BLOG
お客様のご注文

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 V様の御注文:10th-ANNI BLACK SUITS 】

    2019.07.16 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 V様の御注文:10th-ANNI  BLACK SUITS 】

        皆様こんにちは。 7月も中旬となり、夏のラジオ体操が始まる告知のポスターが目に付きます。 子供たちは早くも夏休みなのですね。       先週更新分のBLOG後半にてご連絡させて頂きました HOUSE STYLE ORDER限定による早期受注キャンペーンが 明日よりスタートとなります。 早くもキャンペーン分としての受注は頂戴しておりますが、 こちらも工場さんへ投入で御座います。 宜しければこの御機会を有効活用して頂けましたら幸いです。       さて、今週は BESPOKEでのご注文より V様の BLACK SUITS を御紹介させて頂きます。       ・・・・・例えば冠婚葬祭含めフォーマルなシーンにおきまして、 学生の頃は制服自体が流用出来る訳ですが、社会人になりますとそうは参りません。 大抵の皆様はビジネススーツと共に、取りあえずブラックスーツを揃えられる事になるでしょう。 このブラックスーツというポジションは日本独自な所も否めませんが、 これだけ認知されておりますゆえ 無視する訳にも参りません。   単にブラックスーツと言っても、シングル型もあればダブル型もあり、 2Pや3P、生地も基本黒色である訳ですが、黒であれば何でも良いのでしょうか、、、。   より理想的な回答を求めるのであれば、正礼装や準礼装を仕立てる際に使用される黒い生地、 これらの生地が一番理想的であり正しきフォーマルのブラック地と言えますね。   また、そんな着用シーンにおきましては どんな季節でもあり得る事柄です。 理想的には春夏用と秋冬用を揃えておきたいところではありますが、 ビジネススーツ等と比べ着用機会低きこのブラックスーツだけで2種も 所有する事には気が引ける方々も少なくは無いでしょう。     折角誂えるのであれば正統的なブラックであり、 かつ3シーズン用のウエイトでお選び頂く事が一番望ましいという結論になるでしょう。 V様におかれましては 最高のブラック地をお選び頂きました。     当店オリジナルの10周年記念生地によるGOLDEN BALE で御座います。   http://dittos.seesaa.net/article/463655660.html 【 10th ANNIVERSARY CLOTHS 】             この度、V様におかれましては いつかはワードローブに組み入れよう (BESPOKE SUITSに差し替えよう)とお考えに成られていたブラックスーツですが、 急遽大事な結婚式にご招待される事になり この度ご相談を頂いた次第です。   御当日まで数か月しか残されておりません。 HOUSE STYLE ORDER であれば余裕で間に合います。 ですが、長きに渡り相棒となるブラックスーツこそ BESPOKE でお仕立てされたいとの事。   『 既に頂戴している顧客様方のご注文が御座いますので、 単純に見積もっても100% 間に合いません! しかし、V様は今回のBESPOKEでのご注文は初では無く 型紙ホルダーの顧客様です。 仮縫いを省き、即縫いで仕上げれば、、、それで宜しければ間に合わせる事が可能です。』   大まかなデザインや仕様を打ち合わせ、バランスやフィッテングなども全てお任せとなります。 責任も重大です!   V様より信頼を頂戴しつつ、謹んでお受けする事になりました。 お受けした以上は責任もって必ず間に合わせます!!                 御当日まで もう1週間もありません。 ギリギリとは成りましたが、自信をもって御納品出来るスーツを 丹精込めてお仕立てさせて頂きました。   この独特な生地の顔立ちは本当にエレガントです。           トルソーに着せてみました。 トルソーとの体型的な適合性がとても低いですが、、、、 それだけ皆様の御体型は個性があるという事です。   上着はシングルの1釦、ピークドラペルです。 フロント釦はリンク釦にもなっております。   インナーであるウエストコートはダブルの衿付きをお選び頂きました。 1釦の広めなVゾーンに対し、ダブルのウエストコートは逆に 狭めなVゾーンとなりますので とてもコントラストが映えます。           ・・・・・さて、突然ではありますが このウエストコートは、GOLDEN BALEのバーズアイで仕立てられたダブルの衿付きです。 クラシックで昔ながらのエレガントな雰囲気が漂います。     では、次に 今回お仕立てした V様のDBウエストコートをご覧下さいませ。                   大きくえぐられたアームホール、胸部の胸ポケットさえ あるべき位置に入らぬほどです。 