BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 PRINCE OF WALES CHECK with RACING GREEN ② 】

    2021.08.10 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 PRINCE OF WALES CHECK with RACING GREEN ② 】

          立秋も過ぎまして、残暑お見舞い申し上げます。 8月は台風の襲来も多い月となりますので、 酷暑と共に 皆様どうかお気をつけ下さいませ。     さて、BESPOKEでのご注文では 春夏物のご注文分が大体御納品も終わり、 秋冬のご注文分へと進行中で御座います。 今週は顧客様の素敵な春夏用スーツを御紹介させて頂きたいと思います。       1926 BENTLEY   今年の1月に掲載させて頂きましたが、覚えておりますでしょうか。 英国車と言えば、このBRITH GREEN(RACING GREEN)が 一番似合いますし魅力的です!   英国は老舗ミルである FOX BROTHERS より、 英国らしさ溢れる素晴らしい春夏用スーチングがデビューし御紹介させて頂きました。 大変御贔屓を頂戴しておりますN様より、 正に英国らしさを尊重されたご注文を頂きましたので 御紹介させて頂きたいと思います。   http://dittos.seesaa.net/article/479701009.html 【 PRINCE OF WALES CHECK with RACING GREEN 】           同社のFOX CITYと名付けられたシリーズより、ダグラス社長企画の生地となります。 平織地の300g、程好いシャリ感があり皺にも強く 通気性の良い生地です。 敢えてのウエイトですから盛夏は暑いでしょうが、 逆に着用期間は長く愛用出来るシリーズでもあります。 クラシックな PRINCE OF WALES CHECK にRACING GREEN でオーバープレイドが 重ねられた生地であり、単純ではありますが このグリーンがかなり新鮮でもあり本当に素敵です。   春夏らしく 明るめのベースカラーによりグリーンがとても良く映えます。           初反はミミ文字無しでしたが、直ぐに売り切れで無くなってしまったそうです。 次反より、確りとDIRECTORS CUTの表記が入っておりますね。   格子柄は裁断に縫製と、常に柄合わせと対峙しなければ成りません。 ひと手間掛かる訳ですが、合わせ易い柄でもありますから そこは良いポイントです! ただし、ズレてしまうと目立つわけですね。   このベースカラーは単純な白黒ではなく、茶味がかった色で織られているので 独特な落ち着きとグリーンへの相性度合いも上がると言う訳です。           N様は確固たる御自身のスタイルをお持ちの大変素敵な紳士で御座います。 背も高く、手足も長く、胸板も厚く もう本当にスーツがとてもお似合いに成ります。   普段は 1-PLEAT のシャープなシルエットを好まれておりますが、 生地の個性も尊重してオールドライクなゆったりとして優雅な 2-PLEATS と共に、 この生地は単品でも使いまわせそうだと いつもの1-PLEAT のデザインも御注文され、 計4P-SUITSという構成になりました。           ウエストコートはシングル型7釦全掛けです。 Vゾーン狭くキリッとホールドする胸元、そして昨今ではシングル型の場合 裾剣先を付けるのがベーシックなデザインながら、 昔のシングル型はもともとこの様に裾剣先など有りませんでした。 そう言う意味でも原型に近い古のデザインと言えますね。 ウエストコートとトラウザースの連動性はかなり重要なポイントであり、キモでもあります。         仮縫いなので背中は仮布(シーチング)ですが、 お選びに成られた裏地は 『 HUNTING GREEN 』という 表地の重ね格子の色に合わせお選び頂きました。             シングルの3釦、ノッチドラペルは本返りの仕様です。 雰囲気を盛り上げるべく、傾斜の付いたハッキングポケットに チェンジポケットもお付けになり かなり渋くて素敵です!   重ね格子のグリーンが控えめに浮き上がり、コーデにはグリーンを取り入れたくなりますね。               さて、いよいよお仕立て上がりです! この度は 春夏用として二着ご注文頂き、双方ともに御納品となりました。 最終FITTINGにて お着替えが大変では御座いますが、、、、 ご協力の程 宜しくお願い申し上げます。     N様はお首もスラっと長く 古のハイ・カラー(衿腰が高い)シャツがお好きでとてもお似合いで御座います。 淡いペールグリーンはC.RIVAのツイルをベースにクレリック。 ハイ・カラーと共にカフスも幅広く仕上げ、オールドテイスト満載です。 (仮縫い時のシャツも衿型違い『ピンホールカラー』で同じ仕様です!)   本当にお好きで詳しく無ければ こんなリクエストは出来ません。 