BLOG
生地に付いて

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 2024 / SPENCE BRYSON 】

    2024.02.20 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 2024 / SPENCE BRYSON 】

              ジェットコースターの様に乱高下する気温、まだ2月なのですが、、、。 店内は春夏用の生地に入れ替え、生地も雰囲気も軽快になりました。         リネン×ウールの千鳥格子に、下はミディアムグレーのウールトロ、 インナーにはマドラスチェックで CHECK on CHECK! 春の陽気に誘われ、お出かけしたくなりますよね。             かなり良い味が出てきており、クタッとなるまでもう少し! もう暑さを感じる頃になれば コレが最も頼りになる存在です。   http://dittos.seesaa.net/article/488475454.html 【 BUSH JACKET⑤ 】   全3サイズ揃いますので、是非お気軽にご試着されてみて下さい。 お気に召して頂ければ そのままお持ち帰り出来るのは既製服の大いなるメリットです。 自分でこのBUSH JKを育てる事も楽しみの一つです!                 早速ですが、先にご連絡をさせて下さい。   当店 HOUSE STYLE ORDER 限定 恒例の ≪ 早期受注フェア ≫ 開催のご連絡で御座います。   2月19日(月) ~ 3月20日(水)     大変申し訳御座いません、告知が遅くなり 実は昨日よりのスタートで御座います。 信頼するご協力工場さんの企画であり、通常より少し多めに工期を頂く分 ささやかでは御座いますが お値引きをさせて頂くというフェアになります。   対象はスーツ、オーバーコート、ジャケット 等の重衣料が絡んだアイテムとなります。 それらガーメントは春夏用でも秋冬用でも構いません。   約一か月間の開催となりますので、早々に春夏用の狙いがある方々や、 当店へ初めて来られるご新規様まで是非この御機会を 有効利用して頂けましたら幸いで御座います。   尚、当店は完全予約制とさせて頂いており せっかく来て下さったお客様方が重ならぬようにさせて頂いております。 お電話でも、HPよりのメールでも お気軽にご連絡くださいませ。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。             では本題に入ります。       また暑い夏が来るのでしょうか。 食にも季節による旬の食材があるように、 衣の世界でも同じく欠かせぬ食材が沢山御座います。 春夏という括りで見れば、≪ LINEN ≫ は絶対に外せぬ存在ですね。               今週はパワーアップしてのリニューアルとなった SPRNCE BRYSON をご紹介させて頂きます。           ネームデザインが変わりましたね。 下部に小さく BY. ULSTER WEAVERS とありますが、 同社は1880年に創業されたミルであり、 美しい自然に囲まれた北アイルランドにあります。 ロイヤルワラントも持つ老舗織元であり、 リネンを主体にファニチャーからファッションまで幅広く織っています。   放熱効果が高くて涼しく、吸水性は綿の4倍、 絹の10倍もありつつ速乾性に優れています。 また、リネンは水に濡れると強度が増す為、 洗濯耐久性も綿の2倍はあるとの事。 そんな特性からもファニチャー製品や ホーム・キッチン製品でも大変重宝されているのです。     リネンは麻という植物の一種に過ぎず、ラミーやジュートなど 区別される種類はとても多いのです。 更に 当たり前の事ではありますが =IRISH LINEN= というのは アイルランドで生産されたリネンを指しますので、 この部分は大切な一つの付加価値であり、品質であり、 差別化されたリネンであるという事も頭の片隅に入れておいて下さい。                           今季から登場のNEW FACEよりご紹介致しましょう。   Lismore   Natural は色を指しており、これは染め無し・漂白無しの生リネンという事ですね。 同社不動の定番でありクラシックの顔たるは Tropical というシリーズがあり、後ほど登場致します。 