BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 GREATCOAT 】

    2021.02.16 Bespoke Tailor Dittos. STYLE

    【 GREATCOAT  】

              1917 : EDWARD Ⅷ   正にWW1の時代、後のウインザー公です。 英国のオーバーコートには歴史的な背景ふまえた魅力的で 素晴らしいオーバーコートがたくさん存在致します。 それらは ある程度形が変れど、現在でも脈々と生き続けております。   様々なオーバーコートの種がある中で、それらの各発祥は用途により分けられますが ミリタリーコートからの出身が多い事も事実です。 挙げれば相当ある訳ですが、極一般的に有名なのは トレンチコート はその典型でしょう。 正にミリタリーコートそのままに形を残しつつ 今でも愛され続けております。   これら紳士服の歴史的にも欠かせぬミリタリーコートの中で、 今回は冒頭の写真でも着用されている英国コートの勇 【 GREATCOAT 】を御紹介させて頂きたいと思います。             英国の有名な歴史ドラマである 【ダウントンアビー】 からの一コマです。 1900年代初頭を舞台に、当時の史実や社会背景を織り込みつつ、 貴族と使用人との人間模様が描かれた作品となります。   私が言うのも失礼ながら、このドラマは装いの歴史を学ぶ上でもかなり素晴らしい名作です。   装いにおける昨今のカジュアル化の流れは皆様も御承知の通りです。 この時代は普段の夕食時でさえ正装を着ていた訳ですが この辺りからホワイトタイ(正礼服:テールコート)に変わり ブラックタイ(準礼装:ディナースーツ)に切り替わり始めた頃となります。 ドラマの中でもグランサム伯爵はブラックタイの装いにて 『こんなカジュアルな服を着る時代になってしまった、、、』 と嘆くシーンがあるそうですね。 カジュアル化の流れは長きに渡り進行し続けている事が窺えまます。         実はこの度、大変御贔屓を頂戴しております顧客様より このコート(ダウントンアビーより)を見て是非着てみたいと思われ、 ご相談を頂戴致しました。   グレートコートは正にミリタリーコートです。 これを尊重しつつ、普段着として使いやすく落とし込みたいとの事。   軍服ほど凛としてエレガント、かつ 男くささを感じさせる服はありません。 お気持ちは本当に良く分かります。   『 お任せくださいませ! 』             グレートコートとは、、、、 服好きの方であれば幾つかの特徴も挙げられましょう。 しかし、グレートコートというのは分かり易く言ってしまえばグレートコートと言う それなりに大きな枠で囲われたカテゴリーの固有名称と御理解下さいませ。 バリエーションは多岐に渡り、時代の流れによる変化、 部隊や所属、 仕立てTAILORでも違いましょう。   分かり易く最低限の区分けとしてみても陸軍(ARMY)と海軍(NAVAL)に分かれ、 WW1の時より軍の将校達(OFFICER’S)が着用したコートとなります。   私の知識下では ほんの表層しか語る事は出来ませんが、 少しでもイメージ出来る位にはご覧頂ければと思います。             英国の古き裁断書【 Tailor & Cutter 】にも当然掲載されています。 ダブル型4連釦、腰には蓋付きのスラントポケットを携え、 背の腰にはハーフベルト(3連釦)と共に、背中にはインバーテッドプリーツと 深いセンターベント(釦留め)、肩にはエポレット(肩章)が付き、 袖口には深いターンバックカフが付きます。 正に写真の通りであり、当時の陸軍用ベーシックなスタイルです。     因みに専門的にはなりますが、腰ポケットの上 脇ダーツには そのシームを利用したスリットが設けられているのが見てとれます。 これは軍服であり、剣を携えるので必要なディテールでもありました。   軍服である以上、階級バッジを付ける肩章も欠かせません。 袖口にはかなり深いターンバックカフが付けられていますが、 これは防寒の意味があり 生地をもう一段折り返す事により暖かさを求めたとされております。 また、重さにより袖落ちも良いと言えますね。   深きダブル前も防寒・防具的な役割も担っている訳です。         上記裁断(製図)を仕立て上げると この様に成ります。   他に大いなる特徴として挙げられるのが『 衿 』です。 アルスターカラーは良く見受けられるかも知れませんが、こちらは 【 STAND AND FALL COLLAR 】 と言いまして、シャツの衿に近いのです。 シャツの衿は、『台衿』と『羽衿(上衿)』の結合2枚構造ですね。   