BLOG
お勧め情報

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 至高のシャツ地フェア② 】

    2019.04.09 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 至高のシャツ地フェア② 】

          なんて美しき光景なのでしょうか。 Bespoke SHIRTSといえば、名店 Turubull & Asser を抜きには語れません。 (THE RAKE様より)         そして この御方、ギャッツビーも誂えシャツを語る上では外せぬ存在です。 名作映画  The Great Gatsby では、沢山の美しきシャツを目にしたデイジーが 思わず語るシーンは印象的であり、とても有名ですね。   いくら持っていても 飽きない・尽きない シャツへの魅力、 その大いなる魅力の一つに 主体たる美しきシャツ地は欠かせません。         今週は、至高のシャツ地フェア②と致しまして DAVID & JOHN ANDERSON  のコレクションを御紹介させて頂きます。     1822年創業であり、英国を代表する老舗シャツ生地メーカーでしたが 今ではイタリアの ALBINI の傘下になりました。 高番手の美しきシャツ地はお手の物、同社の海島綿もヨダレが出る程の逸品です。   CARLO RIVA同様に、やはり薀蓄語れば終わりません。 詳しき情報は下記よりご参考にして頂けましたら幸いです。 http://dittos.seesaa.net/article/458837088.html       では、早速今週も目の保養をして頂きましょう。               【 SEA ISLAND COTTON 】   英国王室には、『 綿製品はシーアイランドコットンを 』 という仕来りがあったそうです。 16世紀後半に英国が西インド諸島を領有した時、 王室にシーアイランドコットンが献上された事に端を発するとの事。 王侯貴族たちは200年のも長きに渡り 門外不出で守り抜いたそうです。   世界のいずれの気候風土のもとでも育たず、カリブ海だけに生きる事を許されてきたこの綿は、長い間 英国が栽培から船積みまでをも厳しく管理していたそうです。   特別扱いされるだけの付加価値性と魅力、そして説得力があるという事です。 今回は綿花ですが、羊毛で言えばエスコリアルと同じですね。             綿全体での生産量に対し、この海島綿は僅か100,000/1 しかありません。 カシミアの様な肌触り、そしてシルクの様な光沢感は 他の綿に比べ 50%も高い光の反射度を持ち合わせます。 吸湿性も頗る高く、正に綿花の王座に君臨するといっても過言では無いかも知れません。   そんな最高の素材を、最高にベーシックでクラシックなシャツに料理を!                         【 COTTON & LINEN 】   やはり春夏には絶対に欲しいこのシリーズ。 CARLO RIVAに比べ、D.J&Aの方はコットンの混率が高くリネンの風味を味わって頂きます。 兎に角見た目が涼しいですし、着てもやはり涼しき素材です。   独特な麻の節感がそそりますね。 合わせ易い綺麗所が揃っております。                         【 200/2 × 200/2 】   同社の顔とも言えるかも知れません。 番手だけで言えば更に高い番手も存在しますが、番手数値だけでは計り知れぬ品質と共に、 やはりシャツに仕立てたらどうなのか、、、これが重要です。   高い技術により、数値ばかり追うのはスーチングのスーパー表記と同じですね。 200/2ですよ、既に圧倒的なレベルです。 数値だけで見れば先週御紹介したCARLO RIVAの どれもりも数値は高く、糸が細い事になります。   