BLOG

Bespoke Tailor Dittos.
  • 【 N様の御注文:THISTLE 】

    2018.11.20 Bespoke Tailor Dittos. お客様のご注文

    【 N様の御注文:THISTLE 】

          急に寒気が入り、俄然冬らしくなって参りました。 流石に11月も後半です。     外苑前駅からお越し下さるお客様は通るであろう国道246沿いのAVEX本社ビル前では、今年もクリスマスツリーの準備が進められていました。 もうそんな時期ですよね、、、。 (AVEX本社ビル横を曲がれば、あとは真っ直ぐ進めば当店に到着で御座います!)                 さて、今週は N様から頂きました 拘りと個性溢れる BESPOKE:3P-SUITS を御紹介させて頂きます。     HARRISONS OF EDINBURGH   1863年創業の高級な老舗マートャントである同社の膨大かつ貴重なアーカイブより その当時織られていた生地を復刻する形で 2015年に計8種のシリーズが展開されました。         THISTLE VINTAGE SUITING   http://dittos.seesaa.net/article/422704649.html ( このコレクションは、今でもご注文をお受けする事が出来ます。 )       ウエイトは約400g、確りと打ち込みのあるその生地は、ご丁寧に LONDON SHURUNK でフィニッシングした それこそ拘りのシリーズです。   N様には そんな拘り溢れる生地に 御自身の拘りを重ねられ、お選び頂きました。 いざ 裁断で御座います。               ミディアムグレーのクラシックなヘリンボーン柄ですが、良くご覧ください! 右下がり、左下がりと交互にツイル織りが確りと見えますが、 その片側だけに あえて色糸を混ぜた配色糸を使用しております。   そんな些細な特徴ではありますが、これがまた効くのですね。 光の当たり方によってはシャドーストライプの様に織縞は浮き出たり、沈み込んだり、、、。 そしてその色糸は、無彩色のグレーに対し 程好い色気を与えています。         どのメーカーでもヘリンボーン柄は見受けられますが、こんな捻りの効いたヘリンボーンはありませんよ! 昔の生地は本当にバリエーションが豊かでした。 肉味もよく、仕立て映えのする素晴らしい生地です。                   裏地にも様々な思い入れのあるN様、今回のスーツはシルク地のライニングです。 右下に見える ボルドー をお選び頂きました。 生地に同じく、英国よりお取り寄せいたします。   シルクはやはり高級感があり、発色も良く、そして保温性にも優れております。 反面 デメリットとしては、水に弱く、摩擦にも弱いのが特徴であります。 故に、オーバーコートなどで使用されるのであれば まだ良いのですが、 スーツでの御使用に至っては贅沢な御選択とも言えましょう。   (余談ですが、VINTAGEのスーチングがある様に かなり古い袖裏地も所有しておりました。 その裏地も PURE SILK で、確りとした肉味あるものでした。 袖裏地に限らず、昔は特に礼服などでも使用率の高かったシルク裏地です。)       今回はダブル・ブレストのクラシックな三つ揃いのスーツがベースで御座います。 どんな個性や拘りが隠されているでしょうか!                 生地の質感、色味がとても魅力的です。   トラウザースは IN 2-PLEATS、後はハイバック仕様にされております。 フロントの開閉は利便性重視でファスナーフロント。 ファスナーフロントの方がハンドメイドならではのレベルがより感じて頂ける事でしょう。   気付かれた方、居られますでしょうか。 フロントにあしらわれたフォブポケット、通常は右側に付けられます。   単純に右利きの方が多い事に繋がるでしょう。   N様は左利き、、、、御自身のスーツですから御自身が快適に使いやすくする事を尊重されております!                     一番個性的なのはウエストコートかも知れません!   『 POSTBOYスタイルのダブル型が欲しい! 』 えっ、、、私個人では見た事が無いのですが、それなら生み出しましょうか!   ポストボーイスタイルのウエストコートは、シングル型で衿付き。 最大の特徴はウエストシームが入り、上下を分断致します。 フロント釦は5個釦・全掛け、一番下の釦は そのウエストシームにホール含め 腰ポケットが作られます。   スカートがある分、やや長めに設定された丈も特徴であり、昔はアウターでもあった為に背中は裏地では無く、前身頃と同じ共地でも仕立てられていたそうです。     http://dittos.seesaa.net/article/449698302.html ( POSTBOY WAISTCOAT )   http://dittos.seesaa.net/article/450128554.html ( POSTBOY WAISTCOAT② )     マニアックな御注文ですが、私なりの解釈で『らしさ』溢れるダブル型でデザインしてみました!                 