肩幅もコンパクトですね。 独特なバランスと言えますが、、、、                 実は、古より 一つの仕立て手法(スタイル)として確立されていた BACKLESS Waist Coat 【 バックレス・ウエストコート 】 というデザイン(仕様)となります。   前掛けのようですね、それが特徴です。 主にフォーマル用のドレスウエストコートに採用されていた仕様であり、 ダブル型もシングル型もあります。   ある意味では略式と言えなくもありませんが、 その大いなる特徴は背中(後身頃)がご覧の様に『 無い 』という事ですね! 上着を着用の上では隠れていますから バックレスだとは誰も気付けませんね。   そして、この形態だからこそ『 涼しい! 』という実は美味しいオマケが付いてくるのです。 ウエストコートでも背抜き仕立てなどバリエーションはありますが、 これが究極に涼しいですね、そもそも背中が無いですもの!   という訳で、春夏でも三つ揃いを愛用される紳士な殿方におかれましては インナーのウエストコートをバックレスで仕立てるというのも一つの方法で御座います。               背中は当然この用になる訳ですね。                 英国では古き裁断書でも この様に確りと掲載されているデザイン(仕様)です。 古着でも探せば結構出て参りますし、かのウインザー公もバックレスの 同じドレスウエストコートを(予備含めて!?)何着も誂えていた程です。   このスタイルはご覧の様にバスト寸法がありません。 ウエスト(中胴)のみのホールドとなりますが、それは背ベルトで調節し 止められます。 気付かれましたでしょうか。   本来ウエストコートは フロントの釦を止めれば確りと身体をホールドし、 一番身体にフィットしているべきアイテムでもあります。 このスタイルでは痩せたり、太ったりしても その都度サイズ的お直しをする事も無く、 背中のベルト たった一つで その時の御体型や、 お好みのフィッティングにて着用出来る事になりますね!       この歴史あるデザイン(仕様)につきましては、 その後に別途詳しく改めて御紹介させて頂きたいと思っております。           品のあるテーパードシルエットで構成された 2-PLEATS のエレガントなトラウザースです。 御納品当日に着用されていた CARLO RIVA:LISCIOのシャツが涼しげで素敵ですね!                 ウエストコートを御着用頂きました。 これは当然となるのですが、、、ブレイシーズは顔を出します。 それだけ肩幅狭く、アームホールをえぐった上で背中の ベルトへ通じるデザインなので当然となります。   見栄えが良いとは言えないかも知れません、基本的に上着を脱がないという前提もありますね。               背中です。 ブレイシーズの支点位置がバッチリですね、って違います!!   後身頃がありませんので丸見えになります。 ハイバックのトラウザースには尻尾錠が付いているように見えますが、 実は これがウエストコートの背ベルトなのです。   V様におかれましては尾錠類、そして尻ポケットさえ排除された シンプルさでお仕立て頂いております。   これで このブラックスーツは、三つ揃いとして出来得る最高の 涼しさを兼ね備えた 3P-SUITS となりますね。 冬、外出時に寒ければオーバーコートを御着用されれば良いのです。 室内環境であれば空調コントロールされていますので安泰です。   3シーズン用の生地を使い、やや夏場を尊重されるのであればお勧めたる仕立て方となります。                 バックレスWC、如何でしょうか。 私は大好きな仕様ですし、先人方の様々な工夫や考え方を心底尊重致します。   ウエストコートが省かれる様になった昨今では御座いますが、 スーツのあるべき姿は本来 三つ揃いが前提であり、 御愛用される殿方に是非知って頂きたいです。   先人方の知恵や工夫はまだまだこんなものではありません。 皆様の知らぬ仕様やデザインも沢山御座います。 少しずつでは御座いますが、御紹介して参りたいと思います。   様々な選択肢の中より皆様ご自身の価値観に見合うベストチョイスをして頂けましたら TAILORと致しましては何よりも嬉しく思います。               最後に三つ揃いの御姿でパチリ! やはり誂えですから御本人様が着用されるのが一番エレガントで美しく、様になりますね。 V様、本当に素敵です。   しかし、、、誰もバックレスのWCだなんて気付きませね(笑)。   この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。                 ・・・・・今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。 御紹介させて頂きたい事は多々御座います。 どうか来週もご覧頂けます様 何卒宜しくお願い申し上げます。          

