BLOG
お勧め情報

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 本年も宜しくお願い申し上げます。 】 

    2020.01.07 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 本年も宜しくお願い申し上げます。 】 

          明けましておめでとう御座います。 好天に恵まれたお正月、年始のお休みはゆっくりと出来ましたでしょうか。   当店は4日より通常営業とさせて頂いております。 どうか本年も宜しくお願い申し上げます。             今年の元旦も明治神宮へ初詣に行って参りましたが、 本年は何と明治神宮鎮座百年際と共に 明治天皇誕生日の例祭を行われる記念すべき年でもあるのです。                 さて、大変ご迷惑をお掛けしております当店誂えシャツに付きまして 昨年末に御連絡させて頂きましたが、 いよいよ今月末日までで一旦シャツの受注を止めさせて頂きます。 http://dittos.seesaa.net/article/472153791.html     告知させて頂きましてからは 多くの皆様よりシャツの誂え足しを頂戴しておりまして 誠に恐縮な限りです。 1月31日 まで通常通りご注文頂く事が出来ますので、 もし御用命が御座いましたらお気兼ねなくお申し付け下さいませ。   必ず新たにリスタート出来るよう準備を進めておりますので 暫しの間 ご迷惑お掛け致します事をご了承頂きたく、宜しくお願い申し上げます。   少なからず私自身も複数枚注文を入れておいたシャツが仕立て上がってきております。             英国:RINGHART   こちらの生地は流石に英国の生地メーカーらしく、 らしさ溢れるストライプシャツやカントリーチェック等は特にお任せください。 素晴らしき逸品が揃っております。   40S×40S  単糸使いのツイルであり、起毛させたBrushed Cottonとなります。 NAVY×PLUM で配色された典型的なタッターソールチェック、 ベースはクリーム色で温かみと共に柔らかい印象です。 ブルー×レッドでは無く、あえてのプラムは大好きなパープルを感じさせる色でもあり とても気に入っております。         当店のレギュラーカラーとなります。 俗に言うセミワイドカラーに近いでしょうか。 別名 イングリッシュレギュラーカラーとも呼ばれる程に ベーシックでクラシックなカラーです。 羽衿同士が中心でくっつかせず、敢えて離されたタイスペース、 角度やカーブ線の具合から、独特の芯地使いまで 顔である衿は拘り所でもあります。         正確な裁断と縫製、柄合わせが綺麗過ぎてパネルフロントのパネルが無いかのようです!         肩のヨークは背中心で接がれておりますが、これも昔ながらに意図があります。 その肩ヨークと繋がる袖もご覧頂けますでしょうか。   縦横共に柄合わせして頂いております。 手間暇かけて頂いている分、肩から袖へと綺麗な繋がりが見てとれます。 言わなければ気付かれない所かもしれませんが、 かなり高級なシャツは大抵ここまで意識され贅沢に裁断されているのです。         袖口のカフス開閉部には、袖を捲り上げられる様に袖開きが設けられます。 エンドは通常三角に作られるので『剣ボロ』と呼ばれています。 三角折りの方が効率良く綺麗に出来ますが、当店はラウンドで!   効果は特に無いものの、工場の皆様が持つ技術の高さと 丁寧さをアピールしているアイコンだと思って頂ければと思います。           英国:RINGHART   コントラストの効いた独特の魅力が溢れるマドラスチェックです。 