BLOG
生地に付いて

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 HERITAGE SUITING 】

    2022.09.13 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 HERITAGE SUITING 】

            エリザベス2世女王陛下 どうか安らかにお眠りくださいませ。 ご冥福をお祈り申し上げます。           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・             当店BLOGの読者様におかれまして、 耳にタコが出来ているかも知れませんが紳士服は歴史です。   今週は紳士にとって欠かせぬブラックスーツと共に、 先人達がこよなく愛用されてきたヘリテージなスーチングを 御紹介させて頂きたいと思います。             1936年 THE TAILOR AND CUTTER     紳士のフォーマルな装いが掲載されていますが、左から右へとドレスダウンして参ります。 フロックコート、モーニングコート、そしてブラックラウンジスーツ となります。   フロックコートは引退とも言え、現代社会における正礼装は センターのモーニングコートのスタイル(DAY FORMAL)となります。   ブラックラウンジスーツ、これは米国などではストローラーとも呼ばれていますが、 日本ではディレクターズスーツと呼称される事が多いでしょう。 スタイルとしてはラウンジスーツですから、簡単に言えばモーニングコートの 尻尾が切り落とされ、他はコーディネイトなども含めて基本的に同じです。   このポジションが現代での準礼装となり、これが EVENING FORMALでは ディナースーツ(タキシード/ドレスラウンジ)と同じポジションになります。   更に下のポジションとして 特に日本国内では皆様が 所有されているであろう欠かせないブラックスーツが参ります。   冠婚葬祭ではブラックスーツを、、、これは日本独自の文化です。 この度の英国における弔辞の際、チャールズ皇太子(新国王即位前)は ダークネイビーのスーツを着用されロンドンに戻られました。         DAY FORMAL の範疇における装いですね。 フォーマルは DAY と EVENING で分かれますが、 その境目は基本的に日没前後で区分けされています。   因みに、結婚式や披露宴などで新郎がディナースーツ(タキシード)を着用されたり、 仕立てたいというご相談が日本では御座いますが、 日中に行われる式の場合では 本来おかしいという事になりますね。 新郎はEVENING FORMAL、されど 同席されている新郎・新婦のお父様は DAY FORMALであるモーニングコートを着用されている場合が多く、 貸衣装でも必ずラインアップされているでしょう。 更に言えば、主役より列席されるお父様の方が各上の フォーマルウエアであるという事になります。 であれば新郎は同列でモーニング、各上にするならフロックコートになります。 日本での呼称がアメリカ英語のタキシードでは無く、 イギリス英語のディナースーツで定着していれば名称から理解も出来る訳なのですね。   昔の貴族階級などにおかれ、夕食の席ではイブニングテールコートを着用されていました。 これが時代と共に尻尾を落とした本来くつろぎ着でもあった ドレスラウンジ=ディナースーツ(タキシード)に置き換わる様になりました。 ダウントン・アビーでは、夕食の席でこの事柄を嘆くシーンも御座いました。 (今月末より映画が上映となりますね!)     日本は和装から洋装を選びましたが、文化や生活様式も違いますし 洋装知識までは確りと伝承されておりませんので何かと注意が必要でもあると言えます。         モーニングコート、これは一般的にブラックが筆頭色となりますが、 グレーで仕立てられるアスコットモーニング等もありますね。   しかし、このモーニングコート自体が普段着であった時代では ビジネスモーニングやカントリーモーニングなど 現代におけるスーツのスタイル同様に 展開・着用され、使われる生地もそれに合わせて様々でした。 ツィードのモーニングも御座いましたし、良く見るフロント釦は一つに限らず 複数釦などもありましたし、腰ポケットの有無など含め デザインのバリエーションも豊富でした。           モーニングコートやイブニングテールコートは尻尾が特徴となる訳ですが、 その尻尾を無くしてリラックスしたスタイルを作り出したのが ラウンジスーツであり、現代におけるスーツの祖先です。   モーニングコートのスタイルでは、色付きのウエストコートも合わされる様になりましたが、 古くは基本として上着に共地であり当然同色なのですね。   この様に剣衿(ピークドラペル)をそのまま残したスタイルの他にも、、、、       ノッチドラペル、そしてダブルブレストもバリエーションとして御座います。 ここまでのイラスト類は 1930年代前後のスタイルブックです。 