BLOG
お勧め情報

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 Dittos.TIE 20th COLLECTIONS 】

    2020.12.15 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 Dittos.TIE  20th COLLECTIONS 】

            今年も残すところ あと半月になってしまいました。 昨年の冬が暖冬だった為、例年通りとなる今年の冬が凄く寒く感じられます。 今週は特に強い寒気が入る影響で 寒さもより本格化すると予想されておりますので 皆様 どうかお気をつけ下さいませ。   そろそろオーバーコートも出番の様ですね。       改めて当店の 年末・年始 の営業日程で御座いますが、 年内は 12月28日 が最終営業日となります。 年始は 1月4日 より通常営業とさせて頂きます。     ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。         さて、この度はかなり久しぶりとなりました 当店オリジナルタイ を展開させて頂くべく、御紹介させて頂きます。         ネクタイを締められる御機会はクールビズや職場でのカジュアル化に伴い随分と減ってしまい、 この度の新型ウイルスでより拍車が掛かってしまった事も否めぬ事実でしょう。 随分と長くお世話になっておりましたネクタイの工房さんが 実は閉められてしまいました。 (今回が 20thとなりますので、今まで19回分の 企画・オリジナルタイを仕立てて頂いて参りました。)   年々厳しくなると御伺いしておりましたが、当店のタイは多くの方々に支えて頂き 大変好評を頂いている旨をお話するたびに 親方の驚きと喜んで下さるお声がたまりませんでした。 もうお話も出来ませんし、とにかく残念で仕方がありません。   新しくご協力下さる工房さんを探し始めましたが、 単にネクタイといっても様々な仕立て方や芯、仕様など含め本当に多彩です。   ネクタイは色・柄だけではありません。 タイの形をしていれば良いという価値観のネクタイは既に巷に溢れていますし、 最早100円均一店でさえ手に入ります。   本来ではネクタイというアイテムは単体で考えるのではなく 装いの一部アイテムに過ぎず、シャツやスーツ等との兼ね合いも大変重要でもあります。 単純に長さや大剣幅だけではない拘りの当店オリジナルタイをやっと満足いくレベルで 仕立てて下さる所に辿りつく事ができ、この度久しぶりに展開させて頂く運びとなりました。       今回の新作タイは計5種、ヴィンテージ風な匂いを漂わせたプリント地です。 ややクセがあったりと個性的な柄を御用意させて頂いております。   スーツに、そしてジャケットスタイルにと 様々なシーンにお供頂ける事と思います。 敢えてこういった個性的な子達を楽しんで頂ける余裕をもって 装いをご堪能頂けましたら何よりの幸いで御座います。             英国より生地が届きました! 御用意した色味バランスはいまいち偏より気味ですが、 私の独断と偏見により個の魅力溢れる厳選したプリント柄:5種で御座います。           英国のシルクプリント地と言えば、勿論こちら。 英国の名立たるネクタイだけでは無く、ナポリの老舗E.MARINELLAも 同社のシルクプリント地を頼りにしているのは有名ですね。 世界の名門メーカーへ最高のネクタイ地を供給しているのです。         このあか抜けない微妙な発色、かと思えば派手!?さえ感じる鮮やかさ。 英国らしい癖があって大好きです!   このパープル、爬虫類っぽくもあり、もう少し濃ければ Asprey をもイメージさせます。 定番のペイズリー、これも有りそうで無い。 この一見間延びしている様にも見えなくない ユルい柄密度が大いなるポイントです! このユルさがあって アールデコ調なこの柄が引き立つのです。         シンプル、 にも関わらず この『ほっておけない感』が凄いです!   特大の水玉、もはや水玉柄と言えぬレベルの大きさ。クセあるな~(笑)。 真ん中のモチーフは何に見えるでしょうか!? 散々考えた挙句 英国ですし毛針(FLY)かな!?   コーディネイト、、、もう そんなのは二の次です(笑)! 全くの無頓着、逆に無頓着を思わせるかの様な計算ずくの合わせ!? それが、それも、良い意味で 英国らしさ を楽しまれて下さい。           ・・・・・お仕立て上がりで御座います。     ネクタイはそもそも首に巻いたネックウエアの派生であり、 スカーフが原型の様なものです。 剣裏は楽だからと言って単に裏地で縫い返すのではなく、 一重にてエッジを細く手まつり仕上げするのが原型に伴った仕立て方であると言えます。 (内部芯を入れずに畳んで畳んで折代を芯とする仕立て方は正に典型ですね。)   