    Read more
  • 【 H.S.ORDER N様の御注文:IRISH LINEN 】

    2019.06.18 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 H.S.ORDER  N様の御注文:IRISH LINEN 】

            皆様 こんにちは。   来年の2010年 東京オリンピックがいよいよ開催されます。 明後日の6月20日は 観戦チケットの抽選発表日ですね。 皆様におかれましては応募されましたでしょうか。                 プールサイドでのシーンでしょうか。 淡いベージュのスーツは シングルのピークドラペル、パッチポケット携えたスーツに これまた素敵なスペクテーターシューズを! コントラストの効いたレジメンタルタイ、その色は帽子や靴下にも 意識されているかも知れませんね。             春夏のシーズンを迎える毎に、ご愛用者の増え続ける 魅力的で大変お勧めな生地があります。   先週はリネンと言えば やはり代表選手たる IRISH LINEN を御紹介させて頂きました。 今週は その清涼感溢れるリネンに対し、 ウールをブレンドした生地 LINEN×WOOL の御紹介です。           ・・・・・リネンの大いなる魅力でもある皺、 そして植物繊維らしい素朴な肌触りと適度なハリコシ。 そのリネンに対し、ウールをブレンドするとどうなるでしょう。 ウールの持つその柔軟性は、ハリコシに適度な柔らかさを与え、 融通性も加わりますのでクセ取りなども行為も十分に受け取ってくれます。   リネンたる皺、これは勿論入ります。 しかしウールの持つ復元力が、その入った皺の3割程度を復活させてくれます。 植物性繊維と動物性繊維の異なるメリットを掛け合わせ独自の魅力を生み出しているのが この生地なのです。   http://dittos.seesaa.net/article/414169617.html           英国の小さなマーチャント、LAMOGEよりの生地で御座います。 50%:LINEN 50%:WOOL   丁度 半分ずつで奏でられるその魅力的な生地は、いくつかの種類も揃えます。 その中で 私自身も愛用する大変お気に入りの一着でもあります。 サンドベージュは春夏の装いには欠かせぬ淡い色味と共に、 クラシックなヘリンボーン柄が控えめな主張を奏でます。               さて、今週は HOUSE STYLE ORDER より、 N様の御注文を御紹介させて頂きたいと思います。   当BLOGにつき、顧客様のお仕立てされた服の御紹介は いつも基本的にはお仕立て上がりの新品です。 しかし 今回は何度も着用され、その魅力的な皺と共に味わいが滲み出て 正にN様だけのスーツとなった その御姿を御紹介させて頂きます。   御用件のもと当店へご来店下さった折、以前にお仕立て頂きました このサンドベージュのスーツを御着用の上でご来店下さりました。N様のリアルな『その日の装い』という事で御座います。   あまりにも格好良く、お似合いで魅力的でしたので 思わず写真を撮らせて頂いた次第です!               多大なる御贔屓を頂戴しておりますN様はスタイルも良く、 本当に何を着ても格好良く 様になる御方です。   コーディネイトと共に、スーツ自体も喜んでいる様に見えてしまう そんな御姿を是非ご覧頂ければと思います。               ヘリンボーン柄サンドベージュのスーツに対し、 ACRON社の名作でもある CAMBRIDGE:RIVIERA のシャツ、 廃盤が本当に惜しまれますが、 これからの季節は私もヘビーローテーションとなるシャツで御座います。 (ホワイトは既に完全品切れ、こちらのブルーも抱える在庫は残り数着分となります。)   その爽やかなブルー地に、タイはリネン×シルクのレジメンタルタイ。 淡い色調が全体のトーンと共に凄くマッチし、その素材感も調和が素晴らしいです。   シングルブレスト:3釦 ピークドラペルのエレガントなデザインながら、 腰のみパッチポケットとして程好い砕け感を演出されています。 この生地で この仕様であれば、スーツをバラしての 御着用も楽しめる事は嬉しきメリットとなります。   ハンド仕立てによるオプションも加えられた、 当店HOUSE STYLE ORDERの最高スペックでのお仕立てです。 長く着れば着る程に、そのハンドメイドたる恩恵は感じて頂ける事でしよう。                   羨ましきスタイルですが、そのお身体に寄り添い エレガントなシルエットがN様を包み込みます。   背中にもリネンらしい皺が見受けられますね。 これらのですが、このウエイトの100%リネンであれば もっとシワシワになっているという事です。 適度な雰囲気で収まってくれるのは、やはり混紡素材だからという事になります! そう言う意味でも手入れが幾分楽で扱いやすい生地です。                 タッセルローファー、良いですね! 春夏は特にスリッポンを履きたくなります。   少なからず砕けた印象も持ち合わせるリネンには素晴らしき相性です。                     N様、素敵な笑顔と共に エレガントなスタイルを誠に有難う御座いました。   今季ご注文の新型であるアンコン ジャケットも間もなくお仕立て上がります。 また違った魅力をお楽しみ頂けましたら幸いです。 是非この春夏には どちらもご堪能下さいませ。                   ・・・・・サンドベージュと共に、人気を分けるネイビーも御用意があります。 ネイビーのトーン自体もやや明るめであり、大変使いやすい色味です。   スーツでも良し、ジャケットスタイルでも 堅い印象を与えぬ色味のトーンは大変重要となる要素です。 本当に丁度良い塩梅だと思います。     今では様々なメーカーがリネン混の生地を織りあげています。 2者混、3者混、それぞれの混率など含め多岐にわたります。   重要なのは、それぞれの生地においてリネンの魅力を筆頭とし、 その魅力に+αを与える混紡生地であるという事です。 皆様の価値観とお好みにより、沢山の種類より厳選の上 お選び下さいませ。         皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。              

    Read more
1 / 912345...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.