では 時間をもう少し遡ってみましょう!         ヴィクトリア女王の時代であるヴィクトリアン(1837年~1901年)、 そしてエドワード7世の時代へ引き継がれ(1901年~1910年) エドワーディアンと呼ばれています。 具象的で味のある魅力高きスタイル画を数多く残してきた方々の一人である SPY、 その多くはエドワーディアンまでの時代となります。   ブラックラウンジスーツのスタイルは 今でもそのまま継承されているのが分かります。 このシャツは1枚衿のポークカラーですね! この衿型は夏目漱石氏も着用された写真が 昔の紙幣で使われていましたので覚えておられる方も!?         同じくSPYによるブラックラウンジを着用した紳士ですが、 良い意味でリラックスした普段着感が出ています。 今の時代では準礼服になるのですが、この時代では その上クラスの装いが全然ありますから 当然とも言えます。 衿の付いたウエストコート、そして当時はポケットウオッチと共に アルバートチェーンは欠かせません。   足元はスパッツ、裾はラフにロールアップしている様にも見えますね。         このブラックラウンジスーツというスタイルが継承され続け、 時の首相も御着用されています。 エレガントで有名な A.イーデン氏も同様に素敵な写真が残っています。   イラストに同じく シングルの3釦・ノッチドラペルに共地のウエストコート、 トラウザースは勿論 (コードストライプ)ドレストラウザースです。   上着の生地に注目して下さい!! BLOG掲載の写真は解像度を下げているので分かり辛いかも知れませんが、、、 薄らと縞柄が見えるでしょうか!? 幅がとても細い ヘリンボーン柄 です。         ・・・・・ブラックラウンジスーツの父はモーニングコートです。 であれば、使われる生地自体も 父に準じているのが正統的となります。 モーニングコートを仕立てるのはどんな生地なのか。 ファンシーなブラックもありますし、黒であれば良いという訳でもありません!   その多くは ドスキン や バラシア 、 そして幅の細かな ミニヘリンボーン がそれらにあたります。             さて、前振りに時間がかかりました。 やっと生地の御紹介です!!         PEDERSEN & BECKER UNIVERSAL (L,Browne & Dunsford)     通称 P&B 、このコレクションですが 英国の良心とも言える 昔ながらの古き良き英国生地を今でも織り続けております。 質実剛健、これをスーツ(スーチング)に当てはめれば このシリーズが筆頭です。   LBD社は 1989年に上記 PEDERSEN & BECKER を買収致しました。 伝統的 かつ洗礼されたクラシックなコレクションは、 CITYの紳士達にも大変人気だったと言います。   現代的な目で見れば兎に角ヘビーなウエイトであり、 その重厚感と迫力は正に圧倒的です。 そのウエイトは 430gから、なんと635gまで展開されております。 このシリーズで仕立てれば正に子の代、孫の代までと言われていたスーツは こういった生地で仕立てられていたのであろうと納得が出来る事でしょう。 私は常々 『タウンユースなオーバーコーティングは500gあれば十分』 とお話していますが、そんなコート地より重いスーチングも当然あるのです。   太い原毛で確りと密に織り込みます。 密度が高いので生地厚だけで見ればコート地より薄くなりますので、 それだけ打ち込みが強い事が分かります。 当然ながら耐久性に優れ、皺にもなり辛く、復元力も高く、、、 P&Bから見れば、多くの現行生地は子供の様にも見えるでしょう。     これらは 古き良き時代のあるべきスーツを仕立てるべく、 頑なに織り続けられて参りましたが 流石に英国内でも 需要が下がって来たのか残念な事に 一部廃盤が出ております。           BLACK MINI HERRINGBONE 100% WOOL 465g     普通に黒です。 ウールですから柔軟性を持ち合わせますが、粘り強さが全然違います。 ヘリンボーン柄はとても細く 正にデイフォーマル地のブラックです。 モーニングやブラックラウンジは勿論の事、 こういう生地でブラックスーツをお仕立てするのです!   正統的で正にエレガントなブラックスーツとなるでしょう。 仕立て映えは勿論、本当に迫力と存在感が別格ですが、 以前は465gなんて普通だった訳です。       ほんのりと 細目に走る縞柄が見えますね。 最高に格好良い、、、大好きな生地でもあります!                   BLACK BARATHEA 100% WOOL 400g   流石に465gは重いと思われる方、こちらなら如何でしょうか。 オールマイティーなフォーマル地であり、 DAY・EVENING 問わず 全てのスタイルへご使用頂けます。     独特な織目を魅せる顔立ちとなります。 バラシアは斜子織りとなり、これは平織ベースからアレンジされた変形組織です。   