今までよりももう少し細く丁寧な処理になっているのがお分かり頂けますでしょうか!     では、それぞれの個性をご覧下さいませ!         【 A 】 シャンパンゴールドを思わせる淡いベージュ系のベースに、 ネイビーブルーのモチーフ柄が引き立ちます。 このシルク地はややシャキッとした触り心地で気持ちが良く、スベスベしています。           【 B 】 グレーにグリーンを混ぜた様な中間色がベースであり、 もはやシャボン玉レベルの大玉柄は深いダークパープルです。 この大玉は写真ではネイビーに見えますが、 ダークパープルですので 他の写真とも比較されてみて下さい。 Aよりも柔らかく優しい触り心地で結びやすそうです。             【 C 】 フォレストグリーンにアールデコなペイズリー柄。 ペイズリー内はパープルとスカイブルーで配色されています。 この柄、、、是非お見せしたい品があるのですが またの御機会に! このシルクはとてもシットリとしていて優雅なシルクです。             【 D 】 こちらは正に 山吹色 であり、イエロー寄りなオレンジというと近いでしょうか。 ブルーグリーンの枡形チックな小紋柄です。 ブルーのシャツには一番映えるでしょう。 このシルク地が一番シットリとして瑞々しい触り心地、、、、本当に気持ち良い!             【 E 】 写真では上手く色が出ません、、、赤紫色で御座います! とても発色が美しく、鮮やかで綺麗な色味。 一見派手に見える感じが正に英国らしい色出しです。 細かで幾何学的な小紋柄の範疇となるプリント地です、 リザードなどの細かな丸斑模様みたいでシャレオツな逸品ですよ。 薄地ながらもややシャキッとした触り心地で御座います。           地のシルク自体にも違いがあり、 色柄だけでは無い肌触りや締め心地が御座います。 内部芯も厳選しており、美しい結び目とディンプルをお約束致します。           では、最後に首に絞めてこそネクタイであり 今回の新作をメインにした着用スタイルも合わせてご覧頂ければと思います。           H.Lesser:GOLDEN BALE   http://dittos.seesaa.net/article/316742062.html 【 Hesry Lesser & Sons. GOLDEN BALE 】   インナーは確りとした色味のブルー地がベースのクレリックカラーシャツ、 ウエストコートはアイボリーのIRISH LINEN、写真では色が飛んでいますが チーフはレモンイエローのコットン地です。           PINHEAD STRIPE:10th-ANNIV  G.BALE   http://dittos.seesaa.net/article/468986091.html 【 10th anniv. PINHEAD STRIPE 】   これも写真だと色が飛んでしまいますが、、、 淡いピンク色のシャツ、Thomas Mason:JOURNEY です。 皺に強く、アイロンの伸びが頗る良くて性能は伊達ではありません! チーフは先に同じくコットン地であり、肌色と桃色を合わせた様な色味です。   パープルとピンクはとても相性が良いのですよ!           SOLARO:10th-ANNIV  G.BALE   http://dittos.seesaa.net/article/474911300.html 【 10th ANNIV-SOLARO SITS 】   ソラーロとグリーンの相性は抜群です。 それもその筈、赤×緑の交織がSOLAROですからね。 綺麗なフォレストグリーンを引き立たせるべく、スラブ糸使いの白無地シャツ。 チーフはシルクでアイボリーとグリーンで調和を取ります。                 PINHEAD STRIPE:10th-ANNIV  G.BALE   ACORNの英国らしい強めのブルー地を、やはり大好きなタブカラーで! 山吹色が凄く綺麗です。 チーフはスカイブルー、コットン×リネンのシャツ地を使った手作りチーフとなります。 写真では色目が弱いと みんな色が飛んじゃいますね、、、、。           H.Lesser:GOLDEN BALE   こってりBRITISH STYLEで、、、、。 やはり高貴なパープルですよ。 シャツは白×水色のクラシックな極細ストライプ、 チープはシルク×リネン地のパープル小紋で隙なくコーデしてみました。 締め心地も最高っす!               ・・・・・如何でしたでしょうか。 こんなのは単なる一例ですので、綺麗目なジャケットスタイルから カントリースタイルまで存分に合わせて楽しまれて下さいませ。   今回のコレクションですが、 早く御紹介させて頂く為に 全5種類:各1本を先上げしてもらいました。 本生産分は、12月24日に当店へ届く予定となっております。     