BLOG
生地に付いて

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 2021 AW:新作生地 】

    2021.08.31 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 2021 AW:新作生地 】

          今日で8月も終わります。 いよいよ9月、2021年もあと4カ月です。   最近は春秋が短くなっていますが、 今年は残暑も長引かずに涼しく成ってくれる事を願うばかりです。         9月とも成れば流石に秋冬を意識し始めますよね。 この秋冬用の装いについても仕込みには丁度良い時期となって参りました。   今週は、今季秋冬より展開される新作生地を一部御紹介させて頂きます。                 1772年創業の老舗ミル、凛々しきキツネさんでお馴染の FOX BROTHERS です。 なんと来年の2022年は250周年を迎えます。 きっと様々な記念生地含め企画生地が出てきそうですが、まずは先発隊として!       【 1772 FLANNEL 】   FOXといえばやはりフランネル、250周年に先駆け 極上のフランネルを織り上げて参りました。             無地:7色、ストライプ:1色  計8種の展開です。             鉄板のネイビー、スーツからブレザーまで欠かせぬカラーです。 そして明るめなブルーにライトグレー、 これらは ODD TROUSERS としても使いやすいですね。               ライトグレーのチョークストライプ、そして無地のダークグレーです。 唯一のストライプはライトグレーを選ばれた様です。               この3色がまた素敵です! ベージュにグリーンの2色、これもスポーティーなスーツからジャケット、 そしてトラウザースにも最適です。   有りそうで なかなか織られていない色味であり、 カントリー系の装いにもピッタリですし、差し色にウエストコートにも良いですね。             フランネルは同社の顔ですから 様々なフラノが展開されています。 ですが、これは差別化を図ってきているのでしょう。   ウエイトは 415g前後、やや確り目なウエイトであり、トラウザースの場合 パワーのあるツィードの上着に合わせても負けませんね。   そして、かなり贅沢なのです。   Merino Lambswool : メリノ種の羊で、贅沢に生後6ヵ月未満の子羊の毛となります。 人間もそうですが、赤ちゃんの毛は細く綺麗で柔らかく、肌触りも最高な贅沢ウールです。   そこに やはり贅沢に Cashmere を10%もブレンドし、 更にソフトな風合いと肌触りを高めています。 こうなるとソフト過ぎて頼りなさを心配されるかも知れませんが、そこはフランネルです。 確りと縮絨され、安心してスーツを仕立てられるレベルでまとめられています。   贅沢な分 少し高級なお値付けは否めぬ所では御座いますが、 フラノの代名詞である同社の意気込みを感じさせる 最高のフランネルをご堪能下さいませ。                 では次に参ります。 カントリー系の服地に特化したマーチャントである W.Bill より、 今季素晴らしいコレクションが出て参りました。           【 WHIPCORDS & CAVARY TWILLS 】   当店BLOGをご覧下さる皆様におかれましては、 これらヘビーデューティーな生地種はご存知の事と思いますし、 当店BLOGでもかなり御紹介させて頂いております。   コートからスポーツスーツ、スポーツジャケットやトラウザースに至るまで カントリー系の装いには欠かせぬ存在であり、 それをまとめたコレクションンとなります。             ブルー地のミミにイエローの文字、W.Billのブランドカラーですね。 ガチっと密に織られ、クリアカットされた表面は艶やかな表情となりつつ、 埃や汚れも払いやすい事に繋がります。   上着はカシミアからエスコリアルなどの優しくソフトなジャケット地から、 ハードなツィードに至るまで、上着がどうであろうと下物の生地は確りとしたコシが必要です。   WHIPCORDの特徴である杢糸使いによる表情は、 どんな ODD JACKET でも受け入れてくれますね。               【 WHIPCORD 】   ALL WOOL 380g   色味の展開もかなり充実しており、 皆様のワードローブに合わせ 必ずベストな色が見つかる事でしょう。 また、WHIPCORDはCOVERT CLOTHと兄弟でもあり、 これらのシリーズから厳選してカバートコートを誂えられるのも素敵ですね。             【 CAVARY TWILL 】   ALL WOOL 380g   キャバルリーツイルも大変強い生地です。 ウエイトは中肉位ですから とても使いやすき頃合いです。   WHIPCORDもCAVARY TWILLも 同じ綾織りです。 ただ、少し織り方が違いまして 綾織独特な斜めに入る畝、 これがCAVARYの方は2重畝になるのが特徴です。               拡大写真だと分かり易いと思います。 そして、実は初めて見たのですが、、、、   WHIPCORDやCOVERT CLOTHの特徴は何といっても『杢糸』使いにあります。 (色の違う糸を撚り合わせ、独特な霜降り感を出します。)     CAVARY TWILLは大抵単色使いの生地で、 色やウエイトのバリエーションが豊富という認識です。 ですが、CAVARY TWILLで杢糸を使用している生地が見受けられますね。 確かに やれば出来る事柄ではありますが、見た事がありませんでしたので新鮮です!                 【 CAVARY TWILL 】   ALL WOOL 600g     こちらこそ、正にヘビーデューティーなシリーズです。 乗馬服レベルは 1000gとかありますが、それに近い程にゴツくて確りとした生地です。   オーバーコートは勿論、ハードなスポーツスーツやジャケット、 トラウザースを御所望の方は この昔ながらの600gシリーズは欠かせぬ存在です。   もうこのレベルになると皺になりませんし、なっても戻ります。 タウンユースでは上記380gがベストではあるものの、 本当に野山などのカントリーサイドや野外スポーツ観戦、雪降る真冬の寒さなどの時は このレベルは普通であり、とても頼りになる生地となります。                   独特の2重綾による畝が立体的で迫力があります。 下半身を暖かく、タフさを重視するのであればトラウザース等から付き合われてみると、 このシリーズの意味と説得力が必ず伝わる事と思います。               ・・・・・今週は 2社・2種のNEWシリーズを御紹介させて頂きました。 段々と暑さも落ち着き、秋冬へと盛り上がって参りたいと思います。   皆様とお会い出来る事を楽しみにしておりますので、 是非お気軽にお声掛け頂けましたら幸いです。   今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。                 ・・・・・誠に恐縮ながら、 来週のBLOG更新はまやもやお休みを頂戴させて頂きます。 また皆様に楽しんで頂ける様なBLOGを引き続き書いて参りますので どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。                          