一般的に高品質とされる100/2 と比べれば、単純に2倍の数値です。 これがどんな風合いと光沢感、スベスベな着心地を生むのか想像してみて下さい。   それでいて日常的な洗濯でも全く問題ありません。 少なくとも私自身はそうしております。 シャツに無駄な手縫いを多用せぬ理由は、工賃体な側面と共に 着用すれば洗濯するシャツ自体の耐久性がほしいからとなります。 寿命を全うするまで何回洗濯される事のか、、、考えた事も無いですよね!             これは写真として失敗でした、、、。 全て同じに見えますね。 大変失礼致しました。 ポプリン、ツイル、ヘリンボーンやドビー柄など多彩な白のバリエーションであり、 勿論全てが極上の 200/2 で織り上げられております。   定番の白シャツだけでも これだけあります。 御自身なりの目立たぬ個性をお選び頂けます。               淡いペールトーンが美しい中、右下の英国的なブルーが鮮やかで際立ちます。 高番手のシャツは 解像度の高い写真と同じであり、とても発色が綺麗に出ます。   色出し、柄出しが鮮明にとても美しく表現されていますね。         鉄板のブルー系を D.J&Aのクオリティーにて是非如何でしょうか。 本当に驚くほどにスベスベで シャツを着ている事すら忘れるかも知れません!           クラシックなストライプのバリエーション、 上手い具合に同社のアーカイブは活かされている事でしょう。 じっくりとご覧くださいませ。               圧巻の 200/2 シリーズでした。             ・・・・・如何でしたでしょうか。 今回もシャツ地のとしての 両横綱を迎え、計100種が店頭に揃います。 4月21日(日)までの期間限定開催となります。 この期間しか見られない至高の生地達を、更にフェアの特別価格で御用意しております。   ご多用の事とは思いますが、どうかお時間をおつくり頂き この機会に是非至高の素晴らしいシャツ地達に会いに来て下さいませ。 確かに高価なシャツではありますが、それだけの御満足感と共に、 衿・カフスの交換を考えればシャツとしての寿命も既製品と比べれば2倍になります。   御自身の身体に合う精度高き裁断(型紙作り)、機能性も重視された立体縫製で仕立てられる当店の誂えシャツは決して高くは無いと自負しております。 身体に合っているからこそ、その生地の個性を存分に享受できるのです。   皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 どうも有難う御座いました。             ・・・・・ご報告させて頂きます。 当店10周年となるオリジナル記念生地につきまして、 既に 計3種 がデビュー済みであり、BLOGでも御紹介済みで御座います。 今回の企画は全4種、最後の生地は春夏用でもあり 織り上りを待っておりました。   結論から申し上げますと、織り直しとなりました。 改めてデビュー出来るのは7~8月頃の予定となります。   お待ち下さっておられた方々には本当に申し訳なく、心よりのお詫びを申し上げます。 私自身も相当ショックですが、人間が行う以上ミスを完全に回避する事は出来ません。 織り直しはよりブラッシュアップされて上がって来ますので どうかもう少しお待ち頂けます様お願い申し上げます。             ・・・・・来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。 次の更新は、4月23日(火)を予定しております。 毎週ご覧下さっている皆様には申し訳御座いませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。     では、今週も最後までお付き合い頂きまして 誠に有難う御座いました。              