勿論 売っておりませんし、正に誂えをご堪能頂いております。           立体感が豊かに エレガントなシェイプがそそります。 胸グセ(ダーツ)は体型尊重や別の狙いも含め『通しグセ』を採用しています。 袖口には ターンバックカフ を携え、 イメージされたブリティッシュライクでエレガントなスーツとなりました。           N様はいつもエレガントにスーツを着こなされ、真夏でも勿論変わりません。 お仕事柄 海外へも良く行かれます。 装う事への意味や役割、影響力など全てにおいて御理解の上 装いを大いに楽しんでおられます。   渡航が少しでも早く普通に戻ると良いのですが、 その時は是非この度のスーツもお共にお連れ頂けましたら嬉しいです。   2着目の これまた素晴らしい生地によるD.B-SUITSも是非御紹介させて頂きたいと思います。 いつもご協力・ご快諾頂きまして心より感謝しております。 この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。               ・・・・・如何でしたでしょうか。 私は好きな事を仕事にでき 本当に大変沢山の方々に支えられ、 応援も含まれた貴重で掛替え無きご注文を賜らせて頂いております。 誠にありがたい限りであり、皆様のお蔭によりまして本当に幸せ者で御座います。   託して頂きましたご注文は、アスリートの方々に同じく 最高のパフォーマンスを全力持ってお仕立てという形でお応えさせて頂いております。   そのご注文に対し 皆様が御満足頂けますよう日々精進致します。 口角が上がってしまう様な服を誂えに、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。     今週もお付き合い頂きまして 誠に有難う御座いました。            

    Read more
  • 【 H.S ORDER:ODD JACKET 】

    2021.08.03 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 H.S ORDER:ODD JACKET 】

      暑中お見舞い申し上げます。     8月に入りました。 東京オリンピックもいよいよ終盤戦ですね。 アスリートの方々や各関係者の方々は 先ず湿度高き日本の夏の暑さと 対峙しなければ成りませんので さぞ厳しい事と思います。   今月7日には立秋を迎えますが、まだまだ残暑は続きますので 皆様ご体調管理には十分にお気をつけ下さいませ。             浜辺でしょうか。淡いトーンで構成された爽やかな春夏らしいカラーコーデです。 格子柄のスポーツジャケット(ODD JACKET)はパドックカットですね。       さて、今週は HOUSE STYLE ORDER より 春夏用にと御注文頂きました爽やかな ODD JACKET を2着御紹介させて頂きます。   長きに渡り大変御贔屓を頂戴しておりますM様よりのご注文となります。 ご遠方の顧客様であり 近々では御上京の機会がないとの事で御発送納品となりました。 お会い出来ないのはとても寂しいのですが、型紙精度も高いですし 御体型も維持されておりますのでお互いに安心して御納品させて頂けます。           HOUSE STYLE ORDER:PADDOCK CUT   もはや古のデザインとは成りますが、 最大の特徴はご覧の様にポジションの高い2釦2掛けとなります。   http://dittos.seesaa.net/article/418036041.html 【PADDOCK CUT①】 http://dittos.seesaa.net/article/418783730.html 【PADDOCK CUT②】 http://dittos.seesaa.net/article/423099786.html 【PADDOCK CUT③】 http://dittos.seesaa.net/article/432428515.html 【PADDOCK CUT④】   PADDOCK CUTのお話は4話も書いていました。 宜しければ詳しき情報含め 是非ご覧頂けましたら幸いです。         生地はご覧の様に 春夏には欠かせぬド定番、シアサッカーで御座います。 が、、、実はこちらの生地、ウールで織られたサッカー地となります。         VITALE BARBERIS CANONICO 100% WOOL 270g   http://dittos.seesaa.net/article/474802386.html 【 2020年 春夏お勧め生地:伊② 】     コットン・サッカー地のシャワシャワした独特な感触と違い、 ウールですから かなりソフトです。 勿論シワにもなり辛く、そもそも皺だらけであり それがサッカー地ですね。 清涼感があって、見た目にも大変涼しげです。     HOUSE STYLE ORDERにおき、通常の TAILOR MADE たる仕立ては前提ながら、 前身頃内部に入るキャンバス芯は強弱を選ぶ事が出来ます。 