本返りの衿です。 上着と同じ様に ハ刺し を施し、返りグセをメモリーさせます。 ポチポチと生地をすくった糸目が分かりますね。 すくっている糸は見えてはいけません!                   ポストボーイたる特徴的なウエストシームが見えますね。 フラップ付きの腰ポケットが見えます。 フロントは 6釦-3掛けにしてあります。   黄色い矢印のところ、第三列目となる釦位置でもあり ウエストシームです。 まだ閉じてありますが ここがシームホールとなり、第二列、第一列のところは釦ホールをかがります。   おやっ、前中心線のところ、、、、赤い矢印部分にもシームホール! N様よりリクエスト頂き、アルバートチェーンホールをここにも作りました。   ダブル・ブレストでも通常の場合、ポケットウオッチは腰ポケットに入れ、釦ホールを利用してチェーンを渡します。 時代の古いダブルのウエストコートには、前中心に切り替え線(センターシーム)を入れた裁断もあり、その縦のシームを利用し シームホールにてチェーンホールを開けた古着も御座いました。 それに近い仕様となります。                 実はN様、このデザインは2回目です! 初回は IRISH LINEN で同型を仕立てさせて頂きました。   前中心部のシームホールが見えますね! ウエストシームから下のスカートは腰へと繋がります。丈が長い証拠ですね。 腰のボリュームに合わせ フレアなシルエットがとても綺麗に出ます。 いやっ、出すのです!   クラシックな系譜に因んでいる分、違和感無きまとまりが出せたと思います。                   コテも良く効く良い生地です! ハンガーにかけていても、仮縫い段階だとしても、 前肩なショルダーラインから胸部の立体的なボリューム、そしてウエストの括れへ。   ラペルの剣先はほんのりと内側へ反る様に仕立てられています 逆反りして おじぎをする様な剣先など有り得てはなりません。 こんな些細な所含め、物作りのステージの違いは本当に沢山御座います。                 立体感溢れるフォルム、堂々としたラペルはアウトラインにややボリュームを付けたカーブ線でリクエストされ、フロントの打ち合いはやや深めに設定されています。               !!! 気付かれましたでしょうか。 腰に付く チケットポケット、これも左側です! 初めての経験でした! かなり気を付けて間違えない様にしなければ、いつも通り右側へ作ってしまいそうです。   見た事ありますでしょうか!? これがN様のスーツで御座います!                 ・・・・・では御着用された御姿も少し!       とても綺麗です! 裾は股下寸法が確定したら傾斜を付けた折り返し仕上げに致します。   N様、御自身から率先して『 俺はドレスカットも逆やから!』 承っております! これも稀ですから、気を付けないと間違えてしまいそうです(笑)。   ドレスカットとは技術的専門用語であり、BLOGでは詳しく書き辛いので省きますが、下着の種類などでも左右されます。 男性ならではの考慮ですね。               良いですね、ダブル型のPOSTBOY WAISTCOAT。 長めの丈バランスが とても綺麗にトラウザースや御体型と調和しております。   N様、かなり格好良いです!                 上着も良い感じです! 立体的な胸回りのボリュームが綺麗に胸部を包み込みます。 ダブル・ブレストはシングル型以上に服が円柱になりますので、 より顕著にこういったボリューム感を大事に仕立てなければ成りません。   ラペルのバランスから打ち合い量、それに伴うVゾーンの面積、 リクエスト通りに上手くバランスを表現出来た事と思います。   ここまでくるとクライアント様も仕立て上がった完成形態を具体的にイメージできると思いますので、気分も余計に盛り上がる事と思います!                 ・・・・・今月に中仮縫いを終えたばかりであり、まだ未完成です。 少し太られた様ですが、、、ご希望踏まえ若干の微調整を加えて仕上げに向かいたいと思います。   N様はご遠方の方であり、次回のご来店予定は春先との事。 それまでに確りと このTHISTL:DB-SUITSを仕上げると共に、次のご注文である仮縫いも一緒に御用意させて頂きます。   機会が合えば またお仕立て上がりも御紹介させて頂くかもしれません! その時は改めて宜しくお願い致します。     N様、この度も素敵な御注文を頂戴致しまして誠に有難う御座いました。               ・・・・・今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。 もう12月は目の前です。   何かと忙しい師走に突入致しますが、どうかお時間を捻出して頂き お店の方へも 是非お越し頂けましたら幸いで御座います。   皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。            