万能フォーマル地として 大抵のメーカーは織っていますし、 ウエイトも様々に御座います。 春夏でのフォーマルシーンの為にも、モヘアをブレンドしたバラシアも織られています。               エレガントなディナースーツも如何でしょうか。 ポアロ氏も本当に素敵です。               ・・・・・上記 2種はブラックのフォーマル地でした。 最後はいわゆるダークスーツ、それもかなりエレガントで 最高のスーチングを P&B製 にて入手しております。             CHARCOAL GRAY HERRINGBONE 100% WOOL 560g     かなり深く濃いグレー地、 これも正にフォーマルライクでエレガントな色です。 ダークスーツの筆頭みたいなポジションであり、 黒にほぼ同列で認められる魅力に満ち溢れた色です。 ウエイトは560gと もう殆ど皺になりません(笑)。 着た時の着用満足感や安心感、そしてイタリア人が嫌がったであろう ブリティッシュスーツの神髄を感じる事が出来ます。   ウエイト数字に臆する事はありません、着てしまえば普通です! このステージでしか味わえない魅力、そして満足を是非ご堪能して頂きたいです。   三つ揃えで誂え、コードストライプの ドレストラーザースをブラック同様に誂え足して下さい。                         ブラックのバラシアと重ねてみました。 左がブラックのバラシア、右がチャコールグレーのヘリンボーンです。 バラシアの黒が少しネイビーっぽく見えますが、写真なのでお許しください。 トーンの濃さが伝わりましたら幸いです。             ・・・・・3種3様 どれもこれも素晴らしく最高です! 個人的にはヨダレが出る程に好きなジャンルでもあります。   三つ揃えで誂え、コードストライプのドレストラーザースを誂え足して下さい。 http://dittos.seesaa.net/article/380582820.html 【 →BLACK SUITS→② 】       私が仕入れたP&Bは 今回3種となりますが、当たり前なスーチングの色や柄、 そしてパンチ力のある上着なら見合うコードストライプでさえ見本帳より様々にご覧頂けます。   言葉が少し変ですが、、、新しく生み出すVINTAGE SUITSの様な感じです。 正に一生物、子の代までも持ちますので 手に入るうちに 古き良き時代の英国生地にて御誂え頂けましたら幸いです。     皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。                 ・・・・・来週のBLOG更新は 恐縮ながらお休みとさせて頂きます。 次回は9月27日(火) を予定しておりますので、 どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。     今週も誠に有難う御座いました          

    Read more
  • 【 Cloth of Distinction 】

    2022.08.16 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 Cloth of Distinction 】

        残暑お見舞い申し上げます。 皆様 夏休みは如何お過ごしされましたでしょうか。   8月も後半に入りましたが、まだまだ暑く辛い日々では御座いますが、、、 夏の今だからこそ、秋冬の到来を熱望しつつ 装いに思いを馳せるのが楽しくなる時期でもあるのです。         1934  TAILOR & CUTTER           店頭の生地は既に秋冬地と入れ替えましたし、ディスプレーも秋冬仕様です!       HARRISONS : DISTRICT CHECK PRINCE OF WALES ・・・ Made in 2006   このシリーズは既に完売・廃盤であり、 このスーツも仕立て上がってから16年が経ちます。 企画・展開されていたのは更にもう少し前からとなりますが、 沢山のリアルで固有名称を持つ  DISTRICT CHECK が リアル復刻されたシリーズの一柄となります。 この格子柄は あの N.フォルクス氏も三つ揃いを仕立てられておりました。     この柄は P&H GLENROYAL でも展開されましたが今では廃盤柄に。 2014年 AWにはフランネルとなって 【 ARCHIVE FLANNEL 】というシリーズで復活を遂げる事になります。   http://dittos.seesaa.net/article/403187884.html 【 ARCHIVE FLANNEL 】                 さて、HOUSE STYLE ORDER限定による 【 早期受注キャンペーン 】も 来週の 8月22日(月) までとなりますので、宜しければ是非ご利用頂けましたら幸いです。         では、キャンペーン中という事もありますし 今週も素晴らしい生地を御紹介させて頂くのですが 今週の生地達は表題の如く 本当に別格の激レアな物ばかりです。   