このTropicalは迫力や耐久性含め不朽の定番で最高のリネンながら、 湿度多き日本の真夏では少々ウエイトがありますので暑いです、、、、。   そんな方々にはお勧めなライト級が こちらLismoreとなります。 薄くて軽くなりますのでお気軽に IRISH LINEN を楽しんで頂ける事と思います。         全7色展開されています。 定番色は抑えられていますので、やせ我慢の苦手な方はコチラがお勧めとなります! 雰囲気は定番Tropicalに同じく、 綺麗に引き揃えられた綺麗で細目な糸で密に織られています。                 次のシリーズです。   Kildare   C Orange、これはコーラル(珊瑚)オレンジであり ピンクがかったオレンジ色となります。 とても発色が美しく リゾート地では映えるでしょう。   やや織り糸も太くザックリした印象、そして敢えて作り出された 気孔(隙間穴)は通気性を向上させてくれます。 Tropicalを基準に考えると、隙間な分⁉ 若干軽めとなります。   軽くてザックリした感じはアンコンJKなどのお仕立てにも向いているでしょう。             綺麗な色が豊富でファッション性も高いですね。 絶妙な中間色も!                       きました、不動の定番。 クラシックなリネンスーチングといえば S.BRYSON:Tropical です。   リネン特有のハリコシに富み、きめ細かな肌艶よき顔立ち、、、、 織り上がったリネン地は木材でコンコンと叩かれてこの風合いを出しています。 とてつもなく古い機械であり、いつまで保てるのか心配でなりません。   IRISH LINEN を堪能したいのであれば、先ずはコチラから入門すべきです! 本当に仕立て映えします。           Tropical : Col. Sand サンドとの名称ながら これが所謂昔ながらの BUFF に値する色味ですね。 今風ではサンドベージュですかね!   本当に肌艶良く、Tropicalは美人さんなのです。             圧巻の 23色展開。 見応えもあり、必ずやイメージに見合う色目が見つかる事でしょう。 このシリーズは色違いが欲しくなりますよ、、、、。                               きましたよ、パワータイプが、、、、。 Tyron   このシリーズは先に紹介した Kildare のお兄さん的存在です。 という事は、Tropicalの弟が Lismore となりますかね。 一番ウエイトがありますね、織り糸も太くてザックリ感が満載。 迫力満点で存在感はピカ一です。     実はですね、S.BRYSON社にとって 洋服地より大きな戦力がファニチャー部門なのです。 超高級ホテルやレストラン、豪華客船などのシーツやクロス類の類は 昔ながらに最高品質なIRISH LINENが牛耳っていました。 (リネンサプライ、耳にされた事があると思いますが呼称になる程という事です。)   その他 壁紙からソファー、ベッドカバーなどに使われる様な類に対しては 存在感と耐久性に優れた厚地のリネン、 そこにカテゴライズされた一つがTyroneでもありました。   (同社には更にヘビーウエイトもありますが、 基本はファニチャー用に織られた生地と成ります。)   もうこのウエイトと存在感は『暑い』などと気にする方は そもそも相手にしていません。 むしろリネンの『らしさ』を堪能したい、もしくは定番Tropicalのお代わりに! 聞いた話ではお若い方の方が むしろ好まれているとか!             Tyrone  Col. Mocha / Oatmeal 今期 既にBESPOKEでのご注文を頂戴しておりますTyrone君、 BESPOKEでは初めてのTyroneとなりますので、 対峙するのが今からとても楽しみです。               ツブツブ・ザクザクでフレスコの様でもあります。           全19色もあります。 真ん中のラベンダー色も素敵、敢えて霜降り感をだして より涼しげ かつスポーティーな印象もありますね、とても綺麗です。                 これが今まで軽~中肉の定番でした。 Tropicalでは暑いと言われる方には こちら!   Glin 皆 揃って平織地が殆どなのですが、 このGlinのみ綾織りでありヘリンボーン柄なのです。             