故に、シャキッと立ち上がり 写真の様に首元まで確りと留める事が出来ます。 アルスターカラーでも一応留める事は出来たとしても、、、、こう立体的には参りません。   私の世代までは学生服と言えば詰襟の学ランでした。 立ち衿(スタンドカラー)ですね。 衿のフロント(前中心)は打ち合いが無く、重ならずにホックで留めます。 これに羽衿が付いたのが今回の STAND & FALL COLLARと思われ下さい。     丈の長いロングコートです。 オフィシャルレングスは地面より何インチまでとの記載も見た事があります。   これも理に適っていますが、コートは大抵膝位置を基準にして 膝上何㎝、膝下何㎝と設定目安が置かれます。 グレートコートは軍服ですね、身長は人それぞれ、膝位置も違います。 故に地べたからの算出であれば、見栄え的には皆一律に見える事になりますね。           上衿を外し、折り返して着用されています。 深いダブル前ですから折り返れば相当大きな下衿(ラペル!?)になりますね。 因みに、下衿を釦で留めていますが 設計上では折り返って留める様にはされていません。 しかし、これはシャツの釦ダウンカラーに同じですね。 羽衿は風でバタバタなびくので釦で留めた訳ですが、 これも大きな下衿を遊ばぬ様 便宜上留めているのでしょう。   アルスターカラーはベタッと首元から胸部まで接地しますが、 この衿型はご覧の様にかなり立体的に成ります。   台衿の前端にはホックが見えますね。 これも特徴なのですが、構造上は2枚衿であり、 裏側となる地衿は分離され(STAND & FALL)仕立てられています。 しかし、表側となる上衿は1枚で馴染ませ据えられているのです。 上衿を切り替えない事により、縫代を無駄に増やさず、硬くする事無く、 更にスッキリと見栄え良く、、、これはTAILOREDな技術が伴います。   リアルなグレートコートは最低でも34ozレベルのメルトン地との事ですから丈夫で強く、 暖かいでしょうが 相当の重さと厚さになります。           こちらは 海軍用のグレートコートですね。 同じくダブル前、この裁断書のデザインは6連釦、 多くのディテールは陸軍と似ていますが、背中の中心は首元から裾まで広がる 優雅なインバーテッドプリーツが畳まれています。   コートの着丈が長ければ 足さばきを良くする為にも 裾周り量(ケマワシ分量)を多く取る必要があります。 その為にベントを切るか、深く畳まれた大きな襞を取り 分量を稼ぐかとの判断になります。           エドワード8世を始め、皆 グレートコート を着用しております。 フロントは5連釦、衿は台衿付きの仕様(STAND & FALL COLLAR)ですね。   グレートコートの要尺ですが、丈も長く、パーツも多く、 兎に角沢山の生地が必要となります。 34ozレベルのメルトンで仕立てられたグレートコートを持った時の 重さが想像できますでしょうか? 既にミリタリーコートを着用するだけでも体力が必要です!           左側、先頭に エドワード7世。 これまた英国のコートを語る上で欠かせぬ BRITISH WARM OVER COAT です。 ダブル型3連釦、アルスターカラー、肩章が付き、袖口には2個釦が所謂一応のマストです。 こちらは敢えてこの丈であり、合わせる着用スタイル(下物)に関係があります。 ( BRITISH WARM はご注文が入ったら また分析を掲載するかも知れません!)   奥にグレートコートのエドワード8世、上衿まで確りと閉じての御着用です。 7世、8世の左腰をご覧下さい。 剣を携えていますね。 これ用のスリットが軍服である以上 備え付けられていたのです。 (グレートコートは脇ダーツを利用した縦型、ブルティッシュウォームは 蓋無しチェンジポケットの様な横型が歴史上見受けられます。)         現代においてもグレートコートはミリタリーコートとして君臨し続けます。 チャールズ皇太子が着用するコートの衿は大きなアルスターカラーですね。 随分と印象が変わるのが見てとれます。   そして、剣の携え方の違いにも注目ですね。 前裾を開き、釦タブでその前裾を留められる様になっております。 先の脇ダーツに作られたスリット、今は作られなくなってしまったのでしょうか。       ・・・・・では、幾つか リアルな ARMY GREATCOAT を見て参りましょう。 少しずつ違いがあるものの、大きな系譜は同じです。 軍服である以上、基本的に釦は金属製(真鍮など)の連隊釦 【 METAL REGIMENTAL BOTTON 】が付けられます。           1941 VINTAGE ARMY GREAT COAT こちらはARMYですが、背中は裾までインバーテッドプリーツが見受けられます。 