60S×60S  平織のコットンでやや薄地、 とても爽やかで柔らかい生地であり 特に春夏用のシャツ地として欠かせぬ定番シャツでもありますね。   リネン製のマドラスチェックはここ数年見ないのですが、 コットンであればRNGHARTで幾つかのバリエーションを保有しております。         トーンが薄めのブルーとピンクが主体のカラーリングです。 強き日差しの下では これくらい鮮やかな方がマドラスチェックらしいですし、 凄く映える事と思います。   ノータイを前提とし、釦ダウンカラーにしました。 釦ダウンでは、どのメーカーさんでも羽衿のロールに拘られる事でしょう。 しかし、私から見れば不自然な程に強過ぎる過剰なロールが多く不自然に見えます。   程好く、目立ち過ぎない程度の個性でありつつ 『らしさ』を加味した上で私の表現だとこんな感じが心地良いです!         さて、昨年末に新しいシャツ生地のコレクションが加わりましたので御紹介させて頂きます。       スイスの名門 ALUMO   1918年創業であり、一昨年には100周年だったのですね。 アルモ品質、これは長きに渡り最高の原綿から素晴らしく高品質な糸造りから始まります。 同社では100番双子から240番双子まで揃えているそうです。   豊かな自然があり、その山々の麓にALUMO社は御座います。 良い生地を織りあげるのには綺麗な水も欠かせません。   スイスの名門 ALUMO の定番シリーズです。 覗いてみましょう!         先ずは一番ベーシックなポプリン、白と共に綺麗なカラーバリエーションが揃います。 ブルー地だけでもかなり多彩ですね。         その中でも このペールグリーンは本当に綺麗です! 今度仕立てたいリストに、、、、。           当たり前でクラシックなストライプのバリエーション。 これらをALUMO品質で! というところです。         先のストライプバリエーションは全て平織です。 こちらは綾織(ツイル)のシリーズとなります。         同社お得意分野でもある様々なドビー織機による多彩な織り柄のシリーズです。 縞柄から格子、幾何学模様まで凄いですね。         これ、、、、写真だと全く分からないと思いますが、至高の高番手シリーズです。 170番双子、200番双子の各ホワイトポプリン、もうコットンとは思えぬ肌触りです。         ・・・・・如何でしたでしょうか。 いつでも是非お気軽にご覧になりに来て頂ければと思います。     当店シャツは、今月 31日まで通常通り受け付けております。   2月よりは一旦受注を止めますが、必ずや早いうちにリスタート致しますので 暫しお時間を頂戴致します。 大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。           ・・・・・お知らせで御座います。   1月15日(水)~2月14日(金)までの期間におきまして 当店 HOUSE STYLE ORDER限定にて、 工場さん企画である【早期受注キャンペーン】を行いますので 是非御利用頂けましたら幸いです。   通常よりも工期を多く頂戴致しますが、 その分 ささやかながらお値引きをさせて頂くというキャンペーンとなります。   ご注文対象は春夏物に限りませんので、秋冬物のツィードやカシミア、スーツからコートまで 全て対象となります。   もしご来店都合で少々日程より早いご注文でも、 キャンペーンご希望であれば開催スタートを待って工場さんへ投入させて頂きますので、 15日を待たず お気兼ねなくお声掛け頂ければと思います。         では、この寒さによる冬の装いを楽しみつつ 今年も頑張って参りまょう。   新ためまして、本年も宜しくお願い申し上げます。          