    Read more
  • 【 VINTAGE Taylor & Lodge 】

    2018.11.06 Bespoke Tailor Dittos. 生地に付いて

    【 VINTAGE  Taylor & Lodge 】

        皆様 こんにちは。 11月に入り、肌寒さも感じられる様になって参りました。   そろそろオーバーコートの仕込みにも良い時期です。   当店 HOUSE STYLE ORDER では、年内納めを逆算いたしますと そろそろご注文を入れて頂かなければ成らない時期となって参りました。   寒き年末年始こそ御挨拶含め、お出掛けの機会も多い事と思います。 素敵なコート地たちと共に 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。               ため息も出てしまう程にエレガントな英国紳士の筆頭たるお一人です。   ダークな三つ揃いのスーツに身を包み、足元はブラックのオックスフォードシューズ。 クラシックで正に飾り気無いそのダークスーツは、英国生地らしき確りした打ち込みと、 仕立ての良さが融合が垣間見られる素晴らしくエレガントなスーツです。   それを自然にサラリと着こなす様は簡単に真似出来るものではありません。   正しきクラシックなスーツ、ゴージラインの位置一つとってもリアルとエレガンスが滲み出るものです。           変わりゆく時代において、様々な効率化が進んでしまう事は仕方のない事なのかも知れません。 物作りにおいて、一昔前の様に手間暇かけて 職人さん方のプライドと経験、 熱意のこもった物作り、、、時代が進むにつれ どんどん手に入らなくなっています。   そう言う意味でも古き良き時代に想いを馳せる方々は少なくないでしょう。 目が肥え、価値の分かる方々を唸らせるような品物は ある意味ヴィンテージや アンティークの世界へ目を向けざるを得ぬ側面も御座いましょう。             当店のBLOGにおきまして、随分と VINTAGE MOXON の生地を御紹介させて頂きました。 まぎれも無き本物、名声を得るに相応しい素晴らしきその生地達が 手に入る機会を得た事は どれだけ幸運だったと言えるでしょうか。   http://dittos.seesaa.net/article/452864090.html ( VINTAGE MOXON ) http://dittos.seesaa.net/article/452864090.html ( VINTAGE MOXON② ) http://dittos.seesaa.net/article/453386393.html ( VINTAGE MOXON③ )   洋服好きな方々より、HOUSE STYLEでも、BESPOKEでも 本当に沢山の光栄なるご注文を頂戴し、そのステージにおける最高の仕立てを持ってお応えさせて頂いております。 (上記リンクの生地も、一部はまだ少量ながら在庫が御座います。)   1970年代の後半から80年代の初頭にかけて織り上げられたとされる 当時の最高級品です。 流石はMOXONと納得の素晴らしい生地達です。 しかし、MOXON だけが素晴らしい生地を織っていた訳ではありませんね。   満を持して、いよいよ御紹介させて頂きます。           VINTAGE   Taylor & Lodge     歴史のあるブランドは、時代においてそのロゴ含め ブランドネームを変えたりしますね。 それは古着の世界においても、製造された年代を定める上で大変貴重な情報源となります。   また、織りネーム自体の技術的進歩もありますし、単にデザインを取ってみても 洗礼された最近のデザインより、昔のデザインの方は味わい深きものが多い事も事実です。       私も初めて目にした 古き T&L のネーム です。   当時も最高の原毛を使い、素晴らし生地を織りあげて参りました。 既に当BLOGの読者様は GOLDEN BALE をご存知の事ともいますが、簡単に申し上げれば最高の原毛に対し、GOLDEN BALEという栄誉ある賞が与えられます。 その最高たる原毛は、MOXONしかり、T&Lしかり、限られた四社のミルにしか扱う事が出来ませんでした。 (現在は T&L の一社のみとなっております。)       その名誉ある賞のメダルそのままダイレクトにデザイン! あからさまにアピールされる GOLDEN BALEの大きな文字も、 枠と同じく金ピカの正にGOLDであしらい 否応にも目を惹きます。 