BLOG
お客様のご注文

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 H様の御注文:IRISH LINEN 】

    2019.08.06 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 H様の御注文:IRISH LINEN 】

        暑中お見舞い申し上げます。 毎日暑い日が続きますが、各地では様々な花火大会が開催されていますね。   やはり日本の夏は厳しく、既に冬の寒さが恋しくなっております。 明後日の8日には『立秋』を迎えますので 以降は残暑見舞いという事になります。 そうです、もうすぐ残暑です。 あとは涼しくなるのを待つばかり!     そんな暑い最中では御座いますが、 この季節ならではの装いを少しでもお楽しみ頂ければと思います。   今週は、いつもエレガントで博識なH様の御注文を紹介させて頂きます。               リネンのスーツでしょうか。 左の紳士は渋いダブルのスーツ、 ボウタイとカンカン帽のリボンが揃えてありますね。 本来では その色柄が所属や出身などを表します。 正に英国らしく、歴史を感じさせてくれます。   奥のタバコブラウンのダブルはロングターンモデルです。 Vゾーンの広さも随分と変わりますね。 このイラストを良く覚えておいて下さい!             SPENCE BRYSON   TROPICAL STRING 100% IRISH LINEN 380g     春夏と言えばリネンは欠かせぬ素材です。 リネンと言えば やはりIRISH LINEN が筆頭となるでしょう。 それにしても この不朽の定番色、エレガントですね。   当BLOGでも魅力的なリネンのご注文を沢山御紹介させて頂いておりますので もう説明入らずではないでしょうか。                 スーツとは三つ揃いが前提であり、 上着の打ち合い(シングルorダブル)に左右される事ではありません。 ただし ダブルの上着ではインナーであるウエストコートは殆ど見えません。 ですが、お持ちであれば御着用の有無を御自身で選択も出来る訳です。     ダブルの上着に ダブルのインナー、通好みの御選択であり 胸元をスッキリとさせるべく、カラーレスでのダブルブレストで御座います。 3P全て微調整すら無く無事に仮縫いが終り、仕上げへと進行致します。               ・・・・・いよいよお仕立て上がりです。 ダブルブレスト:6釦-2掛けとなります。     正に英国的でクラシック、このエレガントなバランスはH様の御希望通り。 出来も最高に良く、お見せするのが楽しみです!             お洒落なH様におかれまして、 ダブルはロングターンでの着こなしも楽しめる様にと芯作りも含め、 配慮の上でお仕立てさせて頂きました。 今でいう段返りですね! 柔らかな返りの具合が見てとれる事でしょう。   洋装史にも詳しい御方でしたらロングターンと言えば ケント公が真っ先に思い浮かぶのではなでしょうか。 これは後に少し触れたいと思います。       競馬場での一コマ、左の紳士も DB.4B:ロングターンでの着こなしですね。 紳士服には歴史という『歩み』がありますので、 知れば知る程に奥も深く そこが大いなる魅力でもあるのです。           ・・・・・さて、H様にご来店頂きました。 いよいよ最終FITTINGです。     2-PLEATSのゆったりとしたトラウザースが本当にお似合いです。 そのドレープは優雅であり、涼し気でもあります。             クレリックカラーにボウタイ、カフは常にフレンチカフス。 手慣れたボウタイの結びを見れば どれだけの御経験値なのか直ぐに分かります。   ダブルの締まったVゾーンに、手結のボウタイ、、、とても素敵です。         裏地は少しでも薄く、軽く、平織地のヴィスコースでシャンパンゴールドをお選び頂きました。 お身体に合ったウエストコートには背ベルトすら必要ありませんね。             正にエレガントな夏の装い、紳士たるはこう有るべきを直球で。 腰ポケットの微妙な傾斜具合はH様のアイコンでもあります!             BESPOKEで作られた、まだまだ受け取ったばかりのスペクテーターシューズに やっと合わせて頂けますね。