下衿(胸部)を開けていても衿が留められる、これがS&F COLLARの特徴でもあります。           1945 VINTAGE:AUSTIN REED製 左脇ダーツにスリットが見受けられますね。   以前 古着屋さんで BURBERRY製のオーダーメイドのグレートコートを見た事があります。 やはり40年代位でしょう。 筋トレが出来る程の重さでした(笑)。                 ・・・・・如何でしたでしょうか。 始めに戻り、ダウントンアビーで登場した ARMY GREATCOAT です。     先にも触れましたが、WW1の時に登場した BRITISH WARM や GREATCOAT は将校の軍用コートでした。   戦後になり、将校達は私服の時でもそれらコートを着始め 段々とコピーされ、 次第に大衆へと広がって参りました。   TRENCH COAT(トレンチコート)も正にミリタリーコートです。 軍服は生死にも関わりますので用途や目的、 そして必要な性能の全てがデザインされていますので こんなにも高性能なコートは無い訳ですね。 かつ素材からして丈夫ですから大変長持ちする訳です。   グレートコートの素材をウールから防水性を持たせたコットン地に置き替え、 雨を考慮し各所ヨークを携え、雨用に特化した性能を加えられたものがトレンチコートであり、 ベースデザインがとても似ている事が御理解頂けた事と思います。           では、こんなにも奥深き魅力が豊富なミリタリーコートであるグレートコートを 当店では顧客様と共に どの様に料理したのか、、、、   表層的なデザインを掬い取っただけでは そのコートに説得力と言う重みが無き 軽々しいファッションコートになってしまいます。 歴史を踏まえ、出来る限り本質を学び、先人達に敬意を踏まえ理解する事が必要です。 あとは そのリアルを解釈した上で、どう料理するのか、、、、 ここからは顧客様と私の表現となります。     来週 じっくりと御紹介させて頂きたいと思います。           かなりマニアックなお話でしたが、 今週も最後までお付き合い頂きまして 誠に有難う御座いました。   引き続き宜しくお願い申し上げます。              

    Read more
  • 【 秘めたる NAVY SUITING 】

    2021.02.09 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 秘めたる NAVY SUITING 】

          皆様、こんにちは。   当店では現在 HOUSE STYLE ORDER 限定による 【 早期受注キャンペーン 】を開催中で御座います。   顧客様方を始め、この機会にと御新規様との御縁も多く頂戴致しまして 誠に光栄であると共に、心よりのお礼を申し上げます。 どうか楽しみにお仕立て上がりをお待ち下さいませ。   このキャンペーンは 2月19日(金)までの開催となりますので 宜しければ是非この御機会を有効利用して頂けましたら幸いで御座います。           さて、店頭の生地やディスプレーも春夏用の生地へと入れ替えました。 毎年ながら この時期は見るだけで寒々しくなりますが、、、 誂え服は既製服と違い 仕立てる時間が必要となりますので、 ポカポカした小春日和をイメージしつつ どうかお気軽に遊びにいらして頂ければと思います。       では前回に引き続き 今週も素晴らしい春夏用のスーチングより、 ベーシックなネイビー地を御紹介させて頂きます。         私は仕事柄、皆様の何倍も生地との出会いや巡り合いが御座います。 メーカーさんの新作生地とは別に、出物生地の類は前触れも無く突然訪れます。   凄い子、珍しい子、賢い子、丈夫な子、 古株な子、個性強き子、、、キリがありません。 皆それぞれに魅力を備え、私とのお見合いがある訳です。   そんな折、極稀に驚くような子に出会う事も多々御座います。     例えばベーシックで当たり前なスーチングの代表格、 ネイビーの無地という範疇だけでも どれだけの種類があるのか定かではありません。 『 能ある鷹は爪を隠す 』という故事がありますが、正にそんな子がおります。   大抵は残量も少なく、レベルや品質、希少価値などを 度外視したお値段であったりもする訳ですね。 目の肥えた顧客様方のもとへと直ぐに嫁ぎ先が決まりますので、 当BLOGで御紹介する暇なく完売してしまった生地は数多く存在します。 (今週は2種御紹介致しますが、本当は3種ありました。 既に1種は御紹介を待たずに完売となりました。)   今週御紹介の生地も残量は少なく、 是非現物を直に見て、感じて頂きたい逸品となります。         ・・・・・無地のネイビースーツ、 当店でも一番需要の高いスーツであり、スーチングとなります。 色の主張も無し、柄の主張の無し、 極シンプルでベーシックだからこその意味と価値があります。   シンプルの極致であるが故に この類は誤魔化しの効かぬ『質』が自ずと滲み出るというものです。 そして 今週御紹介する こういう子達は本当に優等生であり、 裁ち鋏で切っていても心地良く、縫っても縫いやすく、 クセ取りなどコテを当てれば往々にして意図通りになってくれます。   肌触りが最高なのは勿論言うまでも有りません。 ドレープも美しく出るでしょう、滲み出る品も携え、 最高の生地は最高のスーツとなって嫁いで参ります。   ただし、こういう子達こそ 写真では その個性ある魅力を伝える事が出来ません。 見て、触って、感じて頂かなければ 分からないでしょう。 ご興味の無い方々から見れば、ネイビースーツとは 色がネイビーであれば良いかも知れません。   私が修行時代、そのお店の顧客様にネイビーのスーツだけで 100着以上お持ちの方が居られました。 同じ類を何着も、、、この御方の価値観が分かるというものであり、 ある意味ではスティーブ・ジョブス氏の意図的な 装いに対する価値観に共通する部分もありますね。 同時にそれだけ同じ類の中だとしても季節物含め、織りや仕上げ風味、 ネイビー範疇内での色味の差や混紡物など それぞれの個性的違いをも尊重されていた事でしょう。         今週御紹介する2種の生地達は、地味で控えめ、 主張も無く、大変おとなしい子達です。 だからこそ、過保護な私の言葉で後押しを、、、、、。   では、散々御託を並べた所で じっくりとご覧下さいませ。             【 HENRY LESSER & SONS 】 LUMB’S GOLDEN BALE 100%:WOOL 240g     この黒と赤のツートンカラー、名門H.Lesserですね。 しかも GOLDEN BALE です。 勝ち組なエリート集団で御座います。   最高原毛である GOLDEN BALE を使用した生地をコレクションしているマーチャントは 私の知る限り唯一 H.Lesser のみであり、 秋冬のフラノ地からご覧の様な春夏用のトロピカルまで全ての季節を網羅しています。   言うまでも無く最高の生地です、その代わり高額です! H.Lesserの生地は往々にして高額な生地商ですが、 その値段分の説得力(品質)は兼ね備えております。   センターのマーク、これはGOLDEN BALEの賞に授与されたであろう メダルに刻印されたG.BALEのシンボルマークであり、 このネーム自体もG.BALEの生地専用に作られている織ネームとなります。                     陰影美しき海原の様なネイビーブルー。 春夏らしく 青味の確りしたネイビー地と言えます。   トロリとしながら 滑らかでもあり、本当にサラサラしています。 GOLDEN BALEの原毛を強撚糸にして弾力のあるハリ・コシを持たせ、 皺にも強くしてあります。 平織で織られたトロピカルは通気性に優れ、正に春夏用スーチングの代表選手と言えます。 その代表選手団の中で更にトップに君臨していると言えるでしょう。         やや明るめなネイビーは春夏だからこそ映える訳です。 この生地のシリーズは現行でも織り続けられておりますが、この色はありません。 多分 廃盤色であるが故にお安く出物として巡り合ったという事かも知れません。   この絶好たる機会をお見逃し無き様 ! ネイビースーツはいつも時代でも、いつの季節でも欠かせぬ存在です。 その欠かせぬ相棒を最高の食材でお仕立てされてみては如何でしょうか。   スーツの御着用機会が減った方であれば、 尚更 着る機会の折には口角も上がる相棒を。 間違い無く 心底お勧めで御座います。           【 Taylor & Lodge 】 SUMMER KID MOHAIR & SUPERFINE WORSTED 60%:KID MOHAIR 40%:WOOL 280g   これまた顔立ち美しき綺麗なダークネイビーです。 やはり春夏用のスーチングには欠かせぬ最早定番の地位に君臨する KMメインとなる生地で御座います。   この6:4比率は長年に渡り実績高き黄金比率なのでしょう。 勿論混率自体の違いや、様々に他獣毛をブレンドされたりと バリエーション豊かな展開はされています。   ウエイトが280g、、、、   ここに目がいった御方はかなり生地好きかお詳しい御方でしょう。 昨今の同テイスト生地ではもっと軽いですね! 後程その秘密に触れて参ります。           とても深きダークなネイビー地であり、大変エレガントです。 モヘアの特徴たる光沢感とシャリ感は独特な魅力があります。   