逆に清々しい程にストレートですね。   当時の特徴としては そんな最高たる原毛に対し、更に カシミアやビキューナ、ミンクやセーブル等の超高級で希少種の獣毛をブレンドしたりして差別化を図ったりもしていたようです。   そのOLD NAMEにも、VICUNA、SABLE の文字が確りと書かれています。   http://dittos.seesaa.net/article/451681604.html ( SABLEに関しましては、上記ページに詳しく記載しております。)     また、SUPER 100’S これがまた良いのです! これは原毛の細さを示し、今では200越えも普通に御座います。 高番手の生地は それにしか出せぬ魅力と良さはありますが、デリケートでもあり、皺に成り易く、実用的で無い事は否めません。 当時はそんなに細く紡績する技術もありませんし、既に100レベルは当時として謳う程に高度・高級なアピールにもなっています。 スーパー表記で考えれば、100~120で十分であり、その位が一番バランス良いとも言えます。 そんな所もお勧めなポイントなのです。             現行でも使用されている TAYLOR & LODGE:GOLDENBALE の生地ネームです。 高貴なパープルがそのイメージカラーになっております。               こちらはOLD NAME ですね。 左のNAMEをご覧下さい。1983年は同社の100周年ですね! 途方もない老舗です。 このネーム含め、80年代初期に生地と共に織られていた事でしょう。             では、随分と引っ張ってしまいましたが、、、是非ご覧くださいませ。     何やらジャラジャラとラベルが付いていますね。 【 Hanging Seal 】と言います。 当時の高級マートャント(ドーメルやスキャバルなど)が高級感と差別化を図るべく始めたそうであり、それを追って著名なミルも付ける様になりました。 これら反物ですが、スーツ一着分で約3mと致しますと 必ず一つはそのシールが着分生地に付くよう配分され 付けられています。 昨今では経費削減なのか、、、多くのミルなどでも付けられなくなってしまいました。 こんな所もVINTAGEならではですね。           当時のVINTAGEの類の中で、先ずベーシックな無地系があるだけでも希少性は高いのです。 言い換えればVINTAGEは売れ残りとも、、、。   そんな中、正にベーシックなネイビー系が!? しかも GOLDEN BALE ですよ!! どれだけレアな生地なのか皆様には伝わりにくいでしょうが、本当に貴重で凄いお宝なのです。       GOLDEN BALE SUPER 100’S & VICUNA & CASHMERE   330g   ウエイトも 軽過ぎず、重過ぎず、着用期間はとても広くて 一番仕立てやすいウエイトでもあります。         ど真ん中のネイビー地、コレだけ見ると分かり辛いのですが 例えばダークネイビーなどと比べると青味を確りと感じる事の出来る 正に紺色と言えます。 品のあるその顔立ちには、うっすらとシャドーストライプが織り込まれているのです。             VICUNAもCASHMEREも、スパイス程度の混率ながら そのスパイスだけで これだけの味わいが加わります。 VNTAGE MOXON同様に、金糸でピカピカにアピールされたミミが当時を思わせます。   そんなラグジュアリーな獣毛ですが、スパイス程度ですから手入れ含め 気にするレベルではありません。 高番手でも無く、単に最高のウールで織り上げられたスーチングです。   ただし、ゆっくりと低速で織り上げられ、丁寧にFINISHING(仕上げ工程)されたその風合いは格別なもの、、、オタク心をくすぐる、いやっ、ズバっと突き刺すような魅力を兼ね備えております。           こういう生地は至ってシンプルなデザインで仕立てるべきです。 飾り立てもいりません、素材の良さを、特徴を存分に味わうのです。 仕立て上がれば単にネイビーのスーツです。 それで良いのです。それが良いのです。 BESPOKE でお仕立てさせて頂きました 素敵なお二方をご覧下さいませ。           ( この生地は、残りが イレギュラーな保留:1着分のみとなっております。 )               次の生地で御座います。     