本来では既に無い筈の生地達もあり、 それぞれに訳があってご提供出来る事になった最高の逸品ばかりとなります。                     チェスターフィールドコート 誰もが憧れるであろうドレッシーなオーバーコートの代表です。   ダークスーツからフォーマルまでの装いにチェスターフィールドコートは欠かせぬ存在です。 ウールからカシミアなど様々な生地よりお仕立て頂けますが、 基本スタンスとしてはダークな色でお選び事となるでしょう。   インナーであるスーツのサイジングやバランスに見合った着心地と 仕立て良きコートは正に一生物であり、 誂えるなら妥協せずに一生付き合う最高の相棒をお探しください。     皆様でしたら シングルとダブル、どちらがお好みでしょうか。                     初めに御紹介するこのコーティングは、もはや奇跡的な存在です。 最高級な獣毛にはグァナコやヴィキューナなどもありますが、 見方によればこの生地の方が良いとさえ思っています。 欲しくてもレギュラー展開されていませんし、売っていません。 故に今では手に入らぬ至高のコーティングです。   纏うオーラが別格であり、写真でもコレですから 目の前にされた時の存在感と説得力は破壊的です。     http://dittos.seesaa.net/article/451681604.html 【 至高のベビーカシミア 】 ( ↑ 当時、私の興奮が笑える程に熱がこもっています!)         = Joshua Ellis = 90%  BABY CASHMERE 10%  ZIEBLING(SABLE) ABOUT  420g   MIDNIGHT BLUE       既に高性能な暖かさを持つカシミアですから、 街中での普段使いには500g以下で十分なスペックです。 これは 更にやや軽めですが、それだけ繊維が細いのですね、、、 BABYですから。 そして余計に暖かさも強いですから 軽めなのに十二分に暖かい最高の性能です。 セーブル君はゴージャスな味付けとして更に贅沢で高貴な品を与えてくれています。 スパイス程度の1~2%等では無く 贅沢に10%ですよ!     妖艶で濡れているかの様なリップル・フィニッシュですが、 これも地毛の良さがあってこそ ここまでのレベルに到達するのです。   また色もブラックに見えて、 実はミッドナイトブルーというあたりがニクイのですね!                   ベビーなカシミア山羊さん、そしてセーブル君の共演なんて 今後改めて縁があるのでしょうか、、、、可能性はかなり低そうです。 本当に奇跡の様で贅沢な逸品であり、 最高のチェスターフィールドコートをお求めであるならば 是非ご覧頂きたい至高のコーティングで御座います。     ( 一着限りの御提供となります。 )                       泣く子も黙る VINTAGE MOXON より、 織られた当時での最高スペックなコレクションです。   落ち着いた大人のダークグレー地には、ひっそりと織り柄が入ります。 生地端のミミは金糸で主張し、アピールも欠かしません。           = VINTAGE MOXON = SUPER 120s WORSTED With VICUNA   ABOUT 340g     3シーズン範疇で一番使いやすいウエイト、 古きネームもアピールに余念がありません。 ブロンズ色をベースに金糸遣い、 昔のネームは種類も豊富で味があり とても楽しくなります。           ベースはヘリンボーンですが、綾目の切り替え部、 そして対となる綾目の片側へ控えめなピンストライプを入れています。 昔の生地は本当に凝っていますね。   控えめなので遠目にはほぼ分かりませんが、 近くで見れば大変表情の豊かな顔立ちをお楽しみ頂けます。           同時代の頃は GOLDEN BALE も随分と大きく扱われ始めています。 しかし、この SUPER 120s は当時のGOLDEN BALEでの原毛より更に細く 当時としては出来得る最高スペックの糸となり、 そこへ贅沢にもヴィキューナをブレンドしているのです。   Cloth of Distinction with Rare Fibres   ネーム表記にあるよう 正に格別、卓越した生地にレア獣毛をブレンド、、、 このネームを背負うに相応しい逸品です。   当時らしさも満点に、 現代の行き過ぎた高番手ではない実用的で使いやすいのが好都合でもあり、 自己満の極地たる至高なスーチングを是非味わって下さい!   ( 一着限りの御提供となります。 )               ・・・・・ここまでの2種は秋冬地でした。 次からの御紹介は春夏地となります。   特に BESPOKE では、今からご注文頂きましても年を越しますので 来年用の春夏注文も頂き始めております。 ある意味 この暑い最中ですからイメージしやすいかも知れません。   