ハイ、抹茶フラペチーノで御座います‼ 和をも感じさせてくれる涼し気な色味、 ヘリンボーン柄が更にシャープな印象を与えてくれます。         全7色展開となります。   ここまでが 所謂一般的なスーツやジャケットをお仕立て頂くシリーズとなります。 実際はヘビーからライトまでかなり幅広くある訳ですが、 次からのご紹介は シャツ地 としてご紹介させて頂きます。                       IRISH LINENは程好いハリコシが特徴でもあり魅力です。 その雰囲気やイメージをそのままに、 SHIRTING weight まで落とした軽量級のシリーズとなります。   Quintin   昨今、ファッションな世界では本当にシャツ(生地)ジャケットが作られ、 売られている世界なので、そういう意味ではシャツ地専用とは言い辛くなってしまいますが、、、 一般的にはシャツ地であり、ここまで薄いのですから透けます。 そして冒頭でのご説明した通り、汗を確りと吸い、 乾きは早く、かつ水洗い洗濯に強いときます!   このシリーズでドレスシャツを仕立ててみて下さい! 本当に気持ち良く、涼しく、『 IRISH LINENのシャツ 』を感じて頂けます。 多くのイタリア製シャツ地のリネンはとても柔らかく、 逆を言えば柔らかすぎてフワフワでもあります。   これが長所でもあり、短所でもありますので 皆様の価値観とお好み次第なのですが タイを締める・締められるリネンシャツを御所望であれば絶対にお勧めで御座います。               格子柄とソリッド、十分に当たり前で欲しい色柄が揃います。 ネイビーのIRISH LINENシャツ、これも絶対に格好良いでしょうね!                   最後のシリーズとなります。   Orkney こちらはQuintinと比べ、更に軽くてかなりソフトです。 フワフワで柔らかく甘い織り、ラフなリネンでしたらコチラですね。 よりカジュアル感が強く、楽ちんで砕けた休日感がでます!   という事で、リネンのシャツをどの様に着られたいかにより お選び頂くのが良いでしょう。                             ・・・・・以上 IRISH LINEN WORLD でした。   SPENCE BRYSON社だけで、リネンだけでここまで揃うのは圧巻です。 例えばW.Billなどのマーチャントも S.BRYSON社のIRISH LINENを扱っていますが それを軽々と超えるラインナップとなります。   そしてもう一つの大きなメリットは全て国内在庫であり、 既に買い付けられた原反より着分購入が出来る事なのです。 無駄に取り寄せ時間がかからない事、そして反仕入れ・大量仕入れによる コストカットも見込め 私達には嬉しい事しかありません。   この春夏は、いえ この春夏もIRISH LINENと共に仲良く過ごしましょう。   H.S ODER限定ではありますが、フェア期間でもありますので 是非皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。       今週も誠に有難う御座いました。                

    Read more
  • 【 acorn fabrics 】

    2023.12.19 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 acorn fabrics 】

              六本木 ミッドタウン         来週はクリスマス 表参道をはじめ 各所で恒例のイルミネーションが気分を盛り上げます。 大切な方へのプレゼントは決まりましたでしょうか。     さて、告知から随分とお待たせしてしまいました。 英国より無事に ACORN のシャツ地が届きましたので ご紹介させて頂きたいと思います。   先にお伝えさせて頂きますが、お陰様により既に残り僅かであり ご注文頂ける生地は恐縮ながらあと2種のみとなります。 それだけ英国シャツ地を求められている顧客様がいらっしゃるという事でもあり、 また折を見て仕入れたいと思っております。 今回は記録も含めてご紹介させて頂きますので、ご興味が御座いましたら お問い合わせ頂けますよう 宜しくお願い申し上げます。           Acorn Fabrics   1975年創業の同社は、チャットバーン家により 4世代に渡ってシャツ地の伝統を引き継いで参りました。 