こちらも GOLDEN BALE で御座いますが、ラグジュアリー獣毛を特にブレンドせず 表記的には WOOL : 100% となります。 そのウール自体が G.BALE ですから極上品です!   LONDON SHRUNK にてFINISHINGを行われています。 これも今となっては付加価値になっていますね。   こういったプリント自体も今では見られません。 先のジャラジャラ付いていた ハンギングシール と共に、やはりVINTAGEらしい部分です。           GOLDEN BALE SUPER 100’S   360g   やはり青味を確りと感じられる ネイビーらしいネイビーです。 正にソリッドの ウーステッドフランネル で御座います。   こんな生地が売れ残りと言えるでしょうか、、、。   この生地も本当に素晴らしく、高級なビロードの様です。 裁断前に『地のし』していても、裏側でもこんなに綺麗なのかと思ったくらいです。   残量全てを即決で購入しましたが、残念ながら既に完売してしまいました。 この生地を目の前に、見て、触ってしまったら、、、、 忘れられぬ存在感と気品のあるオーラにやられてしまうでしょう。   記録の為にもUPしましたが、もう御座いませんので御紹介も控えめに、、、。 VINTAGEとの出会いは縁でもあります。 私も、そして顧客様も、目の前にある時に 惹かれる何かを感じたのであれば、きっと生地が呼んでいるのかも知れません。 「スーツにしてくれ~」と!   最高にレアな生地でもスーツにする為に織り上げられます。 スーツになり、クライアント様の為に役立ってこそ本望である事でしょう。 この子達は随分と長く そんな出会いを待ち望んでいたのかも知れません。                 では最後の御紹介です。       GOLDEN BALE SUPER 100’S   330g   こちらも 何てベーシックな生地なのでしょう、、、。 ネイビー地のクラシックなヘリンボーン柄、今でも、そしてどのメーカーでも織り続けられている在り来りな生地とも言えます。             しかし、その品質と共に存在感が圧倒的に違います。 在り来りのスーチングが 最高の品質で、かつ大変貴重なVINTAGEで目の前にあれば 選択せずにはいられぬ筈です。   控えめで細く走る杉綾はとてもエレガントで 必ず頼りになる相棒になってくれる事でしょう。 切磋琢磨に最高の生地を目指し、手間暇かけて織り上げられたその逸品が目の前にあります。   必ず損はさせません。               在り来りで当たり前なスーツこそ、自己満に浸れる 内に秘めた特別感を是非ご堪能頂けましたら幸いです。     HOUSE STYLE ORDER より、S様にもクラシックな 2P-SUITS をお仕立て頂きました。 光の加減で控えめに杉綾が浮き沈み致します。   たまたま御納品当日のコーディネイトなのですが、 ブルーのグラデーションが本当に美しいですね。   シンプルだからこそ、それぞれのアイテムがもつ質が露呈されます。     普通なのに最高、、、、所詮は自己満ながら、折角着用されるスーツであれば その御満足度を存分に上げて下さい。 それだけ愛着がわくと共に、長きに渡り大切にお付き合い出来る事と思います。               ・・・・・今回は3種の御紹介でした。 限られた貴重な生地は 先ずご来店下さる顧客様へ御紹介させて頂いております。 故にBLOGに御紹介する頃には無くなっていたり、 少なく成っていたりする事もしばしば御座います。   皆様、この子達の兄弟でもある秘蔵っ子たちも まだまだおります。 単に御紹介したのが3種というだけです。   お見合いでは無いのですが、、、どうか皆様 素晴らしく魅力的なこのスーチング達との御縁を求め 是非お越し頂けましたら幸いです。 なんか仲人みたいになってしまいましたが(笑) 皆様とお会い出来る事を楽しみにしております。               ・・・・・誠に恐縮ながら、来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。 シーズンゆえ 本業の方が遅れがちであり、嬉しい悲鳴です!   次のBLOG更新は、11月20日(火)を予定しております。   どうか引き続き 宜しくお願い申し上げます。            

    Read more
16 / 32« 先頭...10...1415161718...30...最後 »
Bespoke Tailor Dittos.