ご遠方の方々、ご多用の方々と共に、 昨今の状況下において ご来店の難しき方々におかれまして、 BLOG内写真でのご判断で宜しければ 喜んで御予約・お取り置きもさせて頂きますし、直ぐに御発送も承れます。 (お支払はお振込みか、カードでの御決済も可能です。)   今回は計5種であり、生産数はやや少なめです。 『これはっ!』と思うタイが御座いましたら お早めにご連絡頂ければと思います。   (お電話でも、メールでも、当店HPよりのCONTACT など 何でも構いませんのでお気軽にご連絡下さいませ。) http://dittos.jp/contact/   ご注文がお早いご判断であれば十分 年内中にお手元に届きますので、 是非お気軽にお声掛け頂けましたら幸いです。           ・・・・・この度のコレクションより、新しい工房さんへ変わりました。 大変丁寧で上手く、申し分なき品質ながら、 シャツに同じく随分と工賃が上がってしまいました。   逆を言えば それだけ今までお安くお世話頂いていた事をこの度も痛感致します。 他にも英国よりのシルク地自体の生地値も上がっております。   故に、今回より少しだけ値上がりさせて頂きます事を ご了承頂きたく、何卒宜しくお願い申し上げます。             では、本年も最後まで 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。   今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。              

    Read more
  • 【 至高のシャツ地フェア ② 】

    2020.06.23 Bespoke Tailor Dittos. お勧め情報

    【 至高のシャツ地フェア ② 】

          先週より、当店では【 至高のシャツ地フェア 】を開催中で御座います。 ( 期間は、~7月6日までの開催となります。)   http://dittos.seesaa.net/article/475630552.html     沢山のお問い合わせと共に、この梅雨の最中にも関わらずご足労頂き 沢山の光栄なるご注文を頂戴致しまして心よりのお礼と共に感謝を申し上げます。   ご遠方の御方含め、ご都合が儘ならぬ方もおられます。 今週のBLOGを楽しみに待って吟味して下さる顧客様もおられ、 続きを謹んで御紹介をさせて頂きます。   さて、まず始めに 先週御紹介させて頂きました CARLO RIVA におきまして 既に幾つかの品切れが発生しております。 色柄によっては在庫数が少ない物も御座いますので、『コレは!』 と思われる生地が御座いましたら是非お早目な御連絡を頂けましたら幸いです。   ㉒ ㉚ ㉜   上記3種が 22日(月)時点で早くも品切れとなっております。 誠にご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。   では、早速後半戦の生地を御紹介させて頂きます。           DAVID & JOHN ANDERSON http://dittos.seesaa.net/article/465039447.html     もともとは英国を代表するシャツ生地メーカーでしたが、 今はイタリア:ALBINI社の傘下となっております。 1822年創業の老舗たるプライドと拘りの品質、そして膨大なるアーカイブからなる沢山の 貴重なコレクションはイタリア製となっても何ら変わる事がありません。 少し寂しい気もしますが、、、、。         そもそも シャツ地たるは基本コットンです。 あのフワフワの綿花から糸にするわけですが、沢山の種もある綿花(原綿)は その繊維長によって品質の区分けがされております。   全ての原綿から たったの5%しか生産されていない最も優れた原綿、 それが【 超長綿 】と呼ばれる別格な極上綿なのです。 その超長綿の中で多分一番有名なのは皆様も良く耳にするであろう 『 シーアイランドコットン 』でしょう。   もともと高品質で知られるエジプト綿、その沢山生産されているエジプト綿の中で やはり最高品質の超長綿があり、それが【 GIZA 45 】となります。   上記写真の中にも記載がありますね。 先ず前提として、この至高レベルのシャツ生地達は 超長綿 で無ければ具現化出来ないのです。 故に全てが当たり前に最高品質である原綿=超長綿を使用している事になります。 C.RIVAもD&J.Aも同じく GIZA45 を使用しております。 (D&J.Aはシーアイランドコットンも使用していますね。)   レベルはシーアイランドコットンと同じであり、 GIZA45とは 産地が違う同じグレードの最高原綿という事になります。     その超長綿の特徴たるは   ● 綿花の繊維がもともと長いので超長綿と呼ばれ、その繊維が長ければ長い程に細くなり、 反射率が高くなるのでシルクの様な手触りと光沢感が生まれます。   ● 繊維長がもともと長いので、糸をつむぐ際につなぎ目が少なくなる事になります。 故に細い繊維にも拘らず強い糸が出来るという事にもなるのです。   コットンなのにシルクの様な肌触り、糸が細い分 生地としては当然薄くなる訳ですが、 逆に強い糸になるという素晴らしい長所を兼ね備えております。 あとは、最高の原綿に対し 糸への作り方や織機、 そして各メーカーの拘りなどで品質が変わりますし、 良いコットン地に綺麗な水も欠かせぬ存在です。   今回の D&J.A は、全て 200/2×200/2 の品質でラインアップされております。 これは200番手という糸を双子で撚り合わせた撚糸を 経糸×緯糸で使用しているという表記になります。   この数値が大きければ大きい程に糸が細くなります。 今ではもっと高番手も御座いますが、もうこれ以上はあまり意味が無いでしょう。 C.RIVA では170/2 が使われているので、糸だけで見れば今回の D&J.A の方が細いですね。 それぞれ両雄の違いは、糸作り、織機等に違いがある訳です。         先ずは無地のシリーズです。 計6色ありますが、その中で織り方の種類が3種御座います。         約3㎜位のミニヘリンボーン柄です。 ヘリンボーンは綾織りですので平織と比べ確り感と共に より光沢感が出るのが特徴です。 凄い艶感です、、、もう本当にツルツルです!         細かく美しい織り柄ですが、これらは綺麗に沈み込んでしまいます。 若干シャドーストライプの様な縦方向の流れを感じさせてくれる程度であり 上品で控えめです。 私も何年も前に仕立てた同生地シャツがありますが、今でも大切に着用しています!         A / B   Aは拡大写真の生地です。色出しが無透かしいのですが、 薄めの青紫を感じるブルーとイメージされて下さい。 Bはドレスなホワイトです。 (全体写真で見ると、上段 左側の2種となります。)           凄く綺麗なドレープと艶感、でも良く分からないですね。 無地は写真が難しい、、、。         実は ROYAL OXFORD なのです。 200/2のオックス地ですよ、凄いです! 独特な粒々の表情が出るオックスフォード、 本来はスポーツシャツに良く利用されますが、ロイヤルOXはドレスシャツ地です。 しかもD&J.Aクオリティーですから正に別格です。         C / D   左のCはホワイトです。 Dは拡大写真の生地となりますが、色出しが写真ではとにかく難しく 淡い桜色 となります。         お次はツイルであり、ヘリンボーンの原型織りですね。 艶やかな光沢感が特徴であり、安定した確り感があります。         E / F   左のEは 淡い爽やかなアイスブルー、 Fは拡大写真の生地であり 赤紫に近いピンクと言えるでしょうか。 それぞれの織り違いで3種6色のソリッドとなります。         次はクラシックなストライプシリーズです。 以降は全て平織地であり、シャツ地として一番ベーシックで代表的なポプリンとなります。 ストライプはご存知の通り、色や縞の太さによりかなり印象が変わります。 皆 似ておりますので、下記写真で迷った時はこの写真へ立ち返って下さいませ。   左上が一番細い縞で右上がもう少し太めですね。       上の写真で見ると左上の細縞とまります。 有色縞1mm 白のベース縞で1.5mm といった感じです。       とにかく縞柄が鮮明で凄く綺麗です。 織糸が細いという事はデジカメで言う解像度が高いと理解して頂ければと思います。 この鮮明で美しく表現されたストライプの印象は 至高レベルだからであり、 極ノーマルな100/2と比べれば一目瞭然です。       G /  H / I   Gがワインレッド、真ん中のHが拡大写真であり、Iが控えめなスカイブルーとなります。       全体写真で見ると右上のストライプであり、上記よりやや太めです。 有色縞が1.5mm ベースの白縞が2㎜といった印象です。 コチラの方が線の太い分、確りとした印象と共に 着用されてもストライプシャツと 認識できるレベルであり大変クラシックなストライプとなります。         J / K   左のJが拡大写真であり、ネイビーストライプです。 Kは鮮やかなブルーですね。         次は集合写真で見ると手前下段の2種です。 このストライプ、白ベースに間隔をあけた細縞 実はブラウンです!       ロンストと呼ぶには少し細めかな、、、といった印象ですが 確りストライプであり堂々としています。       L / M     L / M Mはソラーロに合いますので個人的に欲しいところです!   これで D&J.Aは全て御紹介が終わりました。 至高レベルはここまで、、、、、今回はもう一社参加してくれております。             ALUMO   スイスの名門であるアルモ、 この老舗も超有名であり、綺麗な水と空気からなる最高の環境で織り上げられています。 