開催中であるH.S. ORDERのキャンペーンにつきましても、 ご注文内容は季節を問いませんので この機会含め 是非ご検討頂けましたら幸いです。                   激レア VINTAGEの雄、DORMEUIL:Suoer Brio ですが、 改めて新しく入手する事が出来ました。 以前にも NAVY無地 が少量ですが調達する事が出来、 瞬時に嫁入りが決まってしまいました。 『 もう手に入らない! 』と謳っていた NAVY無地、、、、 なんか詐欺の様で立場が無いのですが 改めて新入りとしての御紹介です。     以前扱っていたのは ダークネイビー であり、もっと深く濃い色でした。 それは もう本当に完売・品切れで御座います。 今回は もう少しトーンの明るい ネイビーど真ん中 となる色味です!   http://dittos.seesaa.net/article/480508004.html 【 SUPER BRIO ② 】         = VINTAGE DORMEUIL = SUPER BRIO 60% KID MOHAIR 40% WOOL   250~280g     この名品は 当BLOGでも御紹介しているので説明入らずだと思います。 往年の名品である事に間違いはなく、 スーツがお好きな方々におかれましては ワードローブに入れておきたい逸品である事に間違いはないでしょう。           以前のダークネイビーと比べ、もう少し明るめですが むしろ春夏用ですから明るめは逆に好都合でもあるのです。 この生地(色)でのお仕立て上がり具合ですが、 自然光下ではチャールズ皇太子の着用される このスーツの色目に近い感じになるでしょうか。 (皇太子のスーツが同じ生地という訳ではありません。)           現代織られている ほぼ同スペックのキッドモヘア混によるスーチングと比べれば、 見た目の光沢感も、触り心地も、ウエイトも 全然違います。   勿論 好き・嫌いはあるとして、 このVINTAGEならではの品質と雰囲気は もう復刻する事が出来ません。 モヘア自体の産地も今とは違いますし、紡績技術も、織機も、フィニッシッシングも違います。 この独特で素朴、素晴らしい生地達は最早VINTAGEでしか手に入れる事は出来ない逸品です。   ( このネイビー無地と共に、 ネイビー地とグレー地でのバンカーストライプも在庫が御座います。 私が手に入れるチャンスを見送れば、必ず誰かが入手するのです。)       正にお宝の様な生地です。 昨今の気候を加味すると、案外このSUPER BRIOの着用期間は 広がっているとも言えますので この御機会に是非お勧めで御座います。   ( 複数着分の御用意があります。 )                 最後の御紹介となります。 同じく春夏地の生地ですが、キッドモヘアは欠かせぬ存在です。 ただでさえ高級なキッドモヘアを更に至高へと昇華させた贅沢な逸品となります。   グレー味がかったダークネイビー地に、 ややラベンダーっぽい縞柄を施したシャドーストライプの生地となります。           = Reid & Taylor = 50% SUMMER KID MOHAIR 50% ESCORIAL ABOUT 230g             キッドモヘアへ贅沢にもエスコリアルをブレンド、しかも半分ずつです。 それぞれの毛が持つ特徴はかなり違います。   艶やかな光沢感を放ち、ハリ・コシが強くて ひんやりとした質感が特徴なキッドモヘア。 片や 小柄な羊であるエスコリアルは原毛も細く滑らかな縮れ毛であり、 その縮れ毛はナチュラルなストレッチ性を持ち合わせます。   分かり易く言えば柔と剛、それが半分ずつブレンドされると 不思議な肌触りへと昇華して、光に反応するシャドーストライプは浮き沈み、 個性的な魅力を生み出すスーツとなります。     一度は絶滅したとされたエスコリアルは 奇跡的に復活を遂げました。 今では様々なメーカーやアイテムにも使われ出しましたが、 出回りだした当初の生地は リード&テーラー製であり、扱いになれた素晴らしいミルです。 贅沢な逸品も、出物仕入だからこそ このチャンスに如何でしょうか!   ( 一着限りの御提供となります。 )                   ・・・・・以上となります。 如何でしたでしょうか、、、どこの子も個性派揃いなエリート達でした。   今回ご紹介させて頂きました 4種の生地、 SUPER BRIO以外は 本来既に品切れ済みの生地となります。   この巡って来た御縁を是非とも尊重して頂けましたら何よりの幸いで御座います。 良くお伝えしますが、生地達は洋服に仕立てられ、 皆様に着てもらう為に生み出されました。 自分を見染めて下さるクライアント様を心よりお待ち申し上げております。       では、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。              

    Read more
1 / 3312345...102030...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.