ヒヤッとした質感は暑い日にも重宝しますよね。 このシリーズも有りがちな生地である事は言うまでも有りません。 こちらも競技人口多きメジャースポーツの選手とも言えましょう。   では何故にこの子が特別なのか、、、、 実は結構な古株の選手なのです。         『 FLIER SPUN 』   わざわざ特別に表記されている、コレです、、、、、。 一昔前、OIL SPUNという糸で織られた生地は最高に素晴らしく、一世を風靡しました。 もう見る事は無くなってしまった生地種であり、糸でもあります。   羊毛や綿花、亜麻などの繊維自体は糸(YARN)に出来る程 長くはありません。 YARNにする為に 短繊維を揃え、引き延ばして撚りを掛け繋げます。 SPUNとは繊維の束を螺旋状にする(撚る)事でもあり、紡績工程としての可撚です。   織元工場(例えばT&L社など)は上記 織糸となった物を織機に掛け生地に織り上げます。 この生地の最大たる特徴は その織糸にあり、 それをT&Lが上手く生地に織り上げたという事になります。     詳しく語ると終わらないので割愛しますが、 要は昔ながらの製法で時間が掛かり不効率極める製造工程による糸であると思って下さい。 要は VINTAGE の風味や良さを最大限に再現された生地です。   今ではどこにでもコンピューターが入り、革新された機械類が導入され、 人の手を煩わせる事無くスピーディーに効率良く何もかもが生産されて参ります。 近代化による機械類の進歩はすさまじく、この波は少なからず織物産業にも言える事です。 これらを優先するあまり、羊毛本来の特質を減少させてしまう事は 残念ながら否めぬ所でもあります。   現代社会においてみれば、全てが早くなり、大いなるメリットも享受しつつ、 失ってしまう物・事が多い事を考えなければ成りませんね。   同じ6:4比率の同種 VINTAGEであるドーメルの名品 『 Super Brio 』は リアルにという意味では既に再現できません。   http://dittos.seesaa.net/article/467770520.html 【 SUPER BRIO】     今回のT&Lの生地は Super Brio 程に古い訳ではありません。 しかし、その古き良き風合いを求め 再現すべく 手間のかかった糸造りから攻めた生地という事になり、 この糸造りがVINTAGE:Super Brioの様なウエイトにもなっているのです。 (上記リンクのページより、古き良さをご確認下さいませ。)   マニアックですが、良い意味で昔ながらのソフトでふっくらとした 柔軟なウーステッドヤーンをキッドモヘアとブレンドしております。             こんな話こそマニアック過ぎて興味の無い方にとっては無意味でもあります。 しかし、少しでも良い生地を織り上げるべく 努力し、 工夫してきた織物業に携わる男のロマンと歴史が詰まっているのです!           因みに、上記ご説明させて頂いたフライヤースパンを作り出すべく 『 フライヤー精紡機:Flyer Spinning Machine 』は残念ながら 既に稼働中のマシーンはどこにも無く、英国はベッドフォードにある博物館に 唯一 一台のみ展示現存されているとの事です。   Super Brio同様に残念ながら既に手に入らぬ逸品になってしまったという事です。 手間暇かかって具現化された生地であり、ボチボチ古い生地でもあります。   当時は良いお値段だったそうですが、、、、最後の残りが当店にあります。 この生地はストーリーを聞かなければ ただの若干厚め!?な KM混のネイビースーチングです。   この子の生い立ちを、個性を御共感下さるお客様のもとへ嫁げます様に願いを込めて、、、、。           如何でしたでしょうか。 御紹介した 2種のネイビースーチングです。 上がH.Lesser、下がT&Lとなります。 色の比較にと ご参考になりましたら幸いです。     縁があり、私が見染め 当店にあります。 お店に並んでいれば 単にネイビー無地の生地です。   ですが、最高の逸材であり食材です。   当店では2種の調理法を御用意しております。 最高の食材は最高の調理と料理人の腕をもって初めて美味しい料理となります。   各ステージにおき、最高のスーツへと私が昇華させます。   この『 隠されている爪 』を御自身の目で確かめに、 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。     今週も最後までお付き合い下さりまして誠に有難う御座いました。 皆様とお会い出来る日を心よりお待ち申し上げております。            

    Read more
Bespoke Tailor Dittos.