    Read more
  • 【 紅葉のカシミア、そしてシャツ、、、】

    2019.12.10 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 紅葉のカシミア、そしてシャツ、、、】

        先週の七日には二十四節季で言う『大雪』を迎え、 冬らしい本格的な寒さとなっております。 北日本などは正に大雪となりました。 ですが、今週は師走らしくない気温に戻るとも、、、、。       真っ赤に色を染めたモミジの葉、何て美しい色を奏でるのでしょう。         赤、黄、そして橙、、、見事なグラデーションです。 久し振りに好天に恵まれた日、快晴の青空に良く映えます。           暖色系でまとめられた多色使いの魅力的な生地はカシミアです。 正に上の写真の様な紅葉を反映しているかのようですね。 カシミアの持つ優しさと暖かさに包まれて、、、、。         HOLLAND & SHERRY Pure Cashmere 430g                 お次はトウモロコシのように黄色く染まったイチョウの木。           この黄色い絨毯がまた良いですよね!         JOHNSTONS Pure Cashmere 420g           繊維の宝石 カシミア 大人になってつくづくその価値と性能、そしてその魅力を再認識すると共に メロメロにやられてしまいます。一度手にしたら止められません。   是非試されてみて下さい。 きっと虜になってしまうでしょう!     この度御紹介させて頂いた2種のカシミアジャケットを着こんで紅葉を御堪能されたら さぞ素敵な事でしょう。 誂える、そして装うという行為を存分に楽しまれて下さいませ。   ビジネスやフォーマルなどの必要な物を拘りもって誂えるのも良し、 純粋に着たい・欲しい物を誂えるも良し。 陳列された出来合い服の中から選ぶのではなく、 御自身のイマジネーションにより自由に生み出す事が出来るのが誂えで御座います。         さて、今週はとても大切な御連絡をさせて頂かなければ成りません。 当店 Ditto. SHIRTS についてのお話で御座います。           ベーシックでクラシックなシャツは、スーツを装う上で欠かせぬアイテムです。 その中でもホワイトシャツは私達にとって白米の様なものかも知れませんね。   むかし、 WHITE SHIRTSの発音に対し 『 ㇹワイㇳシャッ!』 ⇒ 『 ワイシャツ!? 』と発音を聞き間違え、 日本語としてYシャツと呼ばれる様になったというお話もあります。         当店のレギュラーカラーでお仕立てに成られたこのシャツは Thomas Mason 140/2×140/2  TWILL にてお仕立て頂きました。 もうツルツルで光沢感もあり、肌触りも最高の生地です。 H様より生地違いの2点口にてご注文頂きました。               実は、残念かつ 重要なお知らせをしなければ成りません。   10周年を迎えた当店におきまして、当店のオリジナルシャツの受注は 2010年10月よりスタート致しました。   長きに渡り沢山の方々に御注文頂き、ご愛用頂いて参りました。 そもそも当店がオリジナルのシャツを御用意させて頂いたのは、 私自身が欲しいと思うシャツが市場に無いからです。 どんなに優れたテーラードスーツを身に纏ったとしても、 下着でありインナーとなるシャツが良く無ければ スーツの着心地の邪魔さえしてしまう事もあります。   当店のシャツは私が培ってきたスーツを仕立てる術をも、 型紙や縫製面において随所に活かされております。   フィッティングにおきましても、個性豊かな皆様のお身体に対しまして 表層的な補正操作などで本当の意味で個人様に合った型紙など作られる訳がありません。 当店ではルール無く純粋にお身体と向き合い、その型紙作り(補正度合い)は BESPOKEで行う型紙作りに同じ精度である事は大いなる特徴でもあるのです。     御協力下さる工場の方々、そして各関係下さる方々の支え合ってこそ 当店のオリジナルシャツは存続できたと言えます。     しかし、、、 大変残ながら シャツの受注を一旦止めなければ成らなくなってしまいました。         工場さんの事情により残念ながら継続する事が困難となり、 2010年1月31日 が最終受注日となります事を御連絡させて頂くと共に、 何卒ご了承頂きたくお願い申し上げます。 (来店 2月より 一時的にシャツのご注文が受けられなくなります。)   来年1月末日までで頂戴した受注分のシャツ達は、翌月2月末までで全て仕立て上がる予定です。           そして、次に大変恐縮であり 本当に申し訳ないのですが、、、 お詫びをしなければ成らぬ事が御座います。   当店では お仕立て上がりの新品シャツと共に、 その生地の残布をお渡しさせて頂いております。   着用すれば洗濯するのがシャツでもあります。 何年かの御着用後、ダメージは摩擦などにより衿やカフスから出始めます。   本来 既製服ではその時点でサヨナラされていたかも知れません。 しかし、誂えであればその残布とシャツをお持ち頂ければ 新しく衿やカフスを作り、付け替え交換が出来ます。   これにより まだまだBODY自体は元気でしょうし、 シャツとしての寿命も2倍以上になります。 そうなると、身体に合った御自身の為だけのサイジングは勿論の事、 既製品より結論的にはむしろお安いと思って頂ける程のコストパフォーマンスだと思います。 これらダメージは、着用頻度や生地にもよりますので 一概にどの位でダメになるとは言えません。 