    Read more
  • 【 至高のシャツ地フェア① 】

    2019.04.02 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 至高のシャツ地フェア① 】

        桜は早くも満開となりましたが、東京は天候が優れませんね。 皆様の地域では如何でしょうか。     いよいよ4月に入りました。新しい元号も『 令和 』に決まり、 何かと新しい事が始まる時期でもあります。           さて、今週は告知させて頂きました通り 【 至高のシャツ地フェア 】について御紹介させて頂きます。   先月末より、4月21日(日)までの期間限定の開催となります。           至高、、、そう呼べるクラスの生地は ほんの一握りと言えます。 その圧倒的な品質は、超長綿の種である最高級な原材料の確保から、 織糸を作り出す段階でも膨大なる手間暇をかけ 旧型織機にてゆっくりゆっくりと織り上げられます。   生産効率も悪く、限られた量しか織り上げる事は出来ません。 それだけにお値段も高額と成らざるを得ない実情が御座います。   しかし、その生地を目の前に そして触れた瞬間から 次元の違う圧倒的な品質がそこにはあります。 もの凄いオーラと説得力を持ち合わせており、世界中の洋服好きな方々、 最高品質を求められる方々からの支持もやはり圧倒的なのです。   昔気質なスタイルを貫き、携わる方々のプライドさえ感じる事の出来る生地。 それが至高クラスなのです。         今週、先ずは『 コットンの宝石 』とも称される CARLO RIVA を御紹介致します。   同社の薀蓄を話し始めればキリがありません! 昨年には詳しき物作りへの情熱や拘りなどを詳細にまとめてありますので、 ご興味のある方には是非ご一読頂けましたら幸いです。 http://dittos.seesaa.net/article/458692004.html     昨年よりもパワーアップしまして、なんと カルロ・リーバ だけで 計51種 が揃っておりますし、今期より取り扱われた新しいシリーズも参戦しております。     私は職業柄、皆様よりも様々な生地に触れる機会が多い事は当たり前の事です。 そんな私が同社の生地を紹介するにあたり、一番強調してお伝えしたくは、、、   コットンは植物繊維です。肌にも優しく、身近なコットンは下着として欠かせぬ素材でもあります。肌触りや質感も皆様のご存知の通りです。   例えばウール、動物性繊維であり油分も含まれています。 その中でも GOLDEN BALE のように質が良ければ良い生地ほど しっとりとしているものです。   カルロ・リーバの生地は勿論主体はコットンです。 コットンの生地にも関わらず、、、しっとりとした風合いを持ち合わせているのです。   これが一番驚きですし、良い意味でコットンっぽくない別素材のようです。 シャツは下着であり、地肌に直接触れます。 もう仕立てる前から気持ちが良いに決まっていますね。 これも『 糸を寝かして熟成させる 』という行為のなせる業なのでしょうか。 湿度管理含め、勿論糸だけでは無く、織りなど総合的に手間を掛けているからこそでしょうが、笑みがこぼれずにはいられぬ心地なのです。       魅力的な色柄ばかりで きっと目移りしてしまうでしょう。 目の保養にも、じっくりとご覧頂ければと思います。           【 LISCIO 】 180番双子を使い 織り上げられた所謂ボイル地です。 とても薄く、通気性に特化したシーズンファブリックです。 これからの季節には欠かせぬシリーズでもあり、種類も一番豊富です! 薄いので直ぐに乾きますし、フワッとした独特の風合いは アイロンでの皺伸びも良く最高です。         右から2番目の生地が同じ品番となりますね。 比較的に英国ライクな配色とストライプが魅力です。     大変美しい配色バランスのストライプ、色遣いはイタリア的センスを感じずにはいられませんね。強い日差しにとても映えそうです。 無地から小格子柄まで様々に揃っております。                 【 LICIO OPERATO 】 今期より参戦のシリーズです! 先に御紹介致しました リシオ、これもリシオなのですが ドビー織機を使った織り柄ものとなります。 リシオの性能と風合いはそのままに、大変上品にまとめられた これまた美しいシリーズとなります。 本当に綺麗ですね、、、、。                   【 POPELINE 】 定番のポプリン、同社のポプリンは 170/2 が使用されています。 この品質が同社のスタンダード、、、恐れ入ります。 もうこのクラスになると、番手数値の違いでは計り得ぬレベルとも言えます。 リーバのコレクションから、あえて『 ロンスト 』などのチョイスも乙ですね!     ヘアラインストライプも凄く綺麗です。 極細の縞、、、こういう柄は品質差が出やすい生地とも言えます。 これが至高レベルのヘアラインです。                     【 POPELINE TWILL 】 ポプリンは平織、ツイルは綾織、矛盾したネーミングですが、、、 ポプリンに使用する糸と同じ糸で綾織された生地となります。   綾織な分、平織より光沢感が出ますし、確り感が出ると言えます。 渋いストライプです。                   【 SUPER RIVA 】 同社で一番人気のシリーズと言われております。 POPELINE TWILL と比べ、こちらは より特徴的です。 綾織独特の畝を確りと表現しつつ、より光沢感と つやつや・ツルツルな風合いに仕上げております。 