BLOG
お客様のご注文

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 M様の御注文:秋冬用 H.Lesser 】

    2022.06.21 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 M様の御注文:秋冬用 H.Lesser 】

        沖縄は昨年より13日も早く梅雨明けとなりました。 今年は全国的に梅雨が短いかも知れませんね。   6月にも関わらず、一部では早くも気温30度越えしている所もあり 暑い夏は近付いてきているようです。                 顧客様方の多大なる御好意により、 今年も【 至高のシャツ地フェア 】が御好評のもとで閉幕となりました。 化け物レベルの生地も含め、皆様方より頂戴致しました沢山の至高レベルのシャツ地達は 最高の調理を持って至高のシャツへとお仕立てさせて頂きます。 お仕立て上がりまで暫しお時間を頂戴致しますが、 どうかご期待の上 楽しみにお待ち頂けましたら幸いで御座います。               さて、先週は 名門H.Lesserの素晴らしい春夏生地をお選び頂きました 極上のスーツを御紹介させて頂きました。 今週は 同じくH.Lesserでの秋冬地をお選び頂きました やはり極上のスーツを御紹介させて頂きます。             大変な御贔屓を頂戴しておりますM様のスーツなのですが、 仮縫いまでの御紹介でとまっておりまして、、、 はれてお仕立て上がりをこの度 御紹介させて頂ければと思います。   http://dittos.seesaa.net/article/483501639.html 【 M様の仮縫い:DARK NAVY 】               何の変哲もないベーシックで当たり前過ぎるダークスーツ地です。 先週の様に春夏用ではトーンを明るめにした色味は良く映える訳ですが、 秋冬地としてのネイビーは濃ければ濃い程にドレッシーとなります。   H.Lesser & Sons 100% WOOL   405g   普通のウーステッドです。 ですが、その普通というレベルが 名門H.Lesserではステージの差を思い知らされます。   写真では伝わりませんが、目の前にし、 触れば その極上さが皆様にも必ずやご納得頂ける事でしょう。   究極にシンプルでベーシック、飾り気なき当たり前のダークスーツ地。 こんな無地の生地こそ 質の違いが滲みでるものです。 この生地は特にG.BALEという訳ではありませんが、だからこそ驚かされるのです。     実用的で当たり前な物こそ質に拘って、 長きに渡り愛用される・出来るものをお選び下さいませ。           2ND 仮縫いであり、ここまでは上記リンクで御紹介済みで御座いました。 次よりお仕立て上がり・最終FITTINGで御座います。             いつも通りのサイズ感、いつも通りのディテール。 飾らず、目立たず、ベーシックでクラシックだからこそ、 より生地の良さを味わって頂けます。   今回は敢えて秋冬地というポジションで御選択頂きました。 このポジションであり、ウエイトであるからこそ 着用されている安心感や満足感、そして迫力、存在感というものが M様におかれましてもご納得頂けるのではないでしょうか。             ピンクのシャツにボルドーのタイが素敵ですが、 限定品のブレイシーズは以前にお求め頂きました 『 JAPANESE GEISHA 』で御座いますね! 御愛用 誠に有難う御座います。 コーデにも凄くマッチしますし、 紳士服の遊び心はこんな所で自己満に浸る位で丁度良いのです。   http://dittos.seesaa.net/article/454697806.html 【 ALBERT THURSTON 】             ウエストコートを着用されたら全く見えませんよね。 M様の様に 内に秘めた遊びの余裕を持たれる紳士でありたいです。                       まさしくエレガント、この一言につきます。 紳士の着るべきスーツというのは額でもあり、 主役は中に飾られている絵画であり、写真です。 主役の中身を引き立てるシンプルでベーシックな額装こそ ダークスーツたるポジションです。             本当に目立たず控えめ、普通なのですが 逆にここまで精度高くお身体に合ったスーツなどは探しても売っていません。   極上の着心地を味わえるのは 食材選びと、 それを調理する腕(技術)となります。 誂え服を着る意味、それは何よりも、誰よりも クライアント様方が一番御理解されているという事で御座います。     もはや私の安っぽい言葉は不必要です。         この写真では服が生き生きとして 既にM様の洋服へとなり始めているのが分かります。 同時に、着用された着皺より この生地の持つ柔軟性と粘り、 しっとりとした肌触り、原毛の良さからくる ナチュラルな光沢感による光の陰影、、、 この生地のポテンシャルが滲み出ております。     改めて 秋冬地のウエイトならではの安心感と安定感、 そして迫力と存在感。 仕立て映えのする打ち込み良き最高の生地でした。 縫っていても気持ちが良い生地は、 仕立て映えと共に 着心地だって最高に決まっております。     M様、この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。 今年も寒くなれば是非ご堪能頂けましたら幸いです。       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・           今月よりデビューさせて頂きました BUSH JACKET ですが 沢山の方々にお試し頂き、とても御好評を頂戴しております。   こんなにも嬉しく、有難い事はありません。 普段の仕事は誂えであり、受注生産です。   ですが これは既製服ですから産みの苦しみはありましたが、 デビューしてしまえばご購入頂き そのままお持ち帰り頂きます。   「 サイズはこれで! で、いつ出来るの? 」 『 えっと、本日お持ち帰り頂けます! 』   こんな会話も実際に御座いましたが、 そこが当店としては不自然となるので、顧客様方も不思議な感じとの事です(笑)。   そんな既製服としてのBUSH JACKETですが、ほんの少しだけ御紹介させて頂きます。               是非 皆様もお気軽に御試着へとお越し下さいませ。 自慢の我が子で御座います!   本格的な夏を前に、是非皆様のお越しを心よりお待ちしております。                 ・・・・・英国:アダムレイ社より遅延のご連絡が入りました。 当店別注のスカーフですが、店頭デビューは今月末ごろとなりそうです。 上手くいけば来週のBLOGで御紹介出来るかもしれません。   お待ち下さっておられる方々には大変恐縮ながら、もう少しだけお待ち頂けます様 宜しくお願い申し上げます。                        