お待たせ致しました。 この度のスーツがデビューの折には最高の組み合わせを是非ご堪能頂ければと思います。           後姿も素敵です。 サイドベンツをお切りになりました。             ・・・・・さて、この御方もロングターンでの着こなし! 氏お気に入りの4釦-2掛けのダブルブレスト、 設計的には上側を止める様にデザインされています。     あえて上を止めず 下掛けにより、段返りの止め方となります。 良い意味で脱力し 砕けた印象をも着こなしで表現する・出来るというスタンスですね。 この様な着こなしによる遊び心より、『であれば 始めからロングターンで!』 とデザインが派生した経緯もお分かり頂ける事と思います。   因みに設計では2掛けなので、下前の内ボタンは上段で止められています。 Vゾーンもコンパクトですね。   H様の様な 6釦2掛けと同じですが、胸部の飾り釦を取り払っての4釦となります。             ロングターンと言えば この御方、 DUKE OF KENT。 ウインザー公の弟様で御座います。 ロングターンのダブルは ケントモデル とも言われたりする程に インパクトと影響を与えたという事です。           ケント公はオーバーコートまでロングターンですか! 本当にお好きですね。   見方によれば、とある時代のアルマーニ含め 80年代のダブル、、、、 思い出しませんか!? 紳士服のファッションに歴史は欠かせぬという事です。             ・・・・・最後にH様にも!     ここで細かな区別にはなりますが、仮にダブルの6釦で考えますと 縦に3列釦が並びます。 【 DB.6B-2 】 6釦2掛けのモデルは あくまでも胸部釦は飾りであり 2列目、3列目を止める様に設計されます。 これを着こなしによりロングターンでの着用はお遊びです。   では ロングターンを前提に設計された【 DB.6B-1 】下段のみ1掛けは、 基本下段のみしか釦が止められません。   これらは 2掛けモデルと釦配列の位置バランスや芯、仕立て方が変わります。 区別されたデザインでもありますので、どちらを御選択されるかという事になりますので、 これはお好みやスタイルで構いません。   2掛けであれば段返りの様な着こなしも出来る事になります。   1掛けの特徴として、ロングターンは釦を止める位置がどうしてもシェイプされる位置より 乖離しますので グラマラスなシルエットには不向きという側面があります。 Vゾーンも深くなりますね。   冒頭のイラストを改めてご覧頂くと良く分かると思います。           別の顧客様のロングターンのダブルは ODD JACKET として。 段返り風 飾りのホールもリクエストされました。 こう見比べると違いが分かり易い事と思います。               如何でしたでしょうか。 紳士服は知れば知る程に旨味が滲み出て 本当に美味しく、止められなくなります。   H様、この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。     特に春夏のお洒落はある意味やせ我慢的な要素は否めません。 涼しい顔してリネンのスーツを着こなす大人になりたいです。   リネンは色によっても随分印象が違いますし、 このレベルのウエイトは このレベルにしか出ない・出せない味わいがあります。 3シーズンくらい着こなされたら 素晴らしい顔立ちに生まれ変わります。   そして新品の頃はハリコシを感じられますが、 着こなす程に本当に柔らかく、クッタリして参ります。 これがもう本当に掛替えの無い独特な魅力でもあります。   長きに渡り、相棒として是非育ててあげて下さいませ。             ・・・・・誠に恐縮ながら 来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。   次回は 8月20日(火)の更新を予定しております。 何卒ご了承頂きたく、引き続き宜しくお願い申し上げます。   また、HOUSE STYLE ORDER限定にて 【 早期受注キャンペーン 】を行っておりますが こちらは 8月21日(水)までとなります。 是非とも宜しくお願い致します。       今週も誠に有難う御座いました。                    