多くの一般的なシャツ地メーカーは仕上げの際にホルマリンを使用されるそうですが、 同社は勿論使用せず 環境問題にも熱心なスイスで 今でも当然の如く名門であり続けるメーカーです。 その品質に対する信用度は計り知れず、エルメスなどにも供給されているようです。   ALUMOのシャツ生地はとにかく基本レベルがとても高く、 同社でも当然ながら至高レベルのシャツ地を織り上げております。   しかし今回、至高レベルは両雄に任せ 敢えて極中堅のレベルを揃えております。   品質で言うと 120/2×120/2 全てポプリンのシリーズとなります。 至高レベルで見ると普通に見えるかも知れませんし 差があって当然ながら、 同じレベルで比べたらやはりALUMOは強いです!   品質 ≒ 糸番手 ⇒ お値段 という図式は否めぬ所ではあるものの、 だからこそ価値観やご予算でご判断頂ければと思います。 それぞれのポジションで それぞれのメリット・デメリットが存在するという事ですね。       先ずはストライプのシリーズ 2種5色 となります。       濃過ぎないネイビーベースに白のストライプがコントラストも効いて引き立ちます。 渋くて素敵です! 明るめなグレーやベージュ系などのスーツに合せるとかなり引き立ちます!       N / O   Oはコントラストが低い分 優しい雰囲気になりますね。 ホワイトベースでは無く、ブルーベースでのストライプ、涼しげでもあります。       P / Q / R / S   極細の縞柄、これは正にノートの罫線であり エレガントでドレッシーなストライプです。 まるでシャツ地でのバンカーストライプと言えますね! このエレガントな縞柄、 これは小さなスワッチ(生地見本)では全然魅力を感じませんでした。 やはり大きく見ないと魅力が伝わり辛いという事です。         見て下さい! そのバリエーションの中で更にストイックな、、、、黒の縞柄、モノトーンの構成です。 何て生真面目さを感じるのでしょう。 銀縁眼鏡にキリリと手をかけそうです(笑)。       縞柄は0.3㎜の製図用シャープペンの線くらい、ベースの白部分で8mmです。 これ、、、お気に入りの10周年記念生地: ピンヘッドストライプのスーツに無彩色コーデをしたくなります! 正にストイックで潔く、超が付く程のいぶし銀だと思います。 これも欲しい、、、。         P / Q / R   Pがいぶし銀です! ネイビー、そしてスカイブルーのRと並びます。     小さくQ、真ん中にR、そして最後のワインレッドの縞 S となります。             T / U / V / W   最後の御紹介となります。 ソリッドシリーズ、綺麗なペールトーンのカラーシャツとなります。 発色が大変綺麗でこれからの季節にも是非取り入れたいですね。       左にT 淡いややくすんだブルー、そしてUは綺麗なピンク色です。       左にWのペールグリーン、、、ブルーっぽく見えますが淡いグリーン地です。 右にVのイエローです。 色が飛んでしまって全然イエローに見えませんね、すみません。 並べた集合写真で御確認願います。             ふぅ~~~、これで先週分と含め 全60種 全ての御紹介が終わりました。 沢山ありますので、ご覧下さっている皆様も 相当お腹一杯に成られたのではないでしょうか!?   シャツは何枚あってもキリがありません。   魅力や個性はそれぞれにあり 選び出すのも大変ですが、直感や単純なお好み、 そしてお手持ちのワードローブを考えて、、、じっくり、ゆっくりと吟味されてみて下さい。   どうしても写真やモニター越しでは若干の色ブレなどもあると思います。 もし可能であれば是非お時間を捻出頂き、 この御機会に是非お越し頂けましたら幸いで御座います。   ご来店が厳しい方々におかれましては、 ご質問など含めお気兼ね無くご連絡頂けますようお待ち申し上げております。   7月6日までフェアを開催しております。 中には在庫数の少ない色柄も御座いますので、お気軽にお問い合せ下さい。   シャツは下着であり、基本は地肌に着用するアイテムです。 だからこそ、生地の良さは肌触りや着心地に直結致します。 笑みがこぼれる至高のシャツをお試しくださいませ。   皆様とお会い出来る日を心よりお待ち申し上げております。             ・・・・・誠に恐縮ながら 来週のBLOG更新は休みとさせて頂きます。   次週は 7月7日(火)の予定となります。 どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。   今週も最後までお付き合い下さりまして誠に有難う御座いました。                    

    Read more
1 / 1412345...10...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.