    Read more
  • 【 T様の御注文:春夏 】

    2022.06.14 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 T様の御注文:春夏 】

          皆様 こんにちは。 東京は既に梅雨入りし、暫くは雨天と上手く付き合わねば成りません。       そんな雨は自然の恵みでもあり、 草木のグリーンがこんなにも瑞々しく 生き生きと美しさを奏で、喜んでいるようにも見えます。 緑には本当に癒されますよね。           さて、【 至高のシャツ地フェア 】ですが 次の日曜日である 6月19日(日) までと閉幕が迫って参りました。   年に一度のお祭りです! 今年も沢山の方々に素敵な御注文を頂戴致しまして、心よりのお礼を申し上げます。 週末までにはもう少し期間が御座いますので、 是非お時間をご捻出頂けましたら幸いです。   ご来店されたいのに どうしてもご都合が厳しい方々におかれましては、 お取り置きもさせて頂きますので どうかお気軽にご連絡頂ければと思います。         では、今週ですが この春夏用にと御注文頂きましたT様のクラシックな 三つ揃いのスーツを御紹介させて頂きたいと思います。           T様は小柄でとてもスリムな御方、吟味を重ねた素晴らしい生地を選び、 ベーシックでエレガントな三つ揃いを御愛用されておられる魅力的な紳士で御座います。 もとは当店HOUSE STYLE ORDERより御縁を頂き、 その後 BESPOKEへのステージへと上がられました。   BESPOKEとしては4着目ながら、今回は当店にてお仕立て頂く初の春夏用となります。 その初は、どんな生地を選ばれたのでしょうか。         = Henry Lesser & Sons = Lumb’s Golden Bale 240g   http://dittos.seesaa.net/article/479937343.html 【 秘めたる NAVY SUITING 】     初ながら、羨ましい程に相応しき最高の生地です! 名門 H.Lesser より ネイビーのウール・トロピカルとなりますが、 同社の看板とも言える GOLDEN BALE です。 数ある大手のマーチャントが現存する中、 G.BALEをパーマネントシリーズとしてバンチで抱えるのは唯一でもあるH.Lesserです。   春夏用としてトーンの濃過ぎないネイビー地、 しなやかでいてシットリとした肌触りは勿論格別であり 圧倒的です。 平織物で生地も薄く しやなか、、、仕立ては難しくなる方向性です(笑)。           T様の締まったウエストは細くて羨ましい限りです。 反面、立体的な尻含め 腰は確りされており、このギャップが既製品でみた場合 どうしても適応外になってしまう事もありましょう。 ただ、腰位置も高くて足も長いですし羨ましい限りです。   ハイライズにハイバック、後の吊用釦はレギュラーでは外側へお付けしておりますが T様は内側へ! ピタッとしたウエストコートの背中に響かせないという事になります。           パープルのタイがネイビースーツにとても良く映えます。 ウエストコートも至ってベーシックに。 中下の連動性も申し分御座いません。         上着もベーシックな3釦であり、軽く段返りを好まれます。 チケットポケットも携え、クラシックな三つ揃いがとても良くお似合いで御座います。   しかし、このネイビーの色味、、、、 絶妙で凄く素敵ですよね。 春夏だからこそ このトーンが尚更映えるのです。           無事に仮縫いが終了です。 微調整を加え、FINISHに向かいます。   左側のシャツが見えませんが、、、、お次の写真で!           いよいよ仕立て上がり、最終FITTINGです。 左袖口、実は腕時計により 手前でカフスが止り易いのですね。 上着の袖丈は確りと左右対称で合わせておりますので御安心下さいませ。   T様におかれましては、SEIKOさんに御依頼を頂きました 当店とのコラボ時計を御愛用頂いております! 時間の制約や割り振りは大変重要なお仕事をされておられます。 シンプルに正確で壊れにくく、見やすくて かつ高級過ぎない! このポジショニングが正に企画・意図された部分でもあるのですね。 御愛用 誠に有難う御座います。   