とても淡いアイスブルーなど繊細な色出し、 これは経糸に白、緯糸に色糸を使った交織にされています。 表側には綾織なので経糸が多く露出します。 故に この白っぽく淡い色出しが出せるのです。 反面、裏側は緯糸の色が主体となって出ますので色が濃くなります。                   【 DOPPIO RIVA 】 こちらも今期よりのNEW FACEです! これ、実はCARLO RIVA版の オックスフォード となります。 スポーツシャツ地の代名詞の様なOX、ザックリしていて糸も太く、経糸と緯糸の番手を変えたり、単糸使いにしたりと様々なバリエーションがありますし、アレンジされたロイヤルオックスフォード等もありますね。     このドッピオリーバは昔ながらで一番クラシックなOXFORDだそうです。 経糸緯糸共に引き揃えられ、昔ながらな正統OXとの御説明でした。 しかし、、、品質はRIVA品質です。 これがOXの触り心地!? ビジネスシャツとしてもご使用頂けるレベルです。                     【 LINEN & COTTON 】 このシリーズもこれからの季節には欠かせません。 リネンの方が混率高い(60%)のが特徴です。 清涼感に溢れ、放熱効果の高いリネンの性能をリーバ品質で是非如何でしょうか。                     【 INDIGO TELA 】 以降三種連続で NEW FACE となります。これらはカジュアルなシリーズです。 名の如く デニムを思わせるネーミング通り、そんなラフに着用出来るシャンブレーのシャツ的なポジションとして取られて下さい。 ですが、、、、触ってみると見た目の印象を悉く裏切りますね。     春夏にも大いに着用出来る薄地であり、本当に気持ちが良さそう。 贅沢なカジュアルシャツです!                       【 CANAPA SPINA 】 これは説明がややこしい!! 先ず、品質は 麻:60% 綿:40% となります。 日本で麻と言えば リネン を思い浮かべるでしょう。 しかし、この生地で使われている麻はリネンではありません!     麻には種類があり、これはリネンでは無く『 ヘンプ 』が使用されています。 植物の種として違うのです。 リネンより繊維分子がやや太く、網などにも使用されたりする程確りと丈夫な糸にも出来ます。   ヘンプを敢えて使っているのは狙いがある訳ですね。 ラフな雰囲気を醸し出す原料を綾織で仕上げ、正にデニムのようです。 良い意味で素朴さと無骨さを兼ね備えた様な雰囲気を醸し出しています。 しかし、リーバ品質ですから やはり贅沢なカジュアルシャツです!                     【 CANAPA PANAMA 】 こちらはCANAPA SPINA の平織バーションです。 同じく ヘンプ:60%  綿:40% となります。   因みに洋服的品質表示で『麻』と表記すると、リネンかラミーを指します。 ヘンプは、、、麻ではあるものの、改定前までは『指定外繊維』となります。 (現在は分類繊維:ヘンプとなります。)     麻なのですが、リネンでは無い、、、、もう止めましょう(笑)。 昨今の世界的なカジュアル化に関係するのか、ヘンプの人気はかなり上がっているそうですよ!           ・・・・・以上となります、如何でしたでしょうか。 世界一と言っても過言では無いメーカーでもあるカルロリーバ。   今回は宝石の様なドレスシャツ地だけでは無く、 同社クオリティーでのスポーツシャツ地も参戦です!   カルロリーバのコレクションをこんなにも一堂に見る事の出来る機会はそうそうありませんし、バンチ(生地見本帳)のように小さくもない着分で全てが揃います。   とにかく見て、触って、そして感じて下さい。 きっと口角が上がる筈です、皆様もヤラれてしまうでしょう。           この期間限定でのプライスも大いなる魅力です。 カルロリーバの生地を使用されたシャツのお値段を調べて頂ければ驚かれる事でしょう。 当店各方々の型紙精度、そして立体縫製の技さえも盛り込まれた品質で御誂え頂き 全てが5万円を切ります。 (後半のスポーツ地は更にお安いです。)   そして、既製品ではありません。 衿やカフスにダメージが見受けられましたら、付け替え交換が出来ます。 新品のシャツと共に、余った残布は そのシャツの寿命さえ2倍にしてくれます。 高額商品だからこそ 誂えで仕立てるべきなのです。   この機会に 是非お時間をお作り頂き、至高なシャツ地達に会いに来て下さいませ。     4月21日までの開催となります。 アポイントのご連絡を心よりお待ち申し上げております。         ご遠方により どうしても期間内にお越しできない型紙ホルダーの顧客様方におかれましては、シリーズや色柄などをリクエスト頂けましたら個別で分かり易い写真も送らせて頂きます。 写真でのご判断でも宜しければ、メールオーダーも喜んで承らせて頂きます。   どうかお気軽にお声掛け下さいませ。         来週は DAVID & JOHN ANDERSON の登場です! あのシーアイランドコットンも含まれておりますので、是非ご覧頂ければと思います。       皆様とお会い出来る日を楽しみにしておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。                    

    Read more
1 / 712345...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.