    Read more
  • 【 V様の御注文:10th-ANNI BLACK SUITS 】

    2019.07.16 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 V様の御注文:10th-ANNI  BLACK SUITS 】

        皆様こんにちは。 7月も中旬となり、夏のラジオ体操が始まる告知のポスターが目に付きます。 子供たちは早くも夏休みなのですね。       先週更新分のBLOG後半にてご連絡させて頂きました HOUSE STYLE ORDER限定による早期受注キャンペーンが 明日よりスタートとなります。 早くもキャンペーン分としての受注は頂戴しておりますが、 こちらも工場さんへ投入で御座います。 宜しければこの御機会を有効活用して頂けましたら幸いです。       さて、今週は BESPOKEでのご注文より V様の BLACK SUITS を御紹介させて頂きます。       ・・・・・例えば冠婚葬祭含めフォーマルなシーンにおきまして、 学生の頃は制服自体が流用出来る訳ですが、社会人になりますとそうは参りません。 大抵の皆様はビジネススーツと共に、取りあえずブラックスーツを揃えられる事になるでしょう。 このブラックスーツというポジションは日本独自な所も否めませんが、 これだけ認知されておりますゆえ 無視する訳にも参りません。   単にブラックスーツと言っても、シングル型もあればダブル型もあり、 2Pや3P、生地も基本黒色である訳ですが、黒であれば何でも良いのでしょうか、、、。   より理想的な回答を求めるのであれば、正礼装や準礼装を仕立てる際に使用される黒い生地、 これらの生地が一番理想的であり正しきフォーマルのブラック地と言えますね。   また、そんな着用シーンにおきましては どんな季節でもあり得る事柄です。 理想的には春夏用と秋冬用を揃えておきたいところではありますが、 ビジネススーツ等と比べ着用機会低きこのブラックスーツだけで2種も 所有する事には気が引ける方々も少なくは無いでしょう。     折角誂えるのであれば正統的なブラックであり、 かつ3シーズン用のウエイトでお選び頂く事が一番望ましいという結論になるでしょう。 V様におかれましては 最高のブラック地をお選び頂きました。     当店オリジナルの10周年記念生地によるGOLDEN BALE で御座います。   http://dittos.seesaa.net/article/463655660.html 【 10th ANNIVERSARY CLOTHS 】             この度、V様におかれましては いつかはワードローブに組み入れよう (BESPOKE SUITSに差し替えよう)とお考えに成られていたブラックスーツですが、 急遽大事な結婚式にご招待される事になり この度ご相談を頂いた次第です。   御当日まで数か月しか残されておりません。 HOUSE STYLE ORDER であれば余裕で間に合います。 ですが、長きに渡り相棒となるブラックスーツこそ BESPOKE でお仕立てされたいとの事。   『 既に頂戴している顧客様方のご注文が御座いますので、 単純に見積もっても100% 間に合いません! しかし、V様は今回のBESPOKEでのご注文は初では無く 型紙ホルダーの顧客様です。 仮縫いを省き、即縫いで仕上げれば、、、それで宜しければ間に合わせる事が可能です。』   大まかなデザインや仕様を打ち合わせ、バランスやフィッテングなども全てお任せとなります。 責任も重大です!   V様より信頼を頂戴しつつ、謹んでお受けする事になりました。 お受けした以上は責任もって必ず間に合わせます!!                 御当日まで もう1週間もありません。 ギリギリとは成りましたが、自信をもって御納品出来るスーツを 丹精込めてお仕立てさせて頂きました。   この独特な生地の顔立ちは本当にエレガントです。           トルソーに着せてみました。 トルソーとの体型的な適合性がとても低いですが、、、、 それだけ皆様の御体型は個性があるという事です。   上着はシングルの1釦、ピークドラペルです。 フロント釦はリンク釦にもなっております。   インナーであるウエストコートはダブルの衿付きをお選び頂きました。 1釦の広めなVゾーンに対し、ダブルのウエストコートは逆に 狭めなVゾーンとなりますので とてもコントラストが映えます。           ・・・・・さて、突然ではありますが このウエストコートは、GOLDEN BALEのバーズアイで仕立てられたダブルの衿付きです。 クラシックで昔ながらのエレガントな雰囲気が漂います。     では、次に 今回お仕立てした V様のDBウエストコートをご覧下さいませ。                   大きくえぐられたアームホール、胸部の胸ポケットさえ あるべき位置に入らぬほどです。 肩幅もコンパクトですね。 