    Read more
  • 【 ESCORIAL:OVER COATING 】

    2021.07.20 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 ESCORIAL:OVER COATING 】

        皆様 こんにちは。 先週には関東地方もいよいよ梅雨明けいたしました。 してしまいました、、、、 これからは酷暑と向き合わななければなりませんね。   夏です、明後日には『大暑』を迎えます。 夏となれば既に待ち遠しい秋冬シーズンに向け 仕込みの時期で御座います。           1949年 ダブルのコートをお召しのウインザー公は4釦であり、 スーツのダブルブレストも4釦を好まれていました。           さて、先週はエレガントなチェスターフィールドコートと共に 最高のオーバーコーティングを御紹介させて頂きました。 しかし最高の生地はカシミアだけではありません。   今週はレアで希少価値性高き最高のウールで織られた ESCORIAL のオーバーコーティングを御紹介させて頂きます。   http://dittos.seesaa.net/article/481995724.html 【 ESCORIAL:JACKETING 】 ↑ 極上のエスコリアルウールによるジャケット地もご覧下さいませ。           先ずは 既に夏の暑き最中、エレガントな顧客様のオーバーコートをご覧頂きながら 寒い冬をイメージして頂きましょう。                   皆様におかれましては、シングルブレストとダブルブレスト どちらがお好みでしょうか。 どちらにも良さがあり、魅力的ですから悩みますよね。   生涯の伴侶とも成り得ますので、吟味に吟味を重ねて食材を選びくださいませ。 その味を最高値まで引き出せるよう 丹精込めて調理、お仕立てさせて頂きます。       Joshua Ellis   PURE ESCORIAL 475g             ウール(羊の毛)にも関わらず、その原毛はカシミアに匹敵する程に細く、 美しい艶とシットリした肌触りを持ち合わせます。 特に原毛の特徴たる縮れ毛は ナチュラルなストレッチ性を生み、動きやすさにも直結致します。 エスコリアルは正に特別な羊であり、ウールです。           ブラックとダークネイビーの2色を御用意させて頂きました。 最高レベルのドスキンであり、ウエイトも500g以下で 軽やかに御着用頂ける事でしょう。 先週のカシミアは加工でリップルフィニッシュされ、 さざ波の様なウネリと濡れている様な光沢感に満ち溢れていました。   こちらはベーシックで控えめ、クラシックで王道たるドスキン仕上げ。 されど原毛の品質は頗る高いので シットリとした風合いと共に 滲み出る光沢感が大変上品で御座います。           DARK NAVY   普通のようで 全然普通ではない、能ある鷹は爪を隠します。 圧倒的なポテンシャルを秘めているのが この ESCORIAL COATING なのです。                       BLACK   やはり黒という存在感とエレガントさは他を寄せ付けません。     ドスキン仕上げにより、ミミ文字もぼやけているのが見てとれますね。 素晴らしい肌触りですが、 エスコリアルは着心地でこそ真骨頂を発揮してくれるのです。             ブラックとダークネイビー、最高にエレガントな生地を使って どんなコートを誂えるでしょうか。 何もチェスターフィールドコートだけに拘る必要は御座いません。   ドレッシー過ぎず、ビジネスは勿論タウンスタイルでも リラックスして着て頂ける様な価値観のコートを御所望であれば、 丈のバランスやフロント比翼の有無、そしてバックベルトやプリーツなど 多彩にバリエーションは御座います。   素敵な伴侶を是非この御機会に如何でしょうか。             チャーチル元首相もダブルのコートをお召しです。 ウインザー公に同じく ダブルの4釦-2掛けスタイル。 胸ポケットが無いですね。 昔は結構排除されているコートも多かったのです。             ・・・・・如何でしたでしょうか。 今年はカシミアにエスコリアルと素晴らしいコーティングを手に入れる事が出来ました。   素敵なコート地との巡り合いをお待ちの方が居りましたら心底お勧めで御座います。   店頭では HOUSE STYLE ORDER:早期受注フェア も開催中ですので全て対象となります。 秋口には仕立て上がりますので、寒くなってきたら直ぐに御着用頂けます。 ( 7月30日 受注分までとなります。)   BESPOKEのご注文であれば 晩冬ギリギリ間に合うか、、、、 活躍は来年用とは成ってしまいますが、これからずっと長いお付き合いをしていく相棒です。       思い立ったが吉日、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。             ● HOUSE STYLE ORDER限定の【早期受注フェア】ですが、 来週の30日(金)受注分までとなっております。   宜しければ是非お気軽にお声掛け頂けましたら幸いです。 暑き最中、お店を涼しくしてお越しをお待ちしております。           ● 誠に恐縮ながら、来週のBLOG更新はお休みを頂戴致します。 店頭の生地もそろそろ秋冬地へ入れ替えたい所です。   次回は 8月3日(火)の更新予定となっております。   どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。                      

    Read more
2 / 2812345...1020...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.