英国のランカシャー州と言えば スーツ地のハダースフィールドに同じく有名な産地です。 その歴史は1928年まで遡り、当時ランカシャー州のコルンにあった シャツ工場の社長 アーサー・チャットバーン氏から始まります。 その後 1975年にはご子息のジョン氏が入社しましたが、 その会社は買収されてしまいます。   そこでジョン氏は独立して自分でビジネスを始める決断をする事になりました。 今までの様に発注されたロットの大きな注文だけではなく、 魅力的な生地を自前で抱える手法を取り入れ始めます。 在庫リスクはあるものの、これにより小さなメーカーやテーラーなど ミニマムロットでさえ不必要な小口の注文(取引先)にも供給出来るようになって参ります。   ただ その頃はまだ通信技術が不足していた為、 ジョン氏は注文を取る為に週に2回もロンドンへ出張に出向き続けていたそうです。 その頃よりジャーミンストリートやサビルローのシャツメーカー、 仕立て屋との関係が確立されて参ります。   当時より高級な原綿はエジプト綿でしたが、80年頃には西インドの海島綿も仕入れ、 英国では初であり唯一でもあったそうです。 ビジネスが成長するにつれ、1985年にはスキンプトンへと その拠点を移し 現在に至ります。               英国のシャツ地と言えば、T.MASONやD&JAも有名で素晴らしいメーカーでしたが 今ではイタリア:ALBINIグループの傘下になってしまいました。 ACRONは数少なき貴重な英国の伝統を守る シャツ地メーカーである事は皆様も周知の事と思われます。   現在 ベーシックで高品質なポプリンや当たり前のクラシックな 2トーンストライプなどのシャツ地を手に入れるのは容易い事です。 イタリアやスイスを始め、素晴らしいシャツ地が沢山生産されています。 しかし、イギリスならではのセンス感じる生地はどうでしょうか。       Turnbull & Asser (therake.com)       ジャーミンストリートに行けば、紳士なら心が躍ってしまうような 美しく素晴らしいシャツが並びます。   そしてカントリースタイルには欠かせぬタッターソールチェックのブラッシュドコットン、 これらが欲しければCORDINGSに行けば一通り揃いますし、 近隣に鎮座する格調高き伝統的な銃砲店にも御座いましょう。     そんな各老舗の名店に陳列されているような『らしさ』が溢れる 配色センスのストライプやカラーシャツ、そしてタッターソールチェックは 現在手に入れるのが困難になってしまいました。 こういったイギリスならではのセンスなシャツ地はなかなか他国では生まれないのです。   RINGHARTのシャツ地が入手できなくなったことも大きな要因であり、 この様な英国シャツ地らしさを求めるニーズへお応えする食材がとても枯渇しております。 だからこそ、、、、今回自分で手に入れてみました。 自分自身も仕立てたくなるもの、そして御贔屓下さる顧客様方へお勧め出来るもの、 少量では御座いますが、是非ご覧頂ければと思います。                     英国より無事に到着です。 素朴な梱包、流石に海外からなので潰れていますが 中身は柔軟な生地ですから問題ないでしょう!         では、早速 ドレス系からご覧頂きます。                       いかにも英国らしいクラシックなストライプ。 ライトブルーのベースは END ON END 、 そこにネイビーとライトブルーで重ねたオルタネートストライプです。 こういった英国センスなオルタネートストライプこそ枯渇しているのです。 同系色でまとめられ、これはとても使い勝手が良いですし クレリックスタイルにしても大変似合います。   このEND ON ENDベースのストライプ、これが個人的に大好き! 以前は当たり前に膨大なバリエーションがありましたが、今では随分と寂しい感じに。                       ご覧の様に赤が強く目を引きます。 この赤もSCARLETであり、これまた英国らしい赤ですね。 シャツなんて三つ揃いの小さなVゾーンから覗く程度ですから 気後れする事なく是非お試し頂きたいです。 衿はイングリッシュレギュラー、カフスはフレンチかバレル3釦を チョイスしたいところ、フロントはやはりパネルにしたいですよね! 先に同じくベースはライトブルーなのですが、 このベースはヘアラインストライプなのです。   