気に成る程にダメージが出始めたらお持ち頂ければ良かったのです。   しかし、この衿・カフス交換受注自体にもリミットがあります。   新しいシャツの受注終了となる2020年1月31日より 1年間の期間内であればお受けさせて頂きますが、 それ以降はお受け出来なくなってしまうのです。 (2021年1月末までは何の問題も無くお受けさせて頂きます。)   という事は、つい最近作ったシャツ達は一年くらいでは全然ダメージも来ないと思いますので、もしダメージが出始めた頃には受付終了となってしまっているのです。 (こちらに関しましては、現在どうにか方法を模索中で御座います。)           誠に、誠に申し訳御座いません。 つくづく残念であり、顧客様方におかれましては どんなにお詫びしても足りる事はありません。             先ず、来年の1月末までで 当店シャツの受注が一時ストップするという事。 そして、衿カフスの交換は 更に一年先(2021年)の1月末までとなります事を ご了承頂けます様お願い申し上げます。     ただ、当店と致しまして シャツが受注出来無くなるという事自体が大問題でもあります。 現在新たにお取引をさせて頂けるよう別の工場様と準備を進めている最中で御座います。   実は幾つかの工場さんに断られ続けました、、、。 一番の要因は、『 複雑でルールなき固有補正による型紙作り』 これにあります。 多くの工場さんではCADを使っていますし、 ソフト内でルールによる簡易な補正しか出来ません。(しません。) 逆を言えばそれだけでもORDER SHIRTSという括りであり、 表層的な型紙作成での簡易なオーダーシャツが 殆どのシェアを占めているという証明でもあるという事になります。 そもそもTAILOR(CUTTER)という専門技術者のいない店舗で オーダーのスーツやシャツが販売されているのですから必然とそうもなりますね。     仮に新しく取引して下さる工場さんと改めてルールを構築した場合 多くの確率でお値段が変わる事が考えられます。 改めて手間を工賃という対価で考えなければ成りません。   今現在のお値段にて、この品質・この精度での誂えシャツが仕立てられる事自体が奇跡とは言い過ぎかもしれませんが、 それだけ嬉しく有難い事でもあったのです。       本当に沢山の型紙ホルダーの顧客様方 皆様のONLY ONEである個人型紙は、御本人様、そして当店にとっても大切で重要な財産です。 これらは漏れなく全てデータ化した型紙を保存すると共に、 新たな工場さんでも そのまま継続してお使い頂けるよう準備致す所存です。   故に、型紙ホルダーの方々は今まで通り採寸フリーでお仕立て頂けますし、 必要であればいつでも型紙再補正も行える事になります。         現状況化では、来年1月末以降のスケジュールを具体的にお伝えする事が出来ません。 全てにおいて上手くいったとして 来年春くらいからのリスタートとなるでしょうか。   本当に多大な御迷惑をお掛け致します、本当に申し訳御座いません。 引き続き当店BLOGにて情報のご連絡はさせて頂きますので、 誠に恐縮ながら宜しくお願い申し上げます。           恐縮では御座いますが、もしシャツの補充や御新規様で ご注文を御検討下さっておられる方々におかれましては、 どうか来年の一月末までにお時間を捻出頂き ご足労頂けましたら幸いで御座います。   ご遠方の顧客様であり、既に型紙ホルダーの方々におかれましては リクエスト頂けましたら今まで通りメールオーダーも お受けさせて頂きますのでお気兼ねなくご連絡頂ければと思います。       一旦終了する事は日限含め確定してしまいました。 私の力不足により大変ご迷惑をお掛け致します。 そして必ずリスタートできるよう努力を惜しみません。         ・・・・・日本だけでは無く、 世界中でも物作りにおける環境が移り変わっている事は皆様も御承知の通りです。   シャツ等は随分と安価なシャツも巷には溢れています。 上代に関係なく、一生懸命工場の方々が作って下さっております。   物作りに長けた日本の工場さん、そして職人の方々を守る為には皆様の応援が必要です。 手間の掛かる高度な技術こそ 継承していかなければ成りません。 自分だけの服を仕立て、愛着と共に可愛がってあげ、 長きに渡り相棒として接する事の出来る服への価値を 改めて見出して頂けるよう努力して参ります。     皆様におかれましては 何卒ご理解、ご協力の程 賜れましたら幸いで御座います。 何卒宜しくお願い申し上げます。             では、本当にキュートなM様の御注文であるシャツで今週は締めくくりたいと思います。 M様より、今季AW用のカジュアルなシャツを複数枚 ご注文頂いた中の1点で御座います。 可愛くマイペースなペンギンさんに癒されつつ、引き続き精進して参ります。             ・・・・・最後に、当店 年末・年始のご連絡となります。   年末は、12月28日(土)が最終営業日となります。 年始は、1月4日(土)より通常営業に戻ります。   【 12月29日~1月3日 までお休みを頂戴致します。 】     どうか宜しくお願い申し上げます。             では、今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。            

    Read more
3 / 1312345...10...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.