H.S ORDERでのレギュラー芯は、柔軟でありつつも ソフト過ぎない位の程好い弾力を持ち合わせます。 これに対し、更に薄く柔らかい芯の種類で組み上げた芯を選ぶ事ができ より軽快でソフトに仕上がりますので あまり内部芯を感じる事無く、 選ばれた生地の個性を存分に楽しんで頂けます。 (今回のJKは そのソフトな芯で仕立てられております。)           春夏用ですが 敢えて背抜きでは無く総裏仕立てを御選択です。 背の裏地一枚減らす涼しさを犠牲に、総裏仕様は幾つかの大いなるメリットが御座います。           とてもシボシボ感があって写真では ウールのサッカー地とは分かりませんね。 M様におかれましては お仕立ての『ハンド・オプション』も付けられ、 常にH.S ORDER最高スペックにてお仕立て頂いております。   シアサッカーのスーツやジャケットは やはりワードローブに入れておきたいですよね。               お次で御座います。 こちらも PADDOCK CUT のデザインがベースながら、 アンコン仕立て でのリクエストを頂きました。       http://dittos.seesaa.net/article/464309357.html 【 HOUSE STYLE ORDER:アンコンジャケット 】 http://dittos.seesaa.net/article/467433762.html 【 HOUSE STYLE ORDER:アンコンジャケット② 】     大変綺麗なラベンダーカラーです。 遠目には結構沈み込みますが 実はグレンチェックであり、 素材は贅沢に4者混となります。       ARISTON 50% WOOL 30% LINEN 17% SILK  3% CASHMERE   260g     混紡生地はそれぞれのメリットや特徴をミックスし合い、デメリットを相殺し合います。 シルクやカシミアまで、本当に贅沢な生地で御座います!   http://dittos.seesaa.net/article/480965775.html 【 春夏用のお得なお勧め生地 】         アンコン仕立てですから基本的に芯や裏地、 肩パッドなどを出来る限り排除した最小限で仕立てられ、 その選ばれた生地のみを纏う様な着心地はブルゾンやカーディガンの様でもあります。   M様はセンターベントがお好きなので こちらでもお切りしております。           芯などの支えが無いので当然シャツの様に皺が入り易くなります。 既製品でのアンコンJKはどことなく いまいちシックリとこない感じは否めぬところでもあったりしますが、 定めたる流行への意識や御体型FITに対する誤差がそのイメージを与えてしまう事でしょう。   そんなアンコン仕立てでも 御自身の型紙で仕立てられたアンコンJKは、 触ればフニャフニャでありつつも 着用すると身体に合っているので余計な皺が出ません!   肩パットや裄綿(袖の内部芯)も無く、袖山や肩周りはシンプルで素朴な袖落ちとなります。 良い意味でリラックス感を演出してくれますね。           ・・・・当店HOUSE STYLE ORDERは工場さんで確りと仕立て上がり、 当店へ納品されます。皆様より御注文頂いたその全ての服は責任もって再検品し、 そしてクセ取りを含めた2次プレスを必ず行っています。   http://dittos.seesaa.net/article/457158952.html 【 HOUSE STYLE ORDER①】 ≪ この項では、トラウザースの2次プレスを御紹介させて頂きました。≫     縫製工場さんにおかれまして、上着のプレスは山谷の起伏に富んだ専用プレス機や 肩・衿周りのプレス機など 専門のプレスマシーンがあり、 一律に同じレベルで確りとしたプレスが行えます。 あとは部分的にハンドプレスを加え、完成です。   これが普通です。 クリーニング屋さんでも設備を導入している所はあります。   良くも悪くも 皆同じ顔立ち(仕上がり具合)になります。 当然です、そもそも縫製工場さんは大量生産を行う為の場であり、 みな同じでなければ成りませんし、効率化も図る必要があります。   ですが、個々の方々へONLY ONEの服を作る訳ですから 様々なサイズや体形的個性もある訳です。 工場さんから納品頂きましたスーツたち、 私にとっては満足に至りません、、、、足りなければ自分で行えば良いですね!   シェイプなどのシルエットは根本的には型紙が決めます。 大雑把に言えばダーツであったり、各シームによるバランスや加減です。   ですが、『クセ取り』という行為は、立体的な身体に合せつつ その型紙のシルエットをより美しくバランス良く表現する行為でもあり、 型紙通り裁断を組み上げただけでは無くて 更に立体的に成形する事が目的です。 その加減次第でカット(型紙)への考慮や、 その顧客様の体系的個性をもイメージ持って行うのです。 また、クセ取りという行為は そのプレス術によって 型紙以上のシルエットを作り出す事も可能でもあると言えます。   2次プレスを施された服たちは 当たり前ですが立体度合やフィット感が全く変わります。 