素敵、、、、。                       プリンス オブ ウェールズチェックには配色でも同系なネイビーでの重ね格子。 全く同じではないのですが、現英国王もお召しになられている やはりクラシックなシャツ地でもあります。 マス目は小さめでとても上品であり、物凄く英国的です。                     ド定番な END ON END(刷毛目) より、こちらはライトグレーになります。 シャツ地の主要メーカーであればクラシックな刷毛目は 必ずやコレクションに入りますが、多くの国内展開はホワイトやブルー系ばかりで 他のバリエーションカラーは乏しい事もしばしば。   使いやすい色ばかりが優先されていますが、 こんな渋いライトグレーはモノトーンコーデに欠かせません!   ネイビーのスーツにライトブルーのシャツ、そしてネイビータイ。 とても一般的で定番的控えめなコーデですが、それのグレーバージョンにも!                         これは一番分かり辛いですよね、、、写真では表現が難しい。 ベーシックでプレーンなポプリン、その CREAM です。   ブラック、そしてホワイトは絶対的な色であり、強く、そしてエレガントです。 ホワイトシャツは紳士にとっては必須ですね。 そこをバリエーションとして似寄りなクリームにする事で 随分と印象が柔らかくなり、優しさが出るのです。 ホワイトではないからこそ、ジャケット主体のコーデにも合わせやすく、 上級な着こなしとなるでしょう!   結構 黄色味を感じると思いますが、写真では生地が 何層にも畳まれ重なりあっているので色味が濃く見えがちです。 シャツとなって着用する時には生地一枚ですから 印象はもう少し薄いトーンになるとお考え下さい。   英国地ではやはり似た ECRU(エクリュ)が大好きで魅力的な色なのですが、 無くなってしまったので それの代わりにとお勧めです!   ( ECRU=生成色 漂白した人工的な白ではなく、漂白前の素朴で自然、 字の如く生の黄ばんだ様なナチュラルカラー。フランス語です。 )         では次よりカントリー系に参ります。             伝統的なタッターソールチェックは クリームのブラシュドコットンに織り込まれています。 綾織りで確りとしており、起毛された肌触りは暖かさを誘い 正に英国的カントリーな着こなしには欠かせぬシャツ地でもあります。 配色は様々に展開され種類も豊富ながら、 以前と比べれば随分と色柄バリエーションは縮小しました。 されど、英国以外の国が展開するこういった格子柄はゼロではないものの、 やはり説得力や魅力に欠けます。 当店でも渋いツィードを仕立てられ、『合わせるシャツをお勧めしてほしい!』 と言われても、選択肢がかなり狭かったのです。   ブルーとオリーブのコンビ、これは抑えておくべき配色です!                         タッターソールチェックは2色での重ね格子が一般的ながら、 そこからかなり派生したバリエーションも生み出され展開されています。   これ、地の色が淡いアイスブルー地なのです。 綺麗なグリーンがとても良く映え効いていますので、 目がつられブルーグリーン調にもみえますね。 グリーン、ネイビー、そしてパープルで構成された重ね格子です。 こんな配色センスは英国だけであり、だからこそ欠かせぬのですね。                         パンチが効いています。 目を引く赤は やはりSCARLET、そこにネイビーとブルーで重ね格子に!   数あるツィードの格子にも赤系の重ね格子が使われており、 是非拾いたいところですよね。 レッドはブラウンの色構成に必要な色ですから仲良し、 そしてグリーンとも馴染みますね、クリスマスカラーでもあります(笑)。   赤と青、反するからこそ映える配色格子と成り得ます。 柄が強いのでタイを悩みがちでしょうか⁉ 先ずは動物モチーフや植物由来なペイズリー、 小紋も柄がうるさ過ぎなければ合いますので あまり気にせず合わせてしまう事こそ らしさ でもあります。                         格子柄が続きましたので ここらでソリッドを! ネルシャツ地(ブラッシュドコットン)はソメロス社も沢山出していますが、 カジュアル向けで地厚目、だからこそ温かくて冬には是非欲しい所です。 反面、テーラードのインナーには少しモコモコ感があるのも否めぬ所です。   