独特なバランスと言えますが、、、、                 実は、古より 一つの仕立て手法(スタイル)として確立されていた BACKLESS Waist Coat 【 バックレス・ウエストコート 】 というデザイン(仕様)となります。   前掛けのようですね、それが特徴です。 主にフォーマル用のドレスウエストコートに採用されていた仕様であり、 ダブル型もシングル型もあります。   ある意味では略式と言えなくもありませんが、 その大いなる特徴は背中(後身頃)がご覧の様に『 無い 』という事ですね! 上着を着用の上では隠れていますから バックレスだとは誰も気付けませんね。   そして、この形態だからこそ『 涼しい! 』という実は美味しいオマケが付いてくるのです。 ウエストコートでも背抜き仕立てなどバリエーションはありますが、 これが究極に涼しいですね、そもそも背中が無いですもの!   という訳で、春夏でも三つ揃いを愛用される紳士な殿方におかれましては インナーのウエストコートをバックレスで仕立てるというのも一つの方法で御座います。               背中は当然この用になる訳ですね。                 英国では古き裁断書でも この様に確りと掲載されているデザイン(仕様)です。 古着でも探せば結構出て参りますし、かのウインザー公もバックレスの 同じドレスウエストコートを(予備含めて!?)何着も誂えていた程です。   このスタイルはご覧の様にバスト寸法がありません。 ウエスト(中胴)のみのホールドとなりますが、それは背ベルトで調節し 止められます。 気付かれましたでしょうか。   本来ウエストコートは フロントの釦を止めれば確りと身体をホールドし、 一番身体にフィットしているべきアイテムでもあります。 このスタイルでは痩せたり、太ったりしても その都度サイズ的お直しをする事も無く、 背中のベルト たった一つで その時の御体型や、 お好みのフィッティングにて着用出来る事になりますね!       この歴史あるデザイン(仕様)につきましては、 その後に別途詳しく改めて御紹介させて頂きたいと思っております。           品のあるテーパードシルエットで構成された 2-PLEATS のエレガントなトラウザースです。 御納品当日に着用されていた CARLO RIVA:LISCIOのシャツが涼しげで素敵ですね!                 ウエストコートを御着用頂きました。 これは当然となるのですが、、、ブレイシーズは顔を出します。 それだけ肩幅狭く、アームホールをえぐった上で背中の ベルトへ通じるデザインなので当然となります。   見栄えが良いとは言えないかも知れません、基本的に上着を脱がないという前提もありますね。               背中です。 ブレイシーズの支点位置がバッチリですね、って違います!!   後身頃がありませんので丸見えになります。 ハイバックのトラウザースには尻尾錠が付いているように見えますが、 実は これがウエストコートの背ベルトなのです。   V様におかれましては尾錠類、そして尻ポケットさえ排除された シンプルさでお仕立て頂いております。   これで このブラックスーツは、三つ揃いとして出来得る最高の 涼しさを兼ね備えた 3P-SUITS となりますね。 冬、外出時に寒ければオーバーコートを御着用されれば良いのです。 室内環境であれば空調コントロールされていますので安泰です。   3シーズン用の生地を使い、やや夏場を尊重されるのであればお勧めたる仕立て方となります。                 バックレスWC、如何でしょうか。 私は大好きな仕様ですし、先人方の様々な工夫や考え方を心底尊重致します。   ウエストコートが省かれる様になった昨今では御座いますが、 スーツのあるべき姿は本来 三つ揃いが前提であり、 御愛用される殿方に是非知って頂きたいです。   先人方の知恵や工夫はまだまだこんなものではありません。 皆様の知らぬ仕様やデザインも沢山御座います。 少しずつでは御座いますが、御紹介して参りたいと思います。   様々な選択肢の中より皆様ご自身の価値観に見合うベストチョイスをして頂けましたら TAILORと致しましては何よりも嬉しく思います。               最後に三つ揃いの御姿でパチリ! やはり誂えですから御本人様が着用されるのが一番エレガントで美しく、様になりますね。 V様、本当に素敵です。   しかし、、、誰もバックレスのWCだなんて気付きませね(笑)。   この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。                 ・・・・・今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。 御紹介させて頂きたい事は多々御座います。 どうか来週もご覧頂けます様 何卒宜しくお願い申し上げます。          

    Read more
1 / 1012345...10...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.