお気をつけ下さいませ。   どうも有難う御座いました。 また来週も宜しくお願い申し上げます。            

    Read more
  • 【 TWEED : SUPERFLEECE 】

    2020.10.13 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 TWEED : SUPERFLEECE 】

        皆様 こんにちは。 先週の台風は大丈夫でしたでしょうか。   しかし良く降りましたね、、、ずっと雨でした。 東京の気温は11月下旬並みまで一時は下がりこみ、むしろ寒い位でした。       こう寒さを感じてくると あれも着たい、これも着たいとワクワクしてまいります。 食は秋の味覚を楽しみつつ 鍋も恋しくなり、 衣ではツィードからコートまで楽しめる寒さは すぐそこまで来ております。           ・・・・・先週は男気溢れるハードなツィードを御紹介させて頂きました。 しかし、流石にそこまでハードでは無くても、、、と思われる方々へ。   今週はツィードとしては軽量級の部類に入る素晴らしいツィードの御紹介です。 生地は地厚ではない分、秋口から十分に楽しめ 着用期間も長く、 そして重ね着も楽しめるというものです。 ( 上着のディテールでは、プリーツ入りのポケットやバックスタイル等でも 生地が嵩張り過ぎずに程好く収まります。 ・・・現状ではBESPOKE限定のディテールとなります。)         カントリースタイルには欠かせぬグリーン系は如何でしょうか。 自然のパワーを持つ癒しとバランスの色とも言われ、 暖色にも寒色にも属さぬ中間色となります。 人間が植物(グリーン=自然)を欲する事は当然なのです。         HOUSE STYLE ORDER : 3P-SUITS   I様よりご注文頂きましたクラシックなカントリースーツです。 3-パッチPをあしらった上着での三つ揃いとなります。 グリーン系のベースに赤系のウインドペーン、 地に良く映え とても相性良きこの配色は多用される見慣れた配色とも言えましょう。 クリスマスもある意味この配色イメージですよね!   かなり強いシェイプがエレガントなシルエットですが、 御本人様の身体が正に羨まし御体型であり 服は寄り添う様に仕立てられているという事です。 お客様のドロップ寸(バスト寸法-ウエスト寸法)を反映させた 精度高きカット(型紙)であると共に共に、コテが本当にからこそ このフォルムを生み出す事に一躍担います。     HOUSE STYLE ORDERでは、全てにおいて私自身がクセ取り2次プレスを行っておりますが、 そもそもベースとなる仕立てが良く無ければなりません。 『ご協力工場さんの腕前合ってこそ』である事は言うまでもありません。     しかし 良い顔立ちの生地であり、本当に仕立て映え致します。                   William Bill SUPERFLEECE 100% Wool 375g   http://dittos.seesaa.net/article/461069973.html 【 A&W : W.Bill 】 (生地の詳しき詳細は、上記リンクよりご確認頂ければと思います。)     実はこの素晴らしい大好きだったシリーズ、既に廃盤となっております。 カントリーファブリックに特化したマーチャントでもあるW.Bill、 沢山の魅力的なツィード等を供給して参りました。 しかし、HARRISONSの傘下になり 随分と廃盤種が出てしまった事は残念な限りです。   大事に温めている 別の当店在庫をご覧頂きましょう。             ダークオリーブグリーンのベースは クラシックなヘリンボーンの織り柄となります。 ブルーとイエローの配色でウインドペーンを重ねます。 この上着にはマスタード色のコーデュロイ トラウザースがマストですよね!             写真で見る程に これらウインドペーン柄は目立たず控えめであり、 ある程度離れれば溶け込んでしまうレベルです。             コントラストの効いた色遣いでヘリンボーン柄を生み出し、 その縦縞な織り柄はシャープな印象さえも与えてくれます。 素晴らしいカントリースーツ(ジャケット)になること間違いなしですね。           グリーン系のTWEED SUITS、渋くて本当に素敵です。 ツィードはジャケットやスーツだけでは無く、 オーバーコートにされるのも かなり乙な料理となります。 多少の雨なら傘など気にせず御着用頂けますね。 キリがないですがワードローブに加えたいアイテムでもあります。             ・・・・・お次に参ります。       色の表現が難しい、、、、 ベースは ライトモスグリーン(モスはコケを指し 暗めな黄緑色がモスグリーンです。)に ブラウン味を足したような絶妙中間色です。   こちらもベースは同じくヘリンボーン柄、 そしてレッドとパープルでウインドペーン柄を重ねております。             芝生、そう、、、夏場の青々とした瑞々しいグリーンの芝生が冬に向け だんだんとベージュ系の絨毯に移り変わりゆく様、そんな頃合いを感じさせてくれる色です! 上手くイメージ出来ると良いのですが、、、。   スカ―レットの縞がとても綺麗であり、暖色ゆえの暖かさも感じられます。 高貴なパープルの方は日本語だと赤紫色ですね。   左記のツィードは配色でのウインドペーンでしたが、こちらは同系色です。 遠目には差が分からなくなりますが、近くで見ると微妙な配色! といった所です。           ブラウン系のツィードスーツも絶対に欠かせぬアースカラーです。 靴含めレザー小物系はブラウンが多いですから トーン違いでコーディネイトも楽しめますね。           本返りの三つ釦、この紳士の様に サラリとスマートにツィードのスーツを是非楽しみ頂けましたら幸いです。 あ~っ、早く着たい!               ・・・・・如何でしたでしょうか。 今回のツィード生地は御紹介の2種と、あと数種御座いますが 本当に残り僅かです。   軽量級のTWEEDは都会などのタウンユースとなれば大変使いやすいウエイトです。 しかし、本国ではリアルなカントリージェントルマンが欲するのは 先週のHARTWISTの様なガチの類となります。 軽量級は種も少ないので貴重とも言えますが、 今回の SUPERFLEECEは本当に無くなってしまいます。         冒頭の三つ揃いですが、実はご婚約されたI様が 頂いた指輪の御返しにと 未来の旦那様への御返しとしてプレゼントされたスーツで御座いました。     美男美女の素敵な御二人、心もほっこりと 私も幸せのお裾分けを勝手に頂きました。 指輪に同じく、これからずっと 長きに渡って大事に御愛用頂けましたら幸いです。 I様、素敵な御注文を誠に有難う御座いました。             ・・・・・当店BLOGで御紹介させて頂いた生地ですが、 色も風合いも写真ではなかなか伝わりません。 是非 お下見も含め、どうかお気軽に素晴らしい生地達へ会いにお越し下さい。 御自身の目で見て、触って、纏って、そして感じて下さい。   では、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 この時期は着る物選びが難しいですが、どうかご体調にはお気をつけ下さいませ。   今週も最後までお付き合い頂きまして有難う御座いました。          

    Read more
1 / 2012345...1020...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.