http://dittos.seesaa.net/article/471461905.html 【 SEIKO × Dittos 】             足元はブラックのフルブローグ、質実剛健な足元。 トラウザースの裾は、サラリとドレッシーなシングルの裾上げを好まれます。             T様、とてもエレガントで素敵です。   皆様におかれましては、このお写真を見て身長が想像できますでしょうか。 160、165、170、175、、、   皆様のお身体は全て個性であり様々です。 その御方の身体に合わせてバランス良く設計されていれば、 既製品と違い不自然さが全くないので御体型(身長)なども 比較対象が無い上で こう見ると分からなく見えるものです。   例えば、上着の腰ポケット・フラップ幅はレギュラーで5㎝幅にしています。 ですが T様は4.7㎝にしてあり、お身体の大きな方は逆も然りです。 フロントの釦も人それぞれにミリ単位でスタンスを決め、割り振りされています。   ほんの些細なバランスの気遣い一つ一つが 全体感としての大きな調和に結びつくのですね。 職人の自己満でもありながら、美意識でもあります。       T様の第一声は『 軽い! 』 ですよね、随分違うはずです。   生地は当然薄く軽くなりますし、春夏物であれば様々な袋地など含めた 付属類の品々もテイストや相性を合わせるべく調和させております。             肩や衿周りのフィット感、胸回りのボリュームが程好く大胸筋を包み、、、 優しい段返りと共に Vゾーンでのウエストコートとの相性も全て計算されています。 仕立ても重要ながら、これら設計(カッティング)が どれだけ重要かという事が少しでも伝わりましたら嬉しい限りです!           とても素敵な後姿です。 メリハリあるお身体であればある程に、TAILORDEの技術は活きるのです。   型紙は洋服の設計図でもあり、その御方を反映しているがゆえ 型紙を見れば 『 ○○様らしさ 』 を感じる事が出来る程ですよ。             T様、この度も 素敵な御注文を誠に有難う御座いました。 とてもお喜び頂き光栄で御座います。   春夏用として2着目のスーツも仮縫い準備が整っておりますので、 そのスーツと共にT様のお越しをお待ちしております。   次のスーツも これまた極上でレアな逸品をお選び下さっております。 是非また御紹介させて頂けましたら嬉しいです!                 ・・・・・如何でしたでしょうか。 春夏だとしてもスーツが必要な方、好きな方はいらっしゃいますし、 クラシックなスーツほど男を紳士にしてくれるものはありません。   暑き春夏で三つ揃いに拘るのであればバックレスのウエストコートなどもあり、 既に先人達が生み出しております。 http://dittos.seesaa.net/article/475035587.html 【 BACKLESS WAISTCOAT 】   暑さ厳しければ 上下での2Pで御着用されれば良いですし、 本当に厳しければ上着を脱げば良いです。     現代社会ではこんなこと話したら驚かれると思いますが、 シャツは下着ですので女性の前やお客様の前で 上着を脱ぐなど有り得ないという時代がありました。 しかし、ウエストコートを着ていれば それは 下着姿では無い という事でもあり、一応上着を脱いでも駄目では無いという解釈です。   こんな時代も実際にあった訳ですが、時代は価値観と共に変化します。 日本は洋装文化の根底が無いので色々な事が独自で おかしな事になっている側面も多々御座います。 折角 和装から洋装を選んだのであれば その洋装文化にももっと興味を持ち、 理解を深められる方々が少しずつでも増えると嬉しく思います。   クラシックな紳士服は歴史から成り立っているのです。           では、今週もお付き合い頂きまして 誠に有難う御座いました。   そろそろ仕込んでいた【 SCARF 】も届く予定です。 BUSH JACKETにも是非合わせて頂きたいですし、 届き次第 改めて御紹介させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。              

    Read more
1 / 3112345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.