こんな所も当店 HOUSE STYLE ORDER の大いなる特徴の一つとなっております。     上着の項はまだ未掲載でしたが、今回一部を垣間見てみましょう!         上衿の殺し込みですが、そもそもM様はハンドOPで仕立てて下さるので もともと理想的であり 本当に少し触る程度で済みます。 むしろレギュラーメイドの上衿は作り方が違いますので気合が必要です! 格子柄ですがエッジラインに横柄が並行で綺麗に合っていますね。 クセ取り処理された上衿を据え、全て手縫いで上衿掛けという工程が成されております。   http://dittos.seesaa.net/article/390404956.html 【 衿 ② 】           上衿を表側から掛けると、衿腰のアタリや跡が多少付く事になります。 それを裏側から消してあげるのですが、同時にエッジラインの距離を適正に定めつつ、 返り線付近の安定性と共にイセ込まれた皺なども綺麗に致します。   こんな話は専門的過ぎて分かり辛いでしょうから流し聞きして下さい! 一着一着が皆様の大切な御注文服であり、 仕立て上がりを楽しみにお待ち頂いている事と思います。   ご期待に添えられる様 丁寧に専門技術と手間を掛けてプレスさせて頂きます!         写真では分かり辛いですが、左側の背脇縫い目付近です。 写真左下に袖、右下に腰パッチポケット、そして少し裾が見えますね。 柄物なので生地の流れが分かり易いと思いますが、各シームでは横柄が合うよう裁断されます。 ウエストのシェイプを作り出す為にダーツで絞りつつ、脇縫い目でも絞ります。 これを確り処理しないと美しいフォルムは出ません。 背中の縦柄がグニャリと曲がっているのが見えるでしょうか。 このクセ取り処理が無ければ、これら起伏のボリュームは全て縫目に出てしまいます。   それでは駄目です。 (理想に遠い=お身体に寄り添わない)   例えばアワーグラスの様なシルエットは勿論カッティング(型紙)も必要ですが、 アイロンで伴う様に作り出すのですね。       背中ですが、写真左側が裾、右側が肩方向となります。   クセ取りで作り出された山脈が見えますでしょうか。 左の山脈はお尻の立体的なボリュームをホールドします。 ウエスト部では山が無く谷になっていますが これが括れであり、S字の背骨=背中のフォルムに寄り添うのです。 そして次の山脈は肩甲骨や広背筋などを包み込むボリュームとなります。   このクセ取りプレスが有るからこそ背中に寄り添い、 美しいカーブを伴うシルエットを生み出すのです。 これらはどんな工場さんでも求めるには無理があります。 この次元はTAILORにお任せくださいませ!         前身頃です。 胸ダーツ、そして脇ダーツや細腹など この部分も背中に同じです。 脇の縦柄が かなり強制的に曲がっているのが見えますね。 フロントの地の目はシャキッと真っ直ぐ通し、 ウエストの括れ(絞り)に脇側を追従させています。   胸ダーツの縫い目線がやや『く』の字になっていますが、クセ取りによりさせています。 生地は種により違いがありますが、基本的にウール含む獣毛は復元力がありますから クセ取りする時は確り目に行っておく事も必要です。   他にもプレスを掛ける箇所はまだまだ御座いますが、大変なのでこの辺で失礼致します(汗)。   M様、この度も大変素敵な御注文を誠に有難う御座いました。 是非ご堪能頂けましたら幸いです。               ・・・如何でしたでしょうか。 上着のプレスは胸部のボリュームやダキなど もっと沢山掛ける箇所が御座います。 この様に私の、Dittosのフィルターを介して皆様に御納品させて頂くのが 当店HOUSE STYLE ORDERとなります。   BESPOKEが凄いのは当たり前です。 知識や技術、時間を惜しみなく注ぎ込みますので当然高額であり時間も相当掛かります。 ですが、そのノウハウが確りとフィードバックされ、 HOUSE STYLE ORDERと成り得ています。   車のレースに例えると分かり易いと思いますが、 FerrariやHONDAなどが参戦する最高峰たるF1は 洋服で言うBESPOKEのステージです。   レースはF1だけではありませんね、様々なカテゴリーや車によるレースもあります。 それだけステージがあるという事であり、最終的には大衆車へ  川下へと受け継がれます。   皆様より頂戴致しました大切な一着は、BESやHSなど仕立てられるステージが違えど そのステージでの最高を目指し、 御満足を頂けるよう全力を注ぎこむことに変わりはありません。       素敵な一着を誂えに、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 この暑き中 店内は既に秋冬模様へとシフトしております。 涼しき店内で 寒い秋冬をイメージし、個性豊かな素晴らしい生地達を吟味されて下さい。     今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。              

    Read more
Bespoke Tailor Dittos.