これは綾織りブラッシュドコットンですが、地は厚くないので テーラードのインナーには頗る適しています! ナチュラルなIVORYですが、記載されているように敢えてメランジ調にされ、 単に無地ながらも表情を与え、ノータイでも様になる事でしょう。   タッターソールチェックのシャツは必ずや欲しいですが、 タッターソールチェックのODD WAISTCOATは流石に合わせられませんね。 そして上着のテーラードが結構な格子柄ですと、やはりケンカしてしまうので インナーは大人しくさせるべき、、、ソリッドも必要なのです!               では、最後にスポーツ系(カジュアル系)に参ります。                   誰もが大好きなオックスフォード地のシャツ、これも不朽の定番です。 ですが、オーダー用サンプルですと 確実に売れるであろうホワイトやブルー系ばかり。   本当はイエローやピンクなどもあるわけですし、 ストライプやチェックの様なバリエーションも欲しいのです。   ストライプまでは既製品含めいくつかは探す事も出来ましょう。 しかし、この色はなかなか見ないかも知れませんね。     OXFORD:BENGAL GREEN STRIPE     誂えだからこそ、カントリースタイルにも合わせたいですし こういった色味が欲しいのですね!           では次が最後の紹介となります。 唯一 春夏用のスポーツシャツ地として先行仕入れ。   来年の春までには いよいよオープンカラーシャツもリスタートしますし、 こういった生地で作っても絶対に合うでしょう。                 CHAMBRAY Plain Orange / Plain Sky   オックスフォードに並び、シャンブレーも定番ですね。 シャンブレーと言えばワーク系のシャツ地としても多用されております。   平織地で薄く、通気性も高くて涼しい、、、 シャンブレーは縦糸と緯糸で配色されているのが特徴であり、 大抵は白と〇〇といった具合です。 故に色味も薄れ、ボケた感じになるのがウリです!         スカスカですね! 肌触りも素朴でややザラッと感があり、スーツ地で言うフレスコの様な感じです。   オレンジの色味が良い! 強い日差しに負けぬ元気な色味、 クリームのリネンスーツを着たら、インナーにはこういった差し色を合わせ よりリゾート感を出してみるのも良いでしょう。   スカイブルーはかなり淡い色味で 白糸との交織ですから 双方揃ってシャーベットカラーの様な感じです。 清涼感もあり、使いやすき鉄板です。                   ・・・・・以上となります。 如何でしたでしょうか。 ソリッドやクラシックな2トーンストライプは沢山選択肢があります。 英国シャツでなければならぬ敢えての私なりチョイスで御座いました。     ACORN社も当店の開店当初と比べれば、展開される種類が相当減りました。 以前は旧型の織機である36インチ、最近の広幅での60インチと 双方での展開が設けられていましたが、現在では60インチに統一され 36インチ製は全て廃版です。 この中に名作 CAMBRIDGE もあったのです。     寂しくもありますが、これからも出来るだけ長く続けられるよう頑張ってほしいです。 皆様のご要望が高ければ反映もさせて頂きますので、 是非ご意見をお聞かせくださいませ。   何卒宜しくお願い申し上げます。       では 素敵なクリスマスをお迎えくださいませ。 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。                 ・・・・・改めてご連絡申し上げます。 2024年1月4日より 新しい年の営業が始まると共に、 当店HOUSE STYLE ORDERが ほんの少し値上がり致します。   こんな話ばかりで誠に恐縮なのですが、 どうか変わらぬ御贔屓を賜れましたら幸いで御座います。               ・・・・・年末・年始のお知らせで御座います。   年内は 12月28日(木) が最終営業日となります。 年始は  1月4